Home / 沖縄観光 / 大自然のパワーを感じる「秘境」スポットが数多くある離島でリフレッシュ!
沖縄 離島 八重山諸島 与那国島

大自然のパワーを感じる「秘境」スポットが数多くある離島でリフレッシュ!

9539a3a716fdfa431d0610b3dfc98f51_s

沖縄には大小様々な特徴を持った離島が数多くあります。本島よりも自然が多く残り、島の人々に守られてきた昔ながらの景色や、神々を祀っている拝所(うがんじょ)御嶽(ウタキ)(※神を祀る聖所)などが沢山あります。豊な手付かずの自然を感じながら、大きなパワーがもらえる!離島の秘境スポットをご紹介します。

スポンサードリンク

神聖な神の島、久高島

沖縄本島南部、南城市の沖合5キロに浮かぶ周囲約8キロの細長い島【久高島(くだかじま)】は、アマミキヨという神が降り立ち、国づくりがここから始まったとされる琉球神話の聖地になっている場所です。「琉球国王由来記」によると、久高島の「イシキ浜」に五穀の種が流れ着き、そこから農業が始まったとされていて今でもその浜は「ニライカナイ」(※古来信じられてきた海のかなたの楽土・聖地。神々の住む場所)から神々が来訪し、島を訪れる時に船が着く場所といわれ 神聖な浜となっています。

沖縄本島南部にある、世界遺産としても有名な「斎場御嶽(せいふぁうたき)」(※御嶽=神を祀る聖所)は、琉球王朝で最も大切にされてきた神聖な場所で三角形になった岩穴の先の「三庫理(サングーイ)」と呼ばれる拝所(うがんじょ)から見て東の海の彼方に「ニライカナイ」があると考えられていました。最も神聖な拝所とニライカナイの間にあるのが「久高島」で「ニライカナイ」に繋がる聖なる場所として現在でも沖縄の人々の心の中にしっかりと存在し、崇められている島です。

歴史的にも文化的にも、とても重要な場所である「久高島」には、島のいたるところに御嶽(うたき)がありますが、無断で入れない神聖な場所があったり 遊泳禁止の場所や、島のものは小石ひとつでも持ち帰ってはいけないというルールもあります。この島を訪れる際にはとても神聖な場所であるという意識を忘れず細心の注意をし、島の文化に敬意を払って謙虚な気持ちで島の散策を楽しんでみてください!手つかずの自然が多く残る神の島「久高島」の不思議なパワーを感じられるはずです!

 

神秘的な浜比嘉島

沖縄本島中部、うるま市にある 「平安座(へんざ)島」「宮城島」「伊計(いけい)島」の3つの離島へ渡れるのが、ドライブスポットとして人気の「海中道路」。海中道路を渡って最初の「平安座(へんざ)島」から更に、浜比嘉大橋を渡ると 【浜比嘉(はまひが)島】があります。面積2.09km²、周囲7kmの小さな島ですが、この島には30を超える拝所(うがんじょ)があり、祈りと祀りの年中行事が多く行われ 伝説に彩られた聖地や美しい自然が訪れた人々を癒してくれる素敵な島です。

この島には、琉球開闢(かいびゃく)の女神「アマミキヨ」と男神「シネリキヨ」が住んでいた場所としても知られています。浜比嘉島の南南東の森の中にある石の鳥居をくぐり、108段の石段の先には、夫婦神の居住跡の洞窟があり 子供をもうけた所という言い伝えがあります。洞窟内には鍾乳石である陰石があり、子宝に恵まれる霊石として崇拝されていて、毎年 年頭拝み(ニントウゥグワン)にはノロ(祝女)が海浜から小石をひとつ拾い、洞窟に安置されている壺に入れて祈願しています。また、「アマンジ」と呼ばれる小島には 女神「アマミキヨのお墓」があり、こちらでも 旧正月の年頭拝み等で無病息災、子孫繁栄を祈願しています。

浜比嘉島では、旧暦の6月28日と8月28日に海が時化(しけ)ることを祈る「シヌグ祭り」が行われることから「シヌグ堂」と呼ばれる「御嶽(うたき)」(※御嶽=神を祀る聖所)があります。「東の御嶽(あがりのうたき)とも呼ばれるこの場所は、神々しい大きなガジュマルに守られた祈りの場。海が時化ることを祈るとは不思議な祭りですが、昔 三山時代に戦いに敗れた南山の「平良忠臣」とその陣営が海を渡り、ここに身を隠したという謂われがあり、敵陣が海を渡れないように時化を祈ったことから始まったといわれています。大きなガジュマルが生い茂り、神秘的な雰囲気を醸し出す祠や、近くにある自然石を利用した井泉「ハマガー」などは大自然の雄大さを感じられ 神秘的な空気感に背筋が伸びる様な 清々しい気持ちになれる場所です。

 

宮古地方の神の島 大神島

c56d6692db687825b16dbd227d030d88_s

宮古島、島尻漁港から船で15分程の場所にある【大神島(おおがみじま)】は周囲約4km、人口29人とても小さな島ですが、古くから自然の神様に愛された島として、沖縄でも有数のパワースポット(聖域)が集中する島です。現在でもこの島には「聖域」と呼ばれ、無断で入ってはいけない場所が数多く存在し、島の人々の大切な信仰の場となっています。美しい海に囲まれ豊かな自然が豊富に残っていてとても素晴らしい島なのですが、聖域にみだりに入ることが禁止されていたり、島の神祭行事の日には島への立ち入りが禁止されているなど、島の人々の想いの詰まった「島のルール」があるので、観光で訪れる際には これらのルールを守る為、島のガイドさんに案内してもらう事をおすすめします!

島の一番高い場所に遠見台(トゥンバラ)があり、遠見台の頂上には 大きな岩の拝所(ウガンジョ)があり、この拝所に神様が降りてきて「司ンマ(ツカサンマ)」と呼ばれる神女役の人に「6月〜10月の間どんな神事を行うか」を伝えるそうです。この遠見台からは、遠くに宮古島が望め 素晴らしい色の海と空が360度見渡せる絶景を望む事ができます!

他にも、島の道路を整備するときに神様からこの岩を壊さない様に告げられた為、岩を避けて道路が整備されていたり、御嶽(ウタキ)(※神を祀る聖所)の入り口にあたる岸壁が「神様の通り道に邪魔になっていた」との理由で一部削られていたり、神様の島ならではの光景を沢山目にする事ができるこの場所では自然の神様に愛された島ということを肌で感じられ沢山の良いエネルギーをもらえる神秘的な場所です。

大神島の沿岸船沿には、奇石(ノッチ)と呼ばれる まるで木やキノコのような奇妙な形をした岩を沢山目にする事ができます!この岩は 島の隆起によって地表から転がり落ちた岩が、長年にわたる波の浸食で根元を少しずつ削られ、今のような奇妙な姿になったと言います。このまま浸食が進むといずれは倒れてしまうそうなので、今しか見られない神秘的な自然の姿を是非見にいってみてください!

 

大自然のエネルギーでリフレッシュ!

他にも、「伊平屋島(いへやじま)」にある 約2億8,000万年前の珪岩が波や風に侵食されてできたと言われている、自然洞窟「クマヤ洞窟」は、洞窟の奥にある祠(ほこら)に、天照大神(あまてらすおおみかみ)が、神々の争いを見かねて隠れたという伝説があり、パワースポットとしても人気の場所や、沖縄の島々はほとんどが珊瑚礁の隆起によって生まれた島なのに対し、「粟国島(あぐにじま)」は火山の噴火によって生まれた島で、島の西側にある白色凝灰岩は、数万年前まで、火山の島であったことを感じさせるダイナミックな地形で、迫力満点!他の離島にはない、火山由来の大自然の偉大な力を感じられる地形を見る事ができます。

数ある沖縄の離島には 【秘境スポット】が沢山あり、都会では感じる事のできない 神秘的な大自然のエネルギーを沢山感じられ、一層リフレッシュできる事と思います!沖縄の離島へも是非足を運んでみてください!

スポンサーリンク

Check Also

沖縄  アクティビティ ダイビング

沖縄本島のおすすめダイビングショップ4選とダイビングスポット5選

みなさんは沖縄「本島」のダイビ …