Home / 沖縄体験 / 奇跡の島「バラス島」で最高の体験をする方法と楽しみ方
1

奇跡の島「バラス島」で最高の体験をする方法と楽しみ方

1

バラス島は沖縄の離島の中でも珍しい珊瑚でできた島。真っ白な大地は足を踏み入れるだけで感動が沸き起こるほど。今回はそんな奇跡の島「バラス島」で最高の体験をする方法と楽しみ方を紹介します!

スポンサードリンク

バラス島で海水浴を楽しもう

珊瑚でできた島、バラス島を楽し為には海水浴が欠かせません。多少人が多いかもしれませんが、バラス島へ訪れるならオンシーズンを狙っていきましょう。

白い大地と透きとおる海で過ごす海水浴は一生の思い出に残ること間違いありません。海水浴とセットでシュノーケリングを楽しむだけで何時間でも楽しめてしまいます。

バラス島は晴れている日がおすすめ!

バラス島の海の透明度は思わず声が漏れるほど。特に晴れている日のバラス島の海は最高です。晴天の日は海の透明度がより高くなるからです。その一方で曇りや雨の日はどうしても透明度が落ちてしまいがちです。

せっかくバラス島まで足を運んでシュノーケリングするなら、透明度が高い海の方が嬉しいですよね。バラス島を訪れる際は天気予報も確認して、できるだけ晴れている日を狙っていきましょう。

2

バラス島を楽しむポイントは白と青のコントラスト

バラス島を楽しむポイントは、真っ白な珊瑚の陸地と、透きとおる青い海のコントラストを視覚的に味わうことです。マリンスポーツに汗を流すのもいいですが、それよりもまずは美しい風景を観賞しましょう。ただ海に浸かり、珊瑚の大地に素足で立つ。そんな風にバラス島を身体で感じることもおすすめですよ。

バラス島を訪れた際は記念写真を撮ろう

バラス島を訪れた際は、カメラを持っていくことをおすすめします。前述したように珊瑚礁の島はそこまで多くありません。白い大地と青い海を写真に撮っておけばそれだけで記念に残ります。

旅行が終わって友人に旅の話をする際も美しい写真の方が盛り上がりますよね。思い出づくりの為にもバラス島を訪れる際はカメラを持参しましょう。

バラス島でクマノミを観賞しよう

クマノミといえば一時期アニメ映画で話題になった可愛いカラフルな熱帯魚。オレンジと黒のコントラストは見ているだけで癒されます。バラス島はそんな美しいクマノミが確認できる場所でもあります。

クマノミを観賞できれば、子連れの場合も楽しい時間になりそうですよね。バラス島でシュノーケリングする際は、クマノミを探してみてはいかがでしょうか。

バラス島はダイビングを楽しみたい場合もぴったり

バラス島で楽しめるマリンスポーツはシュノーケリングだけではありません。バラス島を訪れた際はダイビングもおすすめです。バラス島の周辺は実は、ダイビングスポットが点在しているからです。

バラス島に詳しいインストラクターに引率されたら最高に美しいダイビングスポットを潜ることができるのです。

3

バラス島の美しさは無人島であることが関係している

バラス島が美しい海と真っ白な大地を保ち続けることができるのは、理由があります。それはバラス島が無人島であることです。人が住むとどうしてもゴミや廃棄物は出てしまいがちです。

しかしバラス島は無人島であるため、そういった汚れとは無縁で美しい自然が保たれているのです。

バラス島はどこにあるのか

バラス島は上原港の沖に位置しています。上原港とは西表島の北部の港。そこから沖に進んだところにバラス島は存在しています。このバラス島の魅力は陸地と海の美しさだけではありません。潮の満ち引きによって島の形が変わるところもみどころです。マリンスポーツで1日滞在する際は、潮の満ち引きにも意識を向けておきましょう。

バラス島へのアクセス方法について

バラス島へアクセスする為にはツアーを活用しましょう。ツアーの詳細は各会社によって異なりますが、コースは大きく分けて二つあります。それは一日コースと半日コースです。のんびりと過ごしたい場合は一日コースでじっくりと楽しみましょう。

ピンポイントでマリンスポーツを楽しみたい場合は半日のコースもおすすめです。ツアーはバラス島で体験したいことを明確にしてから選んでいきましょう。

バラス島へのグルーズを楽しもう

バラス島のツアーに参加する場合、西表島と石垣島どちらかの島から向かうことができます。ではそんなバラス島のツアーのポイントはどこにあるのでしょうか。それはバラス島へのグルーズです。

バラス島に到着してからのアクティビティが楽しみなことは間違いありませんが、実はそれと同じくらいバラス島へのクルーズもユニークな体験です。バラス島行のツアーに参加する際は、バラス島へ向かうクルーズも楽しみましょう。

子供でも安心してシュノーケリングが楽しめる

バラス島は周囲が浅瀬で囲まれています。浅瀬であれば子供達を遊ばせても安心できますよね。そのためバラス島は子供でもシュノーケリングが楽しめるスポットだといえるでしょう。子連れの場合でもバラス島はおすすめですよ。

バラス島が奇跡の島と呼ばれる理由

ここまで紹介したように、バラス島は美しさだけでなく、マリンアクティビティも楽しめる魅力的な離島です。ではなぜバラス島が奇跡の島と呼ばれているのでしょうか。その由来は前述した珊瑚に秘密があります。

バラス島は珊瑚の欠片によってできた島です。これは数年でできるものではありません。長い年月をかけて珊瑚が積み重なった結果としてできているのです。珊瑚の欠片が堆積してできたる島は世界中を探してもそう多くはありません。そのためバラス島は奇跡の島と呼ばれているのです。

バラス島ならウミガメに遭遇できるかもしれない

バラス島は海洋生物の宝庫でもあります。運が良ければ美しい熱帯魚だけでなくウミガメにも遭遇できるかもしれません。間近で見る野生のウミガメは最高ですよ。運が良ければ、ウミガメと一緒に泳げてしまうかもしれません。

サンセットシュノーケリングを楽しもう

バラス島でマリンアクティビティを楽しむなら、上級者向けのコースがあります。それはサンセットシュノーケリングです。サンセットシュノーケリングとは日没に合わせたタイミングでシュノーケリングすることで、夕日に赤く染まる海を楽しむもの。

シュノーケリングといえば晴れ渡る青空の元で取り組むのが一般的かもしれません。しかしサンセットのタイミングで取り組むシュノーケリングは感動ものですよ。一般的なシュノーケリングは充分体験した、という場合はサンセットシュノーケリングを検討してみてはいかがでしょうか。

夕刻は海の上で立っているような気持になれる

海の上を歩く、といえば聖書のワンシーンを思い浮かべる方が多いかもしれません。バラス島ではそんな海の上に立っているような気持になることもできます。ではどうすれば、海の上に立つことができるのでしょうか。

厳密には海の上に立つわけではありませんが、バラス島は夕刻になると、日が沈み陸地の面積が満ち潮で減っていきます。そして最終的には細い一本のラインのようになるのです。その時に陸地に立っていたら、遠目から見た時に、海に立っているように見えるのです。

そんなワンシーンをカメラで撮れたとしたら感動ですよね。バラス島は長い時間滞在することで、このような潮の満ち引きも存分に楽しめます。

バラス島はのんびり滞在で癒しを体感しよう

いかがでしたか?バラス島は珊瑚礁の大地と透きとおる海が魅力的な観光スポットです。一度はこの奇跡の島に訪れてみたいな、と感じた方も多いのではないでしょうか。石垣島や西表島に滞在する予定がある場合、バラス島は本当におすすめです。

沖縄旅行で癒しの時間を体感したい場合はバラス島ツアーへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

beach-640x330

沖縄北部のおすすめ観光スポット17選と北部のグルメ5選

自然豊かな沖縄北部には、魅力的 …