Home / 沖縄観光 / 話題沸騰!北中城エリアに行くなら訪れたいおすすめ観光スポット

話題沸騰!北中城エリアに行くなら訪れたいおすすめ観光スポット

イオンモール沖縄ライカムが誕生してから、沸々と人気が沸きあがる北中城エリア!沖縄県中部にある北中城村(きたなかぐすくそん)は、北谷町の反対側にある東海岸に位置し、県民には「きたなか」の愛称で呼ばれています。この町には隠れた観光スポットがあり、密かに人気を集めています。

今回は、話題沸騰の北中城エリアにあるおすすめの観光スポットをご紹介!沖縄旅行でぜひ立ち寄ってみて下さいね。

スポンサードリンク

北中城のおすすめ観光スポット

北中城エリアは、沖縄市・北谷町・宜野湾市・中城村に囲まれた東海岸沿いの町。大きな運動場やゴルフクラブを有するなど、小高い土地も広く、自然とそこに暮らす人々が共存しています。歴史ある建造物や新しいスポットが誕生し、今後の発展も目が離せない北中城村!おすすめの観光スポットをいち早く巡ってみましょう!

イオンモール沖縄ライカム

沖縄初・そして最大の超巨大ショッピングモール「イオンモール沖縄ライカム」!九州エリアを含んでも、2番目に大きいイオンモールです。その敷地面積は175,000㎡、テナント数は230を越えています。巨大水槽に映画館、沖縄初出店の店舗や、名立たる飲食店。休日ともなれば各種イベントを開催するほど、沖縄で最もアツいショッピングモールです!

本州ではおなじみのお店が入っている印象ですが、沖縄では初出店のお店が多く、ニューオープン、リニューアルオープンと、新しいお店がどんどん入ってきています。もちろん食品等の日用スーパーもあるので、長期滞在の方は食材の買い出しにももってこいです。

イオンモール沖縄ライカム
住所:沖縄県中頭郡北中城村字ライカム1番地
問合せ先:098-930-0425(専門店街)、098-983-8888(総合スーパー)

中城城跡

“琉球王国のグスク及び関連遺産群”として、世界遺産に認定されている「中城城跡(なかぐすくじょうあと)」。沖縄戦により正殿は焼失していますが、見事な石垣が当時のまま残っています。沖縄特有の琉球石灰岩をきれいに積み上げた城壁は、見事なまでの佇まいを今に残し、多くの歴史ファンやお城ファンも絶賛するほど。

中城城は14世紀~15世紀に築かれたと言われています。城主であった護佐丸(ごさまる)はこの城で滅び、護佐丸の墓も敷地内に建てられています。秋から冬にかけては、黄色いツワブキの花が開き、真冬の時期には沖縄の桜・カンヒザクラが咲き誇ります。季節の花を楽しめるのも、中城城跡の魅力のひとつ。ぜひ素晴らしい城壁を見に訪れてみて下さいね。

中城城跡
住所:沖縄県中頭郡中城村泊1258番地
問合せ先:098-935-5719(中城城跡共同管理協議会)

中村家住宅

中村家住宅は戦前より残る住宅で、国の重要文化財にも指定されている歴史的建造物です。18世紀中頃に建築されたと伝えられているこちらの住宅は、鎌倉・室町時代の日本建築の流れをくみつつ、沖縄のもつ住宅建築様式を美しく残し、戦前の住宅の様子を今に伝えています。戦争激戦区となった沖縄の地では、このように住宅が残ることは珍しく、非常に貴重なものとして、大切にされています。

士族屋敷形式の造りと、ここに住んでいた上層農家の特徴である高倉、納屋、畜舎などが当時のまま残り、さらに琉球石灰岩の石垣と防風林のフクギが植えられ、琉球古民家の素晴らしさを感じられます。シーサーが鎮座する赤瓦の当時の屋根を、ぜひ見に行ってみて下さいね。

中村家住宅
住所:沖縄県中頭郡北中城村字大城106
問合せ先:098-935-3500(中村家おみやげ品店)

あやかりの杜

「あかやりの杜(もり)」は、図書館を中心とした、生涯学習のための複合施設です。中城湾を見下ろせる高台にあり、周辺は緑の豊かな土地になっています。ここを観光でおすすめする理由は、野外キャンプ場の設備!テントサイトが15個あり、木炭やガス台を使ってBBQをすることができ、1回100円のコインシャワーまで完備。

さらにテントや寝袋などの貸し出しもあり、食材の調達だけで気軽にキャンプが楽しめます。また、予約はあやかりの杜にて直接行いますが、予約状況の確認は電話でも可能です!沖縄で過ごす時間、ホテルを抜け出して、一晩だけ星空の下で過ごしてみてはいかがでしょうか。自然を感じ、遠く広がる中城湾から、最高の朝日を拝んでみて下さいね。

あやかりの杜
住所:沖縄県北中城村喜舎場1214番地
問合せ先:098-983-8060(野外キャンプ場 受付窓口)

ひまわり畑「ひまわりin北中城」

沖縄に真冬が訪れる2月~3月、北中城村では町の一大イベント「ひまわりin北中城」が開催されます。日本一早いひまわり畑は、北中城村の海沿いに広がる畑を一面黄色く彩ります。2月~3月の開催月頃の沖縄は風が冷たく、体感温度が下がりますが、それでも亜熱帯地域らしく太陽が出ると暑さを感じます。ひまわりもその太陽の恵みをたっぷりと受けて成長し、真冬のひまわりの姿を見せてくれるのです。

ただし、ひまわりは自然の力を受けて成長するため、やはりその年の気候や温度などによって枯れてしまうこともあります。冬の沖縄旅行を計画しているなら、ぜひひまわり畑の情報を確認しておいて下さいね。イベントはひまわりの開花状況にあわせて日程が組まれます。また、生育が不調の年はイベントが開催されないこともあるので注意してくださいね。

ひまわりin北中城公式Facebook
住所:沖縄県中頭郡北中城村熱田(しおさい公苑近く)
問合せ先:098-935-2233(北中城村まつり活性化委員会)

北中城のおすすめ飲食店

北中城村を訪れるなら、その土地のグルメも楽しみたいですよね。新スポットの北中城エリアにも、オシャレなカフェや話題のお店までたくさん揃っています。沖縄の絶品グルメは至るところにあり、その中でもおすすめしたい飲食店をご紹介!ぜひ、北中城観光の一休みに立ち寄って見て下さいね。

パン好きなら!「PLOUGHMANS LUNCH BAKERY(プラウマンズ ランチ ベーカリー)」

北中城村の高台に建つベーカリーカフェ「PLOUGHMANS LUNCH BAKERY(プラウマンズ ランチ ベーカリー)」。メニューは、何種類かあるサンドイッチを選んで、スープ、サラダがセットになった「サンドイッチ、サラダ、スープのプレート」です。ドリンク類は、コーヒーと、ルイボスティー、100%ジュースがメニューに並びます。

高台のため海を眺めてゆったりとした時間を過ごすのにちょうどよい風を感じるお店です。メニューにはありませんが、オーダー時に相談するとビーガン対応メニューに変更していただけるとのこと。うれしい心くばりです。

PLOUGHMANS LUNCH BAKERY
住所:沖縄県中頭郡北中城村字安谷屋927-2
問合せ先:098-979-9097

スイーツ好きなら!「琉京甘味 SANS SOUCI(サンスーシィ)」

「琉京甘味」とは、「沖縄と京都の食材のコラボレーション」とお店の方が紹介するように、琉球(沖縄)の「黒糖」と、京都の「抹茶」の両方を使ったメニューが一押しのスイーツを提供してくれるカフェです。おすすめはやはり、抹茶や黒糖、きなこを使った組み合わせがいろいろなパフェ!ドリンクの「アイス抹茶黒みつラテ」もおすすめです。

スイーツメニューだけではなく、京風のおうどんに、やんばる豚をのせた「やんばる豚の肉うどん」など、軽めのお食事も楽しめます。

SANS SOUCI
住所:沖縄県中頭郡北中城村萩道150-3パークサイド #1822
問合せ先:098-935-1012

話題の北中城エリアは、おすすめ観光スポットへ!

いかがでしたでしょうか。今回は、イオンモール沖縄ライカムの誕生で訪問機会が増えることとなった北中城エリアのおすすめ観光スポットをご紹介しました。定番の観光地とは異なる方面ですが、だからこそ穴場のスポットがたくさんあります。特に、お洒落な飲食店も豊富で、沖縄の美食を楽しむのにもピッタリ。

ぜひ沖縄旅行では、まだまだ発掘途中の北中城エリアに足を運んでみて下さいね!

スポンサーリンク

Check Also

南風原といえばココ!イオン南風原店

那覇空港から車で約30分。島尻 …