Home / 沖縄観光 / 久米島観光に行くなら宿泊してみたいおすすめホテル
sea-946858_960_720-1-1-660x330

久米島観光に行くなら宿泊してみたいおすすめホテル

沖縄諸島の中では、もっとも西に位置する島である久米島。人口は1万人弱と過疎化が進んでおり、対する面積は59.53平方キロメートル。沖縄県内では、沖縄本島、西表島、石垣島、宮古島に次いで、五番目に大きい島なんです。

ダイビング地として有名で、潜る海の青さや綺麗さなどは世界でも有数。ダイビングで見る事のできる亜熱帯の魚たちがお出迎えし、あなたに至福と安らぎ、そして非日常をプレゼントしてくれることまちがいなしです。

その美しさや優美さは、実はずっと昔からの事。沖縄県がまだ琉球王国という一つの国として栄え、貿易を行っていた時代。そんな時代から久米島は「球美の島」と呼ばれ、尊敬の対象でした。いかに、久米島が沖縄県にとって重要な地であったかわかりますね。

スポンサードリンク

美しいビーチと砂浜の久米島

南東海岸部は「日本の渚百選」にも選ばれた有名なビーチ、「イーフビーチ」があり、サンゴの亡骸でできた真っ白な砂、そしてなんと美しいコバルトブルーの砂州「ハテの浜」という世界でも有数の美しい砂浜が展開されています。ちなみに、沖縄では「ハテ」という言葉には天国という意味もあるらしいですね。

そんな美しい砂浜と海にダイビングしてみましょう。久米島の周辺には、深さ1000メートルほどもある深い海が広がっており、それに伴って、近海に集まってくる魚類の多さは熱帯魚だけにおさまりません。「ザトウクジラ」や「ジンベエザメ」といった大型の海洋生物、「イルカ」や「シュモクザメ」、「マンタ」までも見る事ができます。

まさに、天然の水族館です!我々がいつも水族館でみて「すごいなぁ。」となんとなく思っている海洋生物たちがなんと野生の姿で見る事ができるのです。海洋動物のファンたちにとっても久米島の海はまさに楽園ですね。

美味しいお魚も魅力

また、綺麗な久米島の海は「美しい魚」だけでなく、「美味しい魚」も呼び寄せます。区姪島はちょうど黒潮海流の中にあり、とっても豊かな漁場を作っているのです。久米島の坂といったらやはり、「キハダマグロ」!このマグロはマグロにしては小さい種で、引き締まった赤みが美味しいんです。

小型であるためか、許可を取れば釣りをする事も可能で、シーズン中は全国から集まってきた釣り人達が沖釣りやルアーフィッシングに勤しみます。

小さな楽園「久米島」で良いホテルに泊まろう

そんな自然豊かで、海が綺麗な久米島。まさに、日本の中の小さな楽園と言えるでしょう。せっかく、楽園に来たのですから、泊まるホテルは良いホテルにしたいものですよね!

実は、久米島には日本全国の航空会社や旅行会社が進出していて、ホテルや宿泊施設の建造を行っております。そのため、旅行者は自分の泊まるホテルを選びたい放題かつ、わがまましたい放題となっています。

良い宿泊施設を選び、楽しい楽園生活をさらに快適な物にしてみませんか?この記事では、そんな皆さんの要望に応えるべく、様々なニーズに合ったホテルを紹介していきます。

また、久米島へのアクセス方法も同時に解説していきますので、どうぞご参考にしてください。

久米島へのアクセス

ishigaki-island-1680751_960_720

久米島は沖縄本島から西になんと100キロメートルも離れています。さきほども記述した通り、沖縄諸島の中では最も西に位置する島ですからね。

周りには島もないため、まさに孤島です。全体的に山がちな地形をしており、海の町なのかなと思いきや、島の内陸の自然もかなり豊富。島内は水も豊富で、古くから沖縄の米どころとして重宝されてきました。

また、そんな豊かな水を背景にクメジマボタルと呼ばれる久米島固有のホタルや、クメジマハブと呼ばれる沖縄本土とはまた違った紋様を持つハブもいます。

観光地として名高い久米島でありますが、人口が少ないながら、年中観光客の足音が鳴りやまない地であります。そのため、島へのアクセスも比較的容易で、沖縄本島を除く、沖縄諸島の中でもかなりアクセスしやすい方だと思います。

それでは、どのようなアクセス方法があるかについてを説明していきたいと思います。

久米島の観光マップ

tracks-990442_960_720

久米島のHPに書いています。HPには久米島観光マップがPDFファイルにて公開されているので、ぜひともそこを参考にしていただければと思います。また、久米島は徒歩で移動するとなると、そこそこ大きい島ですので、レンタカーやタクシーと行った物をつかうのがおすすめです。

また、レンタカーに至っては事前に予約する事によって、久米島の空港まで来てもらえるので、空港からレンタカーに乗って移動する事も可能です。ぜひ、この予約機能は使っておきたいところですね!

久米島観光マップURL…http://www.kanko-kumejima.com/%E5%B3%B6%E3%82%92%E6%84%89%E3%81%97%E3%82%80

また、島の中には公共の町営バスもとおっているので、運転免許を持っていない方やタクシー代はすこし高いと思っている方はこういった公共設備を利用するのも良いとおもいます。

久米島バスURL...http://www.town.kumejima.okinawa.jp/sightsee/bus/timetable_airport_way.html

飛行機でのアクセス

久米島⇔那覇⇔各地といった、沖縄本島を経由して行くのには日本トランスオーシャン航空が便利です。また、他の航空便を探しても、必ず沖縄本島を経由するので、おそらく、この日本トランスオーシャン航空が最も使いやすいかなと思います。

他に、日本航空、全日空、スカイマークエアラインといった大手の航空会社も沖縄本島を経由して久米島に行く便を運航しています。おそらく、価格などが違うので、自分のお財布にあった航空券を取得しておくのをおすすめします。

船でのアクセス

沖縄本島から船でのアクセスも可能です。飛行機よりも低価格でいける分、時間はかかりますが、それでもお金には変えられないと言う方は船を使いましょう。また、船旅というのも趣があって良いですよね。

料金は大人往復で6450円、小人ですと、半額ほどになります。予約する事もできますので、念のため予約はしっかりとっておきましょう。ただし、出航の7日前からのキャンセルはキャンセル料がかかってしまうので注意が必要です。

久米島のリゾートホテル

japan-1021770_960_720

上記の通り、久米島は日本有数の楽園です。そんな楽園に来たのだから、安いホテルとか、民宿とかではなくて、高級感あふれるリゾートホテルに泊まりたい!っという人が多くいるかもしれません。ご安心ください。久米島には、各航空会社が作った自慢のリゾートホテルがいくつも乱立しています。

リゾートホテルは他の民宿や格安のビジネスホテルに比べると、決して安いとは言えません。しかし、だからといって高すぎる!なんて事もありません。また、せっかくのリゾートなんですから、少しくらいお金をはたいてでも良いホテルに泊まった方が思い出に残るかもしれませんね。

また、どのリゾートホテルも出したお金分以上の満足度を提供してくれるので、絶対に後悔はしないはずです。

その満足度と各ホテルの実力の背景はやはり、様々な航空会社が多数進出している事からでしょうか。どのホテルも、他の会社のホテル、もしくは同じ会社でも別のホテルにお客さんを取られたり、他のホテルに業務成績が負けていたら困ります。そのため、必死になってサービスを提供するわけです。

そんな久米島のホテルたちを選定して、選ぶ審査員はあなたです。さて、ここでは、そんな久米島のリゾートホテルを幾つか紹介します。久米島には、まだまだたくさんのリゾートホテルがありますので、どうぞ他のサイトからもチェックをしてみてくださいね。

良いホテル選びは良い旅行を作ります。絶対に公開しないホテル選びのお手伝いをさせていただきます。

サイプレスリゾート久米島

周囲には癒しの観光地がいっぱいで、究極の癒しを提供するという事を目標にしている当ホテル。ホテルの中にはプールがあり、まさに漫画で見るようなリゾートホテルを体現しています。

久米島イーフビーチホテル

世界でもっとも綺麗だといわれているイーフビーチに位置するこのホテル。立地条件からすると、久米島でも随一かもしれません。イーフビーチという美しい砂浜を枕に、どうぞごゆっくり!

リゾートホテル 久米アイランド

こちらもイーフビーチから徒歩1分のところにあり、アクセスが非常に便利になっています。また、ハテの浜までにツアーもホテル独自に組んだりしており、旅行客にとっては嬉しい事だらけですね。

久米島の格安ホテル・民宿

manza-mo-1153089_960_720

「リゾートホテル?高級ホテル?食べて寝るだけなのに、そんなのにお金は使ってられない!」そう言う人もいるでしょう。おそらく、サークル旅行なんかできた大学生にそう言う方は多いのではないでしょうか。とっても気持ちは分かります。若者にとってはホテルなんてそういう認識しかないですよね。当の筆者もそうです(笑)

確かに、少しお金を出して、高いホテルやリゾートホテルに泊まるのも良いでしょう。ですが、それによって後のプランにお金を費やせないなんていう本末転倒な自体はぜひとも避けたいところですよね。

久米島には様々な観光地があります。一日、二日でそれらを回ろうとおもうと、レンタカーが必要になり、そのお金もいります。また、車に乗るためのガソリン代も必要になってきますね。

各観光地においての公共施設は施設保存のため、入館料や使用料を取っているところも多く見受けられます。砂浜での乗馬体験やシーサー作りなんか、ぜひともやっておきたいですよね。

また、ダイビングに至っては、様々な業者が行っておりますが、体験ダビング90分コースで最も低下価格は5500円とかなり高い。また、もっとも高い者ですと、体験井便具だけで20000円弱もかかるなんてこともざらにあります。もちろん、お金を払う分だけのすごく良い経験や感動を与えてくれますが、大学生にとっては「値段が高い」と言わざるを得ませんね。

でも、せっかく久米島に来たんだから、上記の事はなるべく全部スケジュールに詰め込んで、体験して欲しいところです。せっかく来たんですからね!きっと、久米島の島民たちもそう願っているはずです。過疎化が進み、観光業で成り立っている久米島にぜひともお金を落としてあげてください。

そうなると、やはり予算で見直すべきは宿泊施設ですよね。久米島はリゾート地として開発され、一見リゾートホテルといったような高級ホテルしかないかと思われますが、しっかりと格安のホテルや島民が自ら営んでいるような民宿なんかもたくさんあります。

「ホテルは寝るだけ!」と割り切れる人にとっては、ホテル代を節約するのは今後の久米島観光をさらに充実した良い物にするのには打ってつけの節約項目になるでしょう。ぜひとも、がんがん節約しちゃってください!

また、こういった格安のホテルや民宿などは安いからと言って、決してサービスが緩慢なわけではありません。お金を払っている分、最低限の事は絶対にしてくれますし、要望にも応えてくれます。ぜひ、その時はお気軽にスタッフに相談してみてください。

また、安い民宿の良い所は多数ある民宿ごとに食事やお部屋、サービス方法に特色があり、リゾートホテルでは味わえないアットホームな感覚を味わう事ができます。

安くはしたいけれど、なるべく評価の良いホテル・民宿に泊まりたいものですよね。そんなわがままなあなたのために、良い宿泊施設を厳選してみました。

どうぞ、この中から選んでみてください!

ホテルマリンテラス久米島

ダイビングをする人に向けたサービスが超充実しています。イーフビーチから徒歩1分の所にあり、アクセスも非常に便利。また、各航空会社が航空便とのセット券を発売しており、HPからチェックしてみてください。

ホテルガーデンヒルズ

安いわりには、部屋がかなり広く、ゆったりとする事ができます。また、大物のキハダマグロ釣りといったような感動的自然体験の提供も行っています。

民宿 なんくるないさぁ

ゆっくりとした時の流れを感じたいかたはこの民宿がおすすめ。名前もすぐに覚えられそうですね!(笑)

スタッフは心優しい人ばかりで、おもてなしも良好です。徒歩五分圏内にコンビニがあるのもまた便利で、プラスポイントですね。いざと言う時に困らずに済みます。

民宿シーサイドハウス ジュゴン

イーフビーチからのアクセスが便利で、周りにはお食事処がいくつもあります。レンタサイクルも行っているので、自転車好きの方は自転車を借りて島内を散策するのも良いですね。

民宿ふくぎ荘

一泊3240円~泊まる事もできる島内屈指の低価格民宿。チェックインは14:00からと他の宿泊施設よりも早く、便利です。外装は一見ふるくさいように見えますが、中は清潔ですので、ご安心ください!

スポンサーリンク

Check Also

evening-1723553_960_720-660x330

久米島を味わい尽くすおすすめ観光スポットと魅力

日本最南端の県、沖縄。ゴーヤチ …