Home / 沖縄グルメ / 沖縄の高級魚「ミーバイ」を食すべし!!
1

沖縄の高級魚「ミーバイ」を食すべし!!

沖縄で魚市場や海産居酒屋を訪れると、南国特有のカラフルな魚が店頭で並べられている光景をよく見かけます。

その光景を見たとき、「観賞用としては良いけど、こんなカラフルな魚、本当に食べられるの?美味しいの?」と思っていたのは私だけでしょうか?いや、同じような感情を抱く方もいるでしょう。

そんな方にぜひ食べていただきたいのが、「ミーバイ」という魚です。地元に方に「沖縄で美味しい魚は何?」とたずねると、多くの方が口を揃えて「ミーバイ」と答えるはずです。

今回、そんなミーバイの美味しい食べ方や、ミーバイが食べられるおすすめの沖縄のお店をご紹介いたします。

スポンサードリンク

ミーバイはハタ類の魚のこと

2

「ミーバイ」とは沖縄の方言で、ハタ類の魚の総称を意味します。透き通るように綺麗な沖縄の海には、約50種類のミーバイが生息していると言われています。

カジンミーバイやイシミーバイ、アーラミーバイなど、それぞれ種類によって呼び方が変わります。地元スーパーや魚市場に行くと、ミーバイと方言で売られているほど、地元の食卓に浸透した魚です。刺身をはじめ、煮ても、焼いてもあら汁にしても美味しくいただけます。

旬の時期

ミーバイは、ハタ類の総称名であるため種類によって旬は異なります。しかしどの種類のミーバイも年中を通して美味しくいただけます。

沖縄三大高級魚

沖縄の三大高級魚と言えば、アカジンミーバイ(スジアラ)とアカマチ(ハマダイ)、マクブー(シロクラベラ)の3種類です。獲れる本数も少なく市場では高値で取引されており、漁師ですら食べることが少ないと言われています。

最強の旨さ「アカジンミーバイ」

沖縄の三大高級魚の中でも、極めて美味しいと言われているのがアカジンミーバイです。アカジンのアカは赤、ジンは沖縄の方言で金属やお金のことです。

「赤くてお金(ジン)になる」という意味合いから名付けられたという一説もあります。赤褐色の体には無数の青い斑点があるのが特徴です。体長は大きいもので1メートルにもなると言われています。

本土ではあまり知られてはいないですが、同じハタ化の高級魚「クエ」や「アラ」と同じような上品な甘みを持った魚です。

ミーバイの美味しい食べ方5選

3

ミーバイは、お刺身や煮付け、鍋やしゃぶしゃぶなどの和食はもちろんのこと、ムニエル、ソテーなどの洋風から中華蒸しまで色々な料理法に合わせて食すことができる万能な食材です。その中でもオススメなミーバイの美味しい食べ方をご紹介します。

上品なうまみを活かした刺身

適度に脂ののった白身の刺身です。もっちりとした弾力のある食感に淡白ながらも、じっくりと味わえば味合うほど、濃厚な旨味が口の中に広がります。特に皮と身の間に旨味の成分が凝縮しているため、皮つきの刺身で食べることをオススメします。

醤油にわさびをつけて食べるはもちろんのこと、湯引いてポン酢で食べるとカルパッチョ風のさっぱりとした味わいが楽しめます。

4

激ウマな出汁を使った煮つけ

ミーバイの出汁とほんのり甘い醤油ベースの煮汁が上手く調和し、ミーバイの白身に深く浸透し、美味しくいただけます。しっかりと味の染み込んだ煮付けの汁は、ご飯がすすみます。

王道の「ミーバイ鍋」

高級料理で有名なクエ鍋のクエと同じくミーバイも、同じハタ科の魚です。クエ鍋ならずともミーバイ鍋も絶品です。巨大な頭部には、旨味が凝縮されているためそのまま鍋にいれると、最高に贅沢な味わいが楽しめます。

レアで美味しくしゃぶしゃぶ

ミーバイのしゃぶしゃぶは、ミーバイのぷりぷりとした食感と上品な旨味を味わうのには、ベストな料理方法です。ミーバイを鰹の出し汁に軽くくぐらせて食べると素材の味をしっかりと堪能することができます。濃い味がお好みの方はポン酢で食べることをおすすめします。

うま味を全身で感じるあら汁

ミーバイのあら汁は、沖縄の伝統的な食べ方です。ミーバイの出汁と味噌がベストマッチ。素朴な味わいながらもミーバイの旨味を十分に味わえます。

ミーバイが食べられる現地のおすすめショップリスト4選

沖縄でミーバイを食べることのできる、お店をご紹介いたします。

海鮮居酒屋 ちゅらさん亭

沖縄の新鮮な魚介類と泡盛古酒が楽しめます。「これぞ沖縄!」と思える店内には、座敷と掘りごたつの席がありアットホームな雰囲気で料理を楽しむことができます。観光客だけでなく地元の人も足繁く通う人気の名店です。

海鮮居酒屋 ちゅらさん亭へのアクセス

住所:沖縄県那覇市東町5-15
ゆいレール旭橋駅 徒歩3分
ゆいレール県庁前駅 徒歩6分

TEL :098-861-0476

海鮮居酒屋 ちゅらさん亭のおすすめ料理

ちゅらさん亭のおすすめミーバイ料理は、「セミ海老とアーラミーバイの天ぷら」です。沖縄の天ぷらは、本土の天ぷらと違い、衣が分厚く味がしっかりとついています。一緒にでてくるポン酢をつけるとさっぱりとした味わいを楽しむことができます。

沖縄料理 ちぬまん国際通り牧志店

観光で有名な国際通りにあります。店内には毎日開催される島唄ライブが響き渡り、歌と料理を満喫することができます。お酒も豊富に取り揃えており、泡盛好きにはたまらない沖縄料理店です。

沖縄料理 ちぬまん国際通り牧志店へのアクセス

住所:沖縄県那覇市牧志1-2-26
国際通り松尾交差点を安里向けに徒歩1分

TEL :050-5831-5502

沖縄料理 ちぬまん国際通り牧志店のおすすめ料理

ちぬまんのおすすめミーバイ料理は、「活ミーバイづくし」。沖縄県産のミーバイをふんだんに使ったコース料理です。色々なミーバイ料理を一気に堪能したい方には、ぜひおすすめです。ミーバイのお刺身やにぎり、しゃぶしゃぶ 、あら煮、アラ潮汁などミーバイのオンパレードを楽しめます。

ひとし本店

観光客はもちろん地元に方で賑わっている、石垣では超人気の居酒屋です。マグロ専門店となっていますが、地元産のお魚はどれも絶品。いつ行っても満席のため事前に予約して行くことをおすすめします。

ひとし本店へのアクセス

住所:沖縄県石垣市 石垣島新栄町15-8
新石垣空港からお店までの距離約15km

TEL :098-083-9610

ひとし本店のおすすめ料理

ひとし本店のおすすめミーバイ料理は、「ミーバイのマース煮」。マースとは沖縄の方言で塩のこと。地元の方が、ミーバイを食べる際に、好まれる料理法です。味付けは塩とミーバイの出汁のみ。ミーバイそのものの旨みを堪能できます。

沖縄海鮮 たらじさびら

糸満漁港であがったばかりの新鮮な魚を、食べることのできるお店です。1階が鮮魚店で、2階が「たらじさびら」になっています。店内は明るく店の中央には、大きな水槽があります。料理だけでなくお魚の観賞を楽しむことができます。

沖縄海鮮 たらじさびらへのアクセス

住所 :沖縄県糸満市西崎6-18-5 2F
那覇空港からお店までの距離約9km
沖縄サザンビーチホテルから車で5分
TEL  :098-987-1265

沖縄海鮮 たらじさびらのおすすめ料理

たらじさびらのおすすめミーバイ料理は、「ミーバイのバター焼き定食」です。ミーバイの温かい出汁がバターに溶け合い絶妙なソースになっています。ガーリックチップのスパイスが効いています。骨はからっと揚げられ、骨まで食べることができます。

まとめ

5

いかがでしたでしょうか?沖縄では、本土でなかなか食べることできない魚を味わうことできます。高級魚であるミーバイもその中の一つ。

南国特有の色鮮やか魚は、見ると楽しい、食べると美味しい魚ばかりです。本土では滅多に食べることのできない高級魚のミーバイを含め、沖縄に訪れる際はぜひ食してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

Check Also

cb9ec54c1a1b1c43f7fc9d9bdf5e33e3_s

雨でも楽しめる「沖縄アウトレットモールあしびなー」の魅力に迫る!

沖縄本島南部、豊見城市(とみぐ …