Home / 沖縄観光 / 最高の星空を見たい方のための星のや竹富島、リゾナーレ小浜島
沖縄   星空

最高の星空を見たい方のための星のや竹富島、リゾナーレ小浜島

沖縄の魅力といえば、透きとおったエメラルドグリーンの海と、水平線につづく青い空のコントラストが素晴らしい自然ですね。しかし、沖縄の空はこれだけではありません。市街地から少し離れ町あかりから遠い本島北部、さらには、「日本三大星名所」に数えられる八重山離島まで足をのばせば、「満天の星空」も魅力の1つに加わります。

八重山諸島では春から秋の期間は晴天の確率が特に高いため、「せっかくリゾートに来たのに曇り空でハズレだった」というケースも少ない、星空観光には最適なスポットです。さらには、東側海岸では勇壮な朝日、西側海岸では燃えるように紅に染まる夕日もオススメです。美しい空を眺めながら1日を過ごすリゾートステイでは、イベントも盛りだくさん。思いっきり「空」を楽しむ沖縄旅行はいかがでしょうか?

スポンサードリンク

星のや竹富島(竹富島)

hoshinoyataketomijima
沖縄の中でも特にきれいな星空を見たいならば、まずオススメなのが離島です。その中のひとつに、石垣島から高速船で10分ほどのところにある「竹富島」があります。

東西約2km、南北約3kmの小さい島ですが、ここに、赤い琉球瓦の伝統建築と、部屋ごとに庭が付いている全室一戸建て形式の特徴的なホテル「星のや竹富島」があります。宿泊部屋がすべて一戸建ての琉球伝統建築なので、昔ながらの沖縄の集落風景をそのままリゾートホテルにしたような空間が広がっています。

192e31dad5d2b810b47f99cbb1b13451_s

自然と文化が融合したホテル

竹富島には、赤瓦の琉球建築、白いサンゴの砂が敷かれた小道と、それを囲む石垣からなる伝統的な街並みが残っており、これを見に訪れる人がたくさんいます。「星のや竹富島」は、この竹富島の伝統的な町並み風景に溶け込むように作られていることが特徴です。

開放的なリビングには心地よい潮風が吹き抜け、庭先の木々がそよぐ音までもがリラックスムードを与えてくれます。お部屋タイプには、リゾートらしく部屋一面がフローリング張りになっているタイプと、琉球畳が敷き詰められており、どこでもゴロンと寝そべることができるタイプが用意されています。

リゾートホテルの必須アイテムであるプールも完備。24時間楽しめる温水プールとなっており、プールのまわりには高い木や建物がないので、プールに浸かりながら広い星空を楽しむという夢のような贅沢な空間が提供されています。もちろんラウンジも隣接されており、ピールサイドにはソファもあります。星空の下、ゆったりとした気分で、泡盛やオリオンビールをいただきながら読書や談話を楽しむ夜は格別です。

3つのビーチを楽しもう

竹富島には「アイヤル浜」、「コンドイ浜」、「カイジ浜」の3つのビーチがあります。

ホテルに最も近いのはアイヤル浜で、ホテルから100mほどのところですので、歩いてすぐ行けるビーチです。人の少ないビーチなのでとてものんびりとした雰囲気があります。ビーチは島の東側にあるので、早起きして朝日を楽しんでほしいオススメスポットです。(ただし、潮流がとてもはやく遊泳禁止のビーチとなっていますのでご注意ください。)

コンドイ浜は島の反対側となる南東部にあり、夕日が楽しめるビーチです。遠くに西表島を眺める、遠浅の白く透きとおった広い砂浜があり、竹富島ではもっとも有名なビーチとなっています。ここの潮の流れはゆっくりしていますので、泳ぎたいならばコンドイ浜へ行きましょう。カイジ浜はコンドイ浜から200mほど南にあります。別名「星砂の浜」として知られており、小さな星の形をした砂を見つけることができます。

空が楽しめる竹富島では、星空だけでなく、アイヤル浜で朝日を拝み、コンドイ浜で夕日にたそがれるというロマンティックな一日が待っています。

595379cc8137a369ea4311abbb9d3dd6_s

星空をクルージングで楽しもう

「星のや竹富島」では、「星ごごちクルーズバー」というイベントが用意されています。夕食のあとに夜の海へ出航し、カクテルを飲みながら星空を楽しめるというプライベートクルージングです。船の上では、ホテルスタッフが「星語り」をしてくれて雰囲気をさらに盛り上げてくれます。

『星ごごちクルーズバー』
・開催期間:2016年6月~8月末
・予約:7日前まで
・料金:1組2名 18万円(1名追加ごとに5000円) ※1日1組2~4名まで
・タイムスケジュール:20時30分 出航~20時45分 カクテル&ライトミール ~21時 星空深呼吸でリラックス&星語り ~ 21時45分 帰港

リゾナーレ小浜島(小浜島)

isonare-kohamajima

朝の連ドラ「ちゅらさん」でお馴染みとなった小浜島。竹富島よりさらに西側にあり、石垣島から船で25分ほどの場所にある島です。大きさは竹富島とほぼ同じです。「リゾナーレ小浜島」は、この島の南東部の端にあります。この近くにもう1つのリゾートホテル「はいむるぶし」がありますが、それ以外は昔ながらのサトウキビ畑、一年中花々が咲く自然風景、あとは小さな集落が真ん中にポツンとあるだけのゆったりとした島です。

「星のや竹富島」とは一味違って、ここは小浜島というのんびりとした環境に広がるモダンリゾートといった趣になっています。イルマーレビーチがすぐ近くにある上に、3種類ものプールがあるのが特徴。クラブハウスプール、ラグーンプール、ビーチハウスプールをそれぞれ取り囲むようにゲストルームが配置されています。

9dc86119bfd094a9734f857bc38e19f6_s

ハンモックで星空を眺める「ティンガーラ ハンモック」

沖縄の方言(「うちなーぐち」といいます)では、天の川のことを「てぃんがーら」と呼びます。

リゾナーレ小浜島は、2016年は春~秋の期間、見晴らしの良い一角に大きなハンモックがセットされ、ペアで一緒にハンモックにゴロゴロしながら星空を楽しめるという素敵なイベントが開催されています。ここでは、一等星がすべて見られるだけでなく、88ある星座のうち84もの星座が見られるという視界の広さが魅力です。

『ティンガーラ ハンモック』
・開催期間:2016年5月15日〜11月30日
・時間:日没後より開催(予約不要です。ハンモックはホテル~イルマーレビーチの間に設置されます)
・料金:無料

960695344fc1ddd7a79f988679c40859_s

夜の貸し切りビーチピクニック「ティンガーラ ピクニック」

このイベントでは、夜のビーチを貸し切って満天の夜空と天の川を眺めながら散策することができます。砂浜にセットした大きなラグ、二人掛けのハンモックの中でブランケットをかぶり、ワインや南国ドライフルーツなどを楽しみながらロマンティックな時間を過ごせます。

『ティンガーラ ピクニック』
・開催期間:2016年4月1日〜6月30日 ※満月の夜は星が見えにくいので、暦のチェックもポイントです
・時間:22:00〜24:00
・料金:15,000円(1組、ただし、1日1組限定 )
・予約申込:3日前の18:00まで

ランタンだけをもってビーチから星空を眺める「ティンガーラ ロマンティック」

時期に関係なく、通年で開催されているイベントです。2人でランタンを借りて、ほかに明かりのないビーチで星空を眺めましょう。BGMはさざ波の音。星空を見上げて、ゆっくり眺め続けているとだんだんと目が慣れてきて、霧のような細かい星までもが見えてきます。それはまさに空に浮かぶ「壮大な白い河」です。

『ティンガーラ ロマンティック』
・期間:毎日開催(通年)
・時間:日没後19:00~22:00(日の入時刻にあわせて開催)
・料金:無料 ※フロントでランタンとブランケットが貸出されます。

まとめ

八重山諸島まで行くのは少し遠いかな・・・と思う方には、本島北部がオススメです。中南部周辺ですと、那覇を中心とした市街地の町明かりの影響があって星が見えにくいのですが、北部では名護市街から離れているところならば星がよく見えます。「JALプライベートリゾートオクマ(国頭村)」や、「カヌチャリゾート(名護市、東側海岸)」は沖縄でも最上級のリゾートホテルとしてオススメです。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄  アクティビティ ダイビング

沖縄本島のおすすめダイビングショップ4選とダイビングスポット5選

みなさんは沖縄「本島」のダイビ …