Home / 沖縄観光 / 慶良間諸島 / 慶良間諸島の誰もが魅了されるケラマブルーを堪能できるダイビングスポット6選
5

慶良間諸島の誰もが魅了されるケラマブルーを堪能できるダイビングスポット6選

1

慶良間諸島の海の美しさはケラマブルーとして有名です。ダイビングスポットとしても知られています。慶良間諸島の海は美しいだけでなく、さまざまな海洋生物が観賞できます。

そのため慶良間諸島はダイビングファンからも人気のエリアです。では慶良間諸島には、具体的にどのようなダイビングスポットがあるのでしょうか。今回はケラマブルーを堪能できるダイビングスポットを厳選して紹介します!

スポンサードリンク

慶良間諸島の島々について

慶良間諸島にはさまざまな島があります。慶良間諸島とは、その名称が示す通り一つの島だけのことを指しているわけではありません。では慶良間諸島には、どのような島があるのでしょうか。それは以下の通りです。

  1. 座間味島
  2. 阿嘉島
  3. 屋嘉比島
  4. 久場島
  5. 安室島
  6. 慶留間島
  7. 外地島
  8. 儀志布島
  9. 渡嘉敷島
  10. 黒島
  11. 前島

これらの島々は、慶良間諸島の中でも特にダイビングスポットとしても有名です。そしてダイビングスポットの中では、上級者でなければおすすめできないところ、中級車でなければ難しいところもあります。

初心者として参加する場合、ツアー会社の方で初心者向けのダイビングスポットを案内してくれるので安心です。しかし個人的なグループでダイビングする機会があった場合、自分の実力に合ったダイビングスポットは欠かせません。

ダイビングは幻想的な海の世界を楽しめるマリンレジャーですが、海中で行うレジャーのため、事故のリスクはゼロになることはありません。ダイビングをする際は、ダイビングスポットを適切に選ぶことが安全を確保することにつながります。

初心者としてダイビングするなら座間味島がおすすめ

2

前述したように、初心者としてダイビングに取り組むなら、まずは初心者向けのダイビングスポットから始めることが欠かせません。初心者としてダイビングするなら、座間味諸島がおすすめです。その理由は、座間味島には複数の初心者向けダイビングスポットがあるからです。それらの一部は以下の通りです。。

  1. ニタ洞窟
  2. 古座間味
  3. シル
  4. トナカ
  5. ドラゴンレディ
  6. 阿真ビーチ前

これらのダイビングスポットであれば、初心者向けツアーに組みこまれている場合も多く、比較的安心してダイビングを楽しむことができます。ではこれらのダイビングスポットはどのような点が魅力的なのでしょうか。それぞれのダイビングスポットの魅力を見てきましょう。

1.幻想的な風景が眼前に美しく広がる「ニタ洞窟」

ニタ洞窟は抜群の透明度を誇る海底の洞窟です。そこまで複雑に入り組んでいるわけではないので、初心者向けのダイビングスポットとして紹介されることが少なくありません。

海底や岩場近くにいけば、小さな熱帯魚と出会えるところが嬉しいポイント。天気が良い日は光が差し込んでくるので、幻想的な景色を目撃できます。天気が良い日には特におすすめのダイビングスポットです。

2.ケラマブルーを満喫しよう!「古座間味」

4

古座間味はケラマブルーが堪能できる素晴らしいダイビングスポットの一つです。透きとおる海を潜っていけばさまざまな海洋生物と出会うことができます。初心者向けのダイビングスポットとしても安心して楽しめるのが嬉しいポイント。

雨が降った翌日などは少し海の透明度は下がってしまうので、ダイビングする日の天気は気にしたいところです。近くには自然がしっかりと残された古座間味ビーチもあります。

3.安心できるダイビングスポットの一つ「シル」

シルも安心して楽しめるダイビングスポットの一つ。海底にある珊瑚まで近づいて、その様子を観察していると様々な生物に出会うことができます。

ダイビングの際は、海の中を楽しみながら、珊瑚に注目して潜りましょう。小さな生物に出会えた時は感動です。シルはツアー会社を利用した際に初心者向けダイビングスポットとして紹介される場合も少なくありません。

4.ケラマブルーに感動できる!「トナカ」

トナカはケラマブルーに感動できる美しいダイビングスポットです。海洋生物も豊富で、潜る度に毎回違う発見ができる場所です。運が良ければ、一時期アニメーション映画でも有名になったクマノミと出会えるかもしれません。

そしてトナカを潜る際も注目したいポイントは珊瑚です。もちろん珊瑚そのものの美しさがありますが、その周辺に集まる生物達もユニークです。トナカをダイビングした際は、珊瑚の観賞も楽しむこともオススメです。

5.ダイナミックにケラマブルーが楽しめる「ドラゴンレディ」

ドラゴンレディはダイナミックにケラマブルーを楽しめるダイビングスポットの一つです。慶良間諸島の中の座間味島の西端のエリアです。かつては映画撮影の舞台になったこともあるくらい、美しいことで知られています。

ケラマブルーの美しさを堪能するなら、外せないダイビングスポットの一つだといえるでしょう。

6.真っ青な海が楽しめる「阿真ビーチ前」

5

阿真ビーチ前は真っ青な海が存分に楽しめるダイビングスポットの一つ。阿真ビーチから船でダイビングスポットまで進み、そこでダイビングを楽しむことができます。

風が強い日は波が荒いので注意が必要ですが、天気に恵まれたら穏やかな海を楽しむことができます。ケラマブルーの透明度を実感したい場合にもオススメのダイビングスポットです。

慶良間諸島には100か所以上のダイビングスポットがある

慶良間諸島のダイビングスポットはもちろん、これだけではありません。座間味島以外にも、渡嘉敷島にもさまざまなダイビングスポットがあります。慶良間諸島の島々にあるダイビングスポットを全て集約すれば、その総数は100を越えます。

全てのダイビングスポットを楽しもうと思えば、数年かけて何度も慶良間諸島を訪れるか、移住するしかないほど、沢山のダイビングスポットがあります。これはダイビングファンからすればたまらない環境ですよね。

実際にダイビングなどマリンアクティビティを重視して、移住してくる人も少なくありません。そして慶良間諸島の嬉しいところは、ダイビングスポットが多いことだけではありません。慶良間諸島は、季節を問わず1年中ダイビングを楽しめます。

慶良間諸島を含む沖縄以外の日本国内のダイビングスポットは、基本的に温かい時期に限られます。しかし慶良間諸島であれば、1月や2月の1年で最も寒い時期でもダイビングを楽しむことできます。

このような魅力があるため、慶良間諸島はダイビング好きからは愛され続けています。さらに慶良間諸島は、ダイビングスポットが豊富にあるため、初心者用と上級者用、その両方のダイビングスポットが存在しています。

初心者がダイビングを上達するためには目標が必要です。いつかは上級者向けのダイビングスポットに行きたい、と目的意識を持つことができれば、より楽しんで技術も習得できます。これからダイビングを始めることを検討している人にとっても、慶良間諸島は最高のダイビングスポットだといえるでしょう。

慶良間諸島のダイビングは自分のレベルに合わせたスポットで楽しもう

3

ここまで、慶良間諸島のダイビングスポットについて紹介しましたが、いかがでしたか?

慶良間諸島にはさまざまな島があります。慶良間諸島のどこでダイビングするかを、ツアー会社に任せるのもいいですが、行ってみたい島を自分で選ぶのも楽しみ方の一つです。初めてダイビングする場合は座間味島や渡嘉敷島がオススメです。

また慶良間諸島のダイビングスポットは、それぞれで見える風景が異なります。幻想的な景色が見えるスポットもあれば、映画撮影に使われるような美しい場所もあります。ダイビングスポットを選ぶ際は、まず行ってみたい場所を決めましょう。そこに連れていってくれるツアー会社を後から選ぶ、というのもダイビングスポットの選び方の一つです。

沖縄でダイビングを楽しむなら、慶良間諸島まで訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク