Home / 沖縄ホテル / ビーチ直結の久米島イーフビーチホテルの魅力
沖縄 離島 本島周辺 奥武島

ビーチ直結の久米島イーフビーチホテルの魅力

久米島で人気の「久米島イーフビーチホテル」。青く広がる海はすぐそこ。久米島屈指の人気ビーチの目の前という好立地であり、人気のビーチを独り占めしている気分に浸れます。しかし、「久米島イーフビーチホテル」の魅力は、これだけでは終わりません。今回は、久米島ステイを思い出豊かなものにしてくれる「久米島イーフビーチホテル」をご紹介します!

スポンサードリンク

久米島イーフビーチホテルの数々の魅力

40fc2f9d8643046bddbdb8543b2dfa7e_s

久米島のホテルランキングでも常に上位をキープする「久米島イーフビーチホテル」。たくさんの人々を魅了するワケは、ホテルの立地や、ホテルのサービスにあります。ここ、イーフビーチホテルなら、思い思いの久米島ステイが楽しめるはず。数あるホテルの魅力についてご紹介します。

久米島イーフビーチホテル
住所:沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂548
問合せ:098-985-7111

ビーチ直結!マリンレジャーに最適

11e950b6c5fbbc9f30a63f49739e3b62_s

久米島イーフビーチホテルは、“日本の渚100選”にランキング入りしている「イーフビーチ」の目の前!さらに海を見渡せる全室オーシャンビューとなっており、どの部屋からも解放感溢れる景色を堪能することができます。部屋指定をすることもなく予約ができるのも魅力です。

真下には、ホテル自慢のガーデンプールがあり、真っ白なチェアとパラソルが置かれた光景は、まさにリゾート。ガーデンプールを先に行けば、エメラルド色をした久米島の海が待っています。プールも海も同時に楽しめて、さらに楽に部屋へ戻れる贅沢。時間を気にすることのないマリンライフが楽しめます。

イーフスポーツクラブ

久米島イーフビーチホテルには、マリンスポーツクラブ「イーフスポーツクラブ」が併設!今や久米島の人気No.1スポットとなった“はての浜”へのツアーや、体験ダイビングなどを手がけています。ホテル併設のマリンショップなら、気軽に相談もできて楽々!予約が空いているかの確認も簡単にできるのが魅力です。

さらに!ここイーフスポーツクラブで開催される“はての浜ツアー”は、本当のはての浜へ連れて行ってくれる唯一のツアーです。はての浜と呼ばれる3つの砂洲は、前の浜・中の浜・はての浜に分かれています。数あるはての浜ツアーでは、前の浜や中の浜へ行くツアーであることが多く、一番先端にある本物のはての浜は、イーフスポーツクラブでしか行くことができません。

もちろん、どの浜も見渡す限り浜辺しかなく、遠くに久米島が望める絶景であることに変わりはありません。しかし、本当のはての浜へ訪れたいなら、イーフスポーツクラブから連れて行ってもらいましょう!

イーフスポーツクラブ
住所:沖縄県島尻郡久米島町字謝名堂548 久米島イーフビーチホテル内
問合せ:098-985-8733

旅の癒し。海洋深層水の大浴場

5bd7f5a6d33d13330fa4f1f32f14c5bc_s

久米島イーフビーチホテルには、久米島の海洋深層水を使った大浴場が備えられています。久米島の深海から汲み上げられた海洋深層水の成分は、お肌に優しくミネラルたっぷりのお風呂で、つるつるのお肌に。浴場から見える景色は、客室と同じくイーフビーチが広がるオーシャンビュー。解放感に浸り、疲れをゆっくりと癒してくれます。

特に、イーフビーチで遊んだあとの大浴場が人気。ビーチ直結のホテルだからこそ、海水で肌がベタベタすることもなく、すぐにお風呂に入れるのが魅力。ビーチでたっぷりと遊んだあとには、癒しの空間で心ゆくまでリラックスしてみましょう。

テラス席で優雅な朝食を…

3.jpgホテル朝食

久米島イーフビーチホテルの朝食は、やはりビーチを見渡せるレストラン。天気が良ければ、テラス席で潮風に当たりながら、リゾート感満載の優雅な朝食を頂くことができます。ついつい、いつもより多めに食べ過ぎてしまうのも、久米島の自然に抱かれながら開放的な時間を過ごせるからかもしれません。

沖縄の食材を豊富に使ったメニューが勢ぞろいする朝食は、イーフビーチホテルの自慢のひとつです。バイキングは、洋食から和食など、日替わりのメニューがずらり。特にクロワッサンなどのパンが人気で、早い時間からなくなってしまうことも。バイキングだからこそ、好きな朝食メニューを選べるのも嬉しいポイントです。

久米島の繁華街もすぐそこ!

人気のイーフビーチホテル周辺は、飲食店も多く、久米島の繁華街とも呼べるべきエリアです。久米島に2軒しかないコンビニ“ココストア”も、謝名堂の周辺に1軒あり、いざという時に使える便利さが◎。また、久米島の島人(しまんちゅ)との触れ合いも楽しめるので、朝食はホテルで、夕食は外出して頂くというのも、久米島の魅力を知るひとつの手段。

また、久米島の名産品は“車エビ”や“海ぶどう”。イーフビーチホテル周辺の飲食店でも、ほとんどのお店で車エビや海ぶどうを食べられます。久米島の新鮮な味を、ぜひたっぷりと召し上がってみて下さい。

久米島イーフビーチホテルの宿泊なら奥武島へ!

3895e0f90e34e31615df8822754bfeb0_s

奥武島(おうしま)は、久米島から0.8kmほど離れた沖合いに佇む小さな島です。沖縄では、元来人の住んでいない小さな島を「奥武島」と呼んだため、久米島だけではなく各所に「奥武島」と名の付いた島が存在しています。少し距離のある島ですが、現在は久米島から橋を渡って行くことができます。ホテルでレンタルできる自転車に乗って、サイクリング気分で訪れてみて下さい。

奥武島の畳石

269f17323cea47f04ad1090c6c867737_s

自然が創りだした芸術的な風景「奥武島の畳石」。まるでカメの甲羅のような石が1,000個以上も続く、日本や世界でも珍しい光景です。その長さは250mほど。砂浜に敷き詰められたように広がる奇石は、溶岩が冷え固まる際にヒビが入り、さらに潮の満ち引きによって平らに削り取られたものです。久米島観光では見逃せないスポットです。自然が織り成す不思議な芸術品をぜひご鑑賞下さい。

バーデハウス久米島

2004年にオープンしたバーデハウス久米島は、畳石と同じく奥武島内にある温浴施設です。2000年もの歳月をかけて、海の奥深くを巡回する“海洋深層水”を汲み取り、ドイツの温浴療法を用いたバーデプール、またサウナや、トリートメントを受けられるスパ施設などが充実。ミネラルや健康成分たっぷりの海洋深層水に浸かって、身体をリラックスさせるとともに、心もリラックスできますよ。

また、バーデハウスの嬉しいサービスは、充実したスパ施設だけではなく、無料の送迎サービスも。イーフビーチホテルからは、午前中から19時過ぎまで2~3時間毎にバーデハウスへ向かう便があり、時間を気にすることなく、ゆっくりしたひとときを過ごしたい方におすすめです。

バーデハウス久米島
住所:沖縄県島尻郡久米島町字奥武170-1
問合せ:098-985-8600
営業時間:10:00~21:00
定休日:年中無休

ビーチ直結!イーフビーチホテルで久米島を満喫

いかがでしたでしょうか。今回は、久米島でも1位2位を争う、人気の「久米島イーフビーチホテル」をご紹介しました。築30年ほど経つ歴史ある建物ですが、ホテル内は常に清掃されキレイであると評判です。ホテルの魅力は、なんと言っても目の前に広がる「イーフビーチ」!海好きの方にも、ただ水平線を眺めて穏やかな時間を過ごしたい方にもおすすめです。

久米島イーフビーチホテルでは、海洋深層水の大浴場で身体の芯までほぐし、朝食バイキングでゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。久米島で過ごす貴重な時間を、それぞれの過ごし方で楽しんでみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

83fe65ad42a45f508b8464f6ca184437_s

宜野湾でおすすめのホテル&カフェまとめ

沖縄本島中部地域を代表する街「 …