Home / マリンスポーツ / 沖縄本島のおすすめダイビングショップ4選とダイビングスポット5選
沖縄  アクティビティ ダイビング

沖縄本島のおすすめダイビングショップ4選とダイビングスポット5選

みなさんは沖縄「本島」のダイビングスポットをどれくらいご存知ですか?

離島では慶良間諸島や宮古島などの有名スポットが点在していますが、実は沖縄本島でも十分楽しいダイビングが体験できます。

沖縄では都会の那覇や北谷、中部の恩納村や北部の名護市周辺でも車にタンクを積んで気軽にダイビングをしています。透明度の高い海ではまるで空を飛んでいるような感覚を味わうことができ、ダイビングでは苦労する事無く安全に海深くまで覗けます。

また亜熱帯の海ではカラフルな魚やカクレクマノミの「ニモ」君と戯れ、運が良ければウミガメやマンタを見る事も出来ます。

今回はそんな素晴らしい沖縄の海のダイビング情報をご紹介します。

スポンサードリンク

ダイビングについて知る

0bf1d809678b93f2646e158d649b4923_s

体験ダイビングとは

体験ダイビングとはライセンスの取得の必要が無く、タンクを背負いダイビングを体験します。

インストラクターの指示で安全な浅い海域で泳ぎますが、沖縄では海がきれいですので体験ダイビングでも十分満足でき、リピートするお客さんが多いです。

泳げなくてもインストラクターが海中をエスコートしてくれるので安心です。道具は全て揃っていますので水着だけあればチャレンジ出来ちゃいます。人気の青の洞窟も体験で廻れちゃいます。

チャレンジしなきゃ損ですね!

ファンダイビングとは

「ファンダイビング」はライセンス取得者がそれぞれのレベルに合わせて海中を自由にダイビングを楽しむ事を指し、「ファン」=「楽しむ・喜び」の意味です。

体験ダイビングでは潜水時間は1時間位ですが、ファンダイビングでは2ダイブ=タンク2本が通常で、1ダイブ目が肩慣らし、2ダイブ目で洞窟などのアクティビティにアタックする流れです。

長時間ダイブすることや海底のウミガメ等に接近することは、体験ダイビングでは味わえません。しかしファンダイビングを楽しむ為にはライセンス取得が必要です。

ライセンス取得とは

ライセンスは講習によって取得する事が出来、その講習を「Cカード取得講習」と呼びます。Cカードは”Certification Card”の訳でダイバーを認定する「認定証」です。

講習を受け、筆記テストに合格し、プールで機材の扱い方や使用の講習を受け実際に潜水し、その後海で実践講習を受けます。沖縄では3日間で取得できるプランもありますので、「Cカード取得の旅行」なんて事も可能です。事前に予約をすれば快くインストラクターがエスコートしますよ。

ただ、一つ気を付けたいのが、台風シーズンの予約です。ライセンスどころか台風の体験旅行になってしまうので・・

ダイビングショップについて知る

1497185244316

体験ダイビング向けのショップの特徴

体験ダイビングは初心者を相手にエスコートする事が主となるので、安全を意識したショップが多いのが特徴です。

沖縄ではマリンスポーツを安全に楽しむ為に、安全を管轄するOMSB(沖縄マリンレジャーセイフティービューロー)という県管轄の組織があります。そこで申請制度を行っていて、こちらで審査を受けての優良店という太鼓判を貰ったショップが1つの安全基準となっています。

県内のショップは「沖縄県公安委員会安全対策優良店」と認められたショップや、PADI正規公認などの大型ダイビングネットワークの厳しい安全基準をクリアしているショップが多く安心でおすすめです。

ライセンス取得向けのショップの特徴

ライセンス取得でのショップ選びで大事なのは、PADIなどの世界のダイビングネットワークの公認を受けているかどうかです。

PADIは毎年ショップ自体に、インストラクターに認定講習があり、厳しい評価基準を定めていますのでPADIの公認を得ているという事が技術水準と安心評価基準となります。

また、ホテルとの提携店は大きなショップが多く、ライセンス取得コースをが充実しています。ツアーにライセンス取得が含まれている場合は、ホテルとの提携で経験豊富なショップが多いのでおすすめ出来ます。

良いダイビングショップを見分けるには

沖縄のダイビングショップは観光地なので、初心者向けのショップが多いです。

ですがそれだけに安全面や機材のメンテナンス、保険制度などが行き届いたショップでないと自信をもって「初心者歓迎」とは謳えません。それだけに観光雑誌でも大きく取り上げていて、なおかつネットの検索の上位で初心者歓迎と書いてあるショップは信頼出来ます。

またPADI公認や、OMSB優良店で大型ホテルの提携店も大きなポイントです。ただ、経験豊かなショップでも海では人対人ですので、インストラクターによって満足度が変わります。

上記の条件の店でネットのレビューも参考にして「リピーターが多いショップ」を選ぶ事もおすすめします。

沖縄本島のおすすめダイビングショップ4選

846db01ac66c5adb12949337a587fb4c_s

1: ダイブ・ショップ・サニーズ

北谷町砂辺海岸の目の前にショップを構え、徒歩0分で砂辺のコーラルにアタック可能です!

ボートダイビングでは慶良間や伊江島に精通し各ポイントを網羅しています。沖縄本島ならどこでも送迎可能という気遣いも嬉しく、女性には専用のパウダールームがあり親切なサービスで安心で、細やかな気遣いが随所にあるおすすめのOMSB公認のダイビングショップです。

2: 沖縄ワールドダイビングスクール

恩納村の仲泊に事務所を構えるPADI公認の、ライセンス取得歓迎のダイビングショップです。

青の洞窟や水納島(みんなじま)、瀬底島(せそこじま)、伊江島(いえじま)に精通し、初心者から上級者まで対応する本格派のショップです。ここでは中級者向けのライセンス取得や、深海や沈没船のアドベンチャーダイブを取扱っていて中上級者向けのプログラムが豊富です。

魚の撮影の為の案内や説明にも長けていて、経験豊富なスタッフ頼りになるおすすめのショップです。

3: 沖縄ダイビング あいる・ぷまんどぅ

青の洞窟の前田岬の近くに事務所を構えるPADI公認ショップです。

夫婦で経営しているショップで旦那さんは沖縄でガイド歴17年のベテランで、とても親切で評判が良いショップです。

体験ダイビングでジンベイザメと青の洞窟ツアーが人気で、ツボを効率よく抑えた素晴らしいツアーと人気を博しています。体験でジンベイザメを触れる位の距離で見れますよ!レヴューでも満足感が伝わるリピート率の高い、おすすめショップです。

4: ジョーフィッシュ

宜野湾市にある初心者歓迎の少人数向けのPADI公認ショップです。

完全少人数制で初心者や海を効率よくガイドしてもらいたいダイバーにおすすめのショップです。PADIライセンス取得コースもマンツーマンスタイルで落ち着いて安全知識をじっくり取得可能です。

慶良間のポイントに精通しており、宜野湾マリーナから出船しています。慶良間の海をここと行くまで味わいたい人、初心者で不安なのでマンツーマンでエスコートをお願いしたい!という人には是非おすすめのショップです。

沖縄本島のおすすめダイビングスポット5選

e342c76c9b7e82a7fe37b53c608013b1_s

青の洞窟

本島北部の恩納村の真栄田岬にある洞窟です。

ここはダイビングとシュノーケリングのスポットで、大きな駐車場とレストラン、売店、シャワー脱衣所が揃った、ダイバー達の為だとも思える施設となっています。

この駐車場から海岸歩き階段を降りて海に入ります。海を見て右側の100m位の所に洞窟があります。透明度が高い海と、洞窟の暗さと太陽光の調和によって、海面は見事な青さを演出します。お魚も多く人に慣れているので逃げません。

人も多く安心出来、洞窟も素敵なので初心者におすすめのスポットです。

残波岬

真栄田岬の南側の岬です。

陸からのエントリーは剣山の様な岩場や断崖を降りる行程が大変で、近くに港も少ないので、手つかずの自然が残ったポイントです。潮通しが良く透明度は沖縄本島では屈指の高さですが、流れが速く初心者には難しいポイントかもしれません。

手つかずで潮通しが良いため、見れる魚は豊富で希少種も現れます。ロウニンアジやナポレオンフィッシュ、年に何度かはマンタも見れるという魅惑のポイントです。

砂辺

北谷町のアメリカンビレッジの北側にある海岸で、砂辺海岸から宮城海岸がダイビングポイントになっています。

本格的なビーチダイブが出来る事で人気があり、体験ダイビングからファンダイビングも盛んに行われます。ここでは非常に多くのソフトコーラルの群生が見られ、青、赤、黄色などの綺麗なソフトコーラルは「お花畑」と例えられクマノミが戯れる海は必見です。

また付近にはおしゃれなカフェが多く、ダイビングの後のお楽しみも期待出来ますよ♪

レッドビーチ

こちらは沖縄本島中部の太平洋側の金武町のビーチです。

冬場は北風が多い沖縄本島で、ここは北風の影響に強く、穏やかにダイビングを楽しむ事が出来ます。

内湾で砂泥底との構成の為、透明度は良いとは言えませんが、その代わり水質は栄養満点なので小魚の魚種が豊富で、ギンガメアジの、ツバメウオの群生などが確認出来て、ウミウシなどのマクロ系をじっくり観察、撮影したい人にはとても人気のビーチです。

万座ドリームホール

万座ビーチリゾートホテルの沖合にある洞窟で船で10分かからない位の場所にあります。

水深6mの所に大きく開いたえぐれがあり、えぐれの端にドリームホールの縦穴があります。水深27mまでホールが続いていて、海底に着くと横穴があり真っ青の出口が横方向に確認出来ます。ここでお願いをすると願いが叶うという縁起の良い噂もありますよ!

出口は断崖の所に空いていて、ハタンポの群れに目を奪われます。

規模の大きさや地形の複雑さに、「地形派ならば一度はいきたい」という沖縄で屈指の地形のおすすめポイントです。

まとめ

c5e65d80ff729462e87a83f81183484a_s

本土の海も綺麗ですが、沖縄の海は大きな川が無く離島ならではの青い透明度の海が違いを感じさせます。それは眺める事でも確認出来ますが、海中に入るともっと強く感じる事が出来ます。また特筆すべきはそのエントリーの多さです!

また、筆者がよく行く今帰仁村の海は、安全で綺麗で魚種豊富な所ですが、地図にも載ってません。それ程ポイントが無数で豊富という事ですが、言葉で表現が難しいほど美しく、素晴らしい海です。

「一生忘れない景色!」と言う表現でも大袈裟でなく、それ程魅力に溢れた【美ら海】に是非エントリーをおすすめします。

スポンサーリンク

Check Also

d48107dcf92f06ebfc5be6078ee512e2_s

観光タクシーで沖縄を満喫!自由で濃い旅ができる観光タクシーのすすめ

貴重な時間を有効に使い、おもい …