Home / 沖縄観光 / 沖縄で人気の久米島イーフビーチホテルの魅力と予約方法

沖縄で人気の久米島イーフビーチホテルの魅力と予約方法

年中温暖な気候の沖縄は、いつでも海を楽しめる楽園ですよね。サンゴ礁に囲まれた海はエメラルドグリーンに輝き、サンサンと照りつける太陽の中マリンスポーツなどで思いっ切り遊べば休暇を満喫できるでしょう。

もちろん、海だけが沖縄の魅力ではありません。昔から独自の文化と歴史を歩んできた沖縄には、本州にはない野菜や魚介類もたくさんあります。これらの食材を使った料理は普段なかなか口にすることがないので、ぜひ沖縄料理も味わってほしいところ。日本とは思えないような美しい景色の観光地も一緒に堪能し、沖縄を満喫してもらいたいと思います。

そこで、東洋一美しいといわれる「ハテの浜」がある久米島のホテル「久米島イーフビーチホテル」をご紹介していきます。ホテルの目の前に広がるビーチ、併設されているスポーツクラブによる様々なマリンスポーツ、ホテルのオープンテラスでBBQなど、魅力いっぱいです。沖縄旅行の候補地として、久米島イーフビーチホテルもぜひ考えてみてくださいね。

スポンサードリンク

久米島イーフビーチホテルの施設・サービス

こちらのホテルの特徴は、なんといっても目の前に広がる「イーフビーチ」です。客室の一部はオーシャンビューとなっており、レストランからも海を眺めることができる贅沢な眺めのホテルです。

もちろん、海ばかりではありません。オシャレなカフェや夜限定のバー、パターゴルフも楽しめるので、連泊しても飽きることがありませんよ。ビジネスでの長期滞在の方に人気はフィットネスジムも完備されています。

島の食材を使った絶品朝食バイキング

天気の良い日には、広い窓から見える青い海と空を目にしながら朝食をいただけます。テラス席もあるので、心地よい島風を感じながら朝から贅沢な一時も楽しめます。シェフ渾身の島の素材を生かした朝食には、多彩なメニューのお料理や野菜・フルーツ・飲み物などが用意されます。特に、焼きたてのフレンチトーストがおすすめです。

オープンテラスバーベキュー

シェフが市場で毎日仕入れを行う魚介類・新鮮な島野菜を材料に、プールサイドのオープンテラス席にてバーベキューが楽しめます。当日17時までの予約制となっているので、希望する方は早めに予約しておくと安心ですね。

伊勢海老がメニューに盛り込まれる「東風(こち)コース」、スタンダードコースの「南風(はえ)コース」、ミニハンバーグ付の「お子様コース」の3種類がありますので、お好きなコースでバーベキューを満喫できます。単品メニューも用意されているので、珍しい貝類や島の食材も一緒に堪能することができますよ。

レストラン サバニ

朝食バイキング・BBQの他に、和食・洋食・中華、琉球料理や久米島の特産食材を使用した料理など、幅広いジャンルの料理が楽しめるレストランです。夕食時には、新鮮な刺身御膳や久米島産の車海老を使った料理、海ぶどうやもずくなどの単品料理も用意されています。お子様セットもあるので、家族での利用も気軽にできますね。

館内は96席ありますので、あまり混み合うこともなく、ゆったりとした食事の時間を過ごすことができます。

ビーチカフェ

フロントロビーの窓側には、目の前に海が広がるオーシャンビューのカフェラウンジがあります。こちらでは、コーヒー・紅茶やパンケーキといった軽食が用意されています。

久米島産の車海老を材料とした「タコス風の車海老ドッグ」が人気で、サラダセットなどのセットメニューもあります。ケーキセットやフルーツドリンクも充実しているので、ティータイムに一息入れるのもいいですね。

バー&ラウンジ 「YUKURU」(ゆくる)

ビールやウイスキー・焼酎や沖縄特産の泡盛など、各種のお酒が楽しめるバーがホテルにはあります。夜のビーチを眺めつつ波の音に耳を傾けながらの一杯は、日頃の疲れを癒してくれそうです。

「YUKURU」(ゆくる)とは、沖縄の方言で「一休みする・ 寛ぐ」という意味なんだそう。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業休止中ですが、再開が待たれますね。

海洋深層水展望風呂

海洋深層水の取水地としても有名な久米島ですが、久米島イーフビーチホテルにはこの海洋深層水を贅沢に使った展望風呂があります。ビーチに面しているので、お風呂に入りながら白い砂浜とエメラルドグリーンの海を眺めることができます。まさに、至福の一時。

展望風呂の利用には別途料金が必要となっており、滞在中何度も利用できるフリーパスと1回券の2種類があります。午前9時のオープンなので、朝風呂として利用できるのも嬉しいですね♪

屋外プール

1年中利用できる屋外プールは、宿泊客であれば誰でも無料で利用できます。水深1mで、ダイビングのトレーニングにも利用されるプールとなっています。また、子ども用として水深0.3mの浅いプールもあります。屋外でありながら年中利用可能とは、さすが沖縄!

ビーチへ繋がる通路にはシャワーがあり、海で遊んだ後に海水を流してプールへ寄ることもできます。嬉しいことにプールサイドにはパラソルの付いたテーブルとチェアがあるので、のんびりと一休みすることもできますね。

売店「upa upa」

ホテル内には売店「upa upa」があります。小腹がすいた時に食べれる定番のお菓子から、お土産に最適な琉球工芸品まで、幅広く商品を扱っています。他にも、お酒好きには溜まらない泡盛や海浜散策用のビーチサンダル・かりゆしウェアなどもありますので、滞在中に必要なものなども購入でき便利です。

パターゴルフ

ホテルの敷地内では、なんとパターゴルフまで楽しめることができます。1Play(9×2ホール)1,000円でプレイできるので、海に陸にとホテルにいるだけで満喫できますね!全9ホールとなっており、228ヤードのグランドです。

パターゴルフなら大人だけでなく子どもも一緒に遊ぶことができるので、家族全員で楽しめます。青い海で遊び疲れたら、今度は緑の芝生でパターゴルフをプレイするのもいいですね。

宿泊予約会社

久米島イーフビーチホテルの魅力を紹介したところで、次は旅行会社のご案内をしていきたいと思います。各旅行会社、色々なプランが用意されています。どれにしようか迷いどころですが、予算や家族環境によって最適なプランが変わってくるでしょう。「我が家にはこれがピッタリ♪」というプランを見つけ、久米島イーフビーチホテルへ出掛けましょう!

じゃらん

じゃらんで用意されているプランには、お好みに合わせて、朝食付き、2食付き、海洋深層水の展望風呂付、素泊まりまで用意されています。別途料金が必要な展望風呂のフリー券が最初から付いているプランはお得ですね♪JAL、ANA どちらも選ぶことができます。

少しでも安くおさえたい場合は、オーシャンビュールームではなく、ガーデンビュールームを選択するのも一案です。

楽天トラベル

楽天ポイントが10倍になるキャンペーンが行われているときに申込むのがお得。じゃらん同様、朝食と展望風呂のフリー券が付いたプランや早期割引のプランもあります。

プラン内容はじゃらんと大きく変わりません。楽天会員の方は、こちらで予約をして宿泊をすれば楽天ポイントももらえるお得なサイトです。

Booking.com

こちらの予約サイトでは、ひとりから4名まで、喫煙・禁煙の部屋もあります。オーシャンビューの部屋とガーデンビュー(海が見えない)の部屋があり、各々料金が違います。

宿泊日を入力して検索すると空室状況と料金が提示されますが、その際いつまでキャンセル料金が無料かなどの情報や、日毎の割引料金と宿泊料金が表示されるので分かりやすく、お得に宿泊できる日が一目瞭然です。

Expedia

アメリカに本部のある世界最大規模のオンライン旅行サイトであるExpediaでは、ホテルは全て最低価格保証されています。

部屋タイプによるプランとなっており、基本は素泊まりの金額となっています。朝食はオプションでつけることができます。残室数が表示されるので、どのタイプのプランが予約可能か分かりやすくなっています。

Hotels.com

Expediaの関連会社であるHotels.comの本社も、アメリカにあります。こちらもホテルなどの宿泊施設をオンラインで予約するサービスを行っている会社です。Expediaサイトと同様に、部屋タイプによって金額が異なります。

JTB

まず、大きく分けて「宿泊のみのプラン」と「JR・飛行機+宿泊プラン」の2つのプランがあります。交通手段も「JR+宿泊」「航空+宿泊」と別々に検索できるようになっており、出発地も指定できるので調べやすくなっています。

朝食無しのプランから、お客様アンケートを基準に満足度の得られるプランまで、様々なプランが用意されています。他に、ネット予約限定のプランや早期割引のプランもありますので、じっくり検討できますね。

JTB会社との提携を行っているため、久米島イーフビーチホテルのプランにはJTB社のプランが組み込まれています。

オリオンツアー

スキーやダイビングなどのスポーツ系のツアーや格安夜行バスなどのツアーで知られているオリオンツアーですが、国内旅行のオリジナルツアーももちろん取り扱いがあります。

久米島イーフビーチホテルのツアープランには、関東発、中部発、関西発プランが用意されています。各々航空機でのツアーとなっていますが、基本的に現地では自由行動となっており、時間に縛られることはありません。ツアーといっても、航空機と宿泊料金がパックになっているだけで、他にオプションの付くプランなどが用意されています。

まとめ

久米島イーフビーチホテルの特徴である、目の前にあるビーチ。マリンスポーツを存分に堪能できるオプション。海だけでなく芝も楽しめるパターゴルフ。イーフビーチホテルには、本当にたくさんの楽しみが揃っていますよね。

観光地での宿泊ですとメインは観光や料理になりがちですが、こちらのホテルだと観光を忘れてしまいそうになるほど、楽しみがいっぱいです。お料理は様々なジャンルが口にできますし、観光よりもホテルで過ごすだけで満足してしまいそうです。でも、そんな旅行も時には良いですよね。ホテルで過ごすだけで十分に癒される旅行なんて、中々体験できません。

沖縄の海と食べ物を楽しみに旅行しようと考えている方、沖縄へ行ってみたいと思っている方、こちらの久米島イーフビーチホテルへ一度お邪魔してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄穴場の離島・屋我地島~自然・グルメの楽しみ方マニュアル

個性的な離島が満載の沖縄。沖縄 …