Home / 沖縄体験 / 沖縄に行くときの服装はこれでバッチリ!
ed11593f57426059d33810d3ec0dd4f5_s

沖縄に行くときの服装はこれでバッチリ!

沖縄の天気には、どんなイメージを持っていますか?『太陽がサンサンと降り注ぐ』『暑い!』など・・・いつも、太陽がキラキラと輝いているイメージですが、全国的にみると、実は、沖縄の晴天率(降雨が1mm以下の日)は1番低いといわれています。意外ですよね。

また、暖かいイメージのある冬も、海風が強くて肌寒く感じたり、晴天の日も亜熱帯ならではのスコールが降ってきたりと、沖縄を旅行する際には、沖縄ならではの特殊な気候に対応する準備をするのが良いでしょう。

そこで今回は、季節ごとの沖縄の気温や降水量、そして、ベストな服装をご紹介します。

スポンサードリンク

沖縄の気候

8a0254f01c626daac44d763b6e3d55f9_s

年間平均気温

沖縄本島那覇市と、台湾に近い八重山地方の石垣島とでは、同じ沖縄でも気温が違います。同じ月でもやはり石垣島の方が那覇に比べ2℃ほど高くなります。
・那覇
【年間平均気温】23.1℃
【月ごとの平均気温】1月/17.0℃ 2月/17.1℃ 3月/18.9℃ 4月/21.4℃ 5月/24.0℃ 6月/26.8℃ 7月/28.9℃ 8月/28.7℃ 9月/27.6℃ 10月/25.2℃ 11月/22.1℃ 12月/18.7℃

・八重山地方 石垣島
【年間平均気温】24.3 ℃
【月ごとの平均気温】1月/18.6℃ 2月/19.1℃ 3月/20.8℃ 4月/23.3℃ 5月/25.7℃ 6月/28.0℃ 7月/29.5℃ 8月/29.2℃ 9月/27.9℃ 10月/25.9℃ 11月/23.2℃ 12月/20.1℃

年間降水量

那覇市は9月、石垣島は8月の降水量が年間を通じて一番多いようです。

・那覇
【年間降水量】2040.8 mm
【月ごとの降水量】1月/107.0mm 2月/119.7mm 3月/161.4mm 4月/165.7mm 5月/231.6mm 6月/247.2mm 7月/141.4mm 8月/240.5mm 9月/260.5mm 10月/152.9mm 11月/110.2mm 12月/102.8mm

・八重山地方 石垣島
【年間降水量】2106.8 mm
【月ごとの降水量】1月/130.6mm 2月/139.4mm 3月/131.5mm 4月/155.1mm 5月/206.6mm 6月/206.6mm 7月/130.4mm 8月/261.6mm 9月/257.7mm 10月/204.5mm 11月/156.5mm 12月/126.3mm

季節別服装

c1e2a89562a134a443e5e72cdc2b7e54_s

春の服装

・3月の服装
沖縄の3月の気候は、本州の4月中旬から下旬くらいの気候といえます。最高気温は21.7℃、最低気温は16.5℃。上旬であれば厚手の長袖を一枚、後半であれば薄手の長袖を持って行くのが安心です。

・4月の服装
沖縄の県花、デイゴの花が徐々に咲き始める4月。最高気温は24.1℃、最低気温は19.0℃。暑くも、寒くもなく、1年の中で最も過ごしやすいといわれる月。昼間は、Tシャツなど夏の装いでOK。陽射しも強くなるので、紫外線対策をしたほうが良いでしょう。ただ、朝晩は冷え込むので、薄手の長袖を用意しておくと安心。

・5月の服装
GW明けに梅雨入りする沖縄の5月。最高気温は26.7℃、最低気温は21.8℃。雨も多く湿度も高いため、麻の素材など風通しのよい装いが良いでしょう。梅雨の晴れ間は日差しが強いので、紫外線対策の長袖を準備すると安心です。

夏の服装

・6月の服装
梅雨真っただ中で、ジメジメするのが6月の沖縄。湿度も80%を超え、夜間でも空気が生ぬるく感じます。最高気温は29.4℃、最低気温は24.8℃。梅雨が明けるのは6月下旬頃で、以降7月上旬までは晴れる日が比較的多いようです。

ジメジメした気候に対応できる風通しの良い服装がベストです。また、6月の沖縄の紫外線量は本州の8月以上ともいわれる強さなので、服装だけでなく、目を保護するサングラスなども用意するのが良いでしょう。

・7月の服装
沖縄の観光シーズン到来の7月。最高気温は31.8℃、最低気温は26.8℃。最低気温でも約27℃とあって、さすが南国沖縄といったところです。熱中症予防の暑さ対策だけでなく、紫外線対策も重要。日傘や帽子、サングラス、日焼け止めクリームは肌や目を守るために必須アイテムです。また、ハワイのアロハシャツをモチーフに作られた、沖縄ならではの“かりゆしウェア”を現地で調達するのも良いでしょう。

・8月の服装
本州の暑さとはまた違った暑さの沖縄の8月。最高気温は31.5℃、最低気温は26.6℃。暑くてもいつも風が吹いているので、本州でのまとわりつく暑さとは少し違います。気になるのは気温よりも日差し。7月と同じく、紫外線が強いので、服装から紫外線対策を意識しましょう。Tシャツやノースリーブがぴったりの気候ですが、日焼け止めを塗るなど、日焼け対策が必要です。

秋の服装

・9月の服装
最高気温が30℃を超え、まだまだ暑い沖縄の9月。最高気温は30.4℃、最低気温は25.5℃。9月で要注意なのが台風。年間を通じて降水量も多くなり、蒸し暑い気候になります。服装は7月、8月と同じで問題ないですが、台風に伴う雨対策が必要です。雨に濡れても問題ない、防水素材のウィンドブレーカーなどがあると便利です。また、9月中旬頃から暑さもやわらぎ、過ごしやすくなるので、長袖の上着を一枚持って行くのが良いでしょう。

・10月の服装
秋を迎え、気候が安定する沖縄の10月。最高気温は27.9℃、最低気温は23.1℃。最高気温も30℃を下回ります。ですが、紫外線の量は本州の7月~8月程度となるので、紫外線対策は行いましょう。また、足元も冷えやすくなるので、サンダルなどではなく、靴下とスニーカーなどを履く方が良いでしょう。

・11月の服装
本州はすっかり秋モードですが、沖縄の11月は日中は汗ばむこともある月。最高気温は24.6℃、最低気温は19.9℃。湿気はなくカラッとした日が多いので、沖縄の11月は、実は、沖縄観光をするのにぴったりのシーズンといえます。日中汗ばむといっても、防寒対策をするのがベスト。日中は半そででも過ごせますが、やはり、朝晩は冷えます。なので、気候に合わせて調整できる服装にするのが良いでしょう。

冬の服装

・12月の服装
最高気温は21.2℃、最低気温は16.3℃。最高気温20℃以上と、この数字を見ると、それほど寒くないんじゃないか?と思いがちですが、実は、この時期、海に囲まれた沖縄は風が強くなり、肌寒さを感じます。12月中旬頃には、北風も強まるので、いくら南国沖縄といえども、ジャケットや薄手のコートを持ってでかけたほうが良いでしょう。

・1月の服装
最高気温は19.5℃、最低気温は14.6℃。最高気温が20℃を下回る沖縄の1月。北風も吹くので、体感温度はもう少し低く感じるでしょう。そのため、いくら沖縄といえども、寒さ対策は必須。コートやブーツの装いでもちょうどいいでしょう。

・2月の服装
最高気温は19.8℃、最低気温は14.8℃。1月に続き、最高気温が20℃を下回る沖縄の2月。年間を通して、気温の差が激しい月でもあります。晴れたらTシャツで過ごすことも可能なですが、朝晩や雨の日、曇りの日は一転して寒くなります。どんな気候にも対応できる服装の準備が必要です。冷たい風を遮るウインドブレーカーがあると重宝します。

まとめ

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s

いかがでしたか?亜熱帯気候に属する沖縄は、本州の季節感と少し異なるので、旅行する際には、沖縄の気候を知ったうえで服装の準備をするのが大切です。

また、沖縄の特徴のひとつである“台風”についても沖縄旅行する際には念頭に置く方が良いでしょう。沖縄では、台風は例年5月頃から発生し、11月ころまで続きます。接近することが多いのは8月~10月頃で、夏のレジャーの時期と重なるので、台風のことも考えながら、旅のプランを考えましょう。

スポンサーリンク

Check Also

okinawa-2309288_640

沖縄・読谷村を観光しよう!名所・グルメ集

あなたは沖縄県の読谷村をご存知 …