Home / 沖縄観光 / 小浜島 / ハンモックで揺られながら日本一の星空を見れる沖縄の名スポット
2.jpgハンモック・リゾート

ハンモックで揺られながら日本一の星空を見れる沖縄の名スポット

1.jpg天の川

沖縄のネオン煌めく都会を一歩離れれば、そこには満天の星空が広がっています。

中でも、石垣島に代表される八重山諸島は、日本で1番赤道に近い、上空の空気が澄んでいる、大気の揺らぎも少ない、という条件が揃い、とても綺麗な星空が見られることでも知られています。世界共通の88星座の内、84星座が見られるとあって、その美しさは日本一とも言われています。

本州では見ることができない南十字星や、「これぞまさしくmilky way!」と感動してしまう雲のように広がった天の川などが頭上に輝き、時を忘れて見入ってしまうほどです。

天体観測ツアーなども多数行われておりますが、のんびりハンモックに揺られながら、極上の星空を堪能してみませんか?慌しい日常を忘れて、宇宙に浮かんでいるようなリラックスしたひとときを過ごすことができますよ。

“日本一の星空”と言われている星空を、ハンモックで揺られながら堪能できる名スポットをご紹介しますね♪

スポンサードリンク

1.はいむるぶし

八重山諸島のひとつ、小浜島にあるリゾートホテル「はいむるぶし」。ちょっと耳慣れないホテル名ですが、八重山地方の言葉で南群星を意味します。南群星は南十字星を中心とした南に群れている星のことで、星に由来したロマンティックなネーミングなんです。

実はこちらに、ハンモックで揺られながら星空を眺めることができる名スポットがあります!その他はいむるぶしのおすすめポイントもご一緒に紹介しますね。

はいむるぶしビーチ

はいむるぶしの中でも、南に面したこちらのビーチから眺める星空が最も美しく見えると評判です。こちらのビーチにはハンモックが設置され、頭上には遮るものが何もなくただただ満天の星空が広がっています。

ゆらゆらと揺れるハンモックからゆったりと星を眺め、潮騒の音に身をゆだねる時間は何物にも代えがたい極上の贅沢です。日頃の慌しい日常をすっかり忘れさせてくれます。

八重山諸島では12月中旬から6月初旬にかけて南十字星を見ることができ、夏には天の川を見ることができます。時期によっては見事な流星群を見ることもできますので、天体観測情報をチェックして宿泊してみるとよいのではないでしょうか。

オーシャンビュースィート

2.jpgハンモック・リゾート

はいむるぶしのゲストルームのひとつ、オーシャンビュースィートのテラスもご紹介したい名スポットの1つです。こちらのテラスにはソファーとハンモックが設置されており、宿泊者は好きな時間に好きなだけ星空を眺めることができます。

カップルやお友達同士、またはひとりで星空を眺めたい方にはこちらもおすすめです。

驚きの充実ぶり!一大リゾート施設

はいむるぶしには、夜に眺める星以外にもたくさんのおすすめポイントがあります。

敷地内にはビーチはもちろん、プール、大浴場、スパ、テニスコート、ゴルフ場、さらには牧場まであり、大人から子どもまで、1日中楽しめてしまう、まさに夢のリゾート空間です。ダイビングやカヌー、釣りなど多数のアクティビティの手配もしてくれます。

長期滞在でも快適に過ごすことができるように設備やアメニティなども配慮されていますので、夏休みや冬休みなどの長期休暇期間に連泊して思いっきり楽しんでみるのもおすすめです!

住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜2930
電話番号:0980-85-3111
アクセス:石垣空港~石垣港(バス40分またはタクシー25分)→石垣港~小浜港(定期高速船25分)→小浜港~はいむるぶし(無料送迎バス5分)

2.ホテルアラマンダ小浜島・ホテルニラカナイ小浜島

同じく小浜島にあるリゾートホテル、ホテルアラマンダとニラカナイは同じ敷地内にありながらエリアが分かれており、それぞれゲストルームに違いがあります。

アラマンダは全室スィートルームのラグジュアリーなリゾートホテル、ニラカナイはアジアンテイストの癒しとシックがテーマのリゾートホテルとなっています。お好みやシチュエーションによって選ぶことができます。

こちらにも、ハンモックに揺られながら星空を眺めることができる場所があるのです!

ティンガーラハンモック

天の川

「ティンガーラ」とは沖縄の方言で「天の川」の意味です。日没後、大きなハンモックが連なる中で好きな時間に好きなだけ星空を眺めることができます。ランタンのほの温かいあかりのほかは、頭上に瞬く星の光だけ、というロマンティックな空間となっています。

ハンモックは2人で寝っ転がれる大きさなので、カップルや仲の良い友人同士で楽しむのにもおすすめの名スポットです。ゆらゆらとハンモックに揺られながら、大切な人と星を静かに鑑賞してみてはいかがでしょうか。

1年を通して楽しむことができますが、夏は晴天の日が多く、1年で1番星がよく見える時期となっていますので、ティンガーラを見に訪れてみてください!

ティンガーラロマンティック

3.jpg浜辺のランタン

ホテルアラマンダ・ニラカナイではハンモックで星空を楽しむほかに、ビーチでも同じく星空が楽しめます。砂浜にランタンが連なり、満天の星空と潮騒の音が相まって何とも美しく幻想的な雰囲気を創り出しており、こちらもおすすめです。

ランタンを片手に、大切な人とゆっくり星空を眺めながら夜の散歩を楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。

住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
電話番号:0120-153-070 (9:00 – 18:30)※宿泊予約
アクセス:石垣空港~石垣港(バス40分またはタクシー25分)→石垣港~小浜港(定期船30分)→小浜港~ホテルアラマンダ小浜島・ホテルニラカナイ小浜島(無料送迎バス10分)

3.ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

沖縄本島から約50分の石垣島に佇むリゾートホテルです。石垣島は八重山諸島の中心地であり、最もポピュラーな離島として知られています。

敷地内にはプール、スパ、ゴルフコースなどがあり、多数のアクティビティの受付もしています。中でもホテル前のマエサトビーチに夏に出現する「マエサトオーシャンパーク」はトランポリンやシーソーなどで遊ぶことができ、まさに海に浮かぶアスレチック!子どもに大人気の施設となっています。

こちらのホテルのハンモックは、先に紹介した2つのホテルとはちょっと違った雰囲気ですよ♪

レンタルハンモック

こちらにあるレジャーハウスでは、ランタン付きのハンモックセットをレンタルしています。レンタルした日の翌日9時まで借りることができ、料金は1,500円です。これさえあれば、好きな場所で好きなようにハンモックに揺られながら過ごすことができちゃうわけです!

昼間は木陰でハンモックに揺られながら読書を楽しんだり、お昼寝したりして過ごせます。夜になれば、庭やビーチなどで日本一と言われる星空を思う存分眺めることができます。誰にも邪魔されない、自分だけの名スポットを探してくださいね。

南の島の星空ツアー

4.jpg月と海

星について詳しく知りたい方は、星空ツアーに参加してみるのもおすすめです。料金は中学生以上2,000円となっています。

月・水・金・日の週4日、ホテル前のマエサトビーチにて天体観測を行っています。石垣島スターガイドさんが星空の見方や星の説明をしてくれるので、初心者の方も楽しめると人気のアクティビティです。

このツアーに参加して星について学んだ後に、一人静かにハンモックに揺られながら星空観賞をするのもいいですね。

住所:沖縄県石垣市真栄里354-1
電話番号:0980-88-7111
アクセス:石垣空港より路線バス(準急20分・通常30分)またはタクシー・車(20分)

まとめ

5.jpgハンモック・ビーチ

ハンモックに揺られながら日本一の星空を見れる沖縄の名スポットについて3つご紹介しましたが、気になったものはありましたか?いずれも宿泊施設内のスポットなので、宿泊してゆっくりと楽しんでいただくのがおすすめです♪

ハンモックに揺られる心地よさと美しい星空で、極上の癒しを体験してくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

5

穏やかな時が流れる「小浜島」で絶対外せない人気観光スポットランキング

小浜島は、八重山諸島の中でも人 …