Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 宮古島でキャンピングカーをレンタルできる「オーシャンズドライブ」の魅力

宮古島でキャンピングカーをレンタルできる「オーシャンズドライブ」の魅力

宮古島をキャンピングカーで寝泊まりしながら巡る旅はいかがでしょう。キャンピングカーを1台借りれば、移動も宿泊もラクラク。

宮古島のいたるところにある人気ビーチや、伊良部島、来間島、池間島といった橋で繋がる離島めぐりも“自由気まま”です。さらに、ホテルに宿泊した場合と比べ、旅行費用がお安くなるのもありがたいですよね。

本記事では、宮古島でキャンピングカーの旅を実現してくれる、キャンピングカーのレンタル専門店「オーシャンズドライブ」についてご紹介します。

スポンサードリンク

宮古島でキャンピングカーをレンタルできる「オーシャンズドライブ」の魅力

宮古島で唯一、キャンピングカーのレンタル専門店「オーシャンズドライブ」。

少し長めの休みがとれたら、キャンピングカーを借りて、“宮古島ビーチ巡り”や“宮古島離島巡り”など、宮古島を自由気ままに旅するのもおすすめです。

ホテルの宿泊代と比べ、費用が安くおさえられるのも魅力です。

オーシャンズドライブ
住所/沖縄県宮古島市城辺字保良940‐1
営業時間/9:00~19:30
電話/0980-77-2150
オーシャンズドライブ 空港営業所
住所/沖縄県宮古島市平良松原1290-1
営業時間/9:00~19:30
電話/0980-77-2150

宿泊費なしで宮古島観光ができる

宮古島の旅行をキャンピングカーでするメリットは、観光地への移動も休憩も宿泊もすべてキャンピングカー1台で済んでしまうこと。

行きたい場所に立ち寄り、急な予定変更も可能。自分たちのペースで旅行できます。キャンピングカーの室内は広々としているので、まさに“移動するホテル”といえます。

キャンプ場もある

宮古島唯一のキャンピングカーのレンタル専門店「オーシャンズドライブ」を利用するからこそのメリットもあります。

オーシャンズドライブは、宮古島の最東端にあるリゾート施設「オーシャンズリゾート宮古島」が運営しているため、オーシャンズドライブでキャンピングカーをレンタルすると、オーシャンズリゾート宮古島の敷地内にあるキャンプ場を無料で利用できます。

寝袋セット540円/回(1名分)もレンタルすることができます。

24時間利用可能なトイレ・入浴施設

宮古島のキャンピングカー旅行をより快適に過ごせるよう、オーシャンズリゾート宮古島のキャンプ場には、24時間利用可能な洋式トイレ(水洗)とシャワールームが完備されています。

また、敷地内には売店もあって便利です。(9:00~18:00※季節より営業時間の変更あり)

眼前に宮古島の海が広がる展望大浴場

宮古島のキャンピングカー旅行で疲れが溜まった時は、“宮古ブルー”の美しい海を見渡せる展望大浴場が旅の疲れを癒してくれます。

展望大浴場は、キャンプ場の近くにあるゴルフ場「オーシャンリンクス宮古島」のクラブハウスにあります。

広々とした浴場の湯船にゆっくり浸かれるので、シャワーでは取れない運転疲れも吹き飛ぶはず。

オーシャンズドライブでキャンピングカーをレンタルした人は、通常の入浴料金が1,000円のところ、1人500円で利用できます。展望大浴場の営業時間は12:00~21:00(20:30までに受付)。

美しい眺望と一緒に食事を楽しむレストラン「オーシャンズビスタ」

宮古島のキャンピングカー旅行中、美しい眺望とともに食事を楽しみたい時は、オーシャンズリゾート宮古島の施設内にあるレストラン「オーシャンズビスタ」を利用するのはいかがでしょう。

宮古島の新鮮な食材を使った日替わりの朝食(予約制7:00~9:30)。ランチメニューには、宮古そばでは珍しい味噌仕立ての「元祖・宮古味噌そば」、「宮古牛のハンバーグ」などが揃っています。ゆっくりランチタイムを過ごしたい時におすすめのレストランです。

東シナ海を眺めながら、オープンテラスでバーベキュー(予約制)も楽しめます。

オーシャンズドライブのキャンピングカーの基本

宮古島旅行の相棒となるオーシャンズドライブのキャンピングカーは、「クレソンボヤージュ(トヨタ カムロード)」。オートマチック車で、乗車定員は7名、就寝定員は5名。

室内用エアコン、冷蔵庫、シンク、携帯電話を充電できるコンセントなどが装備されています。チャイルドシートやベビーシートの設置も可能で、オプションとしてレンタルもしてくれます。

注意点は、ペットの同乗、車内での調理は禁止です。

キャンピングカーのレンタカー料金

宮古島でキャンピングカーをレンタルした場合の料金は、24h/12,500円(税込)~。シーズンにより、料金は変動します。

5人家族なら12,500÷5=2,500。つまり、1人あたりの1日の移動費および宿泊費が2,500円ということになります。

まとめ

宮古島をキャンピングカーで旅すれば、より多くの“ワクワク”、“ドキドキ”感が高まり、家族や仲間との結束もより強くなることでしょう。

夜には、家族や仲間と星空を眺めながら普段話せないことを語り合うのもよいでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、キャンピングカーで宮古島の旅を満喫してくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

宮古島でセグウェイ体験ができるシギラフィールドハウスの魅力

宮古島で“宮古ブルー”の海を眺 …