Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 宮古島のインスタ映えスポット厳選10選

宮古島のインスタ映えスポット厳選10選

宮古島を旅行した方に唐突ですが質問です。「宮古島では何枚ほど写真を撮りましたか?」。おそらく、どこへ行っても“インタ映え”するスポットばかりで、数えきれないほどの写真を撮った方が多いことでしょう。

大人気の観光地、宮古島には、美しい海、独特の文化、おいしい料理、かわいらしいショップなど、写真を撮り始めたら止まらなくなるほど魅力的な被写体がたくさんあります。

今回は、数ある宮古島のインスタ映えスポットの中から特に人気の10スポットをご紹介します。

スポンサードリンク

三角点

宮古島のインスタ映えスポットとして、まず、ご紹介するのは、宮古島と伊良部大橋でつながった伊良部島にある「三角点(さんかくてん)」。観光客の口コミで広がったインスタ映えスポットです。

「三角点」は、70mの高さの断崖絶壁から海を一望できるスポット。そもそも、三角点とは、測量の際、基準点として使う場所で、観光用に整備されているわけではありません。そのため安全面は自己責任。見晴らしのいいインスタ映えスポットですが、危険なので、子ども連れで行くことはおすすめしません。

場所は伊良部島の北の海岸線沿いにあります。観光スポットではないので案内看板はありません。沖縄郷土料理の店「びじゃし」前の道路を北上していくと、右側に三角点への小さな入口があります。

アクセス:宮古空港から車で約25分
場所:沖縄県宮古島市伊良部前里添付近

与那覇前浜ビーチ

宮古島を代表する「与那覇前浜ビーチ」は、インスタ映えスポットとしても人気。約7kmに渡って続く白い砂の海岸線と透明度の高い海は、どこを映しとっても“映える”写真が撮れます。

夕暮れ時の夕日に染まる海や星空煌く夜にも素敵な写真が撮れます。

アクセス:宮古空港から車で約12分
場所:沖縄県宮古島市下地与那覇1199

イグアナ岩

宮古島のインスタ映えスポット「イグアナ岩」。先ほどご紹介した「三角点」を少し北上したところにあります。

「三角点」と同じく、断崖絶壁から海を一望できるスポット。観光用に整備されていないので、危険を伴います。安全面は自己責任。はしゃぎすぎないようにしましょう。

イグアナ岩の場所は、Googleマップに掲載されています。

アクセス:宮古空港から車で約28分
場所:沖縄県宮古島市伊良部前里添付近

ハートロック

宮古島から池間大橋を渡った池間島のインスタ映えスポット「ハートロック(ハート岩)」。イキヅービーチにあります。

大きな岩の一部がハート型に削られていて、その削られた部分から奥にある宮古ブルーの海が見えます。

干潮時の海水が引いたタイミングでハート型がしっかりと現れるので、お出かけの際は、干潮時間を調べて行くのが良いでしょう。

アクセス:宮古空港から車で約30分
場所:沖縄県宮古島市平良前里

サンセットビーチ

宮古島と伊良部島をつなぐ伊良部大橋を一望できるインスタ映えスポット「みやこサンセットビーチ」。

3,540mの伊良部大橋と海、水平線に沈む夕日のコラボ写真を撮ることができます。
宮古島の夕焼け空の色はすさまじい!

アクセス:宮古空港から車で約15分
場所:沖縄県宮古島市平良字久貝

竜宮展望台

宮古島から来間大橋を渡った先にある来間島のインスタ映えスポット「竜宮展望台」。竜宮城をイメージして作られた3階建ての展望台です。

この“味のある”展望台がインスタ映えするのではなく、インスタ映えするのは、展望台からの景色です。東洋一の美しさと謳われる与那覇前浜ビーチや来間大橋を望め、“宮古ブルー”の海を撮影できます。

展望台の小さな窓を入れて、景色を切り取れば、絵画のような雰囲気に。

アクセス:宮古空港から車で約17分
場所:沖縄県宮古島市下地来間

17END

宮古島市の2番目の空港として下地島に2019年3月にオープンした「みやこ下地島空港」。その北側エリアが通称“17エンド”と呼ばれています。この17エンドは、2つのインスタ映えポイントがあることで知られています。

一つ目は、干潮時に現れるものすごく美しい海の景色。その美しさたるや、天国のようだと評判です。

2つ目は、空港が近くにあるため、着陸する飛行機が迫力満点に見られること。航空ファンにもよく知られたスポットで、“絶景滑走路”と呼ばれ人気です。

ここでしか見られない素敵な風景が撮影できるインスタ映えスポットですが、空港がオープンしたことで、今後、より多くの観光客と車の通行量が増え安全確保が難しいということで、残念ながら2019年3月23日から17エンド周辺の道路への立ち入りが禁止されました。

とはいえ、車は入れませんが、徒歩でなら入れるようです。

アクセス:宮古空港から車で約26分
場所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田付近

新城海岸

宮古島の魅力的なビーチの中でも、1、2を争う人気のビーチが「新城海岸」。どこを撮ってもインスタ映えする優良スポットです。緑が生い茂り、パラソルが並ぶビーチの風景など“リゾートっぽい”雰囲気の写真が撮れます。

海の透明度が抜群であることはもちろんですが、海の中にもいろとりどりのサンゴ礁や熱帯魚が生息していて、シュノーケリングスポットとしても人気です。海にもぐって海中の景色を撮影するのも“インスタ映え”します。

アクセス:宮古空港から車で約22分
場所:沖縄県宮古島市城辺字新城

伊良部大橋

宮古島と伊良部島を結ぶ全長3,540mの「伊良部大橋」もインスタ映えスポット。無料で渡れる橋の中で日本一の長さを誇ります。

青い空と青い海に囲まれたどこまでの続く長い橋の風景は圧巻。ついつい橋の途中で車を止めて写真を撮りたくなりますが、橋の上での駐停車は禁止なのでご注意を。(実際、観光客の中には車を停めて撮影している人がいますが、本当は禁止されているのです。)

伊良部大橋は、途中に勾配があり、上ったり下ったりするので、車内から真っ青な空と海の間をまっすぐ進む風景を映像で撮影するのもおもしろいでしょう。くれぐれも、運転手はよそ見をしないように!

また、伊良部大橋の外観を撮影したい場合、伊良部島で最も高い場所にある「牧山展望台」がおすすめ。伊良部大橋のほぼ全体を撮影できます。

伊良部大橋
アクセス:宮古空港から車で約15分
場所:沖縄県宮古島市平良久貝
牧山展望台
アクセス:宮古空港から車で約24分
場所:沖縄県宮古島市伊良部字池間添

砂山ビーチ

宮古島のインスタ映えビーチといえば「砂山ビーチ」を忘れてはいけません。CMの撮影場所としても使われるほど魅力的なビーチです。

サラサラとした白い砂の丘をのぼった先にコバルトブルーの海が広がっていて、青い空と白い砂、緑豊かな植物とのコントラストが効いて、ビーチの入り口からインスタ映えします。

そして、砂山ビーチを訪れる多くの観光客のお目当ては、波の浸食でできたアーチ状の岩。アーチの奥には、青のグラデーションが美しい海が見えて、ここにしかない一枚が撮影できます。

さらに、6月~10月頃はこの岩のアーチ越しに沈む夕日が見えるそう。そんな夕日の風景を一目見ようと、海外からも多くの観光客が訪れています。

アクセス:宮古空港から車で約25分
場所:沖縄県宮古島市平良字荷川取

まとめ

宮古島には美しい景色が見られる魅力的なスポットがたくさんあり、どこを撮ってもインスタ映えするので、写真を撮らずにはいられなくなります。

いい写真を撮りたい気持ちが強すぎるのか、地元では写真を撮る人たちのマナーも問題になっているのも事実。立ち入り禁止の場所に入ったり、駐車禁止の場所に駐車して写真を撮るなど危険を冒す人たちが多いそう。

本記事を参考に、マナーを守って、素敵な宮古島の写真を撮影してくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

宮古島でセグウェイ体験ができるシギラフィールドハウスの魅力

宮古島で“宮古ブルー”の海を眺 …