Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 絶景の宮古島を堪能できる人気サイクリングスポット8選

絶景の宮古島を堪能できる人気サイクリングスポット8選

宮古島、伊良部島、下地島、池間島といった宮古の離島を巡るのに、車ではなく、サイクリングを選ぶのもおすすめ。宮古の島々の気温は年間を通じて温暖なため、真夏を避ければ、冬でも快適にサイクリングを楽しめます。

また、自転車だからこそ、のんびりと景色を眺めながら島々を観光できます。車では見過ごしてしまうような名もなきビーチへの小さな入口も見つけることもできるかも!

本記事では、宮古島やその周辺の島々の人気サイクリングスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

ドライブコースでも人気「伊良部大橋」

宮古島でサイクリングの定番スポットといえば「伊良部大橋」。宮古島と伊良部島を結ぶ全長3,540mの橋で、無料で渡れる橋の中で日本一長さを誇ります。

“宮古ブルー”の海の上を潮風を浴びながらサイクリングを楽しめるのが伊良部大橋の最大の魅力。

実は、この伊良部大橋は、橋の上での車の駐停車は禁止されています。その点、自転車なら、心ゆくまで、青い海の眺めを楽しみながら渡ることができます。ちなみに伊良部大橋は自転車でゆっくり渡って、30分くらいです。

  • 宮古空港から車で約15分
  • 沖縄県宮古島市平良久貝

伊良部島のシンボル「牧山展望台」

宮古島でのサイクリングの途中、絶景を眺めたいなら「牧山展望台」。伊良部島で最も高い場所にあります。

個性的なフォルムの展望台は伊良部島で見られるタカの仲間、“サシバ”という鳥がモチーフになっています。

牧山展望台からは、伊良部大橋、宮古島、さらに天気がよければ池間島や来間島まで一望できます。サイクリングの途中、休憩を兼ねて立ち寄るのにぴったりです。

  • 宮古空港から車で約24分
  • 沖縄県宮古島市伊良部字池間添

絶景スポットの多い「下地島空港」

宮古島だけでなく、下地島もおすすめのサイクリングコース。下地島は、宮古島と伊良部大橋でつながった伊良部島に隣接する小さな島で、1周わずか約12km。坂道もほとんどないので、“疲れない”サイクリングをするのに、ぴったり。

小さな島ですが、下地島は海が抜群に美しいことで有名。自転車なら細い道の走行もUターンも自由自在なので、美しい海に出会ったら、その場で自転車を停めて思う存分絶景を楽しめます。

宮古島から伊良部島、下地島を巡る、長めのサイクリングコースとして、1日たっぷり自転車を楽しむのもよいでしょう。

また、2019年には、宮古島市2番目の空港として下地島に「みやこ下地島空港」がオープン。レンタサイクルのお店「TI DA BIKE(てぃだバイク)」では、1日3,000円で電動アシストつき自転車を貸し出しています。

  • 宮古空港から車で約27分
  • 沖縄県宮古島市伊良部佐和田1727

白い砂浜と青い海のコントラスト「渡口の浜」

宮古島の隣、伊良部島で人気の天然ビーチ「渡口の浜」。800mも続く白い砂浜と“宮古ブルー”の海のコントラストが美しいことで有名です。

宮古島のビーチほど混んでおらず静か。サイクリングの途中、海辺で少し遊ぶのも良いでしょう。

  • 宮古空港から車で約22分
  • みやこ下地島空港から車で約5分
  • 沖縄県宮古島市伊良部

絶景ビーチならここ「砂山ビーチ」

宮古島でのサイクリングコースにビーチを取り入れるなら「砂山ビーチ」がおすすめ。宮古島の西岸にあり、コマーシャルの撮影でも使われる“インスタ映え”スポットです。

砂山ビーチのシンボルは、波の浸食でできたという“岩の門”。その門の間には美しい宮古島の青い海が広がっています。

6~10月頃になると、この岩の門の間にちょうど夕日が沈んでいくロマンチックな風景に出会えます。

  • 宮古空港から車で約25分
  • 沖縄県宮古島市平良字荷川取

パワースポットに立ち寄ろう「通り池」

宮古島の西に位置する下地島のパワースポット「通り池」も、おすすめのサイクリングスポット。下地島を1周するサイクリングコースには、ぜったい加えたい場所です。

「通り池」は、大小2つの池が地下でつながり、さらに外海ともつながっているという不思議な池。沖縄県の史跡名勝天然記念物に指定されています。

海側にある池は直径約75m、水深40m~50mほど。陸側は、直径約55m、水深25m~40mほど。地上からみると二つの池がただ並んでいるだけですが、実は地下でつながっているわけです。

その不思議な地形がもつ、神秘的な雰囲気から、「ユナイタマの伝説」や「継子(ままこ)伝説」といった伝説がいくつも残っています。

ちなみに、「通り池」は県の天然記念物でありながら、ダイビングもできるそう。

  • 宮古空港から車で約30分
  • みやこ下地島空港から車で約12
  • 沖縄県宮古島市伊良部佐和田

ぐるっと1周20分「池間島」

宮古島の北西に位置する「池間島」。宮古島と全長1425mの池間大橋でつながっています。下地島同様、島一周サイクリングを楽しめるスポットといえます。

島の周囲は10kmほど、最高標高は28mと、サイクリングしやすい平坦な島。20分くらいあれば1周できます。

島内には、干潮の時だけ現れるハート型の「ハート岩」やカツオのモニュメントがシンボルの「カツオ公園」、池間大橋や集落を見渡せる「遠見台跡」など、サイクリングの途中に立ち寄ってほしいスポットがいくつかあります。

島のいたるところに、名もなき美しい白砂のビーチがあるので、自転車に乗りながら、自分だけのお気に入りのビーチを見つけてみるのもよいでしょう。

また、旧暦の5月~7月、満月の前後一週間の夜、卵を産むために海へと向かうオカガニたちにも出会えます。オカガニ注意の看板も池間島ならでは。

  • 宮古空港から車で約30分

サンセットが美しい「佐和田の浜」

宮古島に隣接する伊良部島にあるちょっと風変わりな「佐和田の浜」もサイクリングで立ち寄って欲しいスポット。

「佐和田の浜」のどこが風変わりかというと、一面に広がる遠浅の海に、そこにあるはずのない大きな岩がゴロゴロと転がっています。

これらの大きな岩の正体は、1771年の「八重山地震」によって起きた大津波「明和の大津波」によって運ばれてきた“津波石”。ここでしか見られない独創的な浜辺の風景は、1996年(平成8年)に日本の渚百選に指定されました。

また、「佐和田の浜」は、宮古島エリア“ナンバー1”の呼び声高い夕日の絶景スポットでもあります。最上級の夕日を期待して、サイクリングコースの最後に「佐和田の浜」を訪れるのも良いでしょう。

  • 宮古空港から車で約30分
  • みやこ下地島空港から車で約5分
  • 沖縄県宮古島市伊良部佐和田1725

まとめ

宮古島やその周辺の島々は、美しい海の風景を眺めながら開放感たっぷりのサイクリングが楽しめます。宮古島では、毎年400人以上のライダーが参加する「ツール・ド・宮古島」も開催され、サイクリングファンにはあこがれの場所になっています。

宮古島でのドライブもいいですが、ぜひ、宮古島の潮風を感じながらサイクリングも楽しんでみてくださいね。ガイドブックに載っていない、美しい風景に出会えるかもしれません。

スポンサーリンク

Check Also

宮古島でセグウェイ体験ができるシギラフィールドハウスの魅力

宮古島で“宮古ブルー”の海を眺 …