Home / 沖縄観光 / 宜野湾市 / 宜野湾でおすすめのホテル&カフェまとめ
83fe65ad42a45f508b8464f6ca184437_s

宜野湾でおすすめのホテル&カフェまとめ

沖縄本島中部地域を代表する街「宜野湾市」。北部エリアへの中継地であり、アクセスに便利なため、沖縄旅行の宿泊先として選ぶ人もいます。

また、戦後、米軍基地が建設されるなど、アメリカ文化の影響を色濃くうける土地柄もあって、市内には、在日米軍人たちがつかった外国人住宅をリノベーションしたおしゃれな宿泊施設や、アメリカ料理のお店があるのが特徴にもなっています。

そこで今回は、沖縄とアメリカがちゃんぷるーした街、宜野湾市にある宿泊施設と観光の途中に立ち寄るのにぴったりな人気のカフェをご紹介します。

スポンサードリンク

女子旅行で使いたいホテル4選

2e2ed3903caa2396e5646bc38fe23fb6_s

ラグナガーデンホテル

那覇空港から車で約30分、宜野湾市の海沿いに立地する全客室オーシャンビューのリゾートホテル「ラグナガーデンホテル」。料金の目安は、大人1名で1泊約8,000円~(2名利用時)となっています。

宜野湾市の人気ビーチ「トロピカルビーチ」や大きなイベントが開催される沖縄コンベンションセンターに隣接し、若者に人気のエリア北谷町まで車で約10分という立地も魅力的です。

ラグナガーデンホテルの自慢のひとつがプール。沖縄県内最大級の屋外プールをはじめ、雨が降っても楽しめる屋内プール、さらに、ジャグジー、ウォータースライダーが揃っています。さらに、プールの後の冷えた体を温めるサウナや大浴場もあります。

そして、女子旅にうれしいエステティックサロンも完備。沖縄の自然素材を使った本格琉球エステで、友達と一緒に贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。
【住所】沖縄県宜野湾市真志喜4-1-1

サンズリリエ

大人数の女子旅には、1棟まるごと貸切りの外国人住宅「Sands Lilie~サンズリリエ~」もおすすめ。綺麗な海が一望できる場所に建つ、2LDKのゲストハウスで、周辺には、トロピカルビーチ、沖縄コンベンションセンター、宜野湾海浜公園があります。

外国人住宅は、米軍ハウスとも呼ばれ、戦後の米軍人やその家族が住むために造られた一軒家。古き良きアメリカ文化を感じることができて、最近では、若者たちに人気の宿泊施設になってます。

アメリカン家具や洗練されたアートに囲まれたリビングルームでくつろいだり、キッチンで料理をしたりと、おしゃれな沖縄ライフを楽しみながら滞在できます。9畳と8畳の客室に4台の2段ベットを設置してあるので、8人の宿泊が可能です。料金は、1泊(宿泊のみ)28,000円。※7/1〜8/31、12/20〜1/7は1泊32,000円。
【住所】沖縄県宜野湾市大山 1-15-14

SPICE MOTEL OKINAWA

アメリカ好きなおしゃれ女子たちにおすすめしたい「SPICE MOTEL OKINAWA」。沖縄がアメリカ統治下に置かれていた時代のモーテルを、建築デザインオフィスがおしゃれにリノベーションしたデザインホテルです。

女子旅にぴったりの客室は、バジェットツインルーム。2段ベットとソファベットが1台ついているので、3名まで宿泊できます。料金は、大人1名で1泊約7,000円~。
【住所】沖縄県中頭郡北中城村喜舎場1066

ベースサイドイン

大人数の女子グループ旅行におすすめの外国人住宅「ベースサイドイン」。アメリカンスタイルの気品あるインテリアが自慢のキュートでかわいい、女子の心をくすぐる1日1組限定の優雅なお宿です。宜野湾市大山の高台にあり海も見えます。

3つのベットルーム、ダイニング、キッチンがあり、6名まで宿泊可能。ブーゲンビレアの咲く、開放的な庭も独り占め。夕陽を眺めながらのBBQパーティや、展望屋根のポーチでの朝のティータイムまで、とにかく優雅に過ごすことができます。料金は、一棟丸貸しで1泊30,000円(トップシーズン35,000円)と、とってもお得な価格になっているのも魅力です。

【住所】沖縄県中頭郡北中城村喜舎場1066

家族旅行で使いたいホテル4選

6e288210fef3e99a19f23c50442f2914_s

ムーンオーシャン宜野湾 ホテル&レジデンス

コンドミニアムタイプの広々とした客室が、ちょっとリッチな“我が家”のくつろぎを演出してくれます。全室にキッチンが完備されているので、ロングステイ予定のファミリー旅行にもぴったり。自慢の風呂は、海が見える“ビューバス”なので、大人も子どももテンションが上がること間違いなしです。料金の目安は大人1泊約6,500円~(2名利用時)。

客室タイプの中で家族旅行におすすめなのは、「プレミアムスイート」。キッチン、リビングと2ベッドルームがあるので、2家族や両親との家族旅行に使うのも良いでしょう。

食事は、沖縄の食材をスーパーで調達し、キッチンで腕を振るい、ホテルにいながら沖縄ホームパーティーを楽しむのもまた格別。また、料理したくないときは、ホテル内にあるオールデイダイニング「オーシャンダイニング」を利用しましょう。アメリカンテイストのグリル料理を中心に豊富なメニューが揃っています。
【住所】沖縄県宜野湾市宇地泊558-8

Pure Court

小さな子ども連れの家族旅行でも、のびのびと過ごせるコンドミニアム「Pure Court(ピュアコート)」。那覇空港から車で約30分。沖縄本島北部の人気観光スポット「美ら海水族館」、北谷周辺のトロピカルビーチやアラハビーチ、アメリカンビレッジやイオンモール沖縄ライカムなどのショッピングスポットにもアクセス便利です。

コンドミニアムとは、短期ではなく、中・長期滞在をする人向けのリゾートマンションで、キッチンも完備されているほか、ホテルに比べ、居住スペースが広く作ってあるので、ゆったりと過ごすことができるのが魅力です。

客室は、3LDKで6名まで宿泊可能なデラックススィート、4LDKで6名まで宿泊可能なスーパープレミアムルーム、2LDKで4名まで宿泊可能なスタンダードスィートの3タイプあります。
【住所】沖縄県宜野湾市伊佐3丁目19-12

かりゆしコンドミニアムリゾート宜野湾CASa N.Y

宜野湾市の観光名所である普天間宮に、徒歩6分で行ける「かりゆしコンドミニアムリゾート宜野湾CASa N.Y(カーサエヌワイ)」。客室はツインベッド、和室2部屋の2LDKで、キッチン付き。最大8名まで利用できます。小さな子ども連れは特に和室があるとうれしいですよね。親戚の家に来たように、ワイワイできるお宿です。
【住所】沖縄県宜野湾市普天間2-13-2

健康文化村 カルチャーリゾート フェストーネ

全室オーシャンビューの客室が自慢の「健康文化村 カルチャーリゾート フェストーネ」。それもそのはず、宜野湾人気のトロピカルビーチのすぐ目の前、歩いて10分ほどのところにあります。トロピカルビーチに併設されている宜野湾海浜公園にも近いので、子どもたちが海や公園で思いっきり遊ぶことができます。

客室は、定番のツインルームのほか、畳の部屋のある和室や、洋室と和室がそれぞれある和洋室の部屋があります。料金の目安は大人1泊4,100円~、子どもは3,300円~。3歳以下は2名まで無料となるのもうれしいですよね。
【住所】沖縄県宜野湾市真志喜3-28-1

観光中に一服!おすすめのカフェ4選

87cd218812a5f38195b7e1203a4838c0_s

カフェ ユニゾン

深夜1時まで営業している「カフェユニゾン」。昼間は「沖縄文化食堂」として、夜は「沖縄文化酒場」として、時間ごとにテーマをかえて営業している、憩いのカフェです。

11:30~18:00までの“昼ユニゾン”の「沖縄文化食堂」では、多彩な日替わりランチプレートをはじめ、手づくりスイーツ、コーヒー、紅茶、沖縄のハーブティーなどのドリンクメニューが揃えています。

ランチメニューは、オリジナルチキン料理をメインに、日替わり野菜たっぷりスープ、日替わりおかず5種、サラダ、玄米、ドリンクがついて1,500円のランチのほか、ドライカレーがメインのもの、まぐろのつみれ入り沖縄みそ汁とラフテーなど沖縄料理風のもの、石垣島産のホーリーバジル、ツボクサなどを加えた沖縄版ガパオライス、ラフテー&トマトのホットサンド、紅芋&パインのホットサンドなど種類も豊富です。

スイーツメニューは、日替りケーキのほか、沖縄の老舗「謝花きっぱん」の銘菓「冬瓜漬け」を包んだスコーンや、宮古島の農場「シートーヤー」でしか生産されていない幻のサトウキビで作った黒糖の焼き菓子、沖縄に自生する月桃=サンニンを杏仁豆腐風に仕上げたサンニン豆腐(月桃豆腐)など、沖縄ならではの食材を使ったオリジナルの“沖縄スイーツ”が味わえます。

【住所】沖縄県宜野湾市新城2-39-8 MIX life-style 2F
【営業時間】11:30〜25:00
【定休日】火曜日(祝日は営業)

モフモナ

落ち着けるカフェとして女性からの支持率が高い、カフェと雑貨の店「モフモナ」。沖縄で活躍する陶芸家たちの作品や手作りのアクセサリーなども販売しています。丁寧に作ってくれる料理やケーキがおいしいと評判。

注意してほしいのが、個人経営のため、臨時休業することもあるので、お出かけになる際には事前に確認してからのほうが良いでしょう。

【住所】沖縄県宜野湾市宜野湾2-1-29-1F
【営業時間】11:30~22:30
【定休日】火曜日

mati-cafe

沖縄と京都がちゃんぷるーしたカフェ「mati-cafe」。それもそのはず、オーナーは、京都出身で、京のおばんざい料亭で修行した京都人。そのため、メニューにも上品な京のおばんざいメニューが並びます。

また、お店の名物、京都から取り寄せた抹茶を使った抹茶パフェも大人気。宇治抹茶のチーズケーキ、抹茶プリンなどの抹茶スイーツも充実しています。

【住所】沖縄県宜野湾市宇地泊613
【営業時間】11:30~24:00
【定休日】木曜日

ルーラーズ タコライス

沖縄らしい、タコライスのファストフードカフェ「ルーラーズ タコライス」。チーズタコライス、アボカドタコライス、BBQタコライス、シーザーズタコライス、テリヤキタコライスなど、8種のオリジナルのタコライスがあります。おひとり様でも気軽に利用できて、ランチを兼ねて一休みするのにぴったりです。

【住所】沖縄県宜野湾市真栄原3-8-2 サンライズビル 1F
【営業時間】月~土11:00~22:00(L.O 21:45)/日・祝11:00~21:00(L.O 20:45)
【定休日】無休

まとめ

402d303e07bb30e42a1cc095b01e38de_s

いかがでしたか?宜野湾市内には、今回ご紹介した外国人住宅をリノベーションした宿泊施設のほかにもカフェなどもあり、アメリカンな雰囲気を感じることができます。ぜひ、今回の情報を参考に、沖縄とアメリカがちゃんぷるーした個性派タウン宜野湾市でのんびり沖縄を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

pineapple

パイナップルハウスで沖縄特産のパイナップルを堪能しよう!

沖縄といえばトロピカルフルーツ …