Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 宮古島観光で行きたいおすすめ人気ショッピングスポット10選

宮古島観光で行きたいおすすめ人気ショッピングスポット10選

宮古島での旅行中の楽しみのひとつがショッピング。

昔からあるお土産店だけでなく、宮古島ならではのおいしい特産品を扱う地域に根付いたお店や県内の作家が手掛ける雑貨店など、ジャンルも品揃えも様々。

本記事では、観光客の多種多様なニーズに応えるべく、宮古島観光でおすすめの人気ショッピングスポットを10カ所ご紹介します。

スポンサードリンク

みやこ屋

宮古島のお土産を多数揃えたお土産ショップ「みやこ屋」。宮古島のお菓子や泡盛などの定番土産のほか、宮古島まもるくんやシーサーなどをモチーフにしたグッズ、琉球ガラス、宮古島の雪塩を使った石鹸など、ありとあらゆる沖縄、宮古島関連の品物が揃っています。

宮古島で着るのにぴったりなアロハシャツもあるので、ぜひ、お子さんとお揃いで着てみてはいかがでしょう。

みやこ屋
住所/沖縄県宮古島市平良字西里238
電話/0980-75-3858
営業時間/9:00~21:00(夏季は22:00)
定休日/不定休

ワイドー市場

宮古島の新鮮な野菜や果物のショッピングを楽しみたいなら、農産物直売所「ワイドー市場」がおすすめ。イオンタウン宮古南ショッピングセンターの一角にあります。

宮古の方言で“がんばれ”を意味する“ワイドー”市場。店内には、島ラッキョウ、島トウガラシ、青パパイヤ、シークヮーサー、オクラ、トウガンなど採れたての島野菜や独特の食感の島バナナなど、宮古島の“食”が集まっています。

特に、ワイドー市場で見逃せないのは「マンゴー」。毎年6月~8月頃、マンゴー旬の時期には、店内はマンゴーだらけになり、お得な価格で販売されます。小さいものや傷のあるものなど“訳あり”マンゴーはさらにお安く購入できるので、見逃せません。大小さまざまなマンゴーが4~5個入ってこちらは1,000円!

ワイドー市場
住所/沖縄県宮古島市平良字松原
電話/0980-72-7684
営業時間/9:00~19:00
定休日/なし

385store(みやこストアー)

宮古島市公設市場内にあるショッピングスポット「385store(みやこストアー)」。宮古島やその周辺でつくられたフルーツ、黒糖、宮古そばなどの加工品、沖縄コスメ、地元の作家さんたちの雑貨などを販売しています。

宮古島で作られた100%天然素材の手づくり石鹸「ノニ石けん」も人気。

ノニとは、熱帯植物で、ポリネシア地方に2000年もの昔から自生しているハーブのこと。農薬を使わずに育てたノニの実と葉にオリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイルなど加えて作ったもっちりモチモチの泡立ちのいい石けんです。

このほか、宮古島の美しい自然を映した写真で構成された宮古島カレンダーも毎年大人気。

385store(みやこストアー)
住所/沖縄県宮古島市平良字下里1宮古島市公設市場内1階
電話/0980-79-0807
営業時間/10:00~18:00
定休日/不定休

雑工材空(ざくざく)

宮古島でアジアンテイストの輸入雑貨や民芸品が揃う、ショッピングスポット「雑工材空(ざくざく)」。

店内には、タイなど東南アジアの各地から集めたリゾートにぴったりのアクセサリーや衣料もあるので、旅行中の“宮古島コーデ”をここで選ぶのもおすすめです。

かわいい水着もあります。

雑工材空(ざくざく)
住所/沖縄県宮古島市平良字下里553
電話/0980-72-4973
営業時間/9:30~21:00
定休日/無休

モンテドール

宮古島の定番土産のひとつモンテドールのバナナケーキを買えるショッピングスポットといえば、もちろん、「モンテドール」。

モンテドールのバナナケーキは、マーガリンや香料などは使わず、バナナの自然な甘さと香りが特徴のからだにやさしいケーキです。宮古島で40年以上愛され続けるロングセラー商品。

ロールケーキやシフォンケーキもあります。

また、イートインコーナーでテイクアウトできる「ばななしぇいく」も人気。ショッピングの休憩に飲めば、再び、元気もわいてきます。

モンテドール
住所/沖縄県宮古島市平良字西里7-2
電話/0120-56-4877
営業時間/9:00~21:00
定休日/無休

亀浜おみやげ品店

宮古島の特産品が揃うショッピングスポット「亀浜おみやげ品店」。昔ながらのお土産屋さんです。

もともとは乾物屋さんだったそうで、店内には、鰹節、昆布、煮干し、ピーナツ粉、切昆布など宮古島の料理に欠かせない“良い味の出る”乾物がずらりと揃っています。地元の人たちの御用達。

「黒糖ピーナツ」や「黒糖サータアンダギー」など手づくりの黒糖菓子も地元で人気。「黒糖ピーナツ」に使う黒糖は、沖縄産の中でもさっぱりした甘さが特徴の多良間島産。食べ始めると手が止まらなくなるおいしさ。

『どこでも同じ味では?』と思われがちなサータアンダギーも亀浜おみやげ品店の「黒糖サータアンダギー」は“特別、おいしい”といわれています。ぜひ、お試しあれ。

亀浜おみやげ品店
住所/沖縄県宮古島市平良下里539-3
電話/0980-72-9230
営業時間/8:30~19:00
定休日/日曜日

DESLIE(デズリー)

宮古島でハンドメイドのジュエリーをショッピングしたいなら「DESLIE(デズリー)」がおすすめ。

豊かな自然からインスピレーションを受け作られたジュエリーは、リゾートにも都会にも似合う、センスが光る作品ばかり。

ハンドメイドのため、少しずつ表情は異なり、選ぶ楽しさもあります。大切な人へのお土産にすれば喜ばれること間違いなし。自分へのご褒美としても“うれしい”ですよね。

ジュエリーだけでなく、水着や財布などもあります。

こちらはキッズコーナー。

また、DESLIEでは宮古島店に続き、伊良部島店をオープン。ジュエリーのほか、アパレルや水着などオーナーが選んだ素敵なアイテムが揃うセレクトショップとなっています。外観も素敵!

DESLIE(デズリー)
住所/沖縄県宮古島市平良下里572
電話/ 0980-73-4076
営業時間/10:30~19:00(夏季20:00)
定休日/不定休

塩屋 宮古店

宮古島の人気特産品である雪塩をはじめ、沖縄中、世界中から集めた塩に関する商品を揃えるショッピングスポット「塩屋 宮古店」。140種類以上の沖縄の塩、250種類以上の世界各地の塩を集めた塩の専門店です。

これだけたくさんの塩が揃っていると「どれにしようか」迷うことは当然。そんなときは、塩の専門家「ソルトソムリエ」にアドバイスをしてもらうのが良いでしょう。

このお店で外せないのが「雪塩ソフトクリーム」。ほとんどのお客さんが食べるといっても過言ではありません。「ゆず塩」「抹茶塩」「島とうがらし塩」などお店オリジナルの合わせ塩をトッピングできて、味わいは無限です。

塩屋 宮古店
住所/沖縄県宮古島市平良字西里240-6
電話/0980-75-5011
営業時間/12:00~21:30
定休日/無休

粟國商店(あぐにしょうてん)

宮古島のお土産が揃うショッピングスポット「粟國商店(あぐにしょうてん)」。店内には、泡盛や黒糖など沖縄の名産品からシーサー、Tシャツなどバラエティ豊かなお土産が並んでいます。沖縄の楽器、三線のコーナーもあります。

粟國商店(あぐにしょうてん)
住所/沖縄県宮古島市平良字下里3 観光ホテル「セイルイン宮古島」1F
電話/0980-72-2207
営業時間/8:30~21:00
定休日/無休

多良川酒造

宮古島産の泡盛をショッピングしたいなら、宮古島を代表する泡盛酒造のひとつ「多良川(たらがわ)酒造」がおすすめ。多良川酒造の本社に行くと、酒蔵を無料で見学することができます。泡盛製造工程をビデオで見た後、見学できるのは洞窟貯蔵庫「ういぴゃーうぷうす蔵」。

「ういぴゃーうぷうす蔵」は、多良川の蔵元から150mほど離れた、神聖なウイピャー森のそばにあります。

寝かせるほどまろやかで味わい深くなる泡盛はこの天然の洞窟で熟成されます。

見学終了後は、多良川酒造本社の販売コーナーでショッピング。古酒の試飲も可能。さらに、限定販売の泡盛もあるので、お土産にする泡盛はここでじっくり選ぶのもよいでしょう。

多良川酒造(酒蔵見学)
住所/沖縄県沖縄県宮古島市城辺砂川85
電話/0980-77-4108
営業時間/10:00~16:00
定休日/日曜日、旧盆、年末年始、GW

まとめ

宮古島のショッピングスポットは充実。食材から衣料品、雑貨と色々揃っているので、ショッピング好きにはたまりません。

シッピングするものは、お土産に限ったことではなく、例えば、滞在中のコーディネートを家族で揃えてみるのも楽しいでしょう。

ぜひこの記事を参考にして、宮古島でのショッピングを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

宮古島の移動に便利!宮古島で呼べるタクシー会社7選

宮古島での移動は、主にレンタカ …