Home / 沖縄グルメ / 名護市の観光スポットとグルメ特集!名護のいいとこ全部見せます!
boat_beach

名護市の観光スポットとグルメ特集!名護のいいとこ全部見せます!

あなたは、沖縄本島北部にある名護市をご存知でしょうか?2000年に行われたサミットの舞台にもなり、いちやく有名になったところで、観光地として人気のある今帰仁村や恩納村もすぐ近くです。沖縄県の総面積の約9%を占める大きな市でもあります。

ここでは名護市の概要、アクセス、イベント、観光スポット、グルメについてご紹介します。

スポンサードリンク

名護ってどんなところなのか

beach

名護市へのアクセス

沖縄本島北部にある名護市へは、那覇空港から高速道路を利用して1時間30分、一般道なら2時間15分かかります。空港からは高速バスと路線バスが出ており、料金は2,190円と2000円で、190円しか違わないので、早く行くならだんぜん高速バスがおすすめです。

沖縄県北部「やんばる」の玄関口

沖縄本島北部は山原と書いて「やんばる」と呼ばれています。おおむね、名護以北の地方を指す沖縄の方言です。そのため、名護は「やんばる」の玄関口だと言われています。やんばるは、沖縄本島の中でも自然が豊かでワイルド、亜熱帯の豊かな森が広がる地域です。

郊外と市街地の魅力

名護の郊外は東西を囲むように海が広がっています。太平洋と東シナ海の両方を臨み、名護岳、多野岳、嘉津宇岳など、多くの山々が連っており、沖縄の原風景が感じられる自然が残っています。シークワーサーの産地である勝山、トレッキングを楽しめる滝などもあり、自然とともに楽しむこともできます。

一方で市街地には有名な「ひんぷんガジュマル」という、樹齢300年のカジュマルの大木があり、パワースポットとして人気があります。

名護市開催のおすすめイベント

bc0715326312e9397969b90c834ed2a6_s

名護さくら祭り

名護をはじめとした沖縄の桜は、本土で見る桜とは異なり、色の濃い寒緋桜で日本ではじめに見られる桜だと言われています。毎年1月下旬の土日には桜まつりが行われます。

名護中央公園には2kmも桜並木が続く遊歩道があり、県内最大のカンヒザクラの名所と言われています。この中央公園の他には、なんぐすく(名護城趾)など、名護市内が会場となって本土よりも一足早い桜を愛でることが出来ます。

名護夏まつり

毎年7月最後の土日に行われる、名護の夏祭りは、キッズダンス、浴衣コンテスト、歌の会、ライブ公演などが行われ60店舗もの屋台が立ち並びます。別名ビールまつりと呼ばれているように、ビールの祭典でもあります。また、フィナーレを飾る花火大会は、スケールが大きく、近隣都市からも訪れる人も多いイベントです。

名護市青年エイサー祭り

沖縄といえば、青年が太鼓を叩きながら踊る、勇壮なエイサーも有名ですが特に名護のエイサーは人気があります。

毎年9月の秋分の日に、21世紀の森公園野外ステージで開催されます。太鼓を力強く叩くたくましい青年エイサーの他に子供エイサーもあり、子供会や幼稚園児の一生懸命なエイサーに心がなごみます。

名護の観光スポット5選

17e72563f840d7f9c95400fb5a5e8cc6_s

①パイナップルパーク

巨大なパイナップルのモチーフが目を引く、パイナップルパーク。小ぶりですが甘みが強く、味が濃厚な沖縄のパイナップルは美味しいと有名で、名護市にあるパイナップルパークでは試食やジュースの試飲もできます。

パイナップル型の車に乗って、パイナップルの歴史などの説明を聞きながら園内を巡回。年中ある、身近なフルーツですが、種類が2000種類もあり、食べられるものはそのうち200種など、実は知られてないことも多いのです。

②オリオンハッピーパーク

沖縄の地ビール「オリオンビール」の工場見学や試飲ができる「オリオンハッピーパーク」。施設内には、歴代の缶デザインが展示され、麦芽やホップの香りを体験したり、仕込み釜のようす、濾過や詰め作業を見学したりしたあと、1人2杯まで、新鮮なできたて「オリオンビール」が試飲できます。

また、「オリオンビール園 やんばるの森」というレストランも併設されているので、ビールと共におつまみもオーダーすることができます。(有料)

③道の駅許田

なんと全国の道の駅の中でも1位に輝く「道の駅許田」。

マンゴやドラゴンフルーツ、パイナップルというフルーツの他、サーターアンダギー、沖縄ステーキ、沖縄天ぷらといったグルメ、北部12市町村のお土産ものなどが並び、観光ガイドが常駐し、オリジナル観光プランを作ってくれるコーナーなどがあり、いたれりつくせりな道の駅で、1位に選ばれた理由もうなづけます。

また、美ら海水族館や今帰仁城などの有名スポットのチケットもお得に買えるスポットでもあります。宝くじ売り場では、高額な当選金が出ることもあるため、遠方から買いに来る人もいるそうです。

④幸喜ビーチ

有名な喜瀬ビーチと繋がった幸喜ビーチの長さはなんと1km。天然の自然とカーブが残る、美しいビーチです。砂浜の奥には木陰もあるので、強烈な沖縄の日差しを避けて涼むこともできます。近くにホテルもあるので、マリンスポーツの器具もレンタルできます。

⑤ブセナ海中公園

沖縄でも5本の指に入る、有名な観光スポットである「ブセナ海中公園」は、名護市の許田インタージェンジより5分のところにあります。沖縄本島唯一である、海中展望塔は有名で、カラフルな魚をたくさん観察することが可能です。また、ユニークなクジラ型のグラスボードもマストで乗船してみたいところです。

台風の通り道として有名な沖縄ですが、天候に左右されずに服を着たまま海中を観察できる貴重なスポットとして観光客に人気があります。

名護のおすすめグルメ5選

07db291c0421cf133d73a569baac9e67_s

①オリオンビール

沖縄を代表する地ビールといえば「オリオンビール」。沖縄でビールに適した軟水が得られる名護市に工場をかまえるビールで、50年以上の歴史があります。もともとは、米軍の統治下の時代に商工会議所の総会で提案された沖縄の産業としてビールが選ばれたことから、オリオンビールの歴史ははじまります。

オリオンとは、当時の米軍の最高司令官の象徴が「スリースター」であったことから、3つの星が並ぶオリオン座がモチーフに選ばれ、「オリオン」と名付けられました。

②泡盛

沖縄のお酒といえばなんといっても有名なのが泡盛。名護では、津嘉山酒造所とヘリオス酒造という、2大泡盛メーカーがあります。中でも津嘉山酒造所は、沖縄でも唯一、戦前の姿を残しているといわれる酒造所で、赤屋根の沖縄民家のようなところで泡盛「國華」を製造しています。

なお、この建物は重要文化財に指定されているそうです。

③やんばるスパイス

インドやバングラデシュと同じ緯度にある沖縄北部で、新しい名物をつくろうと立ち上げられたのがこの「やんばるスパイス」。うこん、島唐辛子など原料の半分以上が沖縄素材で作られ、それにターメリックやチリペッパーを混ぜて作られます。

コンパクトでユニークなパッケージなので、お土産にもぴったりです。

④新山そば

新山(しんざん)そばとは、ヒンプンガジュマルの近くで、入り組んだ路地の一角の新山食堂にあるそばで、沖縄そばをはじめ、そば定食、おしんこ、新山そばなどのそばのバリエーションもあります。

「てびちそば」とも呼ばれ、肉や野菜がバランスよくトッピングされたヘルシーフード。創業100年以上の老舗の味を味わいたなら、新山に行け!と地元でも言われているそば屋てす。

⑤沖縄ぜんざい

沖縄のぜんざいは、本土のものとは少し違い、黒糖で煮て冷やした金時豆や小豆をかき氷を上にトッピングしたりして食べられます。中には黒糖アイスミルク、黒蜜きなこなどおしゃれなものもあります。

代表的な店は名護市のブラジル食堂、パーラーバオバブ、369 farm cafeなどで売られています。

まとめ

68f207351e19d0904a9cfb500c94a04f_s

いかがだったでしょうか?沖縄/名護の基本情報からアクセス、イベントや観光スポット、そしてグルメについてご紹介しました。今や外国人観光客も多い沖縄ですが、もっともっと外国人化に対応して複雑になっていくと考えられます。

特に北部はまだ手付かずの自然が残っているエリアですので、観光客が押し寄せる前に是非体験しておきたいエリアですね。

スポンサーリンク

Check Also

pineapple

パイナップルハウスで沖縄特産のパイナップルを堪能しよう!

沖縄といえばトロピカルフルーツ …