Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 宮古島への飛行機でのアクセス方法と就航航空会社一覧

宮古島への飛行機でのアクセス方法と就航航空会社一覧

日本にいながら南国リゾートを満喫できる沖縄の離島、宮古島。美しい宮古ブルーの海と緑豊かな自然、ゆったりと流れる時間を求めて、国内外から多くの観光客が訪れます。

貴重な休みを宮古島で最大限に過ごしたいなら、直行便を利用するのがベスト。宮古島への直行便は日本トランスオーシャン航空(JTA)と全日本空輸(ANA)が1日1往復運航しています。

また、2019年3月にオープンしたばかりの「みやこ下地島空港」には、LCCのジェットスター航空と香港エクスプレス航空による直行便の運航がはじまり、その注目度は急上昇中!

本記事では、宮古島への直行便や直行便を運航する航空会社の情報など、詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

宮古島への飛行機でのアクセス方法

宮古島の位置は、沖縄本島の南西約300km。

沖縄本島からもかなり離れた「宮古空港」へのアクセス方法は、「羽田空港」「関西空港」「中部空港」などからの直行便、もしくは沖縄本島の「那覇空港」経由で「宮古空港」にアクセスする2通りの方法があります。

また、2019年3月に下地島に開業した「みやこ下地島空港」へは、LCCのジェットスター航空が「成田空港」「関西空港」から直行便を運航しています。

宮古空港へ直行便で行く方法

宮古島の空の玄関口、「宮古空港」への直行便は、日本トランスオーシャン航空(JTA)、全日本空輸(ANA)の2社が運航しています。

時期によって便数の変動等はありますが、JTAは、「羽田空港」から1日1往復、ANAは、「羽田空港」「関西空港」「中部空港」から1日1往復、直行便を運航しています。

また、ANAは、「福岡空港」からの直行便を季節運航(6月~10月)しています。

  • 日本トランスオーシャン航空(JTA)「羽田空港」⇔「宮古空港」1日1往復
  • 全日本空輸(ANA)「羽田空港」「関西空港」「中部空港」「福岡空港※季節運航」⇔「宮古空港」1日1往復

那覇空港経由で宮古空港へ行く方法

宮古島へのもうひとつのアクセス方法。那覇空港を経由して宮古島へアクセスする場合、利用可能な航空会社は、JTA、ANA、琉球エアーコミューター(RAC)の3社。

時期によって便数等の変動はありますが、JTAは「那覇空港⇔宮古空港」を1日8往復、ANAは1日6往復、RACは1日1往復運航しています。

  • 日本トランスオーシャン航空(JTA)「那覇空港」⇔「宮古空港」1日8往復
  • 全日本空輸(ANA)「那覇空港」⇔「宮古空港」1日6往復
  • 琉球エアーコミューター(RAC)「那覇空港」⇔「宮古空港」1日1往復

宮古島へ飛行機が就航している航空会社と経路・時刻表

宮古島へ飛行機でアクセスする際、利用することになる航空会社とフライトスケジュールについて詳しくご紹介しましょう。

日本トランスオーシャン航空(JALグループ)

宮古島⇔羽田の直行便を1日1往復運航している日本トランスオーシャン航空(JTA)。

「羽田空港」⇔「宮古空港」の直行便のフライトスケジュールは、羽田空港06:40発→宮古空港9:35着/宮古空港19:45発→羽田空港22:25着。

また、JTAは「那覇空港」と「宮古空港」間を1日8往復していて、それぞれのフライトスケジュールは以下のとおりです。※時刻は時期によって変動あり。

・「那覇空港」→「宮古空港」

07:25発→08:15着/10:30発→11:20着/11:45発→12:35着/14:25発→15:15着/15:15発→16:10着/16:15発→17:05着/17:20発→18:10着/18:15発→19:05着

・「宮古空港」→「那覇空港」

08:55発→09:45着/10:20発→11:15着/12:00発→12:50着/13:15発→14:10着/15:55発→16:45着/16:45発→17:35着/17:45発→18:35着/18:50発→19:40着

全日本空輸(ANA)

宮古島への直行便を「羽田空港」「関西国際空港」「中部国際空港」「福岡空港※季節運航」からそれぞれ1日1往復運航している全日本空輸(ANA)のフライトスケジュールは、

・「羽田空港」⇔「宮古空港」
羽田空港11:50発→宮古空港14:55着/宮古空港15:35発→羽田空港18:15着

・「関西空港」⇔「宮古空港」
関西空港10:05発→宮古空港12:40着/宮古空港13:15発→関西空港15:25着

・「中部空港」⇔「宮古空港」
中部空港11:15発→宮古空港13:55着/宮古空港14:30発→中部空港16:50着

・「福岡空港」⇔「宮古空港」
福岡空港11:55発→宮古空港13:55着/宮古空港14:45発→福岡空港16:40着

また、ANAは、「那覇空港」と「宮古空港」間を1日6往復しています。それぞれのフライトスケジュールは以下のとおり。※時刻は時期によって変動あり。

・「那覇空港」→「宮古空港」

09:15発→10:05着/10:45発→11:35着/12:10発→13:05着/15:10発→16:00着/16:10発→17:00着/16:55発→17:45着

・「宮古空港」→「那覇空港」

10:40発→11:35着/12:20発→13:15着/13:40発→14:35着/16:35発→17:25着/17:35発→18:25着/18:25発→19:15着

琉球エアーコミューター(JALグループ)

宮古島へは>琉球エアーコミューター(RAC)も1日1往復、那覇空港から直行便を運航してます。フライトスケジュールは、那覇空港08:10発→宮古空港09:00着/宮古空港19:45発→那覇空港20:35着となっています。※時刻は時期によって変動あり

ジェットスター(LCC)

宮古島の「みやこ下地島空港」⇔「成田空港」間を運航する直行便LCCは「ジェットスター航空」。時期によって運行日や時刻は変わりますが、基本的に週4日~毎日、1日1往復、運航しています。

フライトスケジュールは、成田空港07:25発→みやこ下地島空港10:25着/みやこ下地島空港11:10発→成田空港14:05着

また、「ジェットスター航空」は「みやこ下地島空港」⇔「関西国際空港」も、基本的に週4日、1日1往復、運航しています。

フライトスケジュールは、関西国際空港18:55発→みやこ下地島空港21:15着/みやこ下地島空港15:50発→関西国際空港18:15着。ただし、木曜日は関西国際空港16:00発→みやこ下地島空港18:20着での運航です。

香港エクスプレス

宮古島の「みやこ下地島空港」には2019年7月19日から国際線として、LCCの香港エクスプレス航空(HKE/UO)が、「香港」⇔「みやこ下地島空港」間の運航開始します。

運行日は火・金・日の週3日、それぞれ1往復する予定です。

・火曜日、香港08:40発→みやこ下地島空港11:50着/みやこ下地島空港12:35発→香港13:55着

・金曜日、香港14:10発→みやこ下地島空港17:20着/みやこ下地島空港18:35発→香港20:05着

・日曜日、香港14:10発→みやこ下地島空港17:20着/みやこ下地島空港18:50発→香港20:20着

まとめ

宮古島へ飛行機でアクセスする場合、直行便なら東京から約3時間、大阪、名古屋は2時間半、そして、香港からはなんと一番短い2時間という距離。那覇から宮古島までは約45分なので、旅のスケジュールが宮古島だけなら、時間を有効に使うためにも、直行便を利用したいですね。

運賃の目安は、羽田空港からは18,000円~、関西国際空港からは12,800円~、中部国際空港からは15,000円~くらいです。

ぜひこの記事を参考にして、より効率的な宮古島への旅の計画を立ててくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

宮古島でセグウェイ体験ができるシギラフィールドハウスの魅力

宮古島で“宮古ブルー”の海を眺 …