Home / 沖縄ホテル / 名護の部瀬名岬近くに建つ高級リゾートホテル「ザ・ブセナテラス」の魅力
2jpgリゾートホテル1

名護の部瀬名岬近くに建つ高級リゾートホテル「ザ・ブセナテラス」の魅力

沖縄NO1ホテルとの呼び声が高い、高級リゾート「ザ・ブセナテラス」を知っていますか?

沖縄県北部の名護市部瀬名岬に建っており、岬全体を使って「自然との調和、自然への回帰」をコンセプトに、ゆとりある建物配置をしています。広大な敷地内には、レストラン、コンビニ、プライベートビーチやプール、ジャグジー、エステなどが用意されており、敷地内をシャトルバスで移動します。

そんな日本屈指の高級リゾートホテル、「ザ・ブセナテラス」の魅力をまとめてみました。

スポンサードリンク

1.客室の種類が豊富

 

ザ・ブセナテラスの総客室数は410室で、そのうち18室は独立したコテージ棟になっています。

スタンダードフロアには、36㎡のデラックスナチュラル、それより広めのデラックスエレガント、メゾネットタイプの部屋に、72㎡で専用ジャグジーが付いているガゼボテラスの4タイプが基本となり、それぞれガーデンビューとオーシャンビューを選択することができます。

チェックインや軽食サービスのある、専用クラブラウンジを利用できるクラブフロアのお部屋は、全室オーシャンビューで、43㎡のクラブエレガント、70㎡以上のクラブスイート、テラススイートの3タイプがあります。

2000年のG8首脳サミットに合わせて作られた、クラブコテージは、全室スイート仕様。二階建てコテージの二階にあるデラックススイートは65㎡の広さがあり、テラスからは一面に広がるエメラルドグリーンの海を眺めることができる。

コテージ1階部分は、スーペリアスイートで、ガーデン部分にはプライベートプールが設置されています。ラグジュアリースイートは、一戸建てのヴィラタイプ。もちろんプライベートプールも設置されており、その名の通りラグジュアリーな時間を過ごすことができます。

リビングルームとベッドルームを2棟に分けた、プレジデンシャルスイートは123㎡もの広さがあり、部屋から、サンセットを臨むことができます。また、青い海を見ながら入れるプライベートプールは十分な広さがあり、日本ではないようなリゾート感を味わうことができるお部屋です。

ブセナテラスでは、たくさんの種類のお部屋タイプが用意されているので、その時のメンバーやスケジュール、予算に合わせて、都合のよい部屋をセレクトすることができるのが魅力です。

2.多彩なレストラン

ブセナテラスには、10店のレストランに、ラウンジバーが4店あるほか、季節限定でプールサイドバーなども営業しています。

メインダイニング「ファヌアン」は、県産食材を使ったコンチネンタル料理で、海を臨むテラス席などリゾートの開放感を味わいながら、食事を楽しむことができます。原則小学生未満の子供は入れないので、ゆったりとした大人の時間を過ごすことができるダイニングです。

鉄板焼きレストラン「龍潭」は、各テーブルの中央に設置された鉄板を利用し、目の前でシェフが調理する臨場感と、県産和牛やシーフードなど厳選された素材を使った鉄板焼きを楽しめます。デザートは場所を変えて、海を臨むテラスで頂けるのも素敵です。

他にも、海が見えるテラスで、ビーチサイドバーベキューを楽しめるバーベキュー場や、ディスプレイされている旬の魚介類を選んで料理してもらえるシーフードレストランのほか、和食、イタリアン、中華などのレストランがあり、その日の気分に合わせて、お店を選ぶことができます。

レストラン以外に、お酒を楽しめるお店もあり、ジャズやアメリカンポップスなどのライブ演奏を楽しめるファンパブや、県産の泡盛や泡盛の古酒、泡盛を使ったカクテルなどを楽しめるクースバー「抱瓶」
など、大人のリゾートナイトを満喫できるお店も充実しています。

3. 全長760mのロングプライベートビーチ

全長760mのプライベートビーチを有しており、エメラルドグリーンの海と白い砂浜をゆったりと満喫することができます。ホテル宿泊者は、タオルやパラソルなどが無料で使えるのも嬉しいポイントです。

遊泳区域にはネットが張ってあるので、ハブクラゲなどの危険生物の心配もなく、遊泳期間中は、監視員が常駐しているので、安心して泳ぐことができます。小さなお子様連れにも安心ですね。

4.室内外にあるプール

 

屋外プールはホテル本館に面していて、上と下の2つがつながっています。下段にはウォータースライダーもあり、 ファミリー層が多く利用しています。ビートバンや子供用のライフジャケットの貸出が無料なので、お子さん連れでも楽しむことができます。

プール上段は、大人の利用が多く、ゆったりとしたリゾートタイムを楽しむことができます。プールサイドバーもあり、サンセットタイムには、生演奏が行われるなど、プールに入らなくてもリゾート感を満喫できます。

屋内プールが、屋外プールのすぐ近くにあるので、急なスコールの時などには、屋内プールに移動して楽しむといった使い方もできます。

屋内プールはオールシーズン営業しており、子供用の水深が浅いも併設されています。こちらでも、ビート板や遊具をレンタルすることができます。

5.アクティビティが豊富

b8bf8b3ded876fe757c69a9dcf8f4409_s

 

ブセナテラスでは、青い海はもちろん、山や川など沖縄の自然を満喫できるアクティビティを数多く楽しむことができます。

シュノーケリングにダイビング、ヘルメットのようなマスクをかぶって、水中を歩けるマリンウォークなどのアンダーウォータープログラム。

クルージングにカヌーやシュノーケリングを組み合わせたツアーを始め、サンセットクルーズや、船上でのランチを楽しめるピクニッククルーズ、満点の星空を楽しめるナイトクルーズなど一日を通して楽しむことができます。また、釣りやパラセーリングなどのアクティビティも楽しめます。

マリンジェットや水上スキー、ドラゴンボートなどのプログラムのほか、GoogleのCMで、「水圧で空を飛ぶ」と話題になったXジェットパックも楽しむことができます。

マリンアクティビティ以外に、カヌーで行くマングローブツアーや、リバートレッキング、ヨガやストレッチ、パターゴルフにサイクリングなど多彩なプログラムを楽しむことができます。

6.雨でも楽しめる施設がたくさんある

05c2059af1233536fd5aaf255e8e6a78_s

 

せっかくの沖縄旅行なのに雨が降ってしまって、予定していたスケジュールが台無しになってしまった。そんな残念なことにならないのが一番ですが、お天気ばかりはどうすることもできません。

ブセナテラスに宿泊していれば、雨で予定が変わってしまっても楽しめる施設が充実しているので安心です。

まず、室内プールなら雨でも問題なく楽しむことができます。オールシーズン運営しているので、冬場にプールを楽しむこともできます。

スパや大浴場にエステやマッサージも充実しているので、マッサージを受けてリフレッシュして、日ごろの疲れを癒す、リラックスタイムに充てるのも素敵です。

敷地内にあるクラフトハウスでは、陶芸やガラス彫刻、沖縄の染め物「紅型」、シーサー作り、トンボ玉教室などを行っているので、旅の記念になる一品を作成してみては?小さいお子さんでもチャレンジできるものもあるので、ご家族連れにもおすすめです。

ザ・ブセナテラスの魅力についてまとめてみました。いかにもリゾートといった開放感ある素敵なゲストルームに、多彩なレストラン、プライベートビーチにプール、多数のアクティビティなど、一泊しただけでは楽しみきれないほど充実した施設がそろっています。

ブセナテラスに泊まって、充実のリゾートタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

1jpgリゾートホテル

那覇で宿泊するならここ!那覇の人気ホテルランキング6選

空港や、国際通りをはじめとした …