Home / 沖縄観光 / 古宇利島 / 沖縄でアダムとイブの伝説に出会う古宇利島の魅力
5-5-640x330

沖縄でアダムとイブの伝説に出会う古宇利島の魅力

沖縄本島北部、今帰仁村にある古宇利島は、沖縄本島と橋で結ばれ、車で行くことができる離島です。この古宇利が、「恋の島」と呼ばれていることを知っていますか?恋の島なんて素敵な名前ですよね、今回は、古宇利島が恋島と言われる訳と、その魅力についてご紹介します。

カップル、夫婦で沖縄旅行を計画されている方は是非古宇利島への旅行を検討してみてください。

スポンサードリンク

1.古宇利島のアダムとイブ伝説

1

なんでも、古くからの伝説によると、大昔、この島にアダムとイブが暮らしていたとか。言い伝えによると、

昔、古宇利島に空から男女二人の子供が降ってきた。彼らは全くの裸であり毎日天から落ちる餅を食べて幸福に暮らしていた。

最初はそれに疑問を抱かなかったがある日餅が降らなくなったらどうしようという疑念を起こし、毎日少しずつ食べ残すようになった。

ところが二人が貯えを始めたときから餅は降らなくなった。二人は天の月に向かい声を嗄らして歌ったが餅が二度と降ってくることはなかった。

そこで二人は浜で生活するようになり、魚や貝を捕って生活と労働の苦しみを知り、ジュゴンの交尾を見て男女の違いを意識し恥部をクバの葉で隠すようになった。この二人の子孫が増え琉球人の祖となった。とのこと。

もしかしたら琉球人の祖先はこの古宇利島から始まっているのかもしれませんね。この沖縄版アダムとイブの伝説が残っていることから、恋島(コイジマ)と呼ばれるようになり、それが変化して、今の古宇利島と呼ばれるようになったといわれています。

2.自然が作った神秘「ハートロック」

2

嵐のメンバーが出演する、JALのCMで一躍有名になったのが、ティーヌ浜という小さなビーチにある、ハートロックという岩です。

ビーチの浅瀬にある、二つのハートに近い形の岩を、ある場所から見ると、二つの岩が重なって、きれいなハート型に見えるというもの。波の浸食でこの形になったというのが驚きです。二つの岩が重なってハート型に見えるなんて、とてもロマンチックですよね。

このハートロックがあるのは、古宇利島と本島を結んでいる、古宇利大橋から、ちょうど反対側、島の北側にあるティーヌ浜です。岩に囲まれた本当に小さなビーチで、目立つ看板なども立っていないので、かなりわかりづらいところにあります。

また、駐車場から浜までの道が、急な坂道や岩場があり、かなり足場が悪くなっているので、サンダルではなくスニーカーなどのしっかりした靴で行かれることをおすすめします。

●ティーヌ浜 ハートロック○
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利
駐車場:1時間300円

3.古宇利島からサンセットを眺める

3

古宇利島から眺めるサンセット。エメラルドグリーンの海と空がだんだんオレンジ色に染まっていく様子は、絶景の一言。古宇利島に行ったら、ぜひみてもらいたい風景です。夕日鑑賞スポットでおすすめなのが、古宇利大橋とアマジャフバル農村公園です。

島と本島を結んでいる古宇利大橋、このふもとからサンセットをみることができます。日帰りで訪れる観光客のほとんどが夕方には島を出発してしまうので、地元の人達のデートスポットになっているそう。

青い空がだんだんとオレンジに染まり、海にはその光が反射してキラキラと輝いています。だんだんと海に沈んでいく太陽を、ゆっくりと眺めるのは、ロマンチックで本当に贅沢な時間です。

もう一つのおすすめは、古宇利島の中心部分で一番高い所にある、アマジャフバル農村公園から見るサンセットです。島の一番高い所にあるので、遮るものがなく、海に沈んでいく夕日をゆっくりと鑑賞することができます。

公園内には無料の駐車場とトイレ、屋根のある休憩所が完備されているので、のんびりと過ごすことができます。島の周回道路を外れ、急な坂道を登っていくので、車で訪れることをおすすめします。農道など途中細くなっている場所もあるので、対向車に注意して行きましょう。

●アマジャフバル農村公園○
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2429
電話:0980-56-1057
駐車場:無料

4.古宇利島に宿泊するのもおすすめ

那覇から1時間半ほどで来られるので、日帰りでも古宇利島を楽しむことができます。しかし、島に泊まると、さらにたくさんの古宇利島の魅力を知ることができます。なかでも一押しなのが、古宇利島から見る星空です。

那覇市内などと比べで、家やお店の数が少ないため、星空観察をするのに邪魔になる光がありません。そのため、降るような満点の星を見ることができます。

10分ほど空を眺めていると、目が慣れてきて、たくさんの星が見えるようになってきます。流れ星もいくつも見ることができますよ。こんなにたくさん流れ星が見えるなら、願い事も唱えられそうな気がします。

観光客が帰ったあとの、静かなビーチに寝転んで、波の音を聞きながら、星を眺めるなんて、日常では絶対にできない体験です。ビールや泡盛片手に星を眺めるのも楽しい時間になりますよ。

また、島に宿泊したら、ちょっと早起きして、まだ人が少ないビーチをお散歩するのもおすすめです。波打ち際を歩きながら、貝殻を拾ったり、人が少ないビーチで写真を撮ったり、のんびり朝の時間を過ごせるのも、古宇利島に宿泊した人だけが味わえる魅力の一つです。

5.古宇利島に来たら、絶対行きたい絶景カフェ

古宇利島には、島を囲む海を臨む絶景カフェがたくさんあるのも魅力です。そのなかでもおすすめのお店をご紹介します。

カフェ&コテージ オーシャン ブリーズ

古宇利島の北側にある高台の上にあるのがこちらのお店。高台にあるので見晴らしがよく、テラス席、店内からも水平線を見渡すパノラマビューを楽しむことができます。

おっぱ乳業のジェラートやフルーツジュース、ピザなどの軽食があります。しっかり食事というよりは、景色を眺めながらのカフェタイムで利用したいお店です。

こちらのお店の店長は、ヤギのモグ。テラスのはじでくつろぐヤギ店長に会えるのも魅力のお店です。

住所:今帰仁村古宇利2316-1
電話:0980-56-4933
営業時間:13時~17時
定休日:水、木曜
HP:http://nancle713.comt/

琉球ドルチェ古宇利島テラス

こちらのお店は、豊見城市にある「琉球ドルチェテラス」の二号店としてオープンしました。一号店は、素材にこだわったおいしいお菓子を求めて地元のお客さんが絶えない人気のお店。

その二号店なので、手作りのケーキや、南国フルーツたっぷりのパフェ、一号店で人気があるバームクーヘンなどたくさんの絶品スイーツが戴けます。

全面ガラス張りの店内は、白を基調にしていて、明るくおしゃれなイメージ。テラス席からは、古宇利大橋を見ることができます。また、屋上からは、古宇利大橋はもちろん、近隣の島々まで見渡せます。絶景を見てくつろぎながら、優雅なティータイムを過ごすことができるおすすめのお店です。

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 今帰仁村古宇利314
電話:0980-56-5588
営業時間:10:00~17:00
定休日:不定休

まとめ

沖縄版アダムとイブの伝説が残る古宇利島の魅力についてご紹介しました。日帰りでも十分楽しむことができる古宇利島ですが、観光客が帰ったあとの静かな古宇利島の雰囲気も、また特別なのでぜひ一泊してみることをおすすめします。古宇利島にあるロマンチックな観光スポットと美しい自然を、是非のんびりと楽しんでください。

スポンサーリンク