Home / 沖縄観光 / 沖縄県金武町の魅力とおすすめ観光スポット
1

沖縄県金武町の魅力とおすすめ観光スポット

1

沖縄県金武町(きんちょう)は、沖縄本島の中心辺りに位置する、「田いも栽培」が盛んなエリアです。この金武町、観光地と言うイメージはあまりないかもしれません。しかし実は鍾乳洞やアメリカンな文化など、独自の魅力があるエリアなのです。

そこで今回は、沖縄県金武町の魅力とおすすめ観光スポットを厳選して紹介します!

スポンサードリンク

金武町が生み出した全国的に有名は料理とは?

沖縄県金武町は、ある有名料理を生み出した地域でもあります。その料理とはタコライスです。タコライスは、メキシコの料理と勘違いされている場合もありますが、実は金武町で生み出された沖縄料理なのです。

ピリッとした辛味とチーズ、そしてご飯の絶妙なバランスは、今や全国区ですよね。沖縄県金武町はそういった食へのこだわりがある地域でもあるのです。

色んなところでタコライスが食べられる?

タコライス発症の地だけあって、沖縄県金武町では、色んなお店でタコライスが食べられます。コーヒーが飲めてちょっとした軽食が置いてあるカフェ風のお店でも、タコライスが用意されていることは珍しいことではありません。

タコライスが好きな場合は、お店に入るのが楽しみになりますよ。金武町は、タコライスが好きであれば一度は行っておきたい町の一つだといえるでしょう。

金武町では、水田が広がる景色が眺められる!

金武町では、他では中々見られない景色と出会うことができます。それは水田の風景です。沖縄本島にはマングローブや「やんばる」など、亜熱帯の植物が残るエリアはいくつかありますが、水田が残るところは殆どありません。

ドライブの際は、水田の景色も楽しめますよ。

「田いも」を使った「むるターム」を味わおう

冒頭でも紹介した、金武町で作られる「田いも」ですが、これはスイーツにも使われています。そして沖縄県金武町では、「リカモカカフェ」というスイーツショップの「むるターム」というスイーツに注目が集まっています。

この「むるターム」はかき氷と「田いも」を上手くコラボさせたスイーツ。低カロリーなので身体にも優しく、安定的な人気を誇っています。

金武町には新鮮な「湧き水」がある

2-2

沖縄県金武町には、その豊かな自然から、「湧き水」が出るスポットも珍しくありません。天然の自然な水は、塩素などが含まれていない状態で、健康にも良いとされ、地元の人々から長く愛されています。こういった新鮮な水を用いて、農業が営まれ、飲料水にもされているので、水質で心配する必要はありません。

「億首川」でカヤックを楽しもう!

金武町には、「億首川」という比較的大きな川があります。この川は、マングローブの植物に覆われているだけでなく、色々な亜熱帯の生物が生息しています。この広大な自然を満喫したい場合は、「億首川」のカヤックツアーがおすすめです。

ガイドが付くツアーであれば、この自然環境をしっかりと口頭で説明してくれるので、より深く億首川のマングローブを楽しむことができます。何かアクティビティを探す際は、この地域のカヤックツアーも検討してみてはいかがでしょうか。

レトロな雰囲気が好きな人必見!「新開地」

沖縄県金武町の「新開地」は、沖縄とアメリカ文化が見事に調和したエリアです。この通りをあるけば、カラフルでレトロな街並みが眺められます。またアメリカ独特の色使いである、黄色や濃い水色に塗装された建物が沢山あるので、見ていて飽きることがありません。

米軍統治時代の建物がそのまま残っているので、沖縄の歴史や先の戦争に思いを巡らせる際にも、適した場所といえるのではないでしょうか。

新開地の中の広場!「金武アクティブパーク」

新開地の中のフレンドシップ通りという、メインストリートを過ぎると、「金武アクティブパーク」という広場があります。その広場は、特段変わった広場なわけではありませんが、かつてはそこに米兵がいて、沖縄市民を統治していたのかと考えると感慨深い気持ちになるかもしれません。

案内図が、広場の隅の方にあるので、新開地の全体像を把握したい場合はここでチェックして起きましょう。

金武町はユニークなふるさと納税でも知名度がある

年末シーズンになると毎年注目を集めるふるさと納税ですが、この金武町もふるさと納税の寄付金を受け付けています。そしてユニークな返礼品を用意しているのです。

ほとんどの自治体が、寄付をしてくれた寄付者に対しては、地元の特産品を返礼品として用意しています。そしてそれは金武町も同じです。しかしその返礼品の一つにととてもユニークなものを準備しています。

それは「人間ドッグ」です。85,000円以上、ふるさと納税として寄付をしてくれた人へ、人間ドックの受診を提供しているのです。ただ受診ができるのは、あくまでも沖縄のクリニックなので、内地で受けたい場合は難しくなります。

ただ、沖縄旅行で金武町へ訪れる予定がある場合は、割とお得な返礼品となる可能性があります。金武町訪問の予定がある場合は、ふるさと納税を活用して旅のついでに人間ドックを受診するのも、健康の為にはいいかもしれません。

「ネイチャーみらい館」で自然を学び体験しよう

3

ネイチャーみらい館は金武町が運営する公共施設。自然を介したキャンプや、カヤック、レンタサイクルが楽しめます。この施設のポイントは運営母体が民間ではないというところ。料金設定はどのサービスも平気よりも若干、良心的になっています。

また各種ツアーも充実しています。その中でも注目すべきは「島ぞうりアート」です。琉球文化の体験といえば、どうしてもシーサー関連が多くなりますが、「ネイチャーみらい館」では「島ぞうりアート」の体験教室を実施しています。

基本的には小学生の子供向けですが、保護者同伴OKなので、お子様が一緒なら大人も楽しめますよ。

「ネイチャーみらい館」ならキャンプ体験ができる

金武町にある「ネイチャーみらい館」の体験プログラムは子供向けのものが多くなりますが、キャンプ体験は大人だけでも楽しめます。しかも嬉しいのはキャンプセットが一切必要ないところ。

レンタルセットが貸し出されているので、身一つでキャンプ場に来たとしても本格的なキャンプが楽しめます。またBBQの食材まで提供されるのもポイントです。通常のキャンプであれば、自分達で食材調達が必要ですが、それも不要なのです。

但し、調味料やお皿、機材に関してはセットではないので、バーベキューも注文する際は、多少の準備が必要になるので、その点は要注意です。金武町は那覇からのアクセスが良く、車で60分以内に豊かな自然が楽しめる貴重なエリアです。

沖縄で自然を満喫したい場合「ネイチャーみらい館」はおすすめできる施設の一つです。

ネイチャーみらい館

金武町の魅力は「タコライス」と大自然にある!

ここまで沖縄県金武町の魅力とおすすめ観光スポットについて紹介しましたが、いかがでしたか。金武町は米軍統治時代の後が残る町ですが、それが独自の文化となり、魅力を放っています。

特に「タコライス」はそういった時代があったからこそ生まれた食文化ともいえるのではないでしょうか。また金武町内には、今回紹介した以外にも、鍾乳洞が店内にあるカフェなど、珍しく話題性があるお店も少なくありません。

旅行で金武町を観光する際は、「タコライス」と豊かな自然を目的に、様々な観光スポットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

4963f6ecbdab94b32cb1d7278a3e51c2_s-640x330

沖縄で一度は参加してみたいお祭り12選

皆さん沖縄へ行こうと思った時、 …