Home / 沖縄観光 / 沖縄の隠れた名所!伊計島のおすすめ観光スポット5選とグルメ6選
e3a76549ad06adcd12cfcb339efd3c2b_s

沖縄の隠れた名所!伊計島のおすすめ観光スポット5選とグルメ6選

皆さん、沖縄の離島、「伊計島」をご存知ですか?沖縄本島中部、うるま市の勝連半島から北東約11キロ付近にある離島です。

伊計島の島内には、穴場的ビーチをはじめ様々な観光名所があり、グルメも充実しています。そんな家族連れにもおすすめの観光地である伊計島について今回は紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

伊計島ってどんなところ?

6e2926102ab3ba5df6d26afa1385fad2_s

伊計島とは

沖縄本島中部、うるま市の勝連半島から橋で繋がった4つの離島が、平安座(へんざ)島、浜比嘉(はまひが)島、宮城(みやぎ)島、そして、伊計(いけい)島です。

伊計島は4つの離島の中でも勝連半島から一番離れた場所にあり、面積は1.7平方キロメートル、周囲7kmほどの平坦な小さい島で、島内には、サトウキビ畑が広がります。伊計島は透明度抜群の伊計ビーチ、大泊ビーチなどで有名です。

伊計島へのアクセス

伊計島は離島ではありますが、沖縄本島と橋でつながっていますので、沖縄本島から車で行くことができてとても便利です。本島からアクセスするにはまず沖縄本島中部、勝連半島から海の真ん中に架かる全長4.75kmの橋「海中道路」をわたり、平安座島へ向かいます。平安座島を北上していくと伊計島に到着です。

心地よい海風と美しい海の景色を眺めながらの伊計島へのドライブは開放感たっぷりで人気のドライブコースにもなっています。

所要時間は、那覇空港から有料道路を使って約1時間20分。平安座島からでも車で15分ほどです。

伊計島に来たら寄りたい観光スポット5選

4213fc21b19eaf0ea9e672054290dd35_s

伊計大橋

宮城島と伊計島を結ぶ橋が「伊計大橋」。1982年(昭和57年)に開通し、全長は198メートルと短め。真っ赤な色が特徴で、沖縄らしいエメラルドグリーンの海とのコントラストが楽しめます。

伊計ビーチ

伊計大橋を渡ったすぐ左側にあるビーチが「伊計ビーチ」。ビーチは入り江状になっているので、風の影響を受けず波が穏やかなのが特徴です。また、潮の干満にも影響されないので、1日中泳ぐことができます。ビーチでは、ダイビング、シュノーケル、ガラスボート、など様々なマリンアクティビティが体験できます。バーベキューに必要な施設も揃っていて、お子さん連れの方にもおすすめです。

大泊ビーチ

600mもの砂浜が続く「大泊ビーチ」。内海で、風や潮の影響を受けにくい穏やかなビーチです。海水浴やマリンスポーツはもちろん、バーベキュー、さらに、キャンプもすることができます。大泊ビーチから見るサンセット、満天の星空も人気です。

仲原遺跡

伊計島の中央にある沖縄貝塚時代中期(縄文時代後期から弥生時代前期)の遺跡「仲原遺跡(なかばるいせき)」。東西約200m、南北約100mの広さがあり、1978年に沖縄で初めて発見された集落遺跡です。

遺跡からは、竪穴住居跡や当時の人々が使っていた土器や壺、石斧なども出土しています。現在は竪穴住居跡が復元され、はるか昔の集落の様子をうかがい知ることができます。

伊計グスク

沖縄に数多く存在する“グスク跡”。伊計島のグスク跡は、「伊計グスク」と呼ばれ、伊計大橋のすぐそばにあります。「伊計グスク」に関する資料は少ないですが、13世紀頃には築城されていたと考えられています。

現在は、野面積みの石垣や拝所が残っている、こんもりとした見た目の緑に覆われた丘です。満潮になると、グスクへの入口が海の中に入ってしまうので、訪れる際は、干潮時をねらいましょう。

伊計島周辺のおすすめグルメスポット6選

AJリゾートアイランド伊計島

伊計島の最北端にあるリゾートホテル「AJリゾートアイランド伊計島」。全室オーシャンビューのコテージ風の客室をはじめ、伊計島温泉「黒潮の湯」や宿泊者専用屋外プールなどもあり、島を代表するリゾートエリアになっています。

そんな「AJリゾートアイランド伊計島」のレストランが「ハイビス」。時間とともに表情をかえる海を眺めながら、モーニング、ランチ、ディナーが楽しめます。

ランチメニューは、ローストビーフを挟んだオリジナルサンドイッチ、沖縄そば、シェフお任せのちゃんぷるー料理、タコライスなど。ディナーは季節ごとにメニューが変わるブッフェスタイルとなっています。

<AJリゾートアイランド伊計島 レストランハイビス>
【住所】沖縄県うるま市与那城伊計1286
【営業時間】ホテルに要確認
【定休日】ホテルに要確認

むいにー亭

浜比嘉島にある創作フレンチが味わえる評判の「むいにー亭」。浜比嘉島出身のオーナーが無農薬自家栽培の野菜を使って、心を込めて作ってくれる料理はどれもほっぺたが落ちそうなおいしさです。1500円前後とお手頃価格のランチは、魚か肉かを選べるコースメニューになっていて見た目もおしゃれです。

<むいにー亭>
【住所】沖縄県うるま市字勝連浜423-1
【営業時間】ランチ/12:00~15:00、ディナー/18:00~21:00
【定休日】火曜日

瑠庵+島色

伊計島の手前の宮城島にあるかき氷の専門店「瑠庵+島色(るあん+しまいろ)」。ふわふわの氷、沖縄産の和三盆糖や黒糖、手づくりのマンゴー味をはじめとするバラエティ豊かなシロップ、そのそれぞれにお店のこだわりが現れています。さらに、器には宮城島の陶芸家 島袋克史氏が作った器が使われており、かき氷をより一層おいしそうに引き立ててくれています。

まさに、女心を満たしてくれる“フォトジェニック”な究極のかき氷といえますね。

<瑠庵+島色>
【住所】沖縄県うるま市与那城桃原428-2
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】火曜日・水曜日

てぃーらぶい

浜比嘉島の古民家食堂「てぃーらぶい」。“てぃーらぶい”とは“ひなたぼっこ”という意味。そんな名前にぴったりののんびりした沖縄時間が流れているお店です。

人気は、「浜のてぃーらぶい定食」。豚のモツのお吸い物「中味汁(なかみじる)」、「季節野菜とスーチカー(豚バラ肉塩漬け)あんだんす(油みそ)炒め」、「もずく入りジューシー(炊き込みご飯)」など、沖縄の代表的な郷土料理が一度に食べられる味自慢のセットです。

<てぃーらぶい>
【住所】沖縄県うるま市勝連浜56
【営業時間】11:00~16:00
【定休日】火曜日・旧正月(清明祭)・旧盆(中ぬ日)

海鮮食堂 味華

平安座島の平安座漁港にある「海鮮食堂 味華(あじけー)」。漁港にある食堂なので、自慢はやっぱり、目の前の漁港で水揚げされた新鮮な魚介をたっぷり使った料理です。

一番人気は「海鮮丼」。8種類ほどの旬の魚介類がたっぷりのった満腹メニューです。そのほか、1日3食~5食限定のまぐろなかおち丼、きんめ煮付け定食などその時々で変わる「本日のおすすめメニュー」、さらに、「いま魚(いゆ=今の魚)煮つけ定食」、「いま魚(いゆ)マース煮定食」などその日おすすめの魚を煮付けにしたメニューも人気です。

閉店時間は17:00ですが、売り切れ次第閉店となるので、予約して行くといいかもしれません。

<海鮮食堂 味華>
【住所】沖縄県うるま市与那城平安座9396-6
【営業時間】11:30~17:00
【定休日】月曜日

黄金茶屋

伊計島はとても小さな島ですが、実は「黄金芋(おうごんいも)」の産地としても有名です。そんな地元名産の黄金芋を使った「こがねチャンまんじゅー」や黄金芋コロッケを挟んだ「コロッケパン」などがこの店の人気。黄金色に輝くおいもが食欲をそそります。ドライブのお供としてもお勧めです。

<黄金茶屋>

【住所】沖縄県勝連南風原4156
【営業時間】 14:00~19:00
【定休日】月曜日、火曜日、水曜日、木曜日

まとめ

fe33702e78ad1dc798f2107d65dd4e57_s

 

いかがでしたか?2つの離島を渡った先にある伊計島。あまり知られていませんが、実はたくさんの魅力が詰まった島なんです。沖縄本島はもう満喫したという方、そうでない方、どちらにもおすすめの観光地です。ぜひ一度訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

1

沖縄の高級魚「ミーバイ」を食すべし!!

沖縄で魚市場や海産居酒屋を訪れ …