Home / 沖縄観光 / 子供と一緒に楽しめる。沖縄の動物とふれあえる施設
沖縄 離島 八重山諸島 竹富島

子供と一緒に楽しめる。沖縄の動物とふれあえる施設

沖縄には、亜熱帯地域ならではの動物・生き物が住んでいます。沖縄を代表する「ヤンバルクイナ」や「ハブ」もそのひとつ。沖縄に暮らす動物達とのふれあいを通して、子供達に自然を愛する心を育んでもらいましょう。

スポンサードリンク

沖縄の最北部で動物に会う!大自然のふれあい施設

沖縄の最北部やんばるは、本島内で最も自然が残る場所。ドライブをしていても何か動物が飛び出してきそうな雰囲気が漂います。そこにある動物とのふれあい施設は、ヤンバルクイナや生きているハブが飼育されています。沖縄ならではの動物・生き物に会うならこのエリアがピッタリです!

国頭村 クイナの森

0876b50db5e19ad4cde5e90d16d87756_s

世界中でここにしか存在しない「ヤンバルクイナ」!外来生物による捕食で数が激減し、絶滅が危惧されている鳥です。沖縄では貴重なヤンバルクイナを保護する活動を行っており、このクイナの森では生きているヤンバルクイナに会えます。

ヤンバルクイナの特徴は、丸い羽に赤く長いクチバシ。白黒の縞模様に太くて赤い足が特徴的です。そして最大の特徴は、「飛べない鳥」であること。鳥なのに飛べない姿を見るのは、子供達にとって不思議な体験になりますね。

クイナの森
住所:沖縄県国頭村字安田1477-35 安田(あだ)くいなふれあい公園内
問合せ:0980-41-7788
営業時間:9:00~17:00
休館日:無休

大宜味村 きゆな牧場

きゆな牧場は、動物とのふれあい・農業体験ができる教育ファーム。牛、山羊、ウサギやイノシシなど多くの動物を飼育されており、いのちとのふれあいを体感できる牧場です。さらに、体験コースはどれも農業を知るためのものばかり。

各コースは6名から受け入れのため、事前予約をおすすめします。他に予約が入っていれば、スムーズに予約を受け付けしてくれますよ。

きゆな牧場
住所:沖縄県大宜味村字津波1971-194
問合せ: 0980-44-2170(予約は同番号にFAX)
営業時間:10:30~15:30
休館日:無休
入館料:
乳搾り体験&バター作り体験  1,200円
酪農視察案内&文化鑑賞(体験)1,000円
手作りパン作り        1,000円
乳どうふ作り         1,000円

東村 東村立山と水の生活博物館

43106070e34885c34aa484c2c8fde2c8_s

生きたハブを見られるのがこの博物館。東村で生きる動物達を飼育するコーナーでは、ハブ・ヒメハブ・アカマターなど3種類の蛇や、川の生き物、さらにリュウキュウイノシシ「コンスケ」がいます。

他にもジュゴンの骨格標本や鳥の剥製標本もあり、沖縄ならではの動物・生き物について学ぶことができます。沖縄古来の農具なども展示されており、見ごたえたっぷりの博物館です。

東村立山と水の生活博物館
住所:沖縄県国頭郡東村字川田61-1
問合せ:0980-51-2828
営業時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
休館日:月曜または火曜、祝祭日、慰霊の日、年末年始など
入館料:大人200円、高校生以下100円

沖縄の北部にはまだまだたくさん!動物ふれあい施設

大自然と人々の暮らしが共存する北部。観光にも人気でおなじみですね。こちらにも隠れた動物ふれあい施設や、人気の施設など盛りだくさん!沖縄ならではの動物に出会える新名所もご紹介します。

名護 ネオパークオキナワ

沖縄の暖かい気候で育てる世界の動物が満載!フラミンゴの湖、オセアニアの林など沖縄の自然気温の中で飼育しています。ふれあい広場では、可愛いワンちゃんとふれあい、ゾウガメの背中に乗ることも!

その他にも、ネオパークオキナワには、子供が大好きな広場や、幻の名護駅ミニチュア鉄道。琉球衣装を身にまとい、家族で思い出のワンショットを撮影することも可能です。

ネオパークオキナワ
住所:沖縄県名護市字名護4607-41
問合せ:0980-52-6348
営業時間:9:00~17:30(最終入館17:00)
休館日:無休
入館料:大人660円、中高生330円、4歳~小学生220円

名護市 豚我小谷アグー村

2014年に誕生し、まだまだ知名度が低いアグー村。ここは、沖縄のアグーブランド琉美豚(りゅうびとん)を飼育販売している「我那覇畜産」さんが作ったアグーふれあい施設です。村内には可愛い豚がわんさか!

村内にある施設は、エサやり体験やふれあいのできる「どうぶつ広場」、動物に感謝を示す「獣魂碑」など。また、数々のアグー料理を堪能できる食堂もあり、子供達の食育にもピッタリです。

我那覇畜産
住所:沖縄県名護市字大川73
問合せ:0980-55-8822
営業時間:10:00~17:00
休館日:月曜
入館料:大人500円、小中学生300円、6歳未満無料

今帰仁村 ダチョウらんど

「日本のダチョウの歴史はここから始まった」とダチョウとの歴史を誇るダチョウらんど。ここは、ダチョウを観察したり、乗って記念撮影もできる珍しい観光施設です。入園料にエサ代が含まれているので、ダチョウへのエサやり体験も!ダチョウ以外にはポニー、エミュー、ヤギが飼育されています。

園内にはレストランがあり、ダチョウのお肉や卵を使ったダチョウグルメを堪能することもできます。クセや臭みがないというダチョウのお肉、ぜひ刺身やステーキに挑戦してみては?

ダチョウらんど
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字平敷309
問合せ:0980-56-3550
営業時間:9:00~18:00
休館日:無休
入館料:大人500円、子供300円、幼稚園以下無料

本島中心部で出会う。動物ふれあい施設

 

沖縄の北部に行く予定がなくても、那覇から少し先へ足をのばせば、動物とふれあえる施設があります。今回は有名スポットと隠れ人気スポットをご紹介。お好みの雰囲気で選んでくださいね。

うるま市 ズケラン養鶏場ミニミニ動物園

地元民が知る無料動物園!元々は養鶏場を営むご主人が、趣味で集めた動物達を飼育し始めました。その土地は3,000坪と広大で、ヤギ・アライグマ・ウサギ・リスザルやダチョウなど、全部で50種200匹の動物が生活しています。

本来は養鶏場なだけあって、そこには新鮮卵の販売や、卵を使ったスイーツ販売店まで。無料で動物を見学できるので、新鮮スイーツに手が伸びてしまいそうですね。ちなみにシュークリームが大人気です♪

むすびタウン沖縄・ミニミニ動物園
住所:沖縄県うるま市赤道660
問合せ:098-973-4323
営業時間:月~土 8:30~19:00
日 9:30~18:30
休館日:無休
入館料:なし
※許可無くエサやり禁止

沖縄市 沖縄こどもの国

全国各地にあるこどもの国。沖縄にももちろんあります。沖縄県内の子供達にも大人気な施設ですが、その中でも200種類の動物が観察できる動物園が大人気!世界各地の動物がいますが、沖縄らしい与那国馬「ナビィ」も暮らしています。

沖縄唯一、展示・体験型施設の「ワンダーミュージアム」もあり、子供達は1日中遊べそうな空間です。ワンダーミュージアムは室内になっているので、雨の日の観光にも良いですね。

沖縄こどもの国
住所:沖縄県沖縄市胡屋5-7-1
問合せ:098-933-4190
営業時間:9:30~18:00(最終入場17:00)※時期により異なる場合有
休館日:火曜
入館料:大人500円、中高生200円、4才~小学生100円、3才以下無料

沖縄で動物ふれあい施設、子供と一緒に楽しもう!

海と大自然に囲まれる島、沖縄。沖縄元来の固有種や、暖かい気候を好む動物達など、この地域の温暖な気候を活かした施設がたくさんあります。子供にとって、その土地で暮らす動物達と出会いは印象深いもの。沖縄旅行では、何年後でも思い出せる、一生の思い出を作れると良いですね。

ぜひ、気に入った動物ふれあい施設まで足を運んでみて下さいね。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …