Home / 沖縄グルメ / 沖縄でアメリカを感じる美浜アメリカンビレッジを120%楽しむ方法をご紹介

沖縄でアメリカを感じる美浜アメリカンビレッジを120%楽しむ方法をご紹介

那覇空港から車で約40分。沖縄本島中南部、北谷(ちゃたん)町美浜の海沿いに建つ人気の観光スポット「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」。

もともと米軍基地だったという東京ドーム約5個分の広大なエリアには、“ファッション”、“グルメ”“音楽”など若者に人気のお店が所せましと立ち並び、見て・食べて・遊んで楽しい、アメリカと沖縄が融合した都市型リゾートとなっています。

シンボルとなっている地上60mの大きな観覧車は、北谷町の街と海が一望できる“ビュー”スポットでもあり、海に沈む夕日をここから眺めるのもロマンチックです。

今回は、そんな見どころ、遊びどころたくさんな「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」略して「美浜アメリカンビレッジ」についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」ってどんなところなの?

「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」とは

沖縄本島の中部に位置する北谷町の「美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジ」。広さはなんと東京ドーム約5個分!地上60mの「アメリカンビレッジ」のシンボルとなっている大きな観覧車(「SKYMAX60」)が目印のこのエリアには、リゾートホテル、サンセットビーチ、沖縄音楽のライブハウス、グルメ、アメリカ雑貨&古着のショップなどが立ち並び、“アメリカン”な雰囲気が漂っています。

【住所】沖縄県中頭郡北谷町字美浜16-2 

営業時間や定休日

年中無休、営業時間10:00~21:00※店舗により異なる。

駐車場やアクセス情報

那覇空港から車で約45分。約1,500台の無料公共駐車場(北谷町営駐車場)あり。ビレッジ内にも店舗利用者向けに10数か所の駐車場あり。

美浜アメリカンビレッジのおすすめショップ

アメリカンデポ

美浜アメリカンビレッジを代表するショップが「アメリカンデポ」。“アメリカ”にこだわったインポートセレクトのお店で、2階は沖縄県内最大規模を誇る古着屋としても有名です。

アメリカだけでなくヨーロッパから直輸入したヴィンテージ物、ミリタリーグッズ、アーティスト系のT―シャツ、ブーツやバッグなどの小物のまで、幅広いアイテムが揃っています。

<アメリカンデポ>
【営業時間】10:00~21:00

RANCH

思わず「かわいい!」と言いたくなるオリジナルTシャツのお店「RANCH(ランチ)」。

“ヘタうま”で“ほっこり”するデザインのTシャツや沖縄パロディTシャツ、子ども用のカワイイ洋服、トートバッグキャップ、缶バッチ、ストラップといったオリジナルグッズを販売しています。家族みんなで楽しめるファッションなので、沖縄旅行の記念に、家族でお揃いのアイテムを買ってみるのも良いでしょう。

<RANCH>
【営業時間】10:00~22:00

美浜アメリカンビレッジ のおすすめカフェ

ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA

アメリカ西海岸に来た気分になれるコーヒースタンド「ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA」。アメリカンビレッジ内のオーシャンフロントに建つ「ディストーション シーサイドビル」にあります。、アメリカならぬ、“沖縄”西海岸の美しい海を望みながらこだわりのコーヒーがいただけます。お店は沖縄発のコーヒースタンドです。

店内には、オーナーのセンスの光る、オレゴン州ポートランドから直接買い付けたというインテリアや雑貨が並び、とっても“フォトジェニック”な空間に仕上がっています。

<ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA>
【営業時間】9:00~日没まで

Seasaide Cafe Hanon

美浜の海を眺めながら、“ふわふわ”パンケーキとコーヒーをいただける「Seasaide Cafe Hanon (ハノン)」。アメリカンビレッジの中のいちばん海よりの場所、オークファッションビル内にあります。テラス席からは北谷サンセットビーチの海を一望できる素敵な場所です。

白と青を基調としたさわやかなデザインの店内は、エーゲ海に浮かぶ“サントリーニ島”をイメージしていて、まさに、外国に来たような気分になれるおでゃれカフェです。

メニューの主役はオーダーを聞いてから作り始める“パンケーキ”。チョコチップを生地に混ぜ込んだものや、フレンチトースト風に仕上げた“ふわサクッ”パンケーキ、自家製アイスクリームをトッピングしたものなど、デザート系からお食事系まで10種類以上揃っています。

ひきたてのコーヒー、しぼりたてのフレッシュジュース、海風を感じながらいただいてください。

<ZHYVAGO COFFEE WORKS OKINAWA>
【営業時間】11:00~20:00 休日は8:00からOPEN 月曜日定休

ブルーシール デポアイランド店

沖縄を代表するスイーツといえば忘れてはいけない「ブルーシール」。アメリカ発で、沖縄育ち!それがブルーシールアイスクリームです。こちらは、フランチャイズ店ではなく直営店となります。デポアイランドビルD館にあります。

アイスだけでなく、ソフトクリームやクレープ、パフェ、フローズンシェイク、タピオカドリンク、勢ぞろいです。フレーバーも沖縄らしさ満載で、ちんすこうや紅芋、マンゴーなど色とりどりのキュートな“沖縄の味”が揃っています。夜は23:00までやっているので、夜景を見ながらの散歩の“お供”にするのも良いでしょう。

<ブルーシール デポアイランド店>
【営業時間】11:00~23:00(~20:00の時短営業あり)

アメリカンビレッジのおすすめグルメ

TACOS CAFE Taco Loco

本場メキシコのタコスを堪能できるお店が「TACOS CAFE Taco Loco」。アメリカンビレッジB棟にあります。

具材を包むトルティーヤは一枚ずつ丁寧な手作り。タコスの本場メキシコから直輸入した香辛料にじっくり浸け、グリルで焼いたメキシカンミートとたっぷりの野菜とともに頂きます。一口食べれば、気分はメキシコ旅行をしているようです。

<TACOS CAFE Taco Loco>
【営業時間】12:00~20:00

カフェ&レストラン デポズガーデン

アメリカン、イタリアン、さらに、沖縄がチャンプルーしたお店「カフェ&レストラン デポズガーデン」。アメリカンデポ C棟 にあります。

地元の食材を使ったカレーやパスタ、ハンバーグステーキなどボリューム満点のメニューがいただけます。手作りスイーツも人気です。

<カフェ&レストラン デポズガーデン>
【営業時間】11:30~22:00

カフェレストラン&バー ダブルデッカー

アメリカンビレッジの中で、イギリスを感じられる「カフェレストラン&バー ダブルデッカー」。シーサイドスクエアの1階にあります。

お店のシンボルはイギリス・ロンドンからやってきた2階建てバス。200種類以上のカクテルと、沖縄県産食材にこだわった洋食中心の料理。

中でもおすすめは、ロンドンっ子ぽく「フィッシュ&チップス」、地元北谷で毎年開催されている北谷グルメバトル、“C-1グルメバトル”で グランプリを受賞した「石垣牛の煮込みハンバーグ」です。

<カフェレストラン&バー ダブルデッカー>
【営業時間】17:00~翌2:00 定休日:基本水曜日

アメリカンビレッジのその他おすすめ

ボクネン美術館

沖縄を代表する、版画で有名なアーチスト名嘉睦稔(なかぼくねん)氏の作品が鑑賞できる「ボクネン美術館」。美術館の建物自体も睦稔氏がプロデュースした個性的な作品となっています。

AKARAエリアにあり、展望台からは東シナ海が一望できます。

<ボクネン美術館>
【営業時間】11:00~20:00

サンセットビーチの夕焼け

アメリカンビレッジの人気スポットとして外せないのが「サンセットビーチ」。その名のとおり、夕日の美しいビーチです。「ザ・ビーチタワー沖縄」をはじめ、アメリカンビレッジ内のホテルは、サンセットビーチを囲うように建っています。夕方だけでなく、空気がよりきれいな朝もおすすめ。空の色が刻一刻と変化する日の出前のビーチを散歩するのも最高です。

夕日をみるなら、巨大観覧車も人気。
北谷町の街と東シナ海が一望できるので、1周約15分の観覧車にのって、プライベートな空間で夕日を大切な人と眺めれば、沖縄旅行のいい思い出になるでしょう。

カラハーイ

沖縄音楽を代表するりんけんバンドなど沖縄音楽のライブと沖縄料理が楽しめる「カラハーイ」。家族みんなで楽しめるライブハウスです。りんけんバンドが登場するのは毎週土曜日、クライマックスは観客も一緒に踊って楽しむカチャーシータイムです。

まとめ

いいかがでしたか?沖縄と同時にアメリカを感じられる人気の観光スポット「美浜アメリカンビレッジ」。夜になるとシンボルでもある巨大観覧車のイルミネーションがロマンチックな雰囲気を演出してくれます。

もちろん、昼間に訪れるのもいいですが、サンセットビーチの夕日とあわせて、夕方から夜のデートコースにチョイスするのも“アリ”です。

スポンサーリンク

Check Also

【世界一美味しいパンケーキ】沖縄で食す!ハワイアンパンケーキハウス「パニラニ」

パンケーキブームが続く中、沖縄 …