Home / マリンスポーツ / ウミガメと一緒に泳げる慶良間諸島のおすすめビーチとダイビングスポット
22001c580c490ffa07d9e067a0a3ec23_s

ウミガメと一緒に泳げる慶良間諸島のおすすめビーチとダイビングスポット

22001c580c490ffa07d9e067a0a3ec23_s

ウミガメと一緒に美しい沖縄の海を泳ぐ…そんなことができたら、忘れられない体験になりそうですよね。まるでおとぎ話のようなシチュエーションですが、なんと沖縄の慶良間諸島では実際に体験することが可能です。

今回はウミガメが見られることで有名な慶良間諸島のおすすめビーチとダイビングスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

慶良間諸島とは?

慶良間諸島は、沖縄本島の那覇市から西に約40kmの東シナ海に点在し、大小20あまりの島から構成されています。石垣島や宮古島といった観光客に人気の他の離島とは異なり、かなり沖縄本島よりに位置していることが特徴です。

このうち有人島は渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島、慶留間島の4島のみです。

行政上は渡嘉敷村と座間味村の2つに分かれており、渡嘉敷村役場が存在するのが東端に位置する最も大きな渡嘉敷島で、慶良間諸島の中で主たる役割を果たしています。

現在はその海の美しさから観光客、ダイバーから根強い人気を集める慶良間諸島ですが、島群を構成するもう一つの主たる島である座間味島は太平洋戦争時にアメリカ軍が最初に上陸し、激戦地の一つとなった場所であることも忘れてはいけません。

慶良間諸島の魅力

0dba6b8219cd279874f98225121bbfe2_s

慶良間諸島の魅力はなんといっても沖縄で一番とも言われるその透明度の高い美しい海。その海の色は「ケラマブルー」と評され、世界中のダイバーから愛されています。

2014年3月5日(サンゴの日)には、国内で31番目の国立公園「慶良間諸島国立公園」として指定されました。

また、夏にはダイビングだけでなく、シュノーケリングやシーカヤック、ジェットスキーにバナナボートといった他のマリンアクティビティ、冬にはホエールウォッチングを楽しむこともできます。

本土からの観光客にとっては沖縄本島の海も美しく見えますが、大変残念なことに赤土の汚染などの影響で年々サンゴ礁は減少していると言われています。

比較的破壊されておらず、美しさが残る慶良間諸島の海ですが、今後もサンゴ礁、ウミガメをはじめとした海で生きる生物の共存と観光のバランスが取られた上でその魅力を味わっていきたいものです。

慶良間諸島へのアクセス

阿嘉島の港

慶良間諸島にアクセスするには、那覇(とまりんフェリーターミナル)からフェリーまたは高速船に乗る必要があります。(外地島には慶良間空港がありますが、現在は定期便は就航しておらず、チャーターヘリのみの発着となっています。)

フェリー/高速船は、渡嘉敷島行きの便、座間味島・阿嘉島行きの便があり、フェリーの値段は往復でおおよそ4,000円ほどです。(高速船は少し高く、5,000円ほどになります。)

那覇〜渡嘉敷島間のフェリーの所要時間は約70分ほど、高速船の場合は約35分なので、日帰りもできるほど沖縄本島からのアクセスは抜群です。

ウミガメに会える慶良間諸島のおすすめビーチ

トカシクビーチ

さて、このように美しい海があり、沖縄本島からのアクセスにも便利な慶良間諸島ですが、具体的にどこのビーチでウミガメに会えるのでしょうか?

基本的にウミガメは満潮の前後、または正午頃にビーチ近くの浅い海で見られる確率が高いと言われています。慶良間諸島で多く見られるアオウミガメは浅瀬に生える藻を食べにやって来るので、その際にビーチ近くで会えるチャンスが高いそうです。

野生の生き物なので行けば絶対に会えるというわけではありませんが、以下ではかなりの高確率で訪れた人がウミガメに会えたと報告しているおすすめのビーチをご紹介します。

阿真ビーチ(座間味島)

座間味島で一番人気のビーチは古座間味ビーチですが、人が多いのがデメリット。この阿真ビーチは古座間味ビーチの次に人気のビーチで、リゾートらしさでは劣りますが隠れファンが多いと言われている広々としたビーチです。

このビーチでは水深2メートルほどのポイントで岩場の藻を食べに来るウミガメを見ることが多いそうです。

トカシクビーチ(渡嘉敷島)

三日月型が美しい、非常に穏やかで遠浅のビーチです。熱帯魚やサンゴがあまり見られない為ダイバーには不人気とのことですが、ビーチには4、5匹のウミガメが住み着いていると言われており、かなりの高確率でウミガメに遭遇できます。特に、遊泳境界のブイ周辺での目撃が多いそうです。

阿嘉ビーチ(阿嘉島)

阿嘉島の隠れ家的ビーチである阿嘉ビーチ。テトラポットが多く、景観や海の透明度は一番人気のニシハマビーチに劣りますが、ウミガメに会えるおすすめスポットの一つです。

阿嘉ビーチには複数のウミガメが住み着いていると言われており(常時2-3匹はいるらしいです)、ビーチから近いところでウミガメと泳げると評判です。

潮の流れがゆるやかなので子供でも安心ですし、他のビーチに比べて人も多くないのでのんびりウミガメとリラックスするのにおすすめのビーチです。

ウミガメと泳げる慶良間諸島のおすすめダイビングスポット

04dcbc2e6e4d3226847c4f0058e60a8d_s

次に、実際により海を感じながらウミガメと泳ぎたい!という方におすすめのダイビングスポットをご紹介します。

ウミガメがいるダイビングスポットへのツアーも開催されているので、より慶良間の海を知り尽くしたプロにお任せしてそのようなツアーに参加するのも良いかもしれません。

ダイビングのライセンスが無い方でも、ライセンス不要の体験ダイビングのプログラムもあるのでウミガメのすぐそばで泳ぐチャンスがあります。

ウミガメに遭遇するダイビングスポット

カメパラダイス(儀志布島)

その名の通り、ウミガメが多く住んでいるダイビングスポット。小型のタイマイという種類のウミガメが多く住んでいるそうです。

儀志布西(儀志布島)

カメパラダイスの北に位置するポイントで、こちらにも多くのウミガメが住んでいます。

七番崎(座間味島)

こちらのスポットには、体の大きなアオウミガメが多く生息しているとのことです。

体験ダイビングツアーでウミガメに会いに行く

初心者の場合、体験ダイビングツアーに参加してウミガメに会いにいくのがおすすめです。出発地が沖縄本島になっているツアーもあるので、自分たちで慶良間諸島まで移動せずに済むのも便利です。

ここではおすすめのウミガメに遭遇するチャンスがある体験ダイビングツアーの一例をご紹介します。

ブルーフィールド 慶良間体験ダイビングスペシャル

1本目の体験ダイビングではダイビングの基本中の基本を学び、2本目ではウミガメポイントに体験するプラン。最初に基本をじっくり学べるので、初めての方でも安心です。

パイレーツマリンクラブ ウミガメウォッチングツアー(体験ダイビング)

ダイビングスポットは慶良間諸島ですが、那覇から出発します。海の中でウミガメと一緒に写真を撮ることもできます!

リヴァイアサン ケラマでウミガメと体験ダイビング

こちらも沖縄本島(那覇または嘉手納)出発のツアー。追加料金を払えば追加でもう1ダイビングできるので、1日じっくり潜りたい方にぴったりです。

まとめ

2b5392b6fd90bedf1df1bda4abd1c8c2_s

以上、ウミガメと一緒に泳げる慶良間諸島のビーチ、そしておすすめのダイビングスポットをご紹介してきましたが、気になる場所はありましたでしょうか?

ビーチの場合、その島で一番人気のビーチよりも、比較的人が少なめの2番手のビーチでよりウミガメに会える確率が高いようですね。ダイビングの場合は、やはりウミガメに会えることを売りにしたツアーに参加するのが一番遭遇の確率が高いかと思われます。

どちらの場合も、あくまでも野生の生物であることを忘れずに、怖がらせたり触ろうとせずにガイドの指示に従いましょう。

今度の夏はぜひウミガメと美しい慶良間諸島の海で泳ぎ、最高の思い出を作りましょう!

スポンサーリンク

Check Also

0

久米島で最高のダイビングをするための基本情報

沖縄本島から飛行機で30分。わ …