Home / 沖縄観光 / 久高島が素敵!神の島「久高島」に行くなら行きたい観光スポット
heart-1407248_1280

久高島が素敵!神の島「久高島」に行くなら行きたい観光スポット

“日本最後の聖域”ともいわれる神々しい島「久高島」。沖縄本島南部に位置する離島で、南城市に属しています。

石垣島、慶良間諸島、宮古島などの観光地化された離島とは一線を画し、伝説と伝統を重んじながら連綿と受け継がれてきた島人たちの営みにふれることができる神聖な島です。

琉球王朝最強の霊力をもったノロ(神女)「聞得大君(きこえおおぎみ)」も、この久高島で霊力を与えられたといわれるほど、不思議な力を持った島として、琉球王朝から特別待遇を受けていました。

そこで今回は、神秘のベールに包まれた「久高島」の魅力をたっぷりご紹介しましょう。

スポンサードリンク

聖なる島「久高島」とは

神秘的な島として知られる「久高島」は、沖縄本島東南部に浮かぶ周囲8.0kmほどの細くて小さな島で、人口はわずか300人ほど。

98

出典:http://pawasupo.net/445

この久高島が聖なる島といわれる所以は、琉球創生の神アマミキヨが舞い降り国づくりを始めたという伝説はもちろん、琉球王朝の国王は毎年この島に来て祈りを捧げ、ノロとよばれる国の最高神女「聞得大君(きこえおおぎみ)」もこの島で霊力を与えられたといわれるほど、古くから“特別な場所”として敬われてきた歴史があるからです。

琉球王朝にとって久高島が特別だった理由は、沖縄最強の聖地として知られる「斎場御嶽(せーふぁうたき)」を見てもわかります。

斎場御嶽は、沖縄本島の南城市にある世界文化遺産で、琉球王国最高の聖地として祈りを捧げていた場所。この斎場御嶽から見て東の海に、“ニライカナイ”とよばれる理想郷があると沖縄では古くから考えられてきました。

久高島は、この斎場御嶽から“ニライカナイ”へと続く海の途中にあるため、ニライカナイへの「お通し(遥拝)所」として崇拝され、実際、斎場御嶽には、久高島を望み祈りを捧げる「久高島遥拝所」も設けられているほど。

久高島遥拝所からは、遠く東の地平線上に浮かぶ久高島がはっきりと見えます。

3

出典:http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~e137228/kankoua3.htm

また、斎場御嶽で行われた琉球王朝の国家的な祭事には、久高島の砂を聖なる白砂として運び入れ、御嶽全体に敷きつめたことからも、久高島が“特別”だったことがわかります。

この久高島が石垣島や宮古島のように観光化されていないのも、琉球王朝時代から育まれてきた“神聖な場所”という伝統がしっかりと根付いているからで、いわば久高島は“日本最後の聖域”なのです。

久高島への行き方

久高島へのアクセスは、沖縄本島の知念安座真港から出航している定期船を利用します。知念安座真港は那覇空港から車で1時間ほどのところ。

知念安座真港から久高島の徳仁港までは、フェリーと高速船の2種類の船が出ています。フェリーを利用すれば、所要時間は20~25分。高速船なら12~15分ほど。とってもアクセスのよい離島です。

フェリーは10:00、14:00、17:30(冬季17:00)、高速船は9:00、11:30、15:30のそれぞれ1日3本出ています。料金は、フェリー片道670円・往復1280円、高速船片道760円・往復1,460円となっています。

“ニライカナイ”の対岸「イシキ浜」

久高島の東海岸にある「イシキ浜」。理想郷“ニライカナイ”の対岸にあるといわれ、島の人たちにとって特別な浜です。

4jpg

出典:http://arai-satoshi.com/?p=1571

このイシキ浜には、ニライカナイから五穀の種が入った壺が流れ着いたとの伝説が残っていて、この種子が琉球の農耕の始まりになったといわれています。

5jpg

出典:http://ritohaku.okinawastory.jp/15islands/4481/

さらに、ニライカナイの来訪神が船を停泊すると伝わる神聖な場所でもあるため、遊泳は禁止され、浜にあるものは石ひとつでも持って帰ってはいけないと決まっています。

また、伝統行事が数多く残る久高島では、ニライカナイの神々をお迎えするため、5月と10月のそれぞれ3日間ほど、イシキ浜以北の東海岸は「立入禁止」となるので、こちらもご注意を。

神“アマミキヨ”が舞い降りた「カベ―ル岬」

琉球創生の神アマミキヨが降り立った場所と伝わる、島の北東の端にある「カベ―ル岬」。岬の周辺に自生する“オキナワシャリンバイ”などの風除けの植物群落は沖縄県の天然記念物に指定されてます。

7

出典:https://jp.pinterest.com/pin/564498134523682988/

また、この神様が降臨したと伝わる岬に続く白い一本道も久高島の美しさを感じられるスポット。道の両側には“カベールの海岸植物群落”として島の人たちに大切にされている青々とした植物が生えています。

天気が良い日には、青空の下に続く白い道と、生き生きとした緑の風景が広がります。

5

出典:http://ritohaku.okinawastory.jp/15islands/4481/

神の島で泳ぎたいなら「メーギ浜」

神の島で海水浴をしたいなら、徳仁港から約400mほどの近い場所にある「メーギ浜」。対岸にある沖縄本島の知念半島の山並みを眺めながらのんびり海水浴を楽しめます。

海も急に深くなることはないので子ども連れのファミリーにも安心ビーチ。夕方には、美しい夕日を望む夕日スポットになります。

8

出典:http://co-trip.jp/article/48934/

サイクリングしながら絶景を愛でる「ロマンスロード」

島の西海岸に位置する、整備された遊歩道「ロマンスロード」。遊歩道の長さは約600mほどで、比較的細い道ですが、海風を感じながらサイクリングするのに気持ちがいいスポットです。

10

出典:http://www.asoview.com/act/nature/okinawa/are0471100/pln3000002218/

おすすめは、ロマンスロード途中の東屋付近。エメラルドグリーンとブルーのグラデーションが美しい海の絶景が広がり、ユリの花を眺めながら休めるベンチもあります。

神聖な“ガー”「やぐるがー」

「ガー」とは井戸や湧水の意味。久高島の西海岸にある「やぐるがー」は、ノロ(神女)たちが体を清めるときに使う神聖な井戸。五穀神話の伝説にもなっている神聖な場所で、五穀神話の伝説の時代から現代まで枯れることなく水が湧き出しています。

やぐるがーは、階段を降りた先にあり、青い海の絶景が広がっています。

何人たりとも入れない究極の聖地「フボ―御嶽」

「フボ―御嶽」は、沖縄本島の最高の聖地といわれる斎場御獄とともに、琉球の創世神アマミキヨが作ったといわれる琉球七大御獄のひとつ。

31jpg

出典:http://co-trip.jp/article/48934/

フボ―御嶽は、久高島一番の聖地として島民たちが代々大切にしてきた場所。草木一本、石1個すらも取ることは許されず、島民であってもノロ(神女)以外は何人たりとも立ち入ることができません。

中にはもちろん入れませんが、古くから聖地として崇められた場所の空気感を“ビシビシ”と感じることができます。

島の名物イラブー汁を食す「食事処 とくじん」

島の食堂「食事処 とくじん」は、海を見ながら食事が楽しめるグルメスポット。

メニューは島のおじーが獲ってきた、新鮮な魚やタコ、貝などの海の幸と、おばーが丁寧に育てた野菜を材料にした料理が味わえます。

中でもおすすめは久高島特産イラブー汁。

20jpg

出典:http://okinawaclip.com/ja/detail/1701

イラブーとはエラブウミヘビのことで、久高島では、イラブー漁と燻製技術が500年以上も受け継がれてきました。かつては琉球国王に献上していた特別な品で、当時の手間ひま惜しまぬ秘伝の燻製の技が今でも伝えられているので、久高島のイラブー汁は、ここでしか食べられない特別な味なのです。

一口食べれば、血の巡りが良くなり、体が温まって免疫力が高まりますよ。

このほか、島で祝い事や神事の席で食べられてきた伝統料理「ニガナ和え」や採れたての海ぶどうがたっぷり食べられる「海ぶどう丼」も自慢の逸品。

SONY DSC

出典:http://tabelog.com/okinawa/A4704/A470403/47004425/dtlrvwlst/1909523/

営業時間は11:30~22:00。冬期は早めに閉店する場合があるそう。

行く前に確認!久高島のルール

古くから神聖な島として特別な存在だった久高島は、ほかの観光地とは一線を画す島。それだけに、島で過ごすのには守るべきルールがあります。

最後に、どんなルールがあるのか確認しましょう。
1、琉球の人々が大切に守ってきた拝所などの聖地は、気軽に立ち入れない場所もあるので要確認。
2、島から石や植物、動物等を持ち帰らないように。
3、行事、神事の日はカミンチュ(神人)以外集落より北側は立ち入り禁止。
4、島を美しく守るため、持ち込んだ「もの」(ゴミとなるもの)は持ち帰るべし。
5、キャンプは指定の場所以外は厳禁。

ぜひ、島のルールを守って、素敵な久高島の旅にしてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

4963f6ecbdab94b32cb1d7278a3e51c2_s-640x330

沖縄で一度は参加してみたいお祭り12選

皆さん沖縄へ行こうと思った時、 …