Home / 沖縄観光 / 沖縄本島を観光バスで巡る!レンタカー要らずのバスツアーおすすめ3選
f1db01570f55b44bb4580c441d21de89_s

沖縄本島を観光バスで巡る!レンタカー要らずのバスツアーおすすめ3選

沖縄本島北部は美ら海水族館やナゴパイナップルパーク、ビオスの丘などの観光名所で知られています。また沖縄県中部から南部にかけてもビオスの丘や首里城、斎場御嶽、ひめゆりの塔、瀬長島ウミカジテラスなどの観光地が多々あります。

このように沖縄県では北から南まで、さらには歴史的スポットから自然スポット、ショッピングスポットに渡る多彩な観光スポットが点在している状況です。

そんな沖縄本島を旅行するときの「足」は何を使いますか?

レンタカーですか?バス?それともタクシー?もちろん、自分の好きなペースで移動できるレンタカーは便利ですが、運転できない人や運転の苦手な人、そして観光地でお酒を少し飲みたい人には観光バスツアーがおすすめです。

そこで今回は、沖縄本島を巡る観光バスツアーをご紹介します。

スポンサードリンク

運転ができなくてもバスで観光ができる!

7fcf092ab340976c0268699775928ae2_s

沖縄本島は車移動が必須

沖縄では那覇市内を走る沖縄都市モノレール「ゆいレール」しか運行していないため、観光地への移動はレンタカーかバス、タクシーになります。

運転できない人はバスツアーを利用しよう

車がないと何かと不自由な沖縄観光ですが、運転できない人でもご安心ください!

沖縄本島南部、中部、北部とそれぞれの観光名所を巡るバスツアーが数多く運行されているため、バスツアーを利用して観光スポット巡りを効率的に楽しむことができます。

バスツアー複数運用で島中を巡る

各旅行会社が提供する沖縄本島北部・中部・南部、それぞれのバスツアーを組み合わせて利用することで、沖縄滞在中に沖縄本島全域の観光を網羅することも夢ではありません。

ツアー例

・本島北部を巡るツアー(ナゴパイナップルパーク→ 琉宮城・蝶々園→沖縄美ら海水族→元祖「紅芋タルト」の御菓子御殿名護店)
・本島中部を巡るツアー(琉球村→ 座喜味城跡→道の駅かでな→ビオスの丘)
・本島南部を巡るツアー(首里城公園→知念岬公園→おきなわワールド→琉球ガラス村→沖縄アウトレットモールあしびなー)

沖縄の観光バスで行ける主なスポット

美ら海水族館

a9b631b36610a3e835fc10786b773234_s

2002年のオープン以来、老若男女を問わず不動の人気誇る「沖縄美ら海水族館」。沖縄本島北西部に位置する、本部半島の備瀬崎近くにある水族館です。

見どころのひとつが、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmもある超巨大水槽。全長8.7mものジンベエザメや世界最大のエイの一種ナンヨウマンタのほか、色彩豊かな多くの海の生物たちが泳いでいて、本物の海の中を見ているような感動と興奮を味わえます。

<美ら海水族館>
【住所】沖縄県国頭郡本部町字石川424

古宇利島

2afdbbd1f298fcf432ccc1d8b8a8949d_s

沖縄本島北部に浮かぶ、今帰仁村(なきじんそん)に属する離島「古宇利島」。2005年に全長約2キロの古宇利大橋が開通したことで、大人気のドライブコースになりました。

島内には古民家やさとうきび畑といった古き良き沖縄の風景が広がり、ハート型の岩があるティーヌ浜や古宇利ビーチ、トケイ浜といった美しいビーチも点在しています。

また、古宇利島=こうりじまの語源が「恋島(くいじま)」とのいわれもあり、全国からカップルたちがやってきます。

<古宇利島>
【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利

今帰仁城跡

6fefd2c56b6bdb714a0339fa3db4636f_s

世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつ、今帰仁村の「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」。

琉球王国が成立する前、北山(ほくざん)の国王であった北山王の居城だった場所です。広さは4ヘクタールで 首里城に匹敵する敷地面積を誇ります。全長1.5キロにわたる城壁が見どころ。毎年1月には日本一早くお花見が楽しめる「寒緋桜」の名所としても知られています。

<今帰仁城跡>
【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101

首里城

7944b0327e878d773ad530f8eca00391_s

那覇のシンボル、首里城公園にある「首里城」。

琉球王朝時代の政治、外交、文化の中心地として栄えた城であり、現在の首里城は、1992年に沖縄の本土復帰20周年を記念して復元されたものです。首里城跡も世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」に登録されています。

<首里城>
【住所】沖縄県那覇市首里金城町1-2

おきなわワールド

沖縄の歴史、文化、自然を体験できる、沖縄の魅力を凝縮したテーマパーク「おきなわワールド」。

約30万年という長い時間をかけて造られた全長約5kmの鍾乳洞「玉泉洞(ぎょくせんどう)」をはじめ、築100年以上という赤瓦の屋根の古民家が軒を連ねる「琉球王国城下町」、琉球ガラスを制作できる「琉球ガラス王国工房」、地ビール工場など見どころ満載のスポットです。

<おきなわワールド>
【住所】沖縄県南城市玉城前川1336

ひめゆりの塔

b4c5d917fcc45c4587caa1488911db89_s - コピー

1945年の沖縄戦で亡くなった「ひめゆり」学徒、教師を鎮魂するための慰霊碑が「ひめゆりの塔」。

「ひめゆり」とは、沖縄戦の時、沖縄陸軍病院に動員された女子学生たちの総称です。ひめゆりの塔の隣にはひめゆり学徒たちの体験を通じて、戦争の愚かさと悲しみ、平和の尊さを伝える「ひめゆり平和祈念資料館」があります。

<ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館>
【住所】沖縄県糸満市字伊原671-1

タイプ別おすすめの観光バスツアー

到着日にすぐ行ける空港直通美ら海水族館ツアー

沖縄旅行の時間を有効に使いたい人におすすめなのが、那覇空港到着後、美ら海水族館に直行する「美ら海直行バスコース」。ラド観光が提供するバスツアーです。

ツアーのスケジュールは那覇空港を14時に出発し、美ら海水族館に16時ころ到着予定。水族館では約2時間半の見学時間が取られています。帰着は恩納村の8か所のホテルや那覇市内ホテル、那覇市おもろまちにある「Tギャラリア 沖縄 BY DFS」の5か所から選べます。

ツアー料金は、高校生以上3,800円、小中学生2,600円、4歳以上未就学1,900円。料金には、往復のバス代、美ら海水族館入館券(16時からチケット)が含まれます。ただし、幼児はバス代のみ。

予約は、ラド観光のホームページから当日11時まで可能です。

<ラド観光株式会社>
【HP】http://www.rado-okinawa.com/

古宇利島にも立ち寄る北部観光ツアー

美ら海水族館はもちろん、沖縄本島北部の観光スポットを巡りたいなら<那覇バス>の定期観光バス「満足・満腹・絶景古宇利島・美ら海コース」。

美ら海水族館で約2時間半滞在し、人気の古宇利島、森のガラス館などを巡る所要時間10時間の日帰りバスツアー。バスガイド付きです。

ツアーのスケジュールは、那覇バス定期観光事務所(旭橋駅前)を8:40に出発し、「沖縄都ホテル」、「ダブルツリー by ヒルトン那覇首里城」経由で古宇利島へ向かいます。

古宇利島では、ビーチ散策や「古宇利オーシャンタワー」のオーシャンビューの絶景レストランで昼食をとり美ら海水族館へ。イルカショーやジンベエザメ餌づけショーなどを見学し、最後は「森のガラス館」。色彩豊かな琉球ガラスが並び、女性にうれしいお土産購入スポットとなっています。また、ガラス工房も併設されていて、見学することもできます。

ツアー料金は、大人7,200円、6歳から11歳4,200円。料金には、往復のバス代、昼食代、施設入場料が含まれます。

予約は、那覇バスのホームページから希望乗車日を当日から2日後までの選択が可能となっています。

<那覇バス>
【HP】http://okinawa.0152.jp/tour/d.html

空港まで送ってくれる最終日におすすめ南部ツアー

那覇空港まで送ってくれる、沖縄旅行最終日におすすめの南部ツアーは、ラド観光が企画する「南部半日バスコース」。

那覇市牧志にある「南西観光ホテル」を7:40に出発し、「県庁前県民広場」や「ロワジールホテル那覇」を経由して、本島南部の人気観光スポット、世界文化遺産でもある「斎場御嶽」へ。「斎場御嶽」は琉球開びゃくの祖アマミキヨが造ったとされる琉球最高で最強の聖地です。

神秘的な「斎場御嶽」を見学した後は、沖縄の歴史、文化、自然の魅力を凝縮したテーマパーク「おきなわワールド」、隠れ家的な人気ビーチ「新原ビーチ」でのグラスボート体験、最後に沖縄の歴史を学べる「ひめゆりの塔」を巡ります。

約5時間の南部観光を楽しんだ後は、那覇空港、もしくは沖縄県庁前まで送り届けてくれます。那覇空港への到着時間が13:00頃を予定しているので、沖縄旅行最終日に利用するのにぴったりのツアーといえます。

ツアー料金は、4歳以上1,800円。料金には、往復のバス代のみ含まれ、各施設入園料、食事代金は含まれていないのでご注意を!

予約は、ラド観光のホームページから前日16時まで可能です。

<ラド観光株式会社>
【HP】http://www.rado-okinawa.com/

まとめ

auto-2583303_640

 

いかがでしたか?観光王国沖縄には、北から南まで人気の観光地を巡るバスツアーが豊富に揃っています。

バスツアーは乗っているだけで、目的地に連れて行ってくれてとっても便利!お昼にランチビールを味わっても運転する必要はなく安心です。

ですが、1人が集合時間に遅れると行程に支障をおよぼしてしまうので、くれぐれも時間厳守で!ぜひ、今回の情報を参考に沖縄旅行に観光バスツアーを取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄  アクティビティ ダイビング

沖縄本島のおすすめダイビングショップ4選とダイビングスポット5選

みなさんは沖縄「本島」のダイビ …