Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 【東平安名崎の楽しみ方】宮古島の最東端で美しい自然に癒される

【東平安名崎の楽しみ方】宮古島の最東端で美しい自然に癒される

宮古島は、日本の西にある沖縄本土より、さらに南西の方向へ移動した場所にあります。美しい山や海、動物たちなどの自然が残っており、年間平均気温が23度と温暖な為、レジャーにぴったりです。

そんな宮古島の最も東に、東平安名崎はあります。自然豊かな宮古島の中でも、海を割るように伸びたこの岬は、観光地としてとても人気です。

この美しい岬「東平安名崎」の魅力やアクセス情報、見どころ、ランチスポットなどをたっぷりご紹介します!

スポンサードリンク

宮古島の最東端「東平安名崎(ひがしへんなざき)」の基本情報

東平安名崎は、宮古島の最東に位置している、長さ2kmの細長い岬です。都市公園百選に選ばれたほど美しい眺めが有名なスポットです。

また、岬の中心にそびえる灯台がシンボルとなっており、そこからは雄大な眺めを楽しむことができます。

他にも、美しい植物や迫力のある津波岩、古くから語り継がれる伝説など、魅力がたっぷりの場所なんです!

東平安名崎とは

沖縄本土から約310km移動した場所にある宮古島の中でも、最も東に位置する細長く美しい岬、それが東平安名崎です。東シナ海と太平洋を割るように突き出ている岬から見えるエメラルドグリーンの海と、先端にある灯台、また季節により違った顔を見せる植物を目当てに多くの観光客が訪れます。

この東平安名崎は、宮古島の繁華街からは30kmほど南東へ移動した場所にあります。少し離れているので、車でのアクセスが便利です。

住所 沖縄県宮古島市城辺字保良
電話 (宮古島市都市計画課)0980-76-6507

東平安名崎の長さ

東平安名崎の長さは約2kmありますが、幅はもっとも広い場所でも160メートルです。とても細長い半島であることがわかりますね。

この岬は元々サンゴ礁だった石灰岩でできており、遊歩道に加工されているところ以外は、ごつごつとした岩です。その上からテンノウメという植物が緑色の絨毯の様に岩肌を覆っているので、遠くから見ると緑色の岬に見えます。

東平安名崎への行き方、駐車場

宮古空港からは、車を使って30分ほどで到着します。

50台の専用駐車場があり、無料で利用できます。そこから岬の先端に位置する灯台まで遊歩道が伸びていて、散策を楽しむことができます。この駐車場から、灯台と青空のコントラストを眺めながら進む道も、東平安名崎の魅力の1つです。

また、この駐車場にはトイレと、自動販売機、季節限定ながら売店もあります。また、東平安名崎にはこの駐車場にしかトイレがありませんので注意が必要です。

東平安名崎の見どころ、楽しみ方

東平安名崎の魅力といえば、やっぱり、その美しい景色です! 東平安名崎から望むエメラルドグリーンの美しい海はもちろん、テッポウユリなどの珍しい植物、海に浮かぶ津波岩など雄大な自然が残っています。

また、沖縄では珍しい、登ることができる灯台や、とてもユニークなおもてなしをしてくれる人力車、周囲にあるランチスポットなど、施設やサービスも充実しています。

この記事では、様々な視点から東平安名崎のおすすめスポットをお伝えします!

都市公園百選に選ばれた名勝地

東平安名崎は都市公園百選にも選ばれたほどの美しい景観が魅力です。美しい宮古の海を切り裂くように伸びた東平安名崎からは、左右に美しい海と空を眺めることができます。

またこの海は、沖に向かうにつれて深さが増していくので、海の色がライトブルーからエメラルドグリーン、そして濃いネイビーへ変化していきます。この海の色は、季節や時間によって様々なグラデーションを楽しむことができます。

東平安名崎周辺の海は、とても透明度が高いのですが、これはサンゴ礁の浄化作用のおかげです。周囲をサンゴ礁に囲まれているので、その美しい海が保たれているのですね。

東平安名崎から見える巨岩「津波岩」

東平安名崎から東シナ海側を見ると、小島の様な岩がいくつも転がっているのを見ることができます。これは元々サンゴ礁だった石灰岩で、大きいものは「津波岩」と呼ばれます。この遠浅の海に転がる津波岩は、1771年の明和の大津波で打ち上げられたものだと言われています。

エメラルドグリーンの海に無数に浮かぶ津波岩は、宮古島でもなかなか見られない光景ですので、一見の価値ありですよ!

「テッポウユリ」など季節を彩る200種類以上もの植物

東平安名崎に生息する植物は「隆起珊瑚礁海岸風衝植物群落」として、沖縄県の天然記念物に指定されているほどに豊かで美しいです。

東平安名崎は、一年を通して強い海風が吹き付けるので、背の高い植物は育ちません。その代わり、背の低い植物達が生き生きと成長しています。現在は222種類の植物が発見されています。

なかでも、4月から5月になると咲き乱れる真っ白なテッポウユリは有名です。東平安名崎一帯に2kmに渡って咲くテッポウユリは、真っ白な絨毯をしいた様な景色を作り出しており、まさに絶景といえるでしょう。

他にも、テンノウメやイソマツ、クサトベラなどの珍しい植物も見ることができます。

東平安名崎名物ガイド人力車「灯八」

東平安名崎の駐車場から岬の先端にある平安名崎灯台までは、ゆっくり歩いて10分ほどかかります。

少し遠いなぁと感じる方は、名物ガイドさんがやっている人力車「灯八」を利用してみると良いでしょう。歩かなくて良いのはもちろん、ガイドさんが面白い話をしてくれ、三線や琉球民謡を聴かせてくれます。最後にはほら貝も吹いてくれるかもしれません。ユニークな旅の思い出になるはずです。

    料金

  • 片道 1000円
  • 往復 2000円

恋の物語の伝説「マムヤの墓」

東平安名崎の遊歩道を歩いていくと、途中に大きな岩がくり抜かれて作られたお墓があります。それは「マムヤの墓」といいます。このお墓には、悲しい恋の伝説が残されています。

その昔、東平安名崎の近くにマムヤというそれはそれは美しい女性がいました。その美貌を見るためだけに、人だかりができたほどだったそうです。そんなマムヤは野城の按司(当時の豪族)と出会い恋に落ちますが、この男は妻子持ちでした。結局、按司はマムヤを見捨て、妻を選びます。

絶望したマムヤは断崖絶壁から身を投げ、自ら命を絶ったといいます。それを知ったマムヤの母親は、もう二度と保良村に美人が生まれないように祈ったとも伝えられています。

東平安名崎に訪れた際には、美しい海を眺めながら、悲しい伝説に思いをはせてみてくださいね。

眼前に絶景が広がる「平安名崎灯台」

東平安名崎の先端には平安名崎灯台があります。沖縄県内には多くの灯台がありますが、登ることができる灯台は珍しく、この平安名崎灯台は日本最南端の見学可能な灯台です。ですので、貴重で美しい景色を眺めることができます。高さ24mから左右に分かれた東シナ海と太平洋を見渡すのは最高ですよ!

灯台の中には97段の階段があり、それを登ると灯台の最上階に辿り着きます。この最上階は、灯台を回る様に360度景色を見渡すことができるようになっています。

また、灯台の下では実際に使われていた灯台の電球の展示もあり、こちらも見応えがあります。

入場料 150円
時間 9:00~16:00
電話 (平安名埼支所)090-8294-4010

美しすぎる「日の出・夕日」

東平安名崎は絶好のサンセットスポットとして有名です。夕焼けに染まった広大な空と灯台のコントラストは見事です。

灯台からはもちろん、海の近くにベンチが点在しているので、そこに座って夕日を眺めるのもよいでしょう。空と雲が徐々に赤く染まっていき、次第に暗く変化していく色のグラデーションは、宮古島に訪れたのなら是非見てほしい景色です。

太陽が沈んだ後には、満天の星空を眺めることができます。周囲を海に囲まれ、人口の明かりが岬まで届かないので、本当に沢山の星を見ることができますよ。

また、この東平安名崎は宮古島でも屈指の日の出スポットでもあります。宮古島は本土よりかなり西側にあるので日の出が遅く、例えば元旦の日の出は6時10分頃になります。毎年1月1日には、東平安名崎から初日の出を望もうと多くの人がやってきます。

真っ暗で星が見えていた空が徐々に明るく色づいていき、海を染めていく様は感動ものですよ!

沖縄の魚と出会える「釣り」

東平安名崎周辺の海は、豊かな生態系があり、釣りや漁に適しています。

東シナ海と、太平洋の異なる波がぶつかり合うことで、大きな白波が立ちます。この荒い波によって、海中に多くの酸素が入り、生き物にとって生息しやすい環境が整うのです。

その為、この東平安名崎では、週末になると地元の釣り人が防波堤の上から釣りを楽しんでいます。

隠れ絶景ビーチ「保良漁港の浜」

保良漁港の浜は、東平安名崎の手前にあるビーチです。この保良漁港の浜はガイドブックなどには載っていない、知る人ぞ知る隠れ家ビーチなのです。

東平安名崎の駐車場の手前を左に曲がると、保良漁港があります。その漁港の横にある防波堤を越えた先に、とても美しい白浜があります。そこが保良漁港の浜です。

道路側に分かりやすい案内がないので見逃してしまう人が多いのですが、宮古島の中でも抜群の透明度をほこる美しい浜辺と、有名観光地にない静かな海に魅了されること間違いなしです!

東平安名崎でランチを楽しめるレストラン

東平安名崎の近くには沖縄名物を楽しめるレストランもいくつか存在します。その中でもおすすめの2店をご紹介します。

レストラン海宝

東平安名崎の近くにある貝の博物館「シェル・ミュージアム」に売店と共に併設されている2階建てのシーフードレストランです。2階から東平安名崎の美しい海を眺めながら食事ができます。

予約が必要なランチコースから、手軽な定食まで用意があり、ボリュームも十分でコスパがいいです。

敷地もかなり広いので、団体の方にもおすすめです。

    ランチメニュー(予約がいらないもののみ)

  • さんご礁がんずう和流 1080円
  • ラフテー御膳 1300円
  • スタミナそばセット 970円
  • お子様ランチ 870円
住所 〒906-0101 沖縄県宮古島市城辺字保良591-1
電話番号 0980-77-2323
FAX番号 0980-77-2010
レストランの営業時間  10:30~15:00(ラストオーダー 14:30)
HP  http://kaihoukan.co.jp/restaurant/

キッチンボーラ(Kitchen Bo-Ra)

東平安名崎へ向かう道の途中にある、おしゃれなレストランがキッチンボーラです。ゲストハウスも併設しており、親しみやすい雰囲気が魅力です。お子さん連れの方にもおすすめですよ!

メニューは宮古そばや、タコライスなどの沖縄料理が中心です。中でもおすすめなのが、シークワーサーと塩でいただく「宇佐からあげ定食」です。食事は配達も行っていますよ。

    ランチメニュー

  • 宇佐からあげ定食 780円
  • しょうが焼き定食 780円
  • 宮古そば 580円
  • タコライス 880円
〒906-0101
沖縄県宮古島市城辺保良344-1
TEL 0980-77-2700
営業時間  11:00~15:00
HP  https://kiyosuke.wixsite.com/kitchen-bora

まとめ

東平安名崎は美しい海だけではなく、夕日や星空、日の出など時間帯によって様々な顔を見せてくれる魅力がいっぱいなスポットです。また、季節によって違った景色を見ることができる場所でもあります。

宮古島を訪れた時には、美しい景色、楽しい人、美味しいグルメを楽しみに、東平安名崎へ足をのばしてみてくださいね!きっとすてきな体験ができるはずです!

スポンサーリンク

Check Also

【大和食堂】絶品沖縄そばを味わえる大人気の宮古島食堂

せっかく宮古島に来たのなら、そ …