Home / 沖縄観光 / パワースポット久高島の歴史とおすすめ観光スポット!
9157fb339fa7e0b1ace3360e4c235495_s

パワースポット久高島の歴史とおすすめ観光スポット!

沖縄最高峰の聖地といえば南城市の斎場御獄。その斎場御獄に“久高島遥拝所”という場所が設けられているのはご存知ですか?

この久高島遥拝所は、名前のとおり、南城市の東側に浮かぶ離島、久高島を眺め、拝む場所となっています。斎場御獄という聖地から拝むほどの久高島とはいったいどんな島なのでしょう。

琉球開びゃくの祖「アマミキヨ」が天から降り立ち最初につくったと伝わる神聖な島で、琉球王朝の歴代の国王たちも久高島への参拝は欠かすことがなかったほど。そのため、神の島とも呼ばれています。今回は、そんな神秘的な久高島について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

沖縄の聖域久高島の基礎知識

3483e25c439926858747a718cc62d4ec_s

久高島とは

沖縄本島南部、南城市の東側に浮かぶ周囲8キロほどの小さな島が「久高島」。人口は270人ほど。琉球開びゃくの祖「アマミキヨ」が最初につくった島として知られ、琉球王朝時代、歴代の琉球国王が久高島への参詣を欠かすことがなかったほど大切にしていた島です。琉球王朝の神事も行われていたことから「神の島」と呼ばれています。

現在も久高島には、12年に1度実施される祭事「イザイホー」(1978年以降行われていない)をはじめ、旧正月、八月マティー、琉球開びゃくなどの祭事など数多くの年中行事が残っていて、民俗学的にも貴重な島となっています。

聖域を訪れるときのマナーに注意

久高島は、琉球誕生の開びゃくの祖アマミキヨがつくった沖縄のはじまりとされる島であり、島の人だけでなく、沖縄の人たちにとって、とても大きな意味をもつ島です。

そんな特別な久高島では、土地は自分のものではなく、神様からお借りしているものという考え方があり、特に島の北部と集落の外は聖域とされ、誰のものでもありません。このように久高島には島固有の考え方やルールがあるので、訪れるときには必ず守りましょう。

<久高島のルール>
・拝所などの聖域は立ち入り禁止の場所があるので、訪れる際には入っていい場所か確認すること
・神さまが降り立ったと伝わるビーチなど神聖なビーチがあり、中には遊泳禁止のところもあるので確認すること
・島から、サンゴのかけらや石、植物など持ち帰ってはいけない。
・持ち込んだものでゴミになるものは持ち帰る。
・集落の民家周辺では騒いではいけない。
・行事や神事の日はカミンチュ(神人)以外、集落より北側へは行ってはならない。

以上の点に留意して、島の人たちに迷惑をかけないように、滞在を楽しみましょう。

泊まりと日帰りどっちがおすすめ?

久高島へは、高速船で15分、フェリーで20~25分。とっても近い離島なので日帰りで観光するのも良いでしょう。宿泊したい場合は、島内に3軒の民宿と、NPO法人久高島振興会が運営する久高島宿泊交流館という宿泊施設があり、素泊まり約3,000円~ほどで泊まることができます。

日程的に時間があまりないときは日帰りで、余裕がある場合は、宿泊するのも良いでしょう。

<フェリーと高速船の出航時間>
・沖縄本島(安座真港発)から徳仁港(久高島)へは、9:00高速船/10:00フェリー/11:30高速船/14:00フェリー/15:30高速船/17:00(冬期)・17:30(夏期)フェリー
・徳仁港(久高島)から沖縄本島(安座真港発)へは、8:00高速船/9:00フェリー/11:00高速船/13:00フェリー/15:00高速船/16:30(冬期)・17:00(夏期)フェリー

久高島へのアクセス

久高島(徳仁港)へは、沖縄本島南部の南城市にある安座真港からフェリーもしくは高速船で渡ります。フェリーくだかを利用の場合は、所要時間20~25分。往復料金は大人1,280円、子ども650円。高速船ニューくだかⅢを利用する場合は、所要時間15分。往復料金は大人1,460円、子ども750円。

聖域や史跡を堪能するおすすめ観光スポット

e8b6d6e6995e3285e58b7192916d23a6_s

レンタルサイクルで楽しむ

久高島はほぼ平坦な地形のため、島内巡りには自転車がぴったりです。徳仁港の周辺にレンタサイクルのお店が3~4軒あるので、港をスタート地点にして島巡りをスタートできます。

自転車で島1周すると所要時間は約2時間。ちなみに徒歩の場合は3時間30分ほどかかります。自転車のレンタル料金は、1時間300円ほど、電気自転車は1時間500円ほどです。

島巡りをする際に注意してほしいのが、集落以外の場所では、自動販売機や商店などがあまりないので、出発前に飲み物を用意したほうがよいでしょう。また、道は平坦ですが、舗装されていない道路もあるので、暑い日などは無理をしないようにしましょう。

カベール岬

久高島の北東の端にある岬が「カベール岬」。カベール岬までの途中、道には原生のクバの木が茂る森があります。このカベール岬は、琉球開びゃくの祖アマミキヨが天から降り立ったと伝わる聖域です。

この地に降りたアマミキヨは島の大きさを測りましたが、思ったよりも小さかったため、その後、沖縄本島に移動し、国始めとして、斎場御嶽など7つの「御嶽」を造ったと伝わっています。

島内でも最も重要な聖域のひとつでもあるので、くれぐれも汚したり、ゴミを捨てたりなどしないようにしましょう。

イシキ浜

島では、“魂が帰る場所”とされている「イシキ浜」。島の東側にあります。海の彼方にあるという理想郷“ニライカナイ”からやってくる来訪神(らいほうしん)の船が停泊する場所とされる聖域で、琉球国王も赴いた特別な場所です。

また、イシキ浜はニライカナイの対岸にあるといわれ、五穀の入った壺がイシキ浜に流れ着いたことがきっかけで、穀物が久高島、沖縄本島へと広がっていったという伝説も残っています。遊泳は禁止になっているのでご注意ください。

ヤグルガー

「ヤグルガー」とは、島の祭事の時、神女(ノロ)たちが体を清める場所として使っている井戸のことです。昔から、沖縄の離島では、生活に必要な水を確保するのに大変苦労していましたが、この久高島の「ヤグルガー」は、海のそばにありながら、地下から水が湧き出る貴重な井戸で、島の人たちにとって大切な命の水となっています。

フボー御嶽

アマミキヨが創ったと伝わる琉球七大御獄のひとつ「フボー御嶽」。沖縄本島の南城市にある県内最高の聖地「斎場御獄」と並ぶ、最高峰の聖域で、久高島一の聖地です。そのため、足を踏み入れることは禁じられ、中に入れるのは神女(ノロ)のみ、それも島の祭事の時だけとされています。

入口には看板が立てられていますが、そこに立つだけでも“特別な場所”の空気を感じます。

ロマンスロード

久高島の西海岸にある整備された遊歩道「ロマンスロード」。約600mほどの遊歩道で、海風が肌身に心地良い、そんなサイクリングを楽しむことができます。途中には、ユリの花が咲いていたり、休憩するのにぴったりなベンチや東屋もあります。また、ロマンスロード周辺の海岸沿いには、いくつも聖域があるので、注意しましょう。

合わせて楽しみたい久高島観光のポイント

0051136a2363c1cc735656fe2787c099_s

久高島周辺の観光名所

久高島と一緒に訪れたい周辺の観光スポットには、久高島と沖縄本島を結ぶ安座真港のある南城市の世界遺産に登録され、琉球七大御獄のひとつ「斎場御嶽」、古代人が住んでいたという住居跡も見つかり、洞窟カフェもある「ガンガラーの谷」、アマミキヨが久高島から渡ってきた場所として伝わる「百名ビーチ」などがあります。

おすすめのお土産

久高島でお土産を買う定番のお店は、久高島待合所。NPO法人久高島振興会が運営するお土産屋さんで、久高島名物の「イラブー(うみへび)」のエキスが練りこんである「イラブーちんすこう」や島で魔除けとして使う塩「破魔真塩(はまます)」のお守り、月桃の葉でつつんだ“ムーチー(お餅)”などがあります。

お食事スペースもあって、イラブー汁やぜんざい、島のおばーが大切に育てた有機栽培の島バナナシェイクやうずら豆シェイクなどが味わえます。

まとめ

1dbe006307e6d2af5ff175279143f0c9_s

いかがでしたか?沖縄の始まりの場所である久高島。島全体がとても尊く、神聖な場所といえるでしょう。そのため、訪れる際は、島のルールをしっかりと守って、観光を楽しみましょう。また、沖縄本島にある最強の聖地斎場御嶽から、久高島を拝むことができる久高島遥拝所があるので、あわせて訪れるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

Check Also

沖縄 離島 本島周辺 伊平屋島 

自然と伝統が残る穴場の離島観光なら伊平屋島!

沖縄の観光といえば、首里城や美 …