Home / 沖縄観光 / うるま市 / 沖縄最古の城「勝連城跡」を観光しよう!
蜍晞€」蝓手キ。逕サ蜒・katurengusukuato_01

沖縄最古の城「勝連城跡」を観光しよう!

沖縄本島中部のうるま市にある最古の城「勝連城跡(かつれんぐすくあと)」は2000年12月に首里城跡などと共に、世界遺産に登録されました。近年は国内外から多くの観光客が訪れる沖縄の絶景スポットとして知られています。

しかし見どころはそれだけではありません。時は15世紀、琉球王国が統一をかけた決戦がこの地で繰り広げられたのです。

勝連城跡にお越しの際はぜひ、沖縄がかつて琉球王国であった時代まで歴史を遡り、勝連城の最後の按司(あじ)となった阿摩和利を率いる勝連軍が、どのように琉球王府軍に攻め落とされたのか?散策しながら肌で感じてください。

この記事では、勝連城跡を120%満喫するために必要な情報をご紹介します。

スポンサードリンク

勝連城跡とは

蜍晞€」蝓手キ。逕サ蜒・katurengusukuato_02
勝連城跡とは、琉球王朝の統一時代12世紀〜14世紀頃に按司(あじ)によって築城された勝連城の跡地。按司とは、その集落・村落を納める統治者の事で、富と権力を手に入れ琉球の各地域に城を築きました。この勝連城の最後の城主となったのが阿摩和利(あまわり)です。

阿摩和利は、当時中城城(なかぐすくじょう)の按司であった宿敵の護佐丸(ごさまる)を国王軍とともに討伐。その後琉球王国の統一を目論み、阿摩和利率いる勝連軍は謀反を起こしたのですが、1458年国王軍によって勝連城と共に滅ぼされたと伝えられています。

勝連城跡は、かつて沖縄が琉球王国であった時代を学ぶ事・実感する事のできる場所となっています。

勝連城跡の概要

勝連城跡は、沖縄中部うるま市の小高い丘に築かれています。1972年沖縄本土復帰とともに日本の史跡に指定されました。2000年にはユネスコ世界遺産に登録された最古のグスクです。

標高は約60m〜98m、総面積は11,897㎡。琉球石灰岩丘陵上に築かれ、城壁には石垣がめぐらせており、敵の侵入を防ぐため、自然の地形を巧み利用しています。勝連城は5つの曲輪(くるわ)から構成されています。各々の曲輪はいずれも珊瑚質石灰岩の切石を使って優雅な曲線状に築かれています。

丘陵の西側が最も高い曲輪が一の曲輪で、標高約98m。北側を見ると金武湾を囲む北部の山々や離島が見え、南側を見ると知念半島や中城湾、宿敵の護佐丸の居城であった中城城が一望できる景勝地となっています。

勝連城跡の見どころ

勝連城跡は、曲輪(くるわ)をポイントとして散策すると歴史をより感じる事ができます。各曲輪にどのような役割があったのか?その地で生活をしてきた古代の人々見えてきた風景を感じながら散策してみてください。

一の曲輪城門

頂上の高い一の曲輪に向かうと、途中から踏み幅が狭くなった石段となり、一の曲輪城門へと続きます。城門周辺から出土した石材から他の城門と同じくアーチ式の門であった事が推測されています。

また沖縄最古の歌謡集によると「かつれんは、てだ むかて じょうあけて」と記されており、当時東から登る太陽(沖縄方言:てぃだ)が城門に光輝いていた様がうかがえます。

蜍晞€」蝓手キ。逕サ蜒・katurengusukuato_03

二の曲輪殿舎跡

蜍晞€」蝓手キ。逕サ蜒・katurengusukuato_04

ニの曲輪のほぼ真ん中には、かつて正殿があったと伝えられています。横幅約17m、縦幅約14.5mの長方形で二段構えの構造となっていた様です。この周辺からは多くの瓦が出土されています。当時、瓦葺きの重要な建物があった可能性があります。現在では遺構の礎石を基にして殿舎跡が復元されています。

西側には抜け道伝説がある「ウシヌジガマ」と呼ばれる洞穴があります。ウシニウジは身を隠し、凌ぐという意味で、当時首里王府軍によって攻められた際に、城主である阿摩和利はここを抜けて読谷村まで逃げ延びたという諸説があります。

三の曲輪城門(四脚門)

蜍晞€」蝓手キ。逕サ蜒・katurengusukuato_05

儀式などを行う三の曲輪城門は、一の曲輪城門、二の曲輪城門と異なっています。発掘調査では礎石と壁には四ヶ所のくぼみが発見された事から、三の曲輪城門は4本の柱で屋根を下支えする薬医門だったと考えられる。東京大学の通称赤門(あかもん)が薬医門では有名です。16世紀以降の寺に結構見られます。

勝連城跡の撮影スポット

蜍晞€」蝓手キ。逕サ蜒・katurengusukuato_06

勝連城跡には、絶景スポットが豊富。その中でもお気に入りの撮影スポットをご紹介いたします。

1. 一の曲輪で
一の曲輪は勝連城内で最も高い所に築かれた曲輪です。360度展望でき、眼下にはエメラルドグリーンの中城湾や二の曲輪、三の曲輪などが見えます。また遠くには海中道路を見ることができる最高撮影スポットです。

2.  二の曲輪 殿舎跡で
一の曲輪を背景にして全景が見えます。オススメの時間は早朝。お昼の雰囲気とは異なり、幻想的な世界が広がります。

3. 三の曲輪から
三の曲輪を正面部には二の曲輪殿舎跡が見えます。荘厳さを感じながら写真を撮影してください。

4. 四の曲輪から
四の曲輪から三の曲輪城門跡の方角を見ると、石垣で築きあげられた曲線美が見えます。琉球の時代の人々がかつてここで生活をしていた風景に思いを馳せて撮影してみてください。

5. 東の曲輪
上からパノラマの景色を展望できる一の曲輪も良いが、東の曲輪から上を見ると関連城跡の全容が一望できます。勝連城の優美さが最もよくわかります。

必要な準備

勝連城跡の入り口から頂上まで急勾配が続くため、サンダルではなく歩きやすい靴でお越しください。車椅子やベビーからでは見学できません。また頂上まだ日陰があまりないので、体力の消耗が激しいです。熱中症に気をつけ、小まめに水分を補給してください。帽子や日傘、ハンドタオルをご準備された方がよいです。

夏場は非常に暑いので、10月~4月頃がベストシーズンです。城跡内で飲食は可能です。弁当や飲み物を持ち込んでピクニックのような気分で行くのもオススメです。ただ城跡内にはトイレがないので、必ず下にある休憩所で済ませてください。

所要時間

見学にかかる時間は、約30分~1時間程度

周辺の観光スポット

蜍晞€」蝓手キ。逕サ蜒・hamahigafrommiyagi_01

勝連城跡の周辺の観光スポットをご紹介します。

・海中道路
勝連城跡より東に6kmほどの離れたところにあります。海中道路は、海と空の青が一面に拡がり、沖縄の解放感に包まれています。海中道路の長さは4.7km。海を眺めながらのんびりとドライブするのに最高です。

・ ビオスの丘
亜熱帯の自然に囲まれのんびりと過ごしたならここ、自然歩道散策や湖水観賞船やカヌー体験・水牛車など乗る事もできます。

・ 浜比嘉島
海中道路をドライブすると右にある島、神々の住む島と言い伝えられおり、県内外からも拝みに来る人が後を絶たないほどです。島全体が広大なパワースポットとし人気です。今でも古き良き沖縄の赤瓦の家が残り、映画の撮影地としても使われています。

・ 海の駅あやはし館
海中道路を渡ると大きなマーラン船の形をした建物が現れます。そこが通称「あやはし館」1階には、特産品販売所やレストランがあり、2階は地域の歴史海に関する資料などを展示した「海の文化資料館」となっています。

・ 津堅島
勝連城跡と同じうるま市に属する、勝連半島に浮かぶ島です。美味しいと評判の「津堅にんじん」の生産地であるためまたの名をキャロットアイランドとも呼ばれています。沖縄本島からフェリーで約30分。沖縄滞在期間は短いけどのんびりと島時間を満喫したという方にはおすすめです。

・宮城島
こちらも浜比嘉島同様に、海中道路を渡って車で行ける離島です。あまり観光地化はされてない為、穴場的なビーチのウクの浜はとても綺麗です。連なる島々より標高が高くなっているため、高台から眼下に広がる鮮やかな海と空の景色に魅了されます。

まとめ

b87d4c8926e43f13983a63a1714eb8fb_s

沖縄がかつて琉球王国であった時代、日本とは異なる文化や歴史的背景がありました。勝連城跡は、その歴史的背景を知る上で重要な役割を担っています。勝連城の最後城主となった阿摩和利(あまわり)は、どのような人物であったのか色々諸説があります。

世界遺産となった勝連城跡を訪れる際は、琉球の歴史を感じながら散策してみてください。城跡から見渡す事のできる、パノラマの景色がさらに深みを増す事間違いなしです。

スポンサーリンク

Check Also

1

沖縄の高級魚「ミーバイ」を食すべし!!

沖縄で魚市場や海産居酒屋を訪れ …