Home / 沖縄観光 / 糸満市の魅力とおすすめ観光スポット、絶品グルメ
2

糸満市の魅力とおすすめ観光スポット、絶品グルメ

1

沖縄県糸満市は、沖縄本島の最南端に位置しています。那覇空港が沖縄本島の南部にあるので、空港からのアクセスは非常に良く、あまり時間が無い場合の滞在でも気軽に立ち寄れる距離にあります。

今回はそんな沖縄県糸満市の魅力とおすすめ観光スポット、そして絶品グルメについて紹介します!

スポンサードリンク

糸満市は平和について考えさせられる場所でもある

沖縄本島は、第二次世界大戦で、唯一本土決戦があった土地です。そしてその結果として多くの尊い命が失われました。沖縄県糸満市には「ひめゆりの塔」があります。

「ひめゆりの塔」では多くの学生及び学校関係者の命が失われました。ひめゆりの塔は観光スポットとして有名ですが、ただの観光するのみではなく、戦争や平和について考えるきっかけにもなる場所です。

糸満市の伝統工芸とは何か?

沖縄県糸満市にはいくつかの伝統工芸がありますが、ガラス工芸はその一つです。場所によっては、ガラス工芸が体験できる工房があるので、興味がある方はチャレンジしてみると楽しめるかもしれません。

また「琉球ガラス村」ならガラス工芸の傑作が商品として並んでいるので、お土産にもおすすめです。また「琉球ガラス村」は工房見学もできるので、ガラス工芸に関心がある方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

本島最南端の城跡!「具志川城跡」

沖縄県内には、名所となっている城跡がいくつかありますが、「具志川城跡」は沖縄本島の最南端にある城跡です。「具志川城跡」の見どころは、城跡がある場所です。海岸の断崖上にあるのです。

恐らく防衛の為にこの地形が選ばれたのではないかと考えられますが、崖に沿うような力強い石垣は必見です。景観も抜群なので、海の景色を楽しみたい方にはおすすめの観光スポットです。

糸満市ではシュノーケリングを満喫しよう

2

糸満市では、シュノーケリングをはじめとした、マリンアクティビティを提供するお店が充実しています。美しい珊瑚を見ながらのシュノーケリングは沖縄の海でしかできない貴重な体験です。

内地でシュノーケリングを良くする人も、糸満市の海では、内地とは全く違う亜熱帯の海が楽しめますよ。

アクセス抜群のビーチ!「美々ビーチいとまん」

糸満市のビーチといえば、「美々ビーチいとまん」です。このビーチは、貸し出しが充実しているところがポイントです。内地の海岸は、BBQが禁止されているところが多いですが、このビーチはその逆です。

BBQセットの貸し出しがあり、飛行機経由で手ぶらで到着したとしても、BBQが楽しめます。海の景観を楽しむよりも、複数名でガヤガヤとしたい場合におすすめのビーチです。

フルーツワインも試飲できる?「うちなーファーム」

「うちなーファーム」は、糸満市内にある、観光地を兼ねた農園。園内には、沖縄の名産、新鮮なシークヮーサーも育てられています。またタイミングが良ければフルーツワインの試飲が提供されている場合があるのでフルーツ好き、ワイン好きの方には特におすすめです。

そして「うちなーファーム」ではマンゴーワインも提供されています。マンゴーワインはジャパンチャレンジ2016で、受賞しているワインなので、フルーツワインが好きな方は、現地でチェックしてみてましょう。

糸満市観光農園うちなーファーム

戦争と平和について考えよう「沖縄県平和記念公園」

「沖縄県平和記念公園」は、戦争の傷跡をリアルに感じることができる戦史公園。園内には子供が遊べるスペースや遊具も沢山ありますが、この公園に来た際は遊ぶだけではなく、できるだけ戦争と平和について考えましょう。

戦争がビジネスと化した資本主義経済の中では、一人ひとりの日々の消費行動と選択が重要となります。過去を振り返っても、それを変えることはできませんが、歴史からは学ぶことができます。平和記念公園際はそういったことが感じられる場所でもあるのです。

また平和記念公園の中には、資料館も建てられています。そこで当時の記録を見れば本土決戦の地と化した沖縄で何が行われていたのか、深く知ることができます。

「沖縄県平和記念資料館」を訪れる際の見どころ

「沖縄県平和記念資料館」にきた際は、2階の常時展示室がおすすめです。この場所は、住民の視点で捉えた沖縄線の様子が展示されています。明治政府当時の日本は、国民主権ではなかったわけですが、そういった状況で沖縄戦を迎えた当時の人達の苦悩と悲劇が、数々の展示から想像できます。

決して楽しい気持ちになる展示ではありませんが、これからの社会や世界経済、そして社会の構造に眼を向ける一つのきっかけになるかもしれない、そんな展示品の数々が観賞できます。

泡盛好きなら要チェック!「泡盛まさひろギャラリー」

糸満市には、泡盛好きにとっては嬉しい観光スポットがあります。それが「泡盛まさひろギャラリー」です。この「泡盛まさひろギャラリー」は、沖縄各地の数々の泡盛が集められています。

もちろん、お土産選びにも最適な場所ですが、楽しみはそれだけではありません。泡盛の製造工場の見学も可能です。泡盛好きの場合は是非一度、訪れてみてください。

沖縄県糸満市の絶品グルメ3選!

3

糸満市の魅力は、観光スポットだけではありません。沖縄県の地元食材を使った美味しいグルメが、各店で提供されています。「沖縄そば」をはじめとして観光客のみならず、地元の人が通うお店も少なくありません。そこで次に、糸満市の絶品グルメを厳選して紹介します!

よしもと食堂の「とうふアーサそば」

沖縄といえば、沖縄そばですが、糸満市のよりもと食堂で提供される沖縄そばは、ただの沖縄そばではありません。なんと汁なしもあるのです。そんなよしもと食堂でおすすめのグルメは「とうふアーサそば」そばと豆腐、という組み合わせは中々見かけないかもしれませんが、一度食べたらやみつきになる味です。

サザンビーチホテル&リゾート沖縄の「ランチビュッフェ」

サザンビーチホテル&リゾート沖縄の「ランチビュッフェ」は地元食材を豪快に作った様々な料理が楽しめます。またタイミングが良ければ焼きたてのローストビーフにも遭遇できるかもしれせん。上質な沖縄食材を楽しみたい場合におすすめのホテルレストランです。

老舗のステーキ屋「グリーンフィールド」

沖縄に来たら一度は食べたくなるステーキですが、糸満市の「グリーンフィールド」なら豪快なステーキが味わえます。地元の人からも人気なので、その味は確かなもの。がっつりとお肉を食べたい場合はおすすめのお店ですよ。

糸満市の魅力はアクセスの良さと平和について考えられるところ

ここまで糸満市の魅力とおすすめ観光スポット、絶品グルメについて紹介しましたが、いかがでしたか。糸満市には戦争の悲しい過去がありますが、その出来事が平和記念公園や資料館等でしっかりと語り継がれている地域でもあります。

沖縄の文化を深く理解して、観光を楽しむ為にはこういった過去を知ることも欠かせません。また糸満市はアクセスの良さも魅力です。那覇空港から数十分で色んなグルメを味わえ、観光スポット巡りもできてしまいます。

出張などビジネスで沖縄に立ち寄った際でも少しの空き時間で行けてしまうくらいの距離なのです。沖縄タイムな担当者が相手だと、稀にですが急に時間ができる場合もありますよね。

沖縄本島に訪れた際は、糸満市エリアへも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

ddecc9e26c7f25d8ea91775aafb98a42_s-640x330

沖縄・石垣島旅行を100%満喫する人気観光・ホテル・食事・お土産情報

沖縄・石垣島といえば、エメラル …