Home / 沖縄土産 / 沖縄のお土産に紅型はいかが?伝統染め物の紅型の魅力
a0070_000266

沖縄のお土産に紅型はいかが?伝統染め物の紅型の魅力

【紅型】とは、約500年前の琉球王国時代から受け継がれてきた、伝統工芸の染め物です。琉球王朝時代紅型の着物は王族や貴族の衣装として使われ、上流士族婦人など若干名のみが着用を許される特別な衣装でした。また琉球舞踊の衣装として現代も目にする事ができます。最近では伝統的な貴族の衣装で結婚式を挙げる「琉装ウェディング」も注目されています。

スポンサードリンク

南国ならではの色と柄が特徴

紅型は、南国独特の模様柄がとても印象的な染め物で、全て自然の素材で作り上げられます。「顔料」で染めている為、発色が独特で沖縄の強い日差しに非常に映える鮮やかな色に仕上がります。色彩や繊細な模様は種類も様々で「花・蝶・鳥・」などが使用される事が多いのですが、最近では現代風にアレンジされた様々な模様があり、まるで沖縄の自然を映し出したかのような素敵な柄を目にする事ができます。

02

身近な存在にアレンジされた紅型

とても素敵な紅型ですが、紅型の着物を着る機会はほとんどなく舞踊をされている方以外ではとても縁遠い存在でした。しかし、最近は紅型の染め物を お財布やポーチ・ブックカバーやコースターなど、色々な小物にアレンジしている商品を沢山みかけます。若い紅型作家さんのデザインは、海のお魚をモチーフにしたり、伝統的なはっきりとした色使いより少し色味を抑え やわらかい印象の色味を使用したりと工夫されているので、普段使いに取り入れやすいかわいい小物ばかりです。

03

着物だけじゃない!気軽に着られる紅型

小物以外にもよく目にするのが、紅型で染めた柄をプリントするという方法のTシャツやシャツ・トートバッグなどです。直接染めた紅型より質感は劣りますが、ご家庭で洗えるのでとても気軽に取り入れられ普段着として使用できるのでおすすめです。もうひとつオススメしたいのが、MADE IN OKINAWAアパレルブランド【YOKANG(ヨーカン)】です。琉球紅型の型紙を使って一点一点手作業で染め上げ、紅型独特の風合いを大切にした服作りを展開しているブランドです。ワンピースやシャツやコンバースなどに染めを施した作品は、同じものが2つとないとても素敵な洋服で、伝統工芸の紅型を現代に取り入れやすくかつかっこよく進化させてくれています。

04

体験もできる紅型

沖縄のさまざまな観光地では、ハンカチやタペストリーなどを作る紅型体験が出来る所が沢山あります!旅の途中で紅型を体験したり、雑貨屋さんなどでお気に入りの紅型グッヅを探したり。今ではとても身近な沖縄の伝統工芸にふれてみてください!

スポンサーリンク

Check Also

2jpg%e7%90%89%e7%90%83%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b9

自分用にお土産を買おう!旅の記念として買いたい沖縄の自分用土産6選

美ら海水族館、首里城をはじめと …