Home / 沖縄グルメ / 泡盛の度数と飲み方
0

泡盛の度数と飲み方

強いお酒のイメージがある泡盛ですが、そのアルコール度数は10度前後のものから40度以上のものまで様々。沖縄で一般的によく飲まれる泡盛は、30度程度のものです。お酒の強い方はストレートでも飲みますが、多くは水などで割ったりして飲まれています。鼻に抜ける香りが日本酒に似た味を思わせますが、実はもっと飲みやすいお酒なんです。

今回は、泡盛の度数とともにおすすめの飲み方をご紹介致します。まだ泡盛を試したことがないなら、強いお酒と嫌煙せずに、1度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。ぴったりの飲み方が見つかると、泡盛にハマってしまうかもしれません!

水割りだけでなく、ソーダ割やコーラ割、お茶割も泡盛には合いますよ!

スポンサードリンク

泡盛の度数

10

出典:flickr

泡盛の度数は一番低いもので15度、スピリッツに分類されていますが、最高のもので60度まであります。しかし、多くは30度程度の新酒や、40度前後の古酒などが好まれています。また、泡盛は他の飲み物で割って飲むことが多く、ほとんどは15度程度の度数で飲まれているんです。15度と聞けば、そこまで度数が高くないことがよく分かります。

強いお酒のイメージがある泡盛も、実際に飲むとそこまで強くないんですね。もちろんお酒の弱い方や、普段6%程度のチューハイしか飲まない人にとっては高く感じるかもしれませんが、割り物で好きなように割れば、度数の調整も可能なんですよ。

そして、泡盛をおすすめする最高のポイントは、「二日酔いが少ない」こと!二日酔いしにくいお酒は、蒸留酒や高いお酒と言われています。泡盛はまさに蒸留酒。もちろん飲みすぎれば二日酔いになりますが、醸造酒よりも比較的二日酔いになりにくいですよ。

一般的な泡盛の飲み方

焼酎に分類される泡盛は、焼酎と同じように様々な飲み方ができます。水割りやお湯割り以外にも、ソーダ割りなど若い人も飲みやすい割り方があり、好みにより飲み方はいろいろ。沖縄でもよく飲まれている割り方で、泡盛の美味しさを味わってみましょう!

水割り

1

最もスタンダードな飲み方は「水割り」!25度~30度程度の泡盛なら、6:4、または7:3程度で割ると飲みやすく、泡盛独特の風味も楽しめます。氷はグラスたっぷりに入れるのがベスト!基本的には好みの濃さにして飲むのがオススメですが、ぜひ泡盛の味わいも楽しんでみて下さいね。

生のシークァーサーを絞ると、香りが変わってより飲みやすくなります。シークァーサーがない場合は、レモンやゆずもおすすめです。100%のフレッシュジュースでも代用できますよ。

お湯割り

2

出典:宮古島の泡盛「多良川」

寒い日や冷えた身体を温めるには、お湯割りが一番おすすめ。泡盛をお湯割りにするポイントは、まずお湯からグラスに注ぐこと。お湯のあとに泡盛を入れることで、馴染みやすく香りが引き立ちます。割合いは7:3がおすすめ。また、アツアツのお湯よりもぬるめのお湯で頂くのがおすすめです。

水割りと同じように、柑橘類の汁をプラスすると、さわやかな風味で女性でも飲みやすくなりますよ。

ロック

3

ストレートよりも飲みやすく、お酒のもつ風味や味わいを堪能できるのが、オン・ザ・ロック。氷をたっぷりと入れるか、大きめの氷をグラスに入れ、泡盛を半分程度注ぎましょう。ゆっくりと氷を溶かして泡盛と馴染ませるのがポイント。少しずつ口に含みながら、泡盛の甘い芳醇な香りを楽しんで下さい。特に古酒などにおすすめの飲み方です。

一般的な30度程度の泡盛をロックで飲むなら、水割りになれてきた頃に試してみることをおすすめします。

ソーダ割り(泡盛ハイボール)

4

泡盛ハイボールとも呼ばれる意外な割り物のひとつ、ソーダ割り。炭酸水のキレと泡盛のコクが混ざり合い、飲みやすくなる飲み方で、女性や若い方におすすめです。初めての泡盛なら、水割りと同じように、6:4、または7:3程度で割ってみて下さい。すっきりと爽やかな泡盛を楽しめますよ。

また、ソーダ割にもシークヮーサーやレモン、柚子、ライムなどの柑橘系がよく合います。生の果実をカットして、グラスに入れるのがおすすめ。泡盛のコクとソーダのキレ、そして果実のフレッシュな香りが楽しめます。

ちょっと意外な泡盛の飲み方

泡盛は定番の飲み方以外にも、一風変わった割り物が人気です。麦焼酎のような飲み方や、カクテルのような飲み方まで、いつどこで誕生したのか気になるものが存在します。泡盛は水割りやロック、という固定概念を覆してくれる意外な飲み方。ぜひチャレンジしてみて下さいね。

お茶割り

5

沖縄の居酒屋では、お茶割りと言うと泡盛で割られて出てくることもあるほど、ポピュラーな飲み方のひとつ。緑茶やウーロン茶、さんぴん茶、麦茶、うっちん茶など色々なお茶類で割って楽しめます。度合いは6:4、または7:3程度がおすすめ。まさに焼酎と同じように楽しめますが、初めのうちは泡盛の配合が多すぎると、麦焼酎のお茶割りよりクセを感じることがあります。

少しずつ泡盛の量を増やし、自分の丁度良い割合を見つけてみて下さい。ウーロンハイや緑茶ハイに慣れている方は、飲みやすく感じることもありますよ。

ジュース割り

6

麦焼酎をジュースやアイスティーなどで割るように、泡盛でも同じような割り物が人気です。主に20代の若い人や女性に好まれています。カルピスやコーラ、アイスティーにシークヮーサージュース、グァバジュースなどなど。近年は各酒造からも泡盛カクテルが販売されていることもあり、甘く飲みやすくした泡盛は、若い世代から絶大な支持を得ています。

ただ、泡盛の風味を楽しみたい方には向いていません。あくまで若い方やお酒の弱い方へおすすめする飲み方です。

牛乳割り

7

泡盛と乳製品は結びつきにくいコンビですが、どこからか生まれたのが泡盛の牛乳割り。牛乳が泡盛をまろやかにしてくれ、泡盛独特の甘さとも相まって、飲みやすくなる割り方です。特に、ミルク系のカクテルが好きな女性にはおすすめの飲み方。7:3程度の割り方から試してみて下さい。沖縄では、ハマるとぐいぐい飲めると密かに人気の飲み方ですよ。

ちなみに、ヤクルトや沖縄の乳飲料・森永ヨーゴなどで飲む方もいます。カルピスと同じように、乳製品と泡盛という掛け合わせは、密かにやられているようですね。

コーヒー割り

8

最後にご紹介する飲み方は、コーヒー割り。お酒を飲む夜の時間帯にコーヒー?と思われるかもしれませんが、意外にもコーヒーの苦味と香りが泡盛とベストマッチ。スーパーやコンビニでカップ販売されるほど、人気であり定番の飲み方です。割合は7:3から初めてみましょう。ブラックコーヒーが苦手な方は、ミネラルウォーターをちょこっとプラスして、苦味をマイルドにする方法もありますよ。

まことしやかに囁かれる…サバ缶割り

9

泡盛の水割りに、サバ缶の汁を入れて飲むという、普通では信じられない飲み方もあると噂されています。試してみると意外にもイケると言われていますが、なかなか挑戦するには勇気がいりますね。好きな方は、サバ缶の身も一緒に混ぜて飲むのだそう。ちょっと危険な香りがするサバ缶割り。気になる方はぜひ挑戦してみて下さい。

泡盛の度数を選んで、好きな割り方を楽しもう!

いかがでしたでしょうか。今回は、泡盛の度数や飲み方についてご紹介しました。泡盛の味を純粋に楽しむ一般的な飲み方から、若い人向け、さらには一風変わった割り物まで、泡盛の飲み方は人それぞれ。逆を言えば、どんな割り物でも合うのが泡盛です。色々試して、好きな飲み方を見つけてみて下さいね。

スポンサーリンク

Check Also

0eb35d6ce6202c27132ddb7d5b2aca65_s

ワンコイン500円で大満足!ワンコインで堪能できる沖縄の飲食店9選

沖縄に来たけど今日のランチ代は …