Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 宮古島の人気おすすめサンセットクルーズ「モンブラン」の魅力

宮古島の人気おすすめサンセットクルーズ「モンブラン」の魅力

宮古島のサンセットを豪華に楽しみたいなら、クルーズ船「モンブラン」で行く「ディナー&サンセットクルーズ」がおすすめ。

「モンブラン」は、沖縄県初の海中展望型のクルーズ船。モンブランの地下1階には、ガラス張りのアクアラウンジがあり、海の中を見ることができます。

本記事では、ちょっと贅沢に宮古島のサンセットを楽しむ、モンブランの「ディナー&サンセットクルーズ」について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

サンセットクルーズ「モンブラン」の基本情報

宮古島で「ディナー&サンセットクルーズ」を運航するクルーズ船「Montblanc(モンブラン)」。株式会社はやてが運営する沖縄県初の海中展望型エンターメントクルーズ船です。

天候や海などの条件があえば、毎日、平良港(ひららこう)から運航しています。

サンセットクルーズ「モンブラン」とは

宮古島自慢のクルーズ船「モンブラン」は、沖縄県初となる海中展望型のクルーズ船です。

全長56.90m、全幅10.00m、深さ5.20m。B1Fの海中を見渡せる「アクアラウンジ」、1F の「 エントランス」と「メインダイニング」、2Fの「インフォメーションデスク」、「ディナーラウンジ」、「バーラウンジ」、3Fの「スカイラウンジ」で構成されています。

クルージングプランは、今回ご紹介する「ディナー&サンセットクルーズ」のほか、朝9:00に出航する「伊良部大橋モーニングクルーズ」、12:30に出航する「ランチクルーズ」などがあります。

サンセットクルーズ「モンブラン」へのアクセス・駐車場・最寄り駅

宮古島で「ディナー&サンセットクルーズ」を楽しめるクルーズ船「モンブラン」が停泊しているのは、平良港(ひららこう)。

平良港までレンタカーで行く場合は、カーナビの電話検索で「0980-72-6641」、住所検索で「沖縄県宮古島市平良字下里108-11」を入力、もしくは、「ホテルアトールエメラルド」を設定すれば案内してくれます。

駐車場は、平良港ターミナル内の無料駐車場と1時間100円のコインパーキングがあります。

「ディナー&サンセットクルーズ」の乗船手続きは、モンブラン1階にある受付カウンターで出航の30分前から受け付けています。

宮古島市内各所から平良港までの所要時間は以下のとおり。

  • 宮古空港から車で15分
  • 市内近隣ホテルから車で5分
  • 宮古島東急ホテル&リゾーツから車で20分
  • シギラリゾート各ホテルから車で30分

サンセットクルーズ「モンブラン」の営業時間・休館日

宮古島のクルーズ船「モンブラン」による「ディナー&サンセットクルーズ」の運航日は、基本的に毎日。

ですが、台風など気象や海の状況によっては欠航になる場合もあります。また、船の点検のため、1年に1回、長期運休期間が設けられます。毎年点検時期は異なるので、ご確認を。

「ディナー&サンセットクルーズ」の運行時間は、4月~9月の夏季は18:00~20:30、10月~3月の冬季は17:00~19:30です。

予約などに関する問合せは、株式会社はやて(TEL0980-72-6641)まで。電話受付9:00~17:00。

株式会社はやて
TEL/0980-72-6641
電話受付/9:00~17:00

サンセットクルーズ「モンブラン」の料金・クーポン・チケット購入方法

宮古島のクルーズ船「モンブラン」による「ディナー&サンセットクルーズ」の料金は、大人8,500円 (税込)、3歳~小学生4,500円 (税込) です。

6月~10月の期間は、ディナーなしで乗船のみのプラン「オープンデッキプラン」もあります。料金は、大人2,500 円 (税込) 、3歳~小学生1,500 円 (税込)。

この「オープンデッキプラン」は、「モンブラン」の3階にあるスカイラウンジ(デッキ席)で宮古島のサンセットと星空を楽しむプラン。食事はありませんが、ドリンクやおつまみの販売は行っているので、生ビールを飲みながらサンセットクルーズを優雅に楽しめます。(※飲食物の持込はNG)

また、少しでもお得にモンブランのクルーズを楽しみたい方には、割引券があります。宮古島の一部のホテルに乗船料10%割引券が置いてあります。モンブランのクルーズを予約する際、「10%割引券を持っています」と伝えましょう。

サンセットクルーズ「モンブラン」の魅力と楽しみ方

宮古島の夕日とともにクルージングを楽しむ、モンブランの「ディナー&サンセットクルーズ」。

出航するとすぐ、メインダイニングでおいしいディナービュッフェをいただけます。食後は待ちに待ったサンセットタイム。船内のお気に入りの場所で海に沈む夕日と、夕日によってオレンジ色に染まる空と海を眺めます。

サンセットタイムの後は、デザートブッフェ。そして、もうひとつのメインイベント、三線やピアノの“音楽ライブ”が始まります。ライブが楽しめるクルーズプランはこの「ディナー&サンセットクルーズ」のみです。

豪華な内装

宮古島で「ディナー&サンセットクルーズ」などを運航しているクルーズ船「モンブラン」の内装はとっても豪華。

モンブランの一番の特徴といえるのがB1Fにある「アクアラウンジ」。ガラス張りになっているので、透明度が高い日には、クマノミやスズメダイなど南国の魚たちが泳ぐ海の世界を楽しめます。

ディナーとデザートが用意される1Fの「メインダイニング」は約100名が収容できる広さで、自動演奏システムを備えたグランドピアノが素敵なBGMを演奏してくれます。

このほか、お酒を楽しむ重厚感ある「バーラウンジ」、白を基調とした 「ディナーラウンジ」も落ち着いた空間になっています。

ディナービュッフェ/コース料理

宮古島の夕日を食事をしながら楽しめる、モンブランの「ディナー&サンセットクルーズ」。ドレスコードなどはないので、普段着のまま気軽に参加できます。ディナーは基本的にビュッフェスタイル。参加者が少人数だった場合、ブッフェではなくコース料理に変更する場合もあるそう。

料理は、宮古島の食材やその日水揚げされた新鮮な魚介を使った沖縄料理、和食、洋食、中華などが揃っています。

例えば、宮古そばの塩焼きそば、やんばる地鶏のバジルソース焼き、宮古島産のもずく酢、シェフが切り分けてくれるローストビーフ、職人がその場で握ってくれる握り寿司など。メニューは季節によって変わりますが、常時20種類以上は並びます。

サンセットタイムを楽しみ、夕日が沈むと今度はデザートタイム。メインダイニングに南国のフルーツや色とりどりのケーキが並び、ブッフェスタイルで思う存分味わえます。

美しいサンセットビュー

宮古島で夕方運航するモンブランの「ディナー&サンセットクルーズ」。海の上から美しいサンセットビューを見ることができます。

ベストポイントは、3Fのスカイラウンジ。360度の大パノラマが広がり、海に沈みゆく太陽と夕日に染まり刻々と変化する空と海の景色は圧巻です。

とはいえ、お天気に恵まれないとこの美しい景色は見られないので、旅行の日程に余裕がある場合は、天気予報で晴れる可能性の高い日を選びましょう。

まとめ

宮古島には美しい夕日がみられるサンセットポイントがいくつもありますが、クルーズ船モンブランから見る夕日は、格別で、とっても贅沢。夕日が沈んだ後は、満天の星空は広がります。

クルージングと宮古島の夕日、シェフ自慢のブッフェ、デザート、音楽ライブ、宮古島の星空が付いて「ディナー&サンセットクルーズ」8,500円は、お得なのではないでしょうか?

ぜひ、この記事を参考に、宮古島で少し贅沢なサンセットビューを体験してみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

宮古島の移動に便利!宮古島で呼べるタクシー会社7選

宮古島での移動は、主にレンタカ …