Home / 沖縄ホテル / 観光だけじゃもったいない。古宇利島で宿泊したいホテル
miyako85_amanogawatentai20140725_tp_v

観光だけじゃもったいない。古宇利島で宿泊したいホテル

沖縄本島の北部にある古宇利島は、全長2キロほどの橋で本島とつながっているので、船に乗ることなく行ける離島です。

気軽に行ける古宇利島ですが、海の透明度の高さや、さとうきび畑が続く風景、昔ながらの赤瓦の古民家など本島とは違った、離島ならではの風景を楽しむことができます。

那覇から車で1時間半ほどなので日帰りもでも楽しめますが、古宇利島に宿を取って、宿泊するのもおすすめです。

観光客が帰ったあとの、喧噪が静まったビーチで見る夕日や、離島で明かりが少ないから見られる満点の星空など、宿泊しないと体験できないことがたくさんあります。そんな古宇利島で宿泊できる宿をご紹介します。

スポンサードリンク

1.貸別荘でのんびりステイ「別荘 KoURi」

1

出展:別荘KoURiの写真・画像ギャラリー | たびらい沖縄

一棟貸し切りの貸し別荘KoURiは、古宇利島の周回道路沿いにある、三角屋根が特徴的な建物。海のすぐそばという最高の立地なので、部屋やテラスからはもちろん、バスルームからもエメラルドグリーンの海を見ることができます。

海を臨むリビングにキッチン、ベッドルームのほか和室やロフトもあります。広いテラスには、バーベキューの設備があり、海を見ながらバーベキューを楽しめます。海を見ながらバーベキューが出来るのは、別荘ならではの過ごし方ではないでしょうか。

別荘のすぐ下は、小さなビーチになっており、プライベートビーチのように使うことができます。こちらのビーチでは釣りもできるので、別荘で釣り具を借りてチャレンジしてみるのも楽しそうです。

調理器具や食器類一式、洗濯機にドライヤーなど必要な設備は全て揃っているので安心して宿泊することができます。もちろん人数分のタオルも準備されているので、貸別荘だからと荷物が増えることもありません。

一棟貸し切りなので、ほかの宿泊客に気兼ねする必要がなく、のびのびと自分のペースで過ごすことができます。夜泣きや騒いでしまうことが心配な小さいお子様がいるファミリーには特におすすめの宿です。

別荘 KoURi

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利37,38-1
電話:080-1777-7239
最大宿泊人数:6名
宿泊料金(一泊):1棟貸し オフシーズン20,000円~ ハイシーズン26,000円~
HP:http://resort.life.coocan.jp/index.htm

2.仲良しカップルにおすすめ「hotel cava」

2

出展:客室 -Guest Room – hotel cava (ホテルカヴァ) – 沖縄 古宇利島の小さな宿

古宇利島の北側、人気の観光スポット「ハートロック」にほど近い場所にあるのが、「hotel cava」です。
1日3組限定というこじんまりしたホテルですが、だからこそ静かにゆったりとした気分で過ごすことができます。

客室はプライベートに配慮したヴィラタイプになっており、全3棟のヴィラとフロントとは蓮の花が浮かぶ池を渡って行き来します。これだけでも、非日常感満載で、リゾート気分が高まります。

お部屋は、照明やタイルにもオーナーのこだわりがつまっていて、オリエンタルな雰囲気。猫足のバスタブが設置されているので、入浴剤を持参して泡風呂を楽しむのも素敵です。全室クイーンサイズのベッドが1台のダブルタイプなので、仲良しカップルに特におすすめです。

朝食は、ラウンジや開放的なテラスで、地元の食材を中心とした、特製のサンドウィッチプレートや季節のフルーツ・ホットコーヒーを楽しめます。早朝に出発しなければいけない時は、テイクアウトで用意してくれるというサービスも嬉しい心遣いです。

夕食は、事前に予約しておけば、稀少な黒琉豚(純血アグー種)のさんぴん茶出汁しゃぶしゃぶを用意してもらえます。近隣にレストランなどがないので、予約しておくことをおすすめします。

hotel cava

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2593-2
電話:090-6866-9009
最大宿泊人数:2名定員×3室
宿泊料金(一泊):二名一室1名 オフシーズン12,000円 ハイシーズン17,000円
HP:http://www.hotel-cava.net/

3.オーシャンビューの宿「プチリゾート古宇利島」

3

出展:ハイビスカススイート | プチリゾート古宇利島

古宇利島には数少ない3階立ての建物で、坂の途中にあるので、部屋の大きな窓からは、遮るものがなくエメラルドグリーンの海を臨むことができます。

全3室の客室は、デラックスが2室、スイートが1室。全ての部屋にキッチンがついているので、道中の道の駅や近くのスーパーなどで食材やフルーツを買ってくれば、地元の味を楽しむことができます。もちろん調理器具や食器などの設備も完備されています。

スイートルームは45㎡と広々しており、リビングの大きな窓からは古宇利島のきれいな海を一面に見ることができます。広いバルコニーもあるので、海を見ながらベルコニーで朝食を戴くなんて映画のシーンのような過ごし方も素敵です。

タオルや歯ブラシなどのほか、クレンジングや化粧水、乳液などもアメニティで用意されているのも嬉しいですね。

プチリゾート古宇利島

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利192
電話:090-6958-7916
最大宿泊人数:一室定員2名まで×3室
宿泊料金(一泊):一室二名利用時の1名料金 オフシーズン7,500円~ ハイシーズン10,000円~
HP:http://kourijima.jp/

4.古民家タイプのゲストハウス「島宿」

4

出展:古宇利ゲストハウス『島宿』: 宿と周辺のご紹介

とにかく安く宿泊したい。そんな人におすすめなのが、ゲストハウス島宿です。古宇利大橋のそばにあり、ビーチや漁港、飲食店が徒歩圏内という便利な立地です。

男女別の部屋は、二段ベッドが2台あり定員4名。一泊2,000円という激安価格で宿泊することができます。ドミトリーなので、個室でプライベートを重視する方には不向きですが、旅先で色んな人と出会いたい、話をしてみたいという人にはおすすめです。

キッチンやリビングは共同で自由に使うことができます。近くで食材を買ってきて、自分で調理して地元の味を堪能するのも楽しいですよ。

古宇利大橋や古宇利ビーチまでは徒歩3分、飲食店や売店も徒歩圏内なので、車がなくても不便なく過ごすことができます。

島宿

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利251-1
電話:090-6958-7916
最大宿泊人数:ドミトリー男女各4名
宿泊料金(一泊):2000円~
HP:http://oyakataya.blogspot.jp/

5.一日一組限定の貸しヴィラ「ResortVilla古宇利島Aquablue」

5

出展: ResortVilla古宇利島Aquablue

一日一組限定の貸し別荘タイプのヴィラ、ResortVilla古宇利島Aquablueは、古宇利島の西側、集落からは少し離れた場所にあり、これぞ沖縄!というようなさとうきび畑に囲まれたプライベート感満載の宿です。

間取りは2LDKで、20畳の広々したリビングからは、青い海が見えるオーシャンビュー。屋上テラスからは、古宇利大橋を見ることができます。
キッチンには調理器具に食器のほか、一般的な調味料も揃っているので、余分なものを買わずに、気軽に調理をすることができます。ポットやコーヒーメーカーもあるので、海を見ながら優雅なティータイムを過ごすのも素敵です。

無料レンタル品が充実しており、バーベキューセットやシュノーケルに水中カメラもレンタルできるので、外遊びがより充実しそうです。DVDプレーヤーやプロジェクターのレンタルもあるので、雨が降ってしまっても、お部屋で十分楽しめそうですね。

ResortVilla古宇利島Aquablue

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利1484-4
電話:0980-56-3583
最大宿泊人数:6名
宿泊料金:オンシーズン/6名宿泊時の1名料金 7,000円
     オフシーズン/6名宿泊時の1名料金 5,000円
HP:http://www.aquablue.jp/

古宇利島でおすすめの宿を5つご紹介しました。満点の星空など、島に宿泊したからこそ楽しめることを満喫してみてはいかがでしょうか?

また古宇利島からは美ら海水族館も近いので、早朝のうちに水族館に行って、空いている時間にゆっくり見て回るのもおすすめです。

スポンサーリンク

Check Also

83fe65ad42a45f508b8464f6ca184437_s

宜野湾でおすすめのホテル&カフェまとめ

沖縄本島中部地域を代表する街「 …