Home / 沖縄観光 / 日帰りでも沖縄を満喫する!沖縄を日帰りで満喫するための観光スポット
沖縄 離島 八重山諸島 与那国島

日帰りでも沖縄を満喫する!沖縄を日帰りで満喫するための観光スポット

3f52ced548061fd5819a3b11b9f2763e_s

沖縄で旅行する際は、2泊以上するのが通常かもしれません。しかし実は沖縄には日帰りでも満喫できる観光スポットがいくつも存在しています。日帰りで旅行できれるなら、沖縄にはかなり行きやすくなりますよね。

そこで今回は日帰りで沖縄を満喫する為の観光スポットを厳選して紹介します!連休がとれなくても沖縄旅行に行きたいと思われている方は、是非本記事を参考にプランを立ててみてください!

スポンサードリンク

1.沖縄の歴史を知ろう!「ひめゆり平和記念資料館」

87e1da1b6a03e2d1eacd0a82fcb75303_s - コピー

沖縄に那覇空港で向かう場合、日帰りで気軽に行けるおすすめの観光スポットがあります。それが「ひめゆり平和記念資料館」です。「ひめゆり平和記念資料館」はひめゆりの塔に併設された記念資料館で、大東亜戦争時の沖縄戦の惨劇が資料として残されています。

ここを観光することは決して楽しいものではないかもしれません。しかしこの資料館を訪れることで戦争と平和について改めて考えるきっかけとなることは間違いありません。沖縄には基本的に楽観的で明るい性格の人が多い傾向があります。その明るさは悲しみの上にある明るさだと理解できればどうでしょうか。現地の人々にも尊敬の念を抱けるようになりそうですよね。

沖縄で日帰り旅行をする際は、「ひめゆり平和記念資料館」を訪れてみてはいかがでしょうか。

2.沖縄地上戦の歴史を深く理解しよう!「旧海軍司令部豪」

沖縄県豊見城市にある「旧海軍司令部豪」も日帰りで訪れることができる観光スポットの一つです。「旧海軍司令部豪」はひめゆりの塔ほどの知名度はないかもしれません。

しかしよりリアルに戦争の歴史を理解したい場合、訪れるべき場所だといえるでしょう。その理由は、戦時中の作戦室などが当時の状況のまま残されているからです。

その空間に入ることで、当時の緊張感をリアルに感じることができるかもしれません。沖縄旅行は美しい自然にどうしてもフォーカスしがちですが、戦争の惨劇を理解して歴史について考える際にも適した旅行先だといえるのです。

沖縄と聞くとバカンスなどのイメージをすることが多いかもしれませんが、沖縄には歴史に触れることのできる場所が多くあります。日帰りの旅行で、沖縄でしか触れることのできない日本の歴史に触れてみるのも良いかもしれません。

3.「パイナップルハウス」は那覇空港からすぐ行ける!

bf39abecdd3178a40eb0a39b5eb616f8_s

時間が無い日帰り旅行でも確実に訪問できる観光スポットがあります。それが「パイナップルハウス」です。「パイナップルハウス」はなんと那覇空港から自動車を走らせればたったの180秒で辿り着くことができる場所に位置しています。那覇空港から3分でいける場所にあるなら、どれだけ時間が無くても立ち寄ることができそうですよね。

では「パイナップルハウス」ではどのような楽しみがあるのでしょうか。それはパイナップルのデザートやお土産です。パイナップルのケーキは特に絶品でおすすめですよ。「パイナップルが大好き!」という場合は旅行のスケジュールに組み込んでみてはいかがでしょうか。

4.「美々ビーチいとまん」ならマリンアクティビティが存分に楽しめる

32483d38d783c34cd2c6d19196fea71a_s

沖縄県糸満市に位置する「美々ビーチいとまん」は、那覇空港から車で0.5時間の距離にある美しいビーチです。那覇空港から1時間以内に到着できるなら、アクセスとしては抜群ですよね。

また「美々ビーチいとまん」の魅力はアクセスの良さだけではありません。様々なマリンアクティビティが体験できます。その中でも特におすすめのアクティビティはジェットスキーです。カヤックやビーチボールは他の観光スポットでも体験できる場所が多いですが、ジェットスキーは希少です。

珊瑚礁の海を存分に楽しみたい場合は、そういったアクティビティも積極的に楽しみましょう。さらにお腹が空いた場合も「美々ビーチいとまん」なら安心です。どの季節に訪れたとしてもバーベキューを楽しめることができるからです。これは沖縄ならではの嬉しいところですよね。

5.「幸せの架け橋」で幸運体質を手に入れよう

沖縄で日帰り旅行を計画するなら、沖縄県南城市にある「幸せの架け橋」もおすすめです。「幸せの架け橋」とは、その名称の通り、幸せになれると言われているパワースポットの一つです。名前からしても縁起が良いですよね。

また「幸せの架け橋」を訪れたら、絶景も楽しむことができます。訪れる際はレンタカーなどで行くことをおすすめします。道中もドライブで楽しんでゆっくりとした時間を過ごせば旅の満足度も高まることは間違いありません。夫婦、もしくはカップルで訪れる際に検討してみてはいかがでしょうか。

6.「琉球ガラス村」でカラフルなガラス細工づくりを体験しよう!

2b0fbfa23b1c8677191d8bd025df77f3_s

沖縄県糸満市にある「琉球ガラス村」も日帰りで訪れるにはおすすめの観光スポっトの一つです。この「琉球ガラス村」を訪れる際はおすすめの楽しみ方があります。それはガラス作り体験に参加することです。ガラス作りは凄く難しい印象があるかもしれませんが、実はやってみると意外と簡単です。

しかも自分の好みの色やデザインで作ることができるので、完成した時の喜びは計り知れません。琉球ガラスの食器はお土産物屋でも購入できますが、自分で作成したものは一生の思い出になりますよ。琉球ガラスで世界に一つだけのグラスを作ってみたい場合は要チェックの観光スポットです。

7.「対馬丸記念館」で戦争と子どもについて考えよう

沖縄観光はレンタカーなどで、自動車を使って色んなところに訪問するのが基本です。しかしながら免許が無い場合は、ゆいレールなどの公共交通機関を使って観光することになりますよね。自動車ではなくて、徒歩で観光する際に場合におすすめの観光スポットがあります。

それは「対馬丸記念館」です。「対馬丸記念館」は県庁前駅から歩いて15分程度で行ける場所に位置しています。その為、車が無くても気軽に訪れることができます。

またこの「対馬丸記念館」は大東亜戦争で米軍によって攻撃されて沈没した船ですが、この船は軍隊の船ではありません。学童が疎開する為の船だったのです。どのような戦争でも子供が巻き込まれてしまうケースは少なくありません。「対馬丸記念館」で亡くなった子供達の展示を見れば、戦争と子供について深く考える機会にもなるでしょう。

沖縄の戦争の歴史をより深く理解したい場合は「対馬丸記念館」への訪問を検討してみてはいかがでしょうか。

8.「漫湖公園」なら那覇市内でもマングローブが観賞できる

7e092af4dfca1b0050852cec2b224fd7_s

沖縄県那覇市にある漫湖公園も日帰りで訪れるなら、おすすめできる観光スポットの一つです。那覇市内であれば、帰りの飛行機までの空いた時間でも、訪れることができますよね。マングローブとは沖縄などの亜熱帯地域だけに見られる大きな植物群を指します。

広大なものは本島北部まで行かなければ見ることはできませんが、小規模なものであれば那覇市内でも観賞できるのです。ヤンバルクイナなど、希少な生物を見たい場合は、沖縄本島の北部まで行った方がいいかもしれません。しかしマングローブを少し観賞する程度なら、那覇市内でも可能なのです。漫湖公園でも珍しい生物が観賞できる可能性があるので、那覇市内で自然を楽しみたい場合はお勧めの観光スポットですよ。

日帰り観光する際は記念館がスケジュール調整しやすくておすすめ!

ここまで日帰りで満喫できる観光スポットについて紹介しましたが、いかがでしたか。公園や体験施設、パワースポットなど、気軽に立ち寄れる観光スポットは様々な種類がありますが、特におすすめは記念館などの観光スポットです。

何故なら、記念館や資料館であれば自分のペースで滞在時間が決められるからです。時間に余裕がある時はじっくりと資料を閲覧して、時間がない時は見どころだけを楽しみましょう。

また日帰りで沖縄観光をする際は、移動時間があまりかからない観光スポットを巡ることもおすすめですよ。

スポンサーリンク

Check Also

81b177f93a95da364e9ddfd85b7a10b3_s

沖縄に移住するなら知っておきたい沖縄に住むメリット、デメリット

青い空、キラキラと透明で輝く海 …