Home / 沖縄観光 / 雨の日でも沖縄を満喫できる人気穴場スポット4選
05

雨の日でも沖縄を満喫できる人気穴場スポット4選

短い雨の多い沖縄

沖縄の梅雨は例年5月上旬から6月中旬まで。沖縄の梅雨の特徴としては、一日中シトシトと雨が降り続く事は少なく、「突然ザーッと降りパッとやむ」というのが日に何度かあるという事が多く、梅雨の時期でも雨と雨の合間には日が差す事も珍しくありません。更に、夏場には夕方の数分間、晴れているのにザーッと降ってパッとやむ「スコール」がある日も多く、せっかくの沖縄旅行中にあいにくの雨が降っしまう事もあるかもしれませんが… 雨の日でも沖縄を楽しめる人気スポットをご紹介します。

01
出典:photo-ac

スポンサードリンク

HAPINAHA

2015年 那覇市国際通りの旧沖縄三越跡に、体験型エンターテイメント観光商業施設「HAPINAHA(ハピナハ)」が新名所としてオープンしました。1階~6階建てで、1階は、「森永製菓」や「おやつカンパニー」「栗山米菓」など沖縄初のアンテナショップがあり、オリジナルハイチュウを作ったり、オリジナルのばかうけ煎餅を自分で焼いて味付けする事ができたり、ベビースターラーメンのアレンジ料理の食べられるブースや、沖縄のお土産を購入できるショップなどがあります。

2階には、コスメブースや飲食店などがあり、3階は、吉本興業13番目の常設劇場「よしもと沖縄花月」があり、365日お笑い芸人のライブが楽しめます!4階~6階には、登場人物がすべて芸人という3フロアを使った巨大な「沖縄おもろおばけ屋敷」があります。沖縄三越の跡地というシチュエーションを大いに活用した、デパートの売り場がテーマのお化け屋敷で、吉本興業が運営しているということもあり、恐怖・驚き・緊張・難解な謎解きと意外なゲームや思わず笑っちゃうイタズラまで30分余りで体験できる、新しいエンターテインメント施設です!

国際通り沿いにオープンした新名所「HAPINAHA(ハピナハ)」。お買いものの途中で雨に降られてしまった時などに立ち寄るにはとても便利な場所にあるので、是非一度足を運んでみてください!
住所: 沖縄県那覇市牧志2丁目2-2-30
TEL:098-862-5111

02
出典:hapinaha

体験王国 むら咲むら

沖縄中部 読谷村にある【むら咲むら】は、沖縄の文化や伝統を体験するプログラムから、体を動かすスポーツ系など、圧倒的な体験メニュー数を誇る観光施設。1万5千坪の敷地内に32の工房があり、体験できるメニューは101種類!室内の作業が多いので、雨の日でもゆっくり過ごす事ができます。

沖縄の伝統工芸である 「シーサー作り」「やちむん(焼物)」「吹きガラス」「紅型(びんがた。沖縄伝統の染め物)」「花織」「藍染め」などの体験メニューや、「びん玉編み」「シェル(貝殻)アート」「ビーチクラフト」など 日常に取り入れやすい小物を作るメニューなどもあり、お土産にもぴったりな自分だけの作品を作ることができる他、「琉球舞踊」や「エイサー(演舞)」「沖縄空手」に「サトウキビや紅芋の収穫」「沖縄そば打ち」「ちんすこう(菓子)作り」などの他では体験できない少し変わった体験メニューもあります!

むら咲むらには女性を中心に地元の人たちが数多く関わっていて、沖縄料理と琉球舞踊を教えられる人や歌三線が得意 という人がスタッフ登録しているので、体験プログラムを通じて地元の人と交流することが出来るのも魅力の一つです。沖縄の三線(さんしん)を組み立てて工作できる「カンカラ三線作り&三線教室体験」では、作りながら地元の人に弾き方を教えてもらえたり、「伝統料理」や「お菓子作りなど手作り料理体験」などでは、地元の人から本場の味を教えてもらえるなど、ここでしか経験出来ない事が沢山あり、小さなお子様から年配の方まで楽しめるおすすめの施設です。
住所: 沖縄県中頭郡 読谷村高志保1020-1
TEL:098-958-1111

03
出典:murasakimura

オリオンビール工場見学

大人同士の旅行なら、【オリオンビール】の工場見学もオススメです。沖縄本島北部にある工場見学施設「オリオンハッピーパーク」は、2011年に名護工場の見学施設がリニューアルしてスケールアップした施設。沖縄を代表するオリオンビールの工場見学や試飲を通して、オリオンビールのことを深く知ることができるとジワジワと人気が高まってきています。こちらでは、9:20開始の初回から最終受付16:40まで 日に数回、毎日見学ツアーを行っており、比較的当日予約でも見学する事ができます!見学料は無料で、おいしいオリオンビールが出来るまでの主な工程を見学でき、見学の後には出来たて新鮮なビールを試飲する事ができます。

所要時間は見学40分、試飲20分の約60分。55年を超えるオリオンビールの歴史をさかのぼり、時代を彩った歴代の缶やビンの展示を通してその変遷を見る事ができたり、オリオンビールの8つの製造工程<原料・粉砕><仕込み><発酵><貯酒><ろ過><詰め><製品検査><出荷>を、解説員の方の解説を聞きながら順に追っていくことができます!様々な過程を経て、時間をかけてゆっくりと熟成され調和のとれたおいしいビールができあがるまでの全工程を目の前で体感できる楽しいツアーです!

見学の後は、「オリオンビール園 やんばるの森」に移動して試飲タイム!専門のスタッフが出来たて新鮮なビールを注いでくれます。試飲に合わせて料理をオーダーすることもでき、沖縄の食材を中心にビールにぴったりの軽食から本格中華までバラエティー豊富なメニューが揃っています。週末や祝日のランチタイムにはバイキングも行っており、幅広い客層に人気のレストランです。隣には、土産を買うのにおすすめな「オリジナルグッズショップ」があり、この場所でしか手に入らない様々なグッズが沢山揃っています。中でもTシャツの種類が豊富で、他で見かけない素敵なデザインのオリジナルTシャツがあるので、お土産やご自分用に購入されてはいかがでしょうか?
住所: 沖縄県名護市東江2丁目2-2-1
TEL:0980-54-4103

04
出典:ameblo

イオンモール沖縄ライカム

沖縄本島中部地区の北中城村に2015年4月にオープンした【イオンモール沖縄ライカム】は、売り場総面積78,000㎡(東京ドーム3.5個分)の広さを有し。地上5階建ての建物には230店舗ものテナントが入った巨大なショッピングモール!「ショッピングをはじめ文化の発信や日本・沖縄発の本格的な食のエンターテイメントを提供する事で、アジアNo1のリゾートモールを目指す」というコンセプトのこの施設は、本棟の正面玄関にはヤシの木が立ち並び、リゾートホテルを思わせる豪華なゲートや、外装デザインには沖縄の伝統的な赤瓦をイメージした装飾が施されており、巨大なシーサーが出迎えてくれる沖縄らしい外観になっています。

この巨大なショッピングモールには、沖縄のデザイナーによるファッションブランド【YOKANG】【RUN OKI】【t-guma】【Habbox】を扱う店舗や、47の泡盛酒造所から約1,300種類の泡盛が揃い、試飲しながら選ぶ事ができる【イオンリカー】など、観光で訪れる方にも楽しんでいただける、沖縄ならではのショップも沢山あります!【わしたショップ】や【南々風】【ぴにおんアンテナショップ】【美ら音.net】などでは民芸品や雑貨・琉球コスメなど沖縄ならではの品物を多く扱っていますので、旅の思い出の品やお土産物を探すには最適です。もう一つのおすすめは、スペースがとても広くとられている イオンの食品館です。地元の人々が普段利用するスーパーとしての役割も果たしているので、地元食材やお菓子・県産品など地元のスーパーならではの商品を探して散策してみても楽しめると思います!
住所:中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業区域内4街区
TEL:098-930-0425

05
出典:rikkadokka

雨の沖縄で新な発見!?

せっかくの沖縄旅行の際に、万が一雨が降ってきてしまっても 沖縄の伝統文化を間近で感じたり、伝統工芸を体験したり、美味しい物を食べながらのんびりしてみたり。雨だからこそ!行ってみようという場所で思いがけない発見や出会いがあるかもしれません! 他県とは違う降り方をする沖縄の雨の日も楽しんでみてください!

スポンサーリンク

Check Also

sea-946858_960_720-1-1-660x330

久米島観光に行くなら宿泊してみたいおすすめホテル

沖縄諸島の中では、もっとも西に …