Home / 沖縄観光 / 西表島 / ロマンチックがほとばしる西表島「星砂の浜」の魅力と楽しみ方
0a6f10775f34aa988e0cc09b0415b6ad_s

ロマンチックがほとばしる西表島「星砂の浜」の魅力と楽しみ方

綺麗なビーチというと海外の南の島を連想してしまいがちですが、ここ日本にも色とりどりの可愛らしい魚たちが元気に泳ぎ回る、そんな美しい海がたくさんあります。

せっかく今日本にいるのであれば、一度はその目で見ておかないと勿体無い!息をのむような絶景だってあちこちにあるのです。

中でも良い意味で人の手が加えられていない自然の多く残る沖縄は、日本で数少ない抜群の透明度に鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚など、素敵なロケーションを堪能できる最高の場所なのです。

スポンサードリンク

多くの人々を虜にしてきた西表島

166c624e5118a58f7b64c24b2b32ff7d_s

沖縄県八重山郡にある西表島は、イリオモテヤマネコをはじめとし貴重な生態系が残る離島です。島自体の面積は八重山諸島において最大であるものの山がちの地形で急斜面も多く、人が暮らしているのはほんのわずかな場所に留まります。

その特異な地形から海だけでなく、陸でのアクティビティが楽しめるのも西表島の魅力の一つ。亜熱帯気候に属しているため年間を通して温暖な気候で冬も過ごしやすく、観光にはぴったりなロケーションです。

そんな西表島には訪れた人たちを魅了するものがたくさん!その中の一つ「星砂の浜」をご紹介します。

「星砂の浜」ってなに?

0a6f10775f34aa988e0cc09b0415b6ad_s

星砂の浜とは、星の形をした砂が積もる浜のこと。沖縄には真っ白な砂浜のビーチが数多くありますが、これらは単なる砂ではなく元々は生き物だったのです。サンゴや貝といった生物の死骸が細く砕け、砂のようにサラサラになったものが一面に広がっているのですが、手にとってよく見てみるとその中に星の形をしたものが!

でも沖縄に白い砂浜のビーチはたくさんあるのに、なぜ星砂はここにしかないの?それはこれらの正体が西表島の海に生息している有孔虫の殻だから。他の離島でも多少見つかりはするものの、西表島の多さにはかないません。普段あまり注目することのないビーチの砂ですが、そこに星が隠れているなんてなんだか素敵ですよね。

星砂のビーチの楽しみ方

ではそんな星砂の広がるビーチでの楽しみ方をご紹介します。

マリンスポーツはもちろん浅瀬での海遊びや海岸のお散歩、小さな子供から大人まできっと星砂の浜の魅力にハマること間違いなし!

小さい子供も安心!タイドプール

46eda1d05fe967ca0208309614145fb4_s

プールと海では遊べる範囲も危険なリスクも異なります。

自然が生み出したものである分、海には絶対の安全なんてありませんよね。

小さい子供や元気いっぱいのやんちゃな子供を海で遊ばせるはちょっと怖いかも・・・そんな時にはタイドプールのできるタイミングを狙いましょう。

タイドプールとは潮が引く時に岩のくぼみや海底の凹みなどに海水が取り残され、自然とできるプールのことです。つまり巨大な水たまりみたいなものですね。

波にさらわれてしまうような心配もありませんし、急に深くなって焦ることもないので安心して遊ばせられます。

運が良ければ魚たちも一緒に残されていたりするので、干潮時の海岸を歩いてみると小さな水槽のように見えて楽しいですよ。

綺麗な魚たちと泳ぐシュノーケリング

1091010cc41dcedf63624e7a68ade41f_s

いろいろな機材を身につけ講習を受けなければいけないダイビングはちょっと・・・でも海には入りたい!という人には手軽にできるシュノーケリングがおすすめ。
水面近くを浮いているだけでも海の透明度が高いため、十分に楽しむことができます。

泳ぎに自信がない人でもライフジャケットを着ていれば溺れる心配もありませんし、フィンをつけるのでスイスイと行きたい方向へ進むことも簡単。
一度やったらハマってしまうかも?

可愛らしい小瓶片手に星砂さがし

珍しい形の星砂、真っ白で綺麗ですし見つけたら思い出に持ち帰りたくなりますよね。
もちろん何キロも持って行ってしまうのはマナー違反ですが、少量であれば持ち帰るための小瓶も島内の売店などで購入することができます。

自然から生み出された星砂ですから、全く同じものは存在しません。
西表島に訪れた記念に、選りすぐりの欠片を瓶に閉じ込めてみてはいかがでしょうか。

美しい海を守るために

da1a488abc1956c9bac8665fd13d9385_s

豊かな自然の広がる沖縄といえど、近年の大きな問題である環境破壊の例外ではありません。

観光地化が進み旅行客が増えたことによって島の活性化には繋がっているものの、その一方で貴重な観光資源である海の状態が徐々に悪化してきていると言われています。

数少ない日本のサンゴ礁群生地でありながら消えゆくスピードが早く、サンゴ礁がなくなることでそこを住処としている魚たちもいなくなってしまいます。

旅行にきて海で遊ぶことが悪いわけでありませんが、きちんとマナーを守りモラルを持って過ごしましょう。

基本的なことをみんなが守れば美しい海がこの先もずっと保たれるのです。

サンゴ礁の上に立たない

シュノーケリングをしていて疲れた時や、気づかないうちについつい浅瀬に来てしまった時、足元にサンゴ礁がないか注意してみてみましょう。

人工ビーチの開発や海水温度の上昇、ジェットスキーから漏れるオイルなど、ただでさえサンゴ礁にとって過酷な環境になってしまっている中で上に立つなんて言語道断です。

フィンがぶつかっただけで折れてしまうこともありますし、あなたが思っているよりもとても繊細なのです。

一度死んでしまうと、そこにまた大きなサンゴ礁が育つまで長い長い年月がかかります。

むやみにエサを与えない

魚肉ソーセージを片手に海に入ればたくさんの魚たちがやってきます。

一見何の害も無さそうに思えますが、その魚肉ソーセージには自然界にはない添加物や保存料が入っている可能性もあり、魚にとって全く影響がないとは言い切れないのです。

自然の生態系を壊さないためにも、むやみやたらにエサを持ち込むことはやめましょう。

使われている油分で海を汚す原因にもなりますし、近くで見てみたい気持ちはわかりますが美しい海を保つために我慢する気持ちが大切です。

ゴミはきちんと持ち帰る

これは海でなくても基本中の基本です。

自分で出したゴミはきちんと責任を持って持ち帰ってください。

当たり前のように感じますが、実際に海へ行くとこれが当たり前にできていない現実を目にしたりします。

小さな袋一枚、破れたビニールの欠片一つ、風で飛んでいってしまったからいいやと思ってもそれらは自然と消えることはありません。

また沖縄の離島には必ずしもしっかりとしたゴミ処理の施設があるわけではなく、観光客の分はキャパオーバーになってしまうこともあります。

余計なものは持ち込まず、また島に残さないよう意識しましょう。

星砂の浜へのアクセス

星砂の浜がある西表島には空港がありません。

そのため沖縄本島からは石垣島へ空路を使い、石垣島からは船で海の上を進みます。

石垣島から繋がる港は2ヶ所あり大原港からは車でおよそ50分ほど、上原港からは車で5分ほどの位置にあります。

近くには星砂の浜をメインとして滞在したい人向けに宿泊施設があり、レストランなどもあるのでここで一泊してみるのもいいですね。

都心に乱立している大きなショッピングモールも、遊園地も映画館も何もない場所だって滞在してみれば良さがきっとわかるはず。

何もしない贅沢を味わうのも西表島ならではの過ごし方です。

まとめ

34ae5fac2a255ab02d226df6988f0f7f_s

いかがでしたか?

綺麗な砂浜には綺麗な海が必要不可欠。

長い年月を経て変化した生き物たちが、この美しいビーチを作り上げてくれたのです。

色あざやかな貝殻や綺麗なサンゴの欠片を見つけたら手に取ることも多いと思いますが、そんな時にどんな砂の粒なのかも注目してみてくださいね。

マナーを守って西表島の海を堪能しましょう。

スポンサーリンク