Home / 沖縄観光 / 辺戸岬の魅力とおすすめ観光スポット、絶品グルメ
eyecatch

辺戸岬の魅力とおすすめ観光スポット、絶品グルメ

沖縄本島の最北端、東シナ海をのぞむ辺戸岬(へどみさき)。観光客はあまり沖縄の最北端まで行かないイメージがありますが、一体どんなところなのでしょうか?観光地やグルメをご紹介致します。

スポンサードリンク

辺戸岬概要

landscape-2432686_640hedomisaki1

辺戸岬沖縄の最北端にあります。那覇空港からは高速道路と一般道を利用し、車で2時間半かかります。逆に言うと、沖縄のほぼ端から端まではそれくらいの時間で行けるか、と思ってしまいますよね。

辺戸岬は断崖絶壁になっていて、東シナ海と太平洋がぶつかって荒波となり、サンゴ礁が隆起してこのような断崖絶壁を作ったと言われています。辺戸岬をはじめ北部の周辺環境は、このようにきびしい環境に育まれた美しくワイルドな自然が残っている地域だといえます。

鹿児島県の沖永良部島や与論島からは22キロ離れているのですが、晴れた日にはうっすらと遠くに島影が望めます。

また、元旦には初日の出スポットとして、地元の人をはじめ、多くの観光客に感動を与えてきました。日が登った瞬間も素晴らしいですが、雲の間からさす光の色の変化も感動的だとか。

辺戸岬周辺観光情報

ヤンバルクイナ展望台

辺戸岬のある国頭村は「やんばる」と呼ばれる地域で、ワイルドな自然が残っています。特に辺戸岬は、東シナ海と太平洋の荒波も砕け散り、朝日や夕陽もきれいな絶景スポット。

その辺戸岬近くの宇佐濱遺跡から海岸線に沿って道なりにしばらく走ると、巨大なヤンバルクイナのオブジェの「ヤンバルクイナ展望台」があります。ヤンバルクイナの姿を紅いくちばしから足の先までリアルに再現した展望台は迫力満点!なお残念ながら現在は、ヤンバルクイナのオブジェ内の展望台は老朽化のために入場禁止となっていますが、話のタネには最高のオブジェです。

またこの地域は天然記念物のヤンバルクイナが生息する地域ですが、「とべない鳥」のため、道路を横切る時に会える確率も高いようです。

大石林山

ありのままの自然を「聖地」として拝む習慣がある沖縄。この「大石林山」もそのひとつで、香炉が置かれた小さな拝所(うがんじゅ)が岬の突端にあるのがわかります。

沖縄北部の辺戸岬周辺のやんばる地域は、かつての琉球王朝の神話も残っており、神聖な雰囲気が漂う所。特に安須杜(アシムイ)一帯は、アマミキヨの島建て神話が残る、奇岩や巨石で有名な場所です。2億年も前に隆起をして、時間とともに侵食を繰り返し、現在の形となった岩は、やがて神聖な亜熱帯の社となっていきました。

今で言うパワースポットとも言える場所ですが、地形学的には石灰岩が侵蝕され、カルスト台地となったもので、熱帯のカルストとしては世界で最北端に位置するそうです。

見学コースは4つあり、「バリアフリーコース」もあるので、足に自信がない人でも安心して見学をすることができます。

茅打ちバンタ

茅打ちバンタ、と聞くと、全く沖縄に詳しくない人には全く理解できない観光地であることでしょう。

その正体は、辺戸岬の手前に位置する、崖のことで、バンタとは沖縄方言で「崖」を意味します。

「茅打ち」の由来は、その昔、付近の宜名真というところの茅葺き屋根の茅を辺戸で刈り、運搬の重労働を軽減するために崖から茅の束を投げていたことから由来するそう。当時は付近の道は人が一人通れるか通れないかの狭い道で、茅の束を担いでの運搬の際に人と行き違うために引き返すことは、とてつもない重労働だったようです。崖から投げて強風で煽られ、バラバラに飛散した茅の束は、当時の沖縄の人には印象的で、崖のネーミングになったというユニークないわれがあります。

この茅打ちバンタの崖から澄んだ海中を覗き込むと、信じられないことにサンゴ礁やそのまわりを泳ぐ熱帯魚が見え、伊是名島や伊平屋島も見えます。
この宜名真付近は、世界にも珍しい「海底鍾乳洞」になっているそうで、ダイバーの憧れのスポットだそうです。

辺戸岬のグルメ

cliff-330721_640_hedomisaki3

沖縄最北端の辺戸岬ですが、グルメにはどんなものがあるのでしょうか?

がじまんろー

大宜味村の山の中にある、木造の素朴な建物が可愛いカフェ「がじまんろー」。シークワーサー農家のおばあが営むカフェですが、広い庭にはブランコやハンモックまでが置いてあります。どこか懐かしいような、ほっこりした雰囲気が最高!

野菜や果物、ハーブ類はすべて自家製。手搾りシークワーサージュースをはじめ、自家製ケーキセット、ピザ類などが楽しめます。なお、11月はシークワーサーの出荷のシーズンなので、カフェはお休みすることが多いそうなので、注意が必要です。

がじまんろー
http://gajimanrou.ti-da.net/

前田食堂

1972年の沖縄本土復帰当時から営業しているという前田食堂。リーズナブルに沖縄そばや牛肉のおかずを楽しめる店とあって、観光客はもとより、地元の人でもいつも賑わっているそう。

場所は辺戸岬からは少し離れた大宜味村にあり、観光客にはボリュームたっぷりのスパイシーな「肉そば」が有名。しかし、地元の人には、牛肉をにんにく醤油で炒めた「牛肉おかず」が人気。目玉焼きとサウザンドアイランドドレッシングがかかった千切りキャベツが添えられ、B級グルメ然としていますが、くせになる味で、一度食べたら忘れられないのだとか。ご飯とちいさいそばもついてきて950円とコスパ的にも最高!

他にはもやしチャンプルーや三味そば、てびちそばなど沖縄メニューが多数ラインナップ。沖縄最北端にあるローカル食堂ですが、かなりの人気で、有名人も訪れるため、壁には多くの色紙が貼ってあるそうです。

前田食堂
https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470203/47001196/

パーラー大城

そのネーミングからして、レトロなB級グルメを出す食堂を連想してしまいますが、このパーラー大城は「かき氷」が美味しいことで有名なお店。

国頭村にあるパーラー大城で出すかき氷は、普通のかき氷ではなく、白玉が乗ったぜんざいにかき氷がのったもので、「沖縄ぜんざい」と呼ばれているそうです。
11月でもセミがなく沖縄では、かき氷はほぼ1年中オンシーズンなのです。

甘すぎずちょうどいい甘さで、旅の疲れも吹き飛ぶと評判です。沖縄の名物である「さんぴん茶」を飲みながら食べると、いちだんと美味しいのだとか。さんぴん茶のほろ苦さが、ぜんざいの甘さにマッチしているのでしょうね。

他のメニューにはもちろん、沖縄ならではの食べ物もあり、よく煮込まれたソーキがのった沖縄そばもあります。

パーラー大城
https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470203/47011233/

ひまわり食堂

JALプライベートリゾートオクマに近い国頭村にある食堂。前田食堂のスパイシーな牛肉そばにくらべ、こちらの牛肉そばは、マイルドで、甘めの味付け、にんにくもかなり効いていると評判です。ゴーヤチャンプル定食も美味しいと評判の店。

ひまわり食堂
https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470203/47005147/

まとめ

いかがだったでしょうか?沖縄最北端、辺戸岬の観光と、周辺のグルメをご紹介致しました。沖縄観光というと、やはり首都の那覇周辺、あるいは美ら海水族館周辺など、ある程度地域が決まってきそうですが、特にリピーターの方やダイバーの方にもおすすめなのがこの辺戸岬周辺です。

大きなホテルや整備された観光地というわけではないのですが、沖縄本来のワイルドな自然が残り、土着の文化もパワースポットという形で紹介されていますので、是非、足を向けてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …