Home / 沖縄観光 / 久高島のスピリチュアルスポットと由来
5

久高島のスピリチュアルスポットと由来

1

久高島を訪れるなら、おすすめの場所があります。それはスピリチュアルスポットです。神の島と呼ばれる久高島には、実はスピリチュアルな場所が点在している島でもあるのです。

では久高島にはどのようなスピリチュアルスポットがあるのでしょうか。今回は久高島のスピリチュアルスポットと由来について紹介します!久高島へ旅行に行く際には、スピリチュアルスポット巡りをしてパワーをもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

久高島は神話の始まりの島としても知られている

スピリチュアルスポットでもある久高島は神話の始まりの島としても知られています。また日本各地にある神社やお寺はパワースポットとして有名ですが、久高島にある御嶽も神聖な場所として昔から大切にされています。

では久高島にはどのような御嶽があるのでしょうか。久高島の御嶽といえばウボー御嶽です。男子が立ち入ることは決して許されない聖域です。

ウボー御嶽はイザイホーが行われる場所

2

久高島の最もスピリチュアルスポットはウボー御嶽です。他にもスピリチュアルな雰囲気を感じることができる場所はありますが、ウボー御嶽は、その中でもよりスピリチュアルな場所だといえるでしょう。
その理由は、イザイホーと呼ばれる12年に一度の儀礼が行われる場所でもあるからです。イザイホーとは、既婚女性がノロとなる為の大切な儀式。ウボー御嶽は男子禁制の神聖な場所でもあるのです。

ウボー御嶽がスピリチュアルスポットと呼ばれる由来

ウボー御嶽がスピリチュアルスポットと呼ばれる由来は神聖な儀式が行われる、ということだけではありません。ウボー御嶽は琉球開闢にも関係する場所でもあるのです。男子禁制であることは古来からですが、その中でも琉球王朝の国王のみは立ち入りを許されたとされています。

またウボー御嶽は琉球7大御嶽の一つでもあります。そのため他の御嶽よりもスピリチュアルなスポットとして知られているのです。

アマミキヨとはどのような存在なのか

3

ウボー御嶽が琉球開闢に関連した場所であることは前述の通りですが、琉球開闢について考える際に外せない神様がいます。それがアマミキヨです。アマミキヨは琉球神話の中でも、琉球開闢に関わったとされる主役の神様。

呼び名はアマミキヨ以外にも地域によっては、阿真菊、阿真美久など様々な呼称があります。沖縄県は日本の一部という認識が一般的かもしれませんが、沖縄県は元々琉球王国です。1800年代後半までは独立した一つの国家だったのです。

日本には日本の神話があるように、琉球にも琉球王国の神話があります。日本の神話では伊弉諾、伊邪那美が国生みの神様として知られていますよね。それと同じように、琉球王国の人々にとって、アマミキヨは琉球開闢の始祖として誰もが知る存在だったのです。

アマミキヨは島や御嶽を創造した神

琉球神話ではアマミキヨは琉球や奄美諸島の島々を創造した神とされています。そしてその島々の中に現在でも残る御嶽を作りました。実は御嶽は神話の時代から存在している、神聖な場所でもあるのです。

島や御嶽を作ったアマミキヨはその後、人の種を天帝より授けられています。アマミキヨは島を作り、人の種を授かった、国生みの神でもあるのです。またアマミキヨは天から五穀の種も賜わっています。そのためアマミキヨが作った御嶽では現在でも五穀豊穣や子孫繁栄が祈られているのです。

久高島で行われている行事について

4

久高島は琉球神話の雰囲気が残るスピリチュアルな島なわけですが、島ではどのような行事が行われているのでしょうか。代表的なものは以下の通りです。

・ジューグヤー
旧暦8月15日に開催される祭祀。祭祀とは神を祀ることですが、久高島では夏に外間殿を中心として祭祀が行われます。祭祀の内容は祈りに始まり、唄と踊りがある為、神聖な雰囲気の中でも賑やかな雰囲気が感じられます。

・ハティグゥティマティー
ハティグゥティマティーは旧暦8月10日から12日の間に行われる祭祀。この祭祀の特徴は、3日間でそれぞれ、行われる目的が違うこと。基本的には平和と健康を祈願するものですが、2日目は悪霊を払い、3日目は平和の神唄が歌われます。

・ショーグゥティ
ショーグゥティは旧歴の1月1日と1月3日に行われます。ショーグゥティは久高島の正月の祭祀です。神への祈りや大漁祈願など格式高い雰囲気の中行われます。また祭祀の中ではカチャーシーが踊られます。カチャーシーとは沖縄の伝統的な手踊り。喜びを分かち合う為に踊られるものです。

これらの祭祀に参加する際は、ただのお祭りではなく厳粛な儀式であることを忘れてはいけません。スピリチュアルなイベントに興味がある場合でも遊び気分ではなく、祭祀の参加者として厳粛に振る舞うことが大切です。

久高島で最も北にある岬「カベール岬」

カベール岬は久高島でスピリチュアルなスポットを巡るなら、必ず訪れておきたい場所の一つです。場所は久高島の最北端。久高島は全長8キロなので分かりやすい場所にあるといえるでしょう。

またカベール岬は前述の琉球神話の始祖であるアマミキヨが降りたった場所でもあります。スピリチュアルな雰囲気を感じたい場合はおすすめですよ。

魂が帰る神聖な浜「イシキ浜」

イシキ浜は魂が帰る場所、としても知られている神聖な浜辺。魂が帰る場所とはニライカナイを指すわけですが、独特な雰囲気が漂っている浜辺でもあります。

ニライカナイは神々が住む場所と表現されることもあれば、死後の世界として語られる場所でもあります。感覚が敏感な方なら、普段認識している世界とは異なる何かを感じられるかもしれません。

祭祀が行われる神聖な拝殿「外間殿」

外間殿(フカマ)は前述したジューグヤーなどの祭祀が行われる神聖な拝殿です。基本的に中に入ることはできませんが、神聖な雰囲気は外からでも感じられます。また外間殿を見るなら、同時に見ておきたいのが久高殿(ウドゥンミャー)です。外間殿と久高殿は久高島の二大祭祀場でもあります。そしてこれらの二大祭祀場は琉琉球王朝第二尚氏三代尚真王の頃に設置された歴史がある建造物でもあります。

アシャギを祀るお宮「御殿庭」

久高島の御殿庭は、島の始祖を祀る大切なお宮です。御殿庭は二つのお宮から成るわけですが、一つのお宮にはアシャギ、そしてもう一方には白樽が祀られています。建物としてはシンプルですが、スピリチュアルな雰囲気を感じられるスポットだといえるでしょう。

久高島を訪れる際に心がけたいこと

久高島はここまで紹介したようにスピリチュアルなスポットが沢山ある神聖な島です。また久高島に住む住民は基本的に祭祀に関係する人々であり、その文化が大切に守られている島でもあります。

しかし過去には心無い観光客や宗教関係者が無断で神聖な場所に立ち入るなど、その伝統を踏みにじるような行為が行われたことがありました。久高島へはフェリーでアクセス可能ですが、そこにも島内での振る舞いに対する注意書きがあります。久高島を訪れる際は、マナーを守ることを心がけましょう。

久高島のスピリチュアルスポット巡りは計画性を持とう

5

いかがでしたか。久高島のスピリチュアルスポットは小さな島の中にいくつも点在しています。その一つひとつはシンプルな場所ですが、お宮や岬でゆっくりとした時間を過ごすだけでもスピリチュアルな雰囲気を感じられることは間違いありません。

久高島は小さな島ですが、それぞれの場所がリラックスできる雰囲気の為、無計画だとあっとう間に時間が過ぎ去ってしまいます。久高島でスピリチュアルスポット巡りをする際は計画性を持つことをおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

ddecc9e26c7f25d8ea91775aafb98a42_s-640x330

沖縄・石垣島旅行を100%満喫する人気観光・ホテル・食事・お土産情報

沖縄・石垣島といえば、エメラル …