Home / 沖縄観光 / 沖縄から車で行ける離島の魅力と観光名所
564eb20bc66e518729b1105108cdd30b_s

沖縄から車で行ける離島の魅力と観光名所

自然豊かな沖縄本島も素敵な場所ですが、沖縄には魅力的な離島も数多く存在しています。人口も少なく人の手も必要以上に加えられていない場所が多いので、穴場の観光スポットとしておすすめ。

絶景を見たりマリンスポーツを楽しんだりと、贅沢に離島の時間を楽しんじゃいましょう。

スポンサードリンク

離島なのに車で行けるの?

da1a488abc1956c9bac8665fd13d9385_s

一般的に離島といえば、交通手段は船か飛行機。人気スポットの石垣島や竹富島がある八重山諸島は石垣島まで飛行機で移動し、渡嘉敷島や座間味島がある慶良間諸島までは船で移動するのがほとんどです。

しかし限られた時間の中では船の移動時間や飛行機の手続きの時間が勿体無く感じてしまい、なおかつ移動費もそこまで安くはないために泣く泣く諦めた経験もあるのではないでしょうか。

そんな時におすすめなのが本島から車で行くことのできる離島です。

もともとは船でしか行けなかった場所へ、橋が整備されたことでより快適にアクセスできるようになったのです。

瀬底島

瀬底島は国頭郡本部町にある、面積がおよそ3㎢ほどの小さな島。

名護から本数は少ないもののバスも通っているので、島内を自転車で回ることも可能です。

有名な瀬底ビーチは抜群の透明度で、鮮やかな熱帯魚とともに泳ぐことができます。

綺麗な夕日を見られるスポットとしても有名で、海で遊んだ後もゆっくり沈む太陽を見ながら離島ならではのゆったりのんびりとした雰囲気を味わうのもいいですね。

集落は沖縄特有の赤い瓦と門の上にシーサーを見ることができ、那覇から2時間で日帰りもできる癒しスポットとして人気を集めています。

もちろん島内に民宿もあるので、瀬底島に滞在しながらくつろぐこともできます。

屋我地島

21e07d25d91a435b8826d818728b04da_s

屋我地島は沖縄の北部にあり、本島と屋我地大橋で繋がっています。

屋我・我部・済井出・饒平名・運天原という5つの集落があり、あまり観光地化されていない島なので人々のリアルな暮らしの風景が広がっています。

道の両脇には広大なサトウキビ畑が続き、海へと続く細い路地を進めば、そこはまるでプライベートビーチのような光景。

島の入り口付近にある屋我地ビーチは地元の人から観光客まで幅広く愛されており、キャンプやバンガローといった施設も充実しています。

このビーチでは干潮時にしか現れない「縁結びの道」というものがあり、カップルたちの隠れた人気スポットになっています。

古宇利島

1486b7a5d487c5204d3bfcc20652bc20_s

車でいける離島として常に上位の人気誇る離島が、ここ古宇利島です。

本島から屋我地島を通り、古宇利島までは全長1960mの古宇利大橋で繋がっています。

初めて通る際には、視界に広がる素晴らしい光景に目を奪われること間違いなしです。(運転手さんは我慢して!)

まるで海の上を走っているようにまっすぐ続く古宇利大橋は、開通当初から大きな話題になりました。

橋の上で駐車することはできませんが、渡り切ってから駐車場に停めて歩くことができるのでおすすめです。

古宇利島にはCMやドラマで使われた有名なビーチもあり、中でも角度によってハート型の岩が見えるティーヌ浜は家族連れからカップルまで連日多くの人たちが訪れています。

島内を一周してみるとお洒落なカフェもあるので、綺麗な海を見ながらの休憩はいかがでしょうか。

宮城島

564eb20bc66e518729b1105108cdd30b_s

宮城島は沖縄本島の与勝半島から海中道路を通った先、平安座島と伊計島の間にある離島です。

宮城島周辺の海には沖縄南部から伊計島まで美しいサンゴ礁が並び、エメラルドグリーンと深いブルーの色合いから絶景スポットとしても口コミで人気が広がっています。

ぬちうなーという沖縄の綺麗な海から塩を作る工場の敷地内に「果報バンタ」と言われる場所があり、断崖絶壁からの光景はまさに絶景の名に相応しいものです。

吸い込まれそうな崖に足がすくみますが、この景色は一度見る価値ありです。

このぬちまーす工場にはレストランやお土産ショップも併設されており、工場見学も無料なので果報バンタと合わせておすすめです。

伊計島

f482a693b0c7b97d30d897463b249fa9_s

伊計島は宮城島の次にあり、面積は1.72㎢ととても小さな離島です。

島内にはただただサトウキビ畑が広がり、特にこれといった目立つポイントがない場所ではありますが、これがまた島本来の雰囲気を感じられる貴重な場所なのです。

伊計島周辺のビーチはとても透明度が高く、本島や他の離島のビーチに比べて訪れる人も少ないためプライベート感を味わいながら贅沢に過ごすことができるのも魅力の一つ。

民家の周辺は路地が狭く、フクギの並木が広がっている場所もあるので車を止めて歩いてみるのも良いかもしれませんね。

浜比嘉島

浜比嘉島は古くより神々の住む島と言われており、島内にリゾートホテルができたことにより観光客が増加しました。

昔ながらの沖縄らしい赤い瓦の建物も多く、映画やドラマのロケ地として使用されることもあります。

浜比嘉島には伝統的な行事や催事が年間を通して開催され、五穀豊穣や子宝を願うものなど県外からも多くの人々が祈りを捧げる聖地として訪れています。

また浜比嘉島は県内有数のもずくの産地であり、ピークとなる5月前後に訪れれば生もずくを頂けることも。

島自体がパワースポットと言われていますが、中でもアマミチュー(子孫繁栄・五穀豊穣など)とシルミチュー(子宝を授かる聖域)というポイントが代表的です。

瀬長島

瀬長島は那覇空港から車でおよそ15分とアクセスしやすく、空港から一番近い離島と言われています。

ここには2015年に「瀬長島ウミカジテラス」という複合商業施設が誕生し、離島ならではの癒しはもちろん、沖縄らしさを感じられるレストランから地元の人々に愛される娯楽施設まで満足度の高いスポットとなっています。

また空港が近いので離着陸する飛行機を間近で見ることができ、広がる真っ白な砂浜と美しい海、そこに迫力ある飛行機が入る瞬間を写真に収めようと夕暮れ時には賑わいをみせています。

沖縄のレンタカー事情

42ba9b37ab33501cd91f53a657fe4ed0_s

沖縄には空港から首里までの間にゆいレールというモノレールが運行していますが、それ以外の地区では自家用車の他、タクシーかバスの移動に限られてしまいます。

観光タクシーの利用は1日トータルすると結構な額になってしまいますし、バスはあまり本数のない路線も少なくありません。

目的別のツアーも豊富に用意されていますが、時間の有効活用と費用を抑えたいのであればレンタカーがおすすめです。

沖縄は公共交通機関が少ない分、日常生活においても車での移動が主流です。

そのため自動車販売会社やレンタカー会社の数はかなり豊富です。夏のシーズン真っ只中には早めの予約が必要ですが、全国展開の王手レンタカー会社から沖縄のみで運営をしているローカルなものまであるので基本的には焦って探さなくとも余裕があります。

貸し出しの時間数時間から数日、ガソリン代も別途必要なものと込みなものなどさまざまなプランが用意されているので、よく把握した上で予約をしましょう。

まとめ

本島から橋で繋がり、車でいける離島はまだ他にもありますが人気の一部の島をご紹介しました。

離島めぐりのドライブコースを回りながら、各島々の特徴を比べてみるのも楽しそうですね。

浅瀬の海で遊ぶならここ、シュノーケルをするならここ、ダイビングはこの島で、景色を見るのはここ!そんな自分だけのお気に入りを見つけるのも旅の醍醐味です。

周りが海で囲まれているために時間帯によって見える景色も異なり、同じ島でも早朝の澄んだ空気の中で見る海や夕日に照らされたロマンティックな光景など、いくつもの表情を楽しむことができます。

ぜひあなただけのお気に入りの離島を見つけてみてください。

スポンサーリンク

Check Also

4963f6ecbdab94b32cb1d7278a3e51c2_s-640x330

沖縄で一度は参加してみたいお祭り12選

皆さん沖縄へ行こうと思った時、 …