Home / マリンスポーツ / 宮古島で最高のダイビングをするための準備の進め方
沖縄  アクティビティ ダイビング

宮古島で最高のダイビングをするための準備の進め方

04dcbc2e6e4d3226847c4f0058e60a8d_s

宮古島はダイビングスポットとして絶好の一つです。しかしながらダイビングを楽しむ為にはそれに応じた準備が欠かせません。では宮古島で最高のダイビングをする為にはどのような準備が必要なのでしょうか。

今回は宮古島のダイビング情報と合わせて、ダイビングをする為の準便の進め方を紹介します!宮古島で最高のダイビングをするために、本記事と一緒に準備を進めていきましょう。

スポンサードリンク

1.宮古島の水温はどの程度になるか把握しよう

5645e50bde8315d26c3aefc62135227e_s

宮古島で最高のダイビングを楽しみたいなら、水温に注意を向けることが欠かせません。宮古島でも水温は、1月頃なら16度台まで下がります。これくらい水温が下がることをあらかじめ認識しておけば心構えができますよね。

その逆に7月など夏場の平均水温は26度台です。26度なら夏場に心地いい水温といえますよね。ちょっとしたことかもしれませんが、このような水温を把握しておくことは欠かせません。

水温を把握しておけば、寒い水中が苦手な場合、ダイビングは夏だけにしよう、などの判断ができますよね。逆に多少の冷たさが平気ならオフシーズンにダイビングを楽しむという選択もできるのです。

2.船酔いの予防の為に酔い止めを準備しよう

海とシーサー

宮古島でダイビングの準備をする際は、酔い止めは必ず用意しておきましょう。宮古島のダイイングスポットは港に近い場所に位置しているとは限りません。日によっては港から40分程度かかる場所でダイビングする場合もあります。

そういった港から離れたダイビングスポットへ行く際に、船酔いしてしまったらどうでしょうか。その後のダイビングが台無しになってしまいかねないですよね。その為荷物の準備をする際は、酔い止めを薬局で購入しておくことが欠かせません。

現地調達に不安を感じる方は、自分の体質に合う酔い止め薬を予め探して準備していきましょう。

3.マンタが見れるシーズンは限られていることを理解しよう

b268424d45cb5c14413e125520f561fc_s

宮古島のダイビングといえば、マンタが見れることで有名ですがマンタは一年中見れるわけではありません。実は5月~8月のオンシーズンを含む時期は、マンタの出現率は低くなるのです。その為マンタを目的に宮古島でダイビングする際は秋から春の時期がおすすめです。

このようにダイビングはどの時期に海に潜るかで、観賞できる生物が異なります。海の中で出会いたい生物がいる場合は季節が合っているかどうか、ということもしっかりと確認しておきましょう。

4.宮古島の主要なダイビングスポットについて事前に下調べしておこう

248930666c6b59650a6e1c70e74726d8_s

宮古島でダイビングすることを考えるならば、主要なダイビングスポットについての下調べも欠かせません。何故なら、宮古島は小さなエリアにいくつものダイビングスポットが密集しているからです。

それが魅力でもあるのですが、狭いエリアに様々なスポットがあるだけに、あらかじめ訪れたいスポットを決めておかなければ適切なダイビングショップ選びがそもそもできません。有名なダイビングスポットを押さえたい場合、「アントニオガウディ」「通り池」など名称だけでも把握しておくことが大切です。

5.宮古島でダビングする際は天候を含めて判断しよう

37be95ddd14943c2a6fa1af4c87842dd_s

宮古島でのダイビングは晴天の日が最高です。もちろんダイビングは曇り空や多少の雨でも実施可能です。どうしても雨が降った翌日や小雨の状態だと海水が濁ってしまいがちなのです。

そうなるとダイビングの楽しさが半減してしまいかねないですよね。その為宮古島でダイビングをする際は、天候を見極めることが欠かせません。台風シーズンは強風や雨の日がどうしても多くなりがちですよね。こういった時期を恣意的に避ける、というのも一つの選択です。

せっかく宮古島まで足を延ばすのであれば、晴天の中、透きとおる海中に潜りたいですよね。宮古島でダイビングする際は、天候のチェックはかなり重要なのです。

6.ダイビングショップは素人向けか、玄人向けかを見極めよう

846db01ac66c5adb12949337a587fb4c_s

ダイビングをする際にダイビングショップを利用することは欠かせませんが、ダイビングショップ選びは実はかなり重要です。少し考えてみていただきたいのですが、仮に玄人向けのダイビングショップに初めてのダイビングで申し込んでしまったらどうでしょうか。

何とかダイビングすることはできたとしても、他の参加者から白い眼で見られるリスクがありますよね。逆に玄人なのに初心者向けのダイビングショップを利用すれば、分かっていることを丁寧に説明されるなどの対応でストレスが溜まってしまうかもしれません。

その為ダイビングショップを探す際は、まずリサーチしているお店が素人向けか玄人向けかを見極める必要があるのです。

7.初心者の場合は少人数開催のツアーにエントリーしよう

c5e65d80ff729462e87a83f81183484a_s

初めてダイビングを経験する、という場合はできるだけ少人数制のツアーにエントリーしましょう。その理由は、人数が多ければ、それだけ目が行き届く範囲が広くなり、インストラクターがカバーしきれない可能性があるからです。

そういう時に新設な人が同行者でいれば助けてくれるかもしれません。しかしダイビングは事故が起きるリスクが常につきまとうマリンアクティビティです。できることなら、しっかりとプロに対応してもらいたいですよね。

その為ダイビング初心者、初めてではなかったとしても2回目、3回目の場合はできるだけ少人数のツアーを選びましょう。そうすることで安心を確保したダイビングが体験しやすくなります。

8.ダイビングショップはレベルごとにプランを分けているか見極めよう

2e7f49265bd39a710846c700fb677cf8_s

ダイビングショップそのものが、玄人向け、素人向けという風にはっきりと謳っているところはあまり多くありません。その為お店が玄人向けか素人向けなのかは、ネットよりも人から直接確認するのが一番です。

しかしながら宮古島に詳しい知り合いがいないことの方が多いですね。ではそういう場合、どのようなポイントでダイビングショップを見極めるべきなのでしょうか。それはプランがレベルごとに分けられているかどうかです。

具体的には「初心者向け」「ビギナー向け」「初心者歓迎」こういった文言が含まれているプランがあるかどうかをチェックしましょう。「玄人向け」というサービス名をつけているところはほとんどありませんが、「初心者向け」があれば、それ以外は基本的に中級者以上に向けて提供されているプランだと判断できますよね。

その為、ダイビングショップを選ぶ際はどのようなプランを提供しているのか、その内容まで細かく確認することが大切です。

9.ダイビングショップを選ぶ際は保険の有無も忘れてはいけない

767a36d24ef7f8954b2c535b315de0b9_s

ダイビングはダイビングショップでプロのインストラクターがついていれば、安心できるのは確かなことです。しかしながらどのようなマリンスポーツにも事故のリスクがゼロになることはありません。

実際に何かしらの事故に巻き込まれたことで、その後の人生が変わってしまうケースも少なくないのです。ではそういった事故への備えとしてはどのようなことが重要になるのでしょうか。それは保険です。ダイビングショップからツアーに申し込む際は、どのような内容の保険が備えてあるのか、しっかりとチェックしておきましょう。

10.ダイビングの準備は安全を第一に考えて取り組もう

いかがでしたか?ダイビングの準備は意識しなければならないことがいくつもあります。これらの準備を進める際のポイントは、全てを同時にやろうとしないことです。準備は一つずつ取り組んでいきましょう。そして安全を第一に考えた体調管理も忘れてはいけません。

ダイビング前にはしっかりとストレッチをしておくこと、ダイビングの数日前から、軽く運動をするなどちょっとした身体づくりについても意識することが大切です。これからダイビングの準備をする際は、まず酔い止めの薬を準備することから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

1.jpgリゾートホテル2

宮古島で一度は宿泊したいおすすめ人気ホテルランキング6選

“宮古ブルー”の海の美しさに代 …