Home / 沖縄観光 / 那覇から日帰り可能な阿嘉島!美しすぎる海に感動まちがいなしな阿嘉島の魅力
aff0f424c33c49a828789ed83953a16a_s

那覇から日帰り可能な阿嘉島!美しすぎる海に感動まちがいなしな阿嘉島の魅力

慶良間諸島の最も西に位置する有人島「阿嘉島(あかじま)」。同じ慶良間諸島の渡嘉敷島や座間味島ほどの知名度はありませんが、島内には、沖縄らしい朴訥とした風景が広がり、のんびりと“沖縄タイム”を味わうにはもってこいの島です。

ビーチでは野生のウミガメに出会えたり、集落の道端では天然記念物でもある野生のケラマジカに遭遇したりと都会では出来ない島体験ができます。そんな阿嘉島は、高速船を使えば那覇からの日帰りも可能。気軽に行ける離島として人気です。そこで今回は阿嘉島の魅力あふれるスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

ニシバマ

60f0fac66954b54fd35de0c062561f98_s

阿嘉島の代名詞ともなっているメインビーチ「北浜=ニシバマ」。沖縄の方言で北はニシというのだそう。その美しさは阿嘉島民の自慢で、サンゴ礁と色とりどりの熱帯魚を目当てに観光客がやってきます。

白い砂浜が約700メートル続き、対岸に座間味島、無人島の安室(あむろ)島、安慶名敷(あげなしく)島が望め、“ケラマブルー”の海は場所によっては透明度が40mほどもあります。種類豊富な珊瑚や熱帯魚たちが見られるので、シュノーケルポイントとして座間味島の古座間味と人気を二分するほど。その一方、珊瑚礁を守ろうと観光地化をあえて進めていないため、素朴さの残るのもこのビーチの魅力です。
819992e427193fdea204fb466114b3a0_s

また、ニシバマの後ろの丘の上にある展望台「ニシ浜展望台」もおすすめ。ニシバマの美しさを俯瞰で楽しむことができます。太陽の光をうけた海は“ケラマブルー”に輝き、泳ぎながら体験する海とは、ひと味違った美しさです。展望台下には屋根付きの休憩所もあり、距離もそれほど遠くないので、海水浴の後に立ち寄ってみるのもよいでしょう。

ヒズシビーチ

dd7f6bd8bfd587d113fd13bf76602681_s

阿嘉島の穴場的存在のビーチ「ヒズシビーチ」。阿嘉集落の西に位置し、天城展望台の先にあります。ビーチは手つかずの自然の中にあり、大きなアダンの木が生えていて南国気分を満喫できます。監視員は配置されてないので、シュノーケルなどをするときは気をつけましょう。

そして、なんといっても「ヒズシビーチ」の魅力は、サンセット!西向きのビーチのため、夕日が空と海をオレンジ色、黄色、青色、紫色と七色に染めます。

阿嘉ビーチ

219135582fdb97fea7d01c0e2a6c17e2_s

阿嘉港から徒歩5分のところにある「阿嘉ビーチ」。日帰り旅にはもってこいのビーチです。ほとんどの観光客はニシ浜やヒズシビーチに向かうので、灯台下暗しの穴場ビーチでもあります。

港に近いこともあり、防波堤に囲まれ消波ブロックのたくさんあって見た目は決して美しいとはいえませんが、ビーチから30~40mほどのところで、野生のウミガメと一緒に泳げたり、サンゴや魚を見ることもできます。着替えやシャワーは阿嘉港で利用可能。船を待っている間に、ひと泳ぎするのもアリです!

阿嘉大橋

b3421c5362ac7dc9db4c16ae08402932_s

阿嘉島と慶留間島をつなぐ「阿嘉大橋」。阿嘉島の景観に合うよう緩やかにカーブした形が美しいアーチ橋で、2001年には土木学会デザイン賞で優秀賞を受賞しました。

橋の上からの眺めはすばらしく、慶良間の島々や大岩や小さな岩が並ぶサクバルの奇岩群が見渡せるほか、目線を真下に移すと運が良ければ透明な海の中を泳ぐウミガメも見ることができます。橋を自転車やウォーキングで渡ってみるのも良いでしょう。

タキバル展望台

58a96b93a1d4cf3a73d929a3f7416081_s

島の中央の丘の上にある「タキバル展望台(中岳展望台)」。海より山!という人におすすめのスポット。展望台まで草木が生い茂る長い坂道が続き、沖縄在来の昆虫や小さな草花なども観察でき、ロッジ風の高床式展望台からは、青い海の大パノラマと阿嘉島周辺の島々、慶留間島、座間味島の絶景が楽しめます。

注意してほしいのが、中岳展望台は、阿嘉集落からヒズシビーチを通り過ぎ、クシバルビーチへと続く道の途中にあり、かなりの坂道を登らなければならないため、レンタサイクルは不向きです。体力に自信のある“山派”の方はぜひ!

アマグスク展望台

阿嘉島の集落から最も近く気軽にいける「アマグスク(天城)展望台」。阿嘉港からは徒歩10分ほどで、丘の上には駐車場も完備されています。

展望台からは阿嘉の集落、ダイビングスポットとして有名なサクバルの奇岩群、慶留間島、阿嘉大橋が見渡せます。また、島の西側にあるため、夕暮れには美しい夕日も望めます。時期によっては展望台よりその手前の駐車場の方が夕日がきれいに見えるそう。

ケラマジカ

1c1ab8b0c4c7d374958eafee071b0d14_s

慶良間諸島の阿嘉島をはじめ、外地島、慶留間島、屋嘉比島の4島にのみ生息しているシカで、国の天然記念物でもあります。慶良間諸島全体で確認されているのは200頭ほど。

ケラマジカのルーツは諸説あり、約350年前薩摩から貢ぎ物のお返しに送られたという説、中国から冊封使をもてなすための食糧として送られたものなど様々です。体長はニホンジカより少し小型で、阿嘉島の集落や道端、ビーチなどで野生のケラマジカが突然出現します。

興味深いのは、ケラマジカは頭数もすくないため、メスの奪いあいに負けたオスは、新たな出会いを求めて島を泳いで渡るのだそう。運がよければ、ケラマジカの“島渡り”にも遭遇できるかも!

竹子豆腐

阿嘉島で唯一の豆腐店「竹子豆腐」。本島からも買いに来る人がいるほどの人気です。店主の竹子さんがひとりで行う豆腐づくりは昔ながらの手作業。大豆を炊く火は薪、にがりのかわりに阿嘉島近海の海底の海水を使い、豆腐を固めます。手間ひまかけて作った竹子豆腐は潮の香りがほのかに香る絶品と評判です。島豆腐(1丁)460円。

<竹子豆腐>
【住所】沖縄県島尻郡座間味村阿嘉60
【電話】098-987-2496
【営業時間】7:00~12:00(売り切れ次第終了、要予約)
【営業日】火曜・木曜・土曜のみ

パーラーみやま

前浜のビーチ沿いに建つ食堂「パーラーみやま」。海を眺めながら食事を楽しむこができます。メニューはボリューム満点のカレーライス、ソーキがドーンとのって出汁のきいたソーキそば、野菜がたっぷりのタコライスなど。

<パーラーみやま>
【住所】沖縄県島尻郡座間味村阿阿嘉51
【電話】098-987-3990
【営業時間】11:30~14:30
<パーラーみやま>
【住所】沖縄県島尻郡座間味村阿阿嘉51
【電話】098-987-3990
【営業時間】11:30~14:30

虹浜HOUSE

ニシバマ展望台の下にある小さなカフェ&雑貨店「虹浜HOUSE」。テイクアウトできる日替わりのカレーランチなどアジアンランチが味わえるほか、アジアン雑貨の販売、出張タイマッサージなどいろいろ揃っています。

<虹浜HOUSE>
【住所】沖縄県島尻郡座間味村阿嘉
【営業時間】GWと6月下旬~10月中旬までの営業

BEACH HOUSE AKA

阿嘉集落前のビーチ前浜にあるカフェ&バー「BEACH HOUSE AKA」。お店の装飾は白とブルーのマリンカラーが使われとってもさわやか。

ランチメニューは、沖縄定番のソーキそばのほか、日替わりランチプレート、カツカレー、魚定食など。ディナーには、タコス春巻き、チャップステーキ、ローストチキン、牛ヒレとフォアグラ白身魚の赤ワインソースなどワインやビールに合うメニューも登場します。

前浜はケラマジカの散歩コースにもなっているので、オープンテラスで食事を楽しんでいる途中にビーチを歩くケラマジカに出会えるかも!ちなみにケラマジカは夕暮れ時によくあらわれるそう。

<BEACH HOUSE AKA>
【住所】沖縄県島尻郡座間味村字阿嘉115
【電話】098-896-4777
【営業時間】10:00~22:00

阿嘉島へのアクセス

一般的な阿嘉島へのアクセス方法は、那覇の泊港から出航する「フェリーざまみ」と高速船「クイーンざまみ」。フェリーの所要時間は約90分、高速船は約50分です。フェリーは大人片道2120円・子ども片道1060円、高速船は大人片道3140円・子ども片道1570円。

もうひとつは、空路。阿嘉島から車で20分ほどの外地島に慶良間諸島唯一の空港「慶良間空港」があります。那覇空港発11:20と慶良間空港発12:30の小型機が月・金・土と運行。慶良間空港までの所要時間約20分で、大人片道6500円・子ども片道3500円となっています。

アクセス方法をうまく組み合わせて、充実した日帰り旅行を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …