Home / 沖縄ホテル / 波照間島で優雅に過ごす。おすすめホテルをご紹介
沖縄 離島 八重山諸島 波照間島

波照間島で優雅に過ごす。おすすめホテルをご紹介

日本最南端の有人島“波照間島”。同じ八重山諸島の石垣島からも約50km離れた場所にあります。小さな島なので、リゾート地によくある見た目のゴージャスなホテルは残念ながらありません。

ですが!波照間島のお宿の自慢は、豪華さはないかもしれないけれど、誰にも束縛されない、ゆったりと流れる至福の時間。沖縄で一番美しいといわれる「ニシ浜」の海、その海に沈む息をのむ美しさの夕日、宝石のように輝く満天の星空・・・といった波照間島にしかないお金には代えられない癒しの風景が最高のおもてなしです。

そこで今回は、波照間島ならではの、のんびり&気ままな、ある意味、贅沢で優雅な時間が過ごせるおすすめのお宿をご紹介します。

スポンサードリンク

ホテルオーシャンズ

9dc86119bfd094a9734f857bc38e19f6_s

波照間島唯一の“ホテル”と名のつく宿泊施設「ホテルオーシャンズ」。島の中央付近にあり、2008年のオープン。時間にも人にも、何ものにも束縛されず、まったりとゆる~い至福の時間を味わえる宿です。

予約が必要ですが、船の時間に合わせて波照間港までの無料送迎サービスもあります。

客室はツイン、シングル、和室とあり、各部屋にバス&シャワー、トイレ、テレビ、冷蔵庫、エアコン、ポット、ドライヤーなどの設備が整っています。バス・トイレがついた客室は、波照間島では貴重な存在といえます。アメニティーとしては、バスタオル・フェイスタオル・歯ブラシ・リンスインシャンプー・ボディシャンプー付き。これだけあれば十分ですよね!

ホテルならではのプライベートな空間は確保できるので、民宿が苦手な人におすすめ。部屋には、バス&シャワーもついているので、ダイビングをした後、気兼ねなく、ゆったりお風呂でくつろげます。

宿泊料は1泊朝食付き7,000円~9,000円、小学生は半額。夕食を1000円で付けることもできますが、宿の近くには居酒屋や共同商店があるので、こちらを利用するのもよいでしょう。

共同設備として、食事処、コインランドリー、無線LAN、さらに、レンタカー・レンタサイクル・レンタルバイクなどもあって、波照間島巡りに便利です。

レンタカーは、軽自動車、普通自動車、8人乗り1BOXの3種類。料金はそれぞれ3時間3500円、4000円、5000円となっています。レンタバイクは、50cc(3時間2000円)と90cc~(3時間2500円)。レンタサイクルは自転車(半日500円)のほか電動アシスト付き(半日1500円)もあります。ちなみに、レンタサイクルを利用すれば、波照間島の大人気スポット「ニシの浜」や「日本最南端の碑」に20分ほどでいけます。

ホテルの屋上は自由に上がることができるので、寝転がって波照間島の星空を独り占めすることだってできます。または、レンタバイクを借りて、気ままに星空散歩にでかけるのも、波照間島ならではの贅沢な夜の過ごし方です。

<ホテルオーシャンズ>
【料金】1泊朝食付き7,000円~9,000円、小学生半額、小学生未満無料
【チェックイン】14:00
【チェックアウト】10:00
【住所】沖縄県八重山郡竹富町字波照間78-2
【問い合わせ】TEL0980-85-8787

ペンション最南端

波照間港から車で3分のところにある「ペンション最南端」。名前のとおり、日本最南端にあるペンションです。波照間島の大人気スポット「ニシ浜」の小高い丘の上にあり、全室オーシャンビュー。オープンしたのは2007年1月です。

dc109ed67b1734bec045b17285d703bf_s

客室の窓や屋上から「ニシ浜」の絶景を満喫できる、とっても贅沢なお宿です。時間とともに変化するハテルマブルーの海の色、そして、澄みわたる青空をオレンジ色へと染める夕日の絶景、手を伸ばせば届きそうな星空など・・・。波照間島の自然が極上の癒しをプレゼントしてくれます。

客室は1階の和室、2階の洋室の合計12部屋。全室にバス&トイレ、液晶テレビ、エアコン、冷蔵庫、湯沸しポットが付いているほか、アメニティは、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、歯ブラシ、タオルと一通りのものがついています。

2階の各部屋にはバルコニー、1階の各部屋には広めのテラスバルコニーがあって、それぞれチェアもセットされているので、大人気のニシ浜の絶景をプライベートな空間で独り占めできます。

0ea2b4ba77b94a08b62458688f13db16_s

料金は、1泊2食で1階和室8,500円~、2階洋室9,500円~。子どもは半額。連泊の場合3日目から10%の割引きをしてくれます。共同設備に洗濯機があるので、連泊するのにも便利です。

ペンション最南端の“ウリ”ひとつは屋上。ニシ浜を一望できる最高の眺めが自慢です。美しい夕日を見るにも、もちろん、夜空を見るにもベストスポット。特に、このペンションのまわりには街灯がないため、本物の星空を堪能できます。季節によっては、南十字星が見られるのも波照間島ならでは。たまに、屋上はビアガーデンとして解放されることもあるんだとか。

<ペンション最南端>
【料金】1泊2食和室8,500円~、洋室9,500円~/子ども半額/連泊の場合3日目から10%OFF
【チェックイン】14:00
【チェックアウト】10:00
【住所】沖縄県八重山郡竹富町字波照間886-1
【問い合わせ】TEL0980-85-8686

うるま家

波照間島で人気No.1といわれている民宿「うるま家」。波照間郵便局の目の前にあります。

客室は全て和室で、四畳半と六畳の全5部屋。コイン式の冷房と扇風機、テレビが付いています。料金は1泊2食で5500円。トイレ、シャワー、洗濯機は共同。波照間港への送迎もしてくれます。

夜には、星空の観察スポット「波照間島星観測センター」への送迎バス(バス代往復500円、観測所入館料400円)が宿に迎えにきてくれるので、便利です。

960695344fc1ddd7a79f988679c40859_s

うるま家の夜のお楽しみは星空観察のほかにもうひとつ。たまに開催される「ゆんたく」。沖縄の方言で「おしゃべり」という意味だそうですが、宿でいう「ゆんたく」とは、夕食後に宿の主催でお酒が振る舞われる飲み会のこと。宿泊客や近所の人たちも集まって、おしゃべりしながらお酒を楽しめるそう。沖縄らしい雰囲気が味わえます。

もちろん、「ゆんたく」を盛り上げるお酒は泡盛。波照間島唯一の酒造「波照間酒造所」が造る泡盛「泡波」も登場するんだとか。波照間島内での流通を目的として造られる「泡波」は、販売数に限りがあるため、“幻の泡盛”とも呼ばれている貴重なお酒なんです。

<うるま家>
【料金】1泊2食5500円
【チェックイン】 随時
【チェックアウト】9:30~10:00
【住所】沖縄県八重山郡竹富町字波照間121
【問い合わせ】TEL0980-85-8437

ハウス美波

コテージタイプの素泊まりのお宿「ハウス美波」。客室はAタイプ~Dタイプの4種類。1人旅、家族旅、友達旅とどんな旅のスタイルにもおすすめ。飾らない素朴な佇まいで、親戚の家に泊まるようにくつろげるお宿です。

4種類のすべての客室には、キッチン(炊飯器、食器類、調理具、冷蔵庫)、エアコン、テレビ、扇風機、リンスインシャンプー、ボディーソープ、タオル、バスタオル、ドライヤーが付いています。エアコンだけが有料で3時間(一時停止可)100円。

これらの設備に加え、おもしろいのは“お米”も付いていること。基本的には無料ですが、冬期ウイクリーの場合だけお米は1合50円になるんだとか。

各客室の料金は以下のとおりです。
1.Aタイプ 2名4,000円・3~4名3,500円・5名以上3,000円。トイレ、シャワー、ダブル(セミダブル)ベット、 シングルベッド付き。トイレとシャワーは別。
2.Bタイプの料金は1名3,500円・2名以上3,000円。トイレ、シャワー付き。
3.Cタイプの料金は1名3,500円・2名以上3,000円。トイレとシャワー共有(室外)。
4.Dタイプの料金は1名3,000円・2名以上2,500円。セミダブル、シングルベッド付き。トイレとシャワー共有(室外)。

子ども料金は全客室共通で小学生1,000円、中学生2,000円。波照間港までの送迎は無料。自転車や 電動自転車、バイク、自動者のレンタルサービスもあります。

「ハウス美波」ならではのサービスは「星空撮影ツアー」。ペンライトを使って星空に文字や絵を描いて撮影するというもの。家族旅行の思い出にぴったりです。料金は、大人1000円、中学生以下は無料。

6d1e0dc13a69990c68ea5972bd9dd27b_s

<ハウス美波>
【料金】大人1名2500円~(素泊まり)
【チェックイン】 14:00
【チェックアウト】10:00
【住所】沖縄県竹富町字波照間3138
【問い合わせ】TEL0980-85-8050

波照間島での宿泊は余裕をもって

波照間島へのアクセスは、石垣島から1日4本の定期高速船と、同じく石垣島から火・木・土曜日、第2・4金曜日に1日1本運行する「フェリーはてるま」の2種類だけ。

便数が少ない上、定期高速船は欠航することもしばしば。ひどい時には1週間ほど欠航になって帰れないなんてこともあるので、スケジュールには余裕をもって行くのがベストです。

スポンサーリンク

Check Also

c2e580c9bbd01a22c501b7be2a1fb4a1_s

沖縄のひとり旅なら!おすすめ1泊2日コース3選

誰にも気を使わず、“自由に思い …