Home / 沖縄ホテル / 久米島に行くなら行きたいサイプレスリゾート久米島の魅力
2jpgリゾートホテル1

久米島に行くなら行きたいサイプレスリゾート久米島の魅力

素朴な離島の雰囲気を感じ取れる「久米島」。観光名所や楽しいマリンアクティビティがいっぱい詰め込まれたこの島では、優雅なホテルステイも楽しみのひとつ。くつろぎの客室に、美味しいディナー、リゾート感溢れるプールでひと泳ぎ…そんな願いをすべて叶えてしまうのは「サイプレスリゾート久米島」。ここには優雅でくつろげる空間が広がっています。

今回は、久米島でおすすめする「サイプレスリゾート久米島」の魅力をご紹介。心ゆくまで満足できるひとときを、リゾートホテルで過ごしてみませんか?島の魅力をより感じさせてくれる、サイプレスリゾート久米島をご案内します。

スポンサードリンク

心安らぐ…サイプレスリゾート久米島の魅力

f28a4ef22a6f8563cc9588894cbe4947_s

サイプレスリゾート久米島は、特に空港からのアクセスが良く、久米島空港から車で約3分、久米島のフェリーターミナル・兼城港からは車で10分ほどの位置。サイプレスリゾート久米島の扉を開けば、リゾートタイムの始まりです。心安らぐ時間を過ごせるホテルの魅力は5つ。おすすめしたい魅力のすべてをご紹介します。

サイプレスリゾート久米島
住所:沖縄県島尻郡久米島町大原803-1
問合せ:098-985-3700

全室オーシャンビュー!極上のサンセット

8597595089218332e7bfbff9c893ed30_s

海に面して建つサイプレスリゾートは、すべてのお部屋から美しい海とサンセットの風景が楽しめる全室オーシャンビュー。どこの部屋でも約束される景色は、リゾートホテルにふさわしいものです。“スイートルーム”や“デラックスルーム”、またどなたでも快適に過ごせる“バリアフリールーム”があり、お好みによって選ぶこともできます。

5階建てのサイプレスリゾートですが、やはり上層階からの眺めを楽しみたいなら、“プレミアオーシャンビュー”がおすすめ。眼下に広がる海と、どこまでも広がる青い海を独り占めしたような気分にさせてくれます。夕暮れ時には、ぜひお部屋からのサンセットタイムを楽しんで下さい。

夏季限定!アウトドアプール

6a493f4f96df1d61ddb3a19f4eb93dcd_s

サイプレスリゾートのプールは、絵に描いたようなリゾートプール。青い空と水面に、真っ白なパラソルとチェアが映え、何もしなくとも、ただそこで過ごしたくなるような空間です。沖縄の海と同じように、遊泳期間は4月~10月。まだまだ暑さを感じる時期は、アウトドアプールで何もしない時間を過ごすのも贅沢なひととき。ちょっと優雅なひとときを、プールサイドで過ごしてみては?

ラウンジ・サイプレスカフェ

食事やカフェタイムも利用でき、大きな窓から明るい日差しが差し込む「サイプレスカフェ」。目の前に広がる大パノラマを横目に、美味しい食事に舌鼓を打つことのできる、サイプレスリゾート久米島の自慢のカフェです。もちろん、各部屋と同じように、夕暮れ時にはこちらからもサンセットを楽しめる絶景カフェでもあります。

また、サイプレスカフェの魅力は景色だけではなく、そのメニューにも自慢の逸品が。それは、久米島の名産・車海老を使った“車海老ドッグ”。かつて行われた久米島の「車海老ドッグコンテスト」で優勝したメニューです。パンからはみ出るほど車海老を豪快に詰め込み、車海老の美味しさをぎゅっと閉じ込めたような美味しさ!

久米島のサイプレスリゾートでしか味わえない車海老ドッグ、ぜひお試し下さい。

これぞ島野菜!サイプレス農園

d3cff8f72738c820083b50bc32686e22_s

サイプレスリゾート久米島のレストランで扱う野菜は、一部に自家栽培で育てた島野菜を使用しています。広い敷地の中、ひっそりと佇む「サイプレス農園」。キュウリやカリフラワー、ゴーヤにバナナピーマンなど、珍しい野菜や島野菜を育て、獲れたてで新鮮な野菜を提供しています。無農薬で安心なのも、お子様連れには嬉しいですね。

旅の癒し…炭酸泉の大浴場

2016年にオープンした大浴場は、炭酸泉を用いた広々としたお風呂。炭酸泉のお風呂は、細かい泡が肌にはりつき、血行促進の効果があるとともに、身体の芯まで温めてくれます。旅の疲れも消し去ってくれそうな大浴場は、宿泊者のみの限定サービス。大浴場が開放される早朝6時~9時には、朝の爽やかさを感じながら。16時~23時には、1日の疲れをとるリラックスタイムに最適です。

サイプレスリゾート久米島の魅力あるスポット

久米島での時間は、やっぱり魅力ある場所で過ごしたいもの。ホテルからすぐの場所で遊べるスポットや、ホテルで開催される体験アクティビティもみどころ満載です。充実した時間を過ごすなら、ご紹介するスポットやアクティビティで楽しい思い出を作ってみて下さい。大自然を肌で感じ、魅力的な久米島でのひとときを過ごしましょう。

シンリ浜

サイプレスリゾート久米島の目の前にある「シンリ浜」。どこまでも歩いて行けそうな遠浅の海は、海水浴以外でも楽しめるビーチです。なにより、ホテルから歩いていける距離が魅力的。飛行機の離発着を眺めながら、何もせず過ごすのも良い場所です。ホテルから見えるサンセットは、もちろんシンリ浜からも眺められます。

また、ビーチには珍しい“湧き水の川”があり、地下を通ってきた川の水はひんやりと心地よい冷たさ。海へと続く湧き水は、夏には心地よい涼しさをもたらしてくれます。シンリ浜へ行くなら、ぜひ探してみて下さい。

~うみあしび~

4bb2c9ce2d0f235324beda8a47abcb49_s

サイプレスリゾート久米島で予約できるマリンアクティビティは、久米島の海人(うみんちゅ)が案内してくれるプライベートボートのツアー。その体験コースは豊かで、人気のダイビング・シュノーケリングはもとより、オクノ浜・ナカノ浜への上陸ツアー、海釣り、夜中に開催される海ほたるツアーなどが満載!なにより久米島の海を知る海人のツアーだけに、安心感は絶大です。

久米島でマリンアクティビティをお考えながら、ホテルで予約のできる「うみあしび」も覗いてみて下さい。

白瀬えび獲り体験

こちらもサイプレスリゾート久米島開催の体験アクティビティのひとつ。ホテル目の前のシンリ浜では、夜中に潮が引くと、透き通るような身の“白瀬えび”が収穫できるのです。真っ暗な砂浜へ、ヘッドライトと小網を持って進むのは探検さながらの面白さ!ライトにキラリと光るえびの目を見つけたら、網で砂ごと捕獲!多いときには20匹以上も獲れるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

もちろん、獲れたえびはホテルで頂くことができますよ。

三線de沖縄伝統文化体験

77ae13bd8aa2878ba5fd09967b36945b_s

最後にご紹介するアクティビティは、沖縄の伝統文化である「三線」の体験コース。沖縄の離島では、やはり三線の音色を聴いてみたくなるもの。誰かの奏でる音色も素敵ですが、自分で三線を弾くのもまた、沖縄の良さを知る一歩。サイプレスリゾート久米島では、ホテルのラウンジで三線体験を開催しています。雨の日にチャレンジしてみるのも良いですね。

三線体験では、基礎となる三線の弾き方からしっかりレッスン。2時間しっかりとレッスンを受けたあとは、マイ三線が欲しくなってしまうかもしれません。心地よい音色を楽しんで下さいね。

久米島に行くなら魅力ある「サイプレスリゾート久米島」へ!

いかがでしたでしょうか。今回は、久米島のリゾートホテル「サイプレスリゾート久米島」の魅力をご紹介しました。知れば知るほど、泊まりたくなるサイプレスリゾート久米島。きっと久米島旅行をより良い思い出にしてくれますよ。ぜひ自分なりの楽しみ方を選んでみて下さいね。

スポンサーリンク

Check Also

6.jpgベッド

那覇に宿泊するなら泊まりたい人気ビジネスホテル5選

那覇空港からモノレールのゆいレ …