Home / 沖縄観光 / 宮古島 / 宮古島の最新の天気の調べ方と天候の特徴、注意点
宮古島の海

宮古島の最新の天気の調べ方と天候の特徴、注意点

f3ca0792eb7dda8e1872cbdf26a691bf_s

宮古島への旅行を計画する際は、事前にしっかりと天候を調べることが大切です。何故なら、沖縄は季節によって台風や雨が降りやすい時期があるからです。

マリンスポーツやビーチバレー等、スポーツレジャーを目的に行く場合は、雨のせいでそれらの計画が台無しになってしまうリスクがありますよね。

そこで今回は宮古島の最新の天気の調べ方と、天気の特徴や注意点について紹介します。

スポンサードリンク

宮古島の天気の特徴を理解しよう

宮古島への旅行を計画するなら、台風がきやすい時期と雨が降りやすいシーズンは理解しておきましょう。特に台風に関しては気をつけなければいけません。

単純にレジャーを楽しめないだけでなく、船や飛行機の運行がストップして、旅行から戻ってこれなくなるケースも珍しくないからです。

しっかりと有給を確保して宮古島旅行をしたとしても、それにより勤務に支障が出てしまうと社内の評価も悪くなりかねないですよね。したがって宮古島旅行を計画する際は台風情報に敏感になるべきなのです。では宮古島に台風がきやすい時期はいつなのでしょうか。

それは9月です。しかしながら、あくまでもこれはきやすい、というだけで必ず毎年9月に台風がきているわけではありません。

7月や8月に台風が上陸することも珍しいことではないのです。その為、台風を意識して9月の旅行を避けたとしても、台風情報を旅行前にはチェックすべきなのです。

宮古島旅行と台風直撃が重なると旅行そのものが中止となる可能性がある

ではもし、宮古島旅行に台風直撃が重なるとどのような影響が考えられるのでしょうか。その一つは飛行機の欠航です。

飛行機が欠航してしまえば、そもそも現地入りができなくなるので、旅行そのものができなくなりますよね。その際に大切なのは、旅行会社からの連絡を待つことです。もし仮にあなたが飛行機の欠航情報をキャッチしたとします。

その情報を把握するのが旅行会社よりも早く、あなたが自分から旅行をキャンセルした場合、そこにはキャンセル料が発生します。しかもそれが当日であれば、かなり高い割合、例えば限りなく100%に近い支払いが必要となるかもしれません。

しかし同じ飛行機の欠航が理由であったとしても、キャンセルせずに旅行会社の対応を待てば、代替便を用意してくれる可能性があります。

またはキャンセル料無しで返金対応となるかもしれません。この辺りの細かい対応は、当然旅行会社によって異なるので注意が必要です。

ただ少なくとも、自発的にキャンセルした場合は、一般的な規約にそってキャンセル料の支払いが発生する可能性があるので注意が必要です。

宮古島で雨が降りやすい時期はいつなのか

宮古島には、東京のような夜中になっても明かりが灯り続けているような高層ビルはありません。また、24時間営業しているようなお店も極めて少数です。

その為、特別なスターゲイジングに出かけなくても、美しい星空を眺められる場合が少なくありません。実際に夜間は宮古島の星空を楽しみにしている、という人も多いのではないでしょうか。

しかし雲が出てきて、そこに雨が降れば、星空を眺めることはできなくなってしまいます。また日中のレジャーも雨が続くと、どうしても明るい気持ちにはなりにくいですよね。

宮古島旅行を計画する際は、できるだけ雨の時期を避けた方が、楽しめる可能性が高いわけです。では宮古島で雨が降りやすい時期、というのはいつ頃なのでしょうか。

それは5月、6月、そして9月と1月です。5月、6月は梅雨のシーズンなので、他の地域と同じように雨の量が多くなるのは想像できることですよね。

そして9月は台風がきやすい時期なので、仕方がないともいえるでしょう。しかし実は、これらの時期よりも1月は最も雨の日が多くなりやすいのです。

その為、1月に宮古島旅行を計画する際は、ある程度雨が降る日もあることを前提にしていた方が楽しめるかもしれません。

92b8efd951792671bc774cc3cc82b823_s

宮古島の最新の天気情報の調べ方

ここまでお伝えしたように、宮古島旅行を計画するなら、天気のチェックが欠かせません。では一体何を調べれば、最新の天気情報を確認できるのでしょうか。

それは沖縄に特化した天気情報を発信しているメディアです。テレビやラジオも天気情報を確認する為には効果的なメディアかもしれませんが、そこから天気を確認する際は、どうしても受け身にならざるを得ないですよね。

天気情報は天気予報の時刻にならないと確認できないからです。しかしそれがウェブメディアならどうでしょうか。リアルタイムに情報が更新されているだけでなく、確認したい時にスマートフォンからでも確認ができるわけです。

そこで次に、宮古島の天気情報をチェックするのに、適した天気情報サイトをいつくか紹介します。

気象庁よりも詳しい情報が確認できる!沖縄気象台

天気情報を調べる、となれば気象庁のサイトが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、それよりもより具体的な情報が確認できるサイトがあります。

それは沖縄気象台です。沖縄気象台は、民間の運営ではなく、気象庁と同じく公的な組織の管轄なので、信頼性が高い情報源だと言えるでしょう。

そして何よりのポイントは警報の発令が即刻確認できることです。台風等の災害情報に関する警報の判断は、気象庁が行います。その為、民間の気象を観測する基幹がどれだけ危険性を感知したとしても、それを発表できるのは気象庁だけなのです。

したがって、沖縄気象台であれば天気情報を確認だけでなく、災害情報も確認できるわけです。特に、8月~9月頃に沖縄旅行を計画する場合は、要チェックのサイトだと言えるでしょう。

日本気象協会が運営しているtenki.jp

気象庁ほどの信頼性はないかもしれませんが、様々なメディアに情報を提供しているのが、日本気象協会です。

この日本気象協会、現在は民間の団体ですが、元々は公的な法人です。したがって他の民間団体が発信する情報よりも信頼性は高いと言えるでしょう。

またこのサイトの注目すべき点は更新頻度です。何とエリアごとに、1時間単位で更新されているのです。そしてSNSを介しての情報発信も行っているので、いちいちサイトまで飛ぶのが面倒な場合は、SNSのフォローも検討してみてはいかがでしょうか。

現地のリアル情報が確認できるウェザーニュース

天気の観測と言えば、基本的に気象台から雲の動きや大気の流れを観測するわけですが、このウェザーニュースはそういった観測とは違った観測方法を実施しています。

それはウェザーニュースの会員となっている協力者の生の声です。ウェザーニュースの会員がリアルタイムに寄せる天気の情報を元に、情報を発信しているのです。

したがって、高い降水確率にも関わらず雨が降らない、もしくは降水確率が低いにも関わらず雨が降った、というよくある矛盾を限りなく少なくしています。

ある意味では気象庁が発信するものよりもリアルな情報と呼べるかもしれません。今の空模様、今の天気が知りたい場合は欠かせない天気情報サイトの一つです。

5ccf5b36726c311838faceea7a7ec660_s

宮古島旅行を計画する際は天候や時期に配慮しよう

ここまで、宮古島の気候や最新の天気の調べ方について紹介しましたが、いかがでしたか。宮古島はかなり南に位置していることもあり、独特な天候です。

特に台風には注意しなければ、ケガや事故に巻き込まれるリスクはゼロではありません。宮古島は大自然を満喫できる最高の旅行先ではありますが、それを楽しむ為には自然や天候の脅威も理解しておくことが大切なのです。

スポンサーリンク

Check Also

ターコイズの海

沖縄のおすすめ離島11選を目的別にリサーチ!

目次 初めて行くのにおすすめの …