Home / 沖縄観光 / 糸満市の魅力と観光の見どころ
0

糸満市の魅力と観光の見どころ

沖縄本島の南部に広がる糸満市。美しいビーチと広大な農場などを有する、南部観光の人気地です。過去には沖縄戦の終戦地ともなった悲しい歴史がありますが、様々な伝統行事を今も大切に受け継ぎ、活気付いた人々の暮らしも垣間見える素敵な場所。糸満市には大型のリゾートホテルもあり、南部観光をメインとした沖縄滞在に人気です。

今回は、糸満市観光で欠かせない見どころと、糸満市の魅力をご紹介!様々な一面をもつ糸満市は魅力がたっぷり!ぜひ沖縄旅行は糸満市を巡ってみませんか?

スポンサードリンク

伝統を受け継ぐ糸満市の魅力!

糸満市の魅力は、戦後の見事な復興と、活気溢れる人々!今も古来から続く伝統行事を受け継ぎ、盛大に行われる様々な行事も魅力のひとつ。ここでは、行事を見るために訪れたくなる糸満市の年間イベントをご紹介。“いとまんちゅ”が輝きを見せる伝統行事を見に、糸満市を訪れてみましょう!

糸満市の魅力①旧正月

1

新暦のお正月もお祝いをしますが、沖縄では今も旧暦を大切にする文化が根付いています。その代表格とも言えるのが、糸満市。糸満市では、毎年旧正月を盛大にお祝いし、新しい年を迎えています。糸満漁港では“大量旗”を船に掲げ、そのカラフルな飾りつけは見物!海人(うみんちゅ)は、旧正月に休息を迎えたあと、また次の1年の漁へ向かうそうです。

また、旧正月前に訪れるなら、華やかに飾られた「あんまー市場」も魅力的!色とりどりの旧正月飾りで埋め尽くされ、大晦日には一層華やかになりますよ♪

糸満市の魅力②糸満ハーレー

2

沖縄全体で毎年開催される「ハーレー」は、漁師である海人の祭典です。600年前に大陸から伝わった航海安全・豊漁を祈願するもので、「爬竜船(はりゅうせん)」と呼ばれる手漕ぎ舟に乗り、レースを行います。開催は毎年旧暦の5月4日。旧暦の伝統を重んじる糸満市では、やはり従来の伝統に則った日程で開催されています。

糸満ハーレーの開催地となるのは糸満漁港。毎年多くの見物客や観光客が訪れ、大賑わいを見せています。糸満ハーレーでは、「クンヌカセー」と呼ばれる転覆競漕や、強豪を集めた競漕「アガイスーブ」、港にアヒルを放ち捕まえた数を競う「アヒル取り」など、見どころ満載です!見るだけでも楽しい糸満ハーレーは、観光にもおすすめです♪

糸満市の魅力③糸満大綱引

3

那覇、与那原(よなばる)と共に沖縄の大綱引が行われる「糸満大綱引」!五穀豊穣を願って開催される糸満市の伝統行事です。毎年、旧暦の8月15日に開催され、いとまんちゅ以外でも参加できるため、毎年ハーレーと並んで大賑わいとなります。場所は糸満ロータリー付近の一帯。糸満大綱引の前には、道を歩きながらエイサーなどの演舞を魅せる「道ズネー」が行われます。

例年、17時頃から北組と南組に分かれて大綱引が始まります。綱引きと言えば運動会の綱引きを思い浮かべますが、大綱を使う大綱引は、なんと30分間の戦い!かつて戦前には、勝敗がつくまで制限無く戦っていたといいます。多くの人々が大綱を掴んで合戦を行う大綱引は、参加するのも観るのも楽しい伝統行事です!

見どころ満載!糸満市の観光名所

糸満市の観光は、沖縄を満喫できるリゾート空間や、歴史を学び感じとることのできる名所があります。その見どころは多く、沖縄を存分に楽しむのにうってつけ。ここでは、糸満市おすすめの観光名所を5つご紹介。糸満市を知り、沖縄を知ってみて下さいね。どちらも近いので、1日かけて周ることができますよ。

美々ビーチいとまん

4

糸満市のビーチと言えば「美々ビーチいとまん」!大きな埋立地に作られたビーチだからこそ、きれいに整備され、安心で安全な海水浴が楽しめるビーチです。また正月を除き、1年中BBQが楽しめることでも人気で、夏季にはマリンアクティビティやパラソルなどのレンタルも行っています。大型のビーチだからこそ解放感は抜群にあり、混雑しすぎないのんびりとした海辺で過ごすことができます。

美々ビーチいとまん
住所:沖縄県糸満市西崎町1-6-15
問合せ:098-840-3451(BBQ、遊泳、施設利用)、098-994-1419(マリンスポーツ)
営業時間:4月~10月8:30~20:30、11月~3月8:30~18:30
休園日:11月~3月の火曜、年末年始
遊泳期間:4月~10月

道の駅 いとまん

5

出典:沖縄観光チャンネル

日本最南端の道の駅であり、かつ最大規模を誇る「道の駅 いとまん」!こちらでは、農家の直売所のほか、海人の町ならではの美味しい糸満グルメやお土産を購入できます。地元の人々も観光客も集まる道の駅は、いつも大盛況。さらに、糸満市観光協会のカウンターでは、様々な糸満市の魅力や体験プログラムを案内してくれます。

道の駅いとまんは、お昼休憩やお土産を購入するのにオススメ!季節の南国フルーツなども、直売所で販売しているものは宅急便で直接送ってもらうこともできます。さらにお魚センターでは、沖縄でしか見られないカラフルな魚がたくさん!鮮魚も宅配可能ですので、ご自宅へのお土産に、どなたかへのプレゼントにもおすすめです♪

糸満市物産センター遊食来(ゆくら)
住所:沖縄県糸満市西崎町4-20-4
問合せ:098-987-1277
営業時間:9:00~18:00
休館日:年中無休

お魚センター
住所:沖縄県糸満市西崎町4-19
問合せ:098-992-2803
営業時間:10:00~19:00
休館日:年末年始(店舗により月曜定休)

泡盛まさひろギャラリー

6

出典:トクトククーポン

沖縄の代表的なお酒“泡盛”の老舗である「まさひろ酒造」。糸満市には、まさひろ酒造の工場があり、工場見学や何十年もののビンテージ泡盛コレクションを見物することができます。また、販売フロアでは泡盛の試飲も可能!泡盛好きの方には堪らないですね。名前が“まさひろ”の方には、身分証を提示すればオリジナル古酒のプレゼントも!

見て飲んで楽しい「泡盛まさひろギャラリー」、おすすめです!

泡盛まさひろギャラリー
住所:沖縄県糸満市西崎町5-8-7
問合せ:098-994-8080
営業時間:9:30~17:30
休館日:年末年始

ひめゆりの塔

7

「ひめゆりの塔」は、沖縄戦の終結地となった現・糸満市で、最期まで看護要員として戦った“ひめゆり学徒隊”の慰霊塔です。同敷地内には「ひめゆり平和祈念資料館」が併設され、沖縄戦の歴史を辿り、最期まで戦い抜いた人々の思いを感じとることができます。戦争を繰り返さない、平和への思いを未来へ繋ぐために建設されました。

リゾート地としての発展が著しい沖縄ですが、過去には悲しい戦争の激戦地となった歴史があり、今も沖縄の人々がその思いの上で生きていることを忘れてはなりません。沖縄を知り、糸満市を知るためには、ひめゆりの塔へも足を運んでみて下さいね。

ひめゆり平和祈念資料館
住所:沖縄県糸満市字伊原671-1
問合せ:098-997-2100
営業時間:9:00~17:30 ※最終入館17:00
休館日:年中無休
入場料:大人310円、高校生210円、小中学生110円

平和祈念公園

8

ひめゆりの塔と合わせて巡りたいのは「平和祈念公園」。沖縄戦で亡くなったすべての戦没者が祀られており、年に1度、6月23日の慰霊の日には、沖縄全戦没者追悼式が開催されています。戦没者の氏名が刻まれた“平和の礎”、未来永劫の平和を祈る“平和祈念像”など、手を合わせておきたい記念碑があります。

平和祈念公園自体は広々とした気持ちの良い公園で、休日にはスポーツをしたり、ピクニックをする姿があります。平和になった今の沖縄の姿を見せてくれる場所でもあるため、ぜひひめゆりの塔の後に足を運んでみて下さい。

沖縄県営平和祈念公園
住所:沖縄県糸満市字摩文仁444
問合せ:098-997-2765

魅力たっぷりの糸満市!欠かせない観光の見どころをチェック!

いかがでしたでしょうか。今回は、様々な側面を持つ糸満市についてご紹介しました。歴史深い場所やリゾート地など、観光では欠かせない見どころが数あるのも糸満市の魅力です。今も琉球王朝時代から続く伝統を守り続ける糸満市は、沖縄県内でも貴重な場所。季節のイベント時期に合えば、ぜひ伝統行事を観に行って見てくださいね!

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …