Home / 沖縄観光 / 沖縄宜野座村の魅力と観光の楽しみ方
ce35b90ce63c7ef3040b20ce6c6fd1ac_s

沖縄宜野座村の魅力と観光の楽しみ方

bdf61415b38a29348c46111769f91fed_s

沖縄県宜野座村(ぎのざそん)は沖縄本島の中腹に位置する、那覇空港からも比較的アクセスしやすいエリアです。また宜野座ICもあるので、レンタカーで観光客も訪れやすいともいえます。

今回はそんな沖縄本島にある、沖縄宜野座村の魅力と観光の楽しみ方を詳しく紹介します!

スポンサードリンク

沖縄宜野座村には豊かな自然が残っている!

沖縄宜野座村は、あまり観光地としての地名度が高いわけではありませんが、そこには実は豊かな自然が残されています。沖縄本島は北部まで行けば、豊かな自然がありますが、中部はかなり開発されてきているのが現状です。

しかしこの宜野座村には、美しい海や山が残されているのです。建物もコンクリートのマンションではなく、古民家が残されているので、このエリアに訪れるだけでも心が安らぎますよ。

歴史を知ればより楽しめる!宜野座村の歴史を知ろう

宜野座村は、注意深く見て回れば、貝塚など、様々な歴史的な場所を見つけることができます。また文化財なども沢山発見されており、そういったものは、宜野座村の博物館で展示されています。

これはどの観光地に行った際も同じかもしれませんが、観光を楽しむ際にはその土地の持つ歴史背景を知ることが欠かせません。時間に余裕がある場合は、宜野座村の観光地巡りをする前に、村立博物館に立ち寄ることをおすすめします。

沖縄宜野座湾では鍾乳洞が楽しめる

451ea06933aaebd782e1824847de4707_s

沖縄は日本全国から見ても、鍾乳洞が沢山ある地域ですが、この宜野座村も例外ではありません。宜野座村には様々なアクティビティのツアーがありますが、その中には鍾乳洞のツアーも含まれています。

この鍾乳洞ツアーの素敵なポイントは、実は、鍾乳洞に辿り着くまでの道のりにもあります。鍾乳洞の入口は、そのほとんどが自然豊かな林の中や、林を越えたところにあります。したがって鍾乳洞ツアーに参加すれば同時に森林浴もできてしまう場合が多いのです。

自然豊かな宜野座村で何かアクティビティを楽しむなら、鍾乳洞ツアーはおすすめですよ!

宜野座村では「ノルディックウォーキング」が密かに熱い

「ノルディックウォーキング」は聞きなれないアクティビティの名称かもしれませんが、ポールを使って自然の中を歩くアクティビティです。これは非常にシンプルなアクティティですが、自然環境が豊かに残る宜野座村だからこそ楽しめるもの。

自然豊かな風景を散策しながら楽しむノルディックウォーキングでは、都会では味わえない、ここだけの楽しさがありますよ!しかもガイドさん付きのツアーであれば、琉球王国時代の貴重なエピソードなども聴けるかもしれません。

自然とじっくりと向き合いたい場合、ノルディックウォーキングはおすすめできるアクティビティの一つです。

「漢那ビーチ」の透明度が高く美しい海で遊ぼう!

沖縄県宜野座村の魅力は「漢那ビーチ」にもあります。「漢那ビーチ」といえば、透明度の高さが有名ですが、このビーチなら安心して子供と一緒でも楽しめますよ。また内地のビーチと異なる点は、ビーチの近くにまで豊かな自然が広がっているおtころ。

小さなジャングルを間近にして、眺める海は最高ですよ。また「漢那ビーチ」にまで足を運んだのであれば、チャレンジしておきたいアクティビティがあります。それはカヤックです。カヤックは沖縄本島でも比較的多いアクティビティですが、この「漢那ビーチ」で楽しむカヌーはまた一味も二味も異なります。

透明度が高ければ、それだけ海の中も見やすくなりますよね。その為、他のエリアよりも海中の生物を観賞しやすくなっているのです。運が良ければウミガメも見れるかもしれないですよ!

「宜野座バーガー」で宜野座の味を楽しもう

せっかく沖縄の宜野座村まで来たのなら、現地の美味しい食材を使った料理を楽しみたいと考えますよね。そこでおすすめの料理があります。それは「宜野座バーガー」です。「宜野座バーガー」は何とイカスミを練り込んだバンズが使用されています。

したがって見たことがないような、黒さを放っています。SNSでシェアすれば、「いいね」がつくこと間違いなし、といえるようなビジュアルです。沖縄県宜野座村まで足を運んだ際は、一度この「宜野座バーガー」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

宜野座村でお土産を選ぶならここ!「道の駅ぎのざ」

「道の駅」は全国にある、地元食材が集まるスポットですが、この「道の駅ぎのざ」に集まるのは食材だけではありません。村の工芸品も集まってくるので、お土産選びにもピッタリです。またここでしか手に入らないような、中々全国に流通しない珍しい特産品も購入できます。

その為、お土産選びで迷った際は「道の駅ぎのざ」をおすすめします。何度も沖縄で旅行を楽しんでいる場合は、普段とは違うお土産を買って帰れるかもしれないですよ。

身体も心もリラックス!「かりゆしカンナタラソラグーナ」

「かりゆしカンナタラソラグーナ」は、海洋療法が体験できる、人気スパ施設です。海洋療法とはタラソテラピーと呼ばれるものですが、これは年齢問わず体感できます。また、「かりゆしカンナタラソラグーナ」の中には、30mを越える巨大なウォータースライダーも構えられています。

マリンスポーツで身体が疲れている場合や、日々の仕事の疲れを癒したい場合にぴったりの観光スポットです。

タラソテラピーについて理解しよう

「かりゆしカンナタラソラグーナ」で提供されているタラソテラピーは、海の恵みである海藻を用いたセラピーです。その方法は様々で一通りではありません。海藻を美味しく食べることもタラソテラピーの一種となります。

もちろんミネラルたっぷりの海藻を身体にエステのように塗る場合もあり、海水のプールで身体の緊張をほぐすなどもあります。海水浴は適度にすることで身体に必要な塩分、ミネラルを取り入れるとして知られていますが、まさにそういった効果を最大限活かす為のセラピーといえるでしょう。

海は生命の根源とも呼ばれます。ダーウィンの進化論でも、生命は海中のプランクトンから始まりますよね。自然療法に興味がある方や、現在身体の不調を感じている場合は、試してみる価値があるセラピーだといえるのではないでしょうか。そして日本でタラソテラピーを本格的に取り入れている施設はそこまで多くありません。

旅行とセラピーはあまり結びつかないかもしれませんが、療養で沖縄の地を訪れるなら、この「かりゆしカンナタラソラグーナ」は一度訪れてみることをおすすめします。

宜野座村で観光する際は、豊かな自然環境を体感できるところに行こう!

ここまで沖縄県宜野座の魅力と観光の楽しみ方について紹介しましたが、いかがでしたか。宜野座村は、沖縄本島の中でも、自然環境がしっかりと残っているエリアの一つです。カヌーやノルディックウォーキングのツアーに申し込めば、ガイドさんの説明がセットになる場合が多いので、より深く楽しめます。

もちろん、ツアーではなく、単独で自分のスケジュールで動きたい場合は無理にツアーに参加する必要はありません。ただ鍾乳洞などは、単独では入れない箇所も中にはあったりするので、その辺りは計画を立てる際にしっかりと確認して起きましょう。

また沖縄県宜野座村まで来たら、本当の北部エリアも近くなります。美ら海水族館や、北部の広大な「やんばるの森」に比較的簡単にアクセスが可能です。宜野座村を観光するなら、そういった北部も含めて、予定を立ててみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …