Home / 沖縄観光 / 沖縄本島のおすすめ観光スポットとアクセス方法
okinawa-1276585_640

沖縄本島のおすすめ観光スポットとアクセス方法

1

沖縄と言えば、美しいビーチや透明度の高い海、トロピカルな魚たちが大きな魅力です。砂浜に寝そべったり、シュノーケリングを楽しんだり、夏の海を満喫できる場所、とイメージされることも多いですが、それだけではないのが沖縄です。

特に沖縄本島には1年を通じて楽しめるスポットが揃っています。海に入らなくても満喫できる沖縄本島は、季節を問わず訪れていただける場所となっています。

そんな沖縄本島について、絶景スポットや史跡、ホテルといったテーマごとに、おすすめの場所や人気のスポット等を紹介していきます。

スポンサードリンク

沖縄本島へのアクセス

沖縄本島へは日本全国から飛行機でアクセス可能です。北海道から九州まで、主要な空港からフライトがあります。空港によって、就航している航空会社は異なりますが、羽田空港からはANAやJAL、スカイマークが利用いただけます。伊丹空港からはANAとJAL、また成田空港や関西空港からはJetstarも運航しています。

フライト時間は関東、関西からでしたら2時間から3時間弱となっています。東京と大阪間を新幹線で移動すると2時間半ですから、ちょうど同じくらいです。

大阪・神戸と鹿児島からはフェリーも出ています。大阪・神戸からは2日弱、鹿児島からは1日程の船旅です。時間はかかりますが、大海原で夕焼けや朝焼けを楽しんだり、甲板から遠くの島影を眺めたりするのも素敵な体験です。台風の季節は波が高く揺れる可能性がありますが、天候が穏やかな季節には、のんびりと船で旅をしてみるのも優雅です。

沖縄本島の観光マップ

okinawa-map2

①沖縄本島南部
国際通り:沖縄一の繁華街。通り沿いに数々のショップが並びます。

首里城:世界遺産にも登録されている琉球王国時代の城。周囲は公園として整備されています。

旧海軍司令豪:日本海軍の地下陣地で、当時のままの司令官室などが見学できます。

ひめゆりの塔:沖縄戦で亡くなった学徒隊の慰霊碑です。

平和記念公園:沖縄戦の激戦地に整備された公園で、平和の尊さを訴える場となっています。

おきなわワールド文化王国:再現された琉球王国城下町の街並みの中、伝統工芸体験などが楽しめます。

ガンガラーの谷:自然豊かな亜熱帯の森をガイドツアーで回れます。古代人の居住跡もあります。

斎場御嶽:沖縄の由緒ある聖地で、現在も神秘的なパワーに満ちた場所です。

②沖縄本島中部
やちむんの里:「やちむん」と呼ばれる沖縄の独特の焼き物を作る工房が点在するエリアです。

残波岬:サンゴの隆起によってできた岬で、高さ30メートルの断崖絶壁が続き、景勝地となっています。

勝連城跡:グスク(城)遺跡の一つで、小高い丘の上にあるので、そこからの景色も楽しめます。

海中道路:本島と平安座島を結ぶ5.2キロの道路で、海の上をドライブできます。

万座毛:象の鼻のような形をした岩で知られる断崖絶壁で、辺りには美しいコーラルブルーの海が広がります。

ミッションビーチ:岩山に囲まれ、プライベートビーチ感覚で楽しむことができる天然のビーチです。

海中展望塔:沖合に設けられた展望スポットで、水深4メートルほどの世界を覗くことができます。

道の駅 許田やんばる物産センター:沖縄の物産が並び、特にテイクアウトのフードが充実しています。

③沖縄本島北部
沖縄美ら海水族館:巨大水槽内を優雅に泳ぐジンベエザメや深海の世界を観察できる水族館です。

備瀬のフクギ並木:2万本ともいわれるフクギが集落を取り囲むように並び、木漏れ日の元、白い砂地の小道を散策できます。

今帰仁城跡:琉球王国以前に造られた城跡で、世界遺産の一つです。

古宇利島:全周8キロの美しいビーチと青い海に囲まれた小さな島です。

やんばるの森:沖縄北部に広がる豊かな森で、貴重な動植物が生息します。トレッキングなどのアクティビティを楽しめます。

辺戸岬:沖縄本島の最北端に位置する岬で、展望スポットからは大パノラマが広がります。

大石林山:熱帯カルスト地形が生み出した巨大な奇石や亜熱帯の森を散策できます。

慶佐次湾のヒルギ林:沖縄本島で最も広いマングローブの林をトレッキングやカヌーで観察することができます。

飛行機でのアクセス

沖縄本島の那覇空港までは全国から飛行機でアクセスが可能です。北海道からでも3時間程度で到着します。

羽田空港からは1日30便ほどフライトがあります。成田空港発の便は本数が少ないですが、LCC(格安航空会社)のJetstarが就航しています。関西からも伊丹空港、関西国際空港、神戸空港から1日5便程度飛んでいます。

LCCを利用すれば、出発日によっては往復で2万円以下のチケットもあります。一方で、混雑するシーズンは値段に関わらず、希望の日時のチケットが早々に満席となる場合もありますので、連休や休暇シーズンに沖縄への旅を計画される際は、飛行機を早めに予約されることをおすすめします。

船でのアクセス

沖縄本島へは飛行機でのアクセスが一般的ですが、フェリーを利用することも可能です。鹿児島からと大阪・神戸から出発するフェリーがあります。大阪・神戸からでしたら2日弱、鹿児島からでしたら1日少々かかります。

料金は大阪・神戸から沖縄の那覇まで2万円弱から4万円程度、鹿児島から那覇までが1万円から3万5千円程度となっています。

時間は必要ですが、青い美しい海の上を船で進む旅はそれ自体が忘れられない思い出となります。甲板の上から感じる海風は特別です。

沖縄本島の絶景スポット

それでは、沖縄本島の見どころのうち、絶景スポットを初めにご紹介していきます。

青の洞窟

「青の洞窟」と呼ばれる場所は世界中にいくつかありますが、海底に反射した太陽光線が海の青さを照らして、海面が青く輝いて見えます。沖縄のこの場所もそうした洞窟の一つで、中に入ると神秘的な世界を楽しめます。

透明度の高い海に、様々な魚たちが泳いでいて、シュノーケリングとダイビングを楽しみながら幻想的な雰囲気も味わえるとあって、沖縄でも人気のスポットです。

万座毛

7

万座毛は海に突き出た象の鼻に見える岩で知られています。海の水は上からも海底がはっきり見えるほどの透明度です。高さ20メートルほどの断崖絶壁から眺める景色は壮大で、感動的です。青い海を楽しむのも良いですが、夕暮れ時もロマンティックです。

天気が良い日にぜひ、訪れてみて下さい。

古宇利島

古宇利島は沖縄北部に位置する島です。離島ですが橋でつながれていますので、車でのアクセスが可能です。エメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島では、のんびりと青い海を楽しむことができます。

島の北側にはハートロックと呼ばれる岩があって、ハートの形をしたその岩は二人の絆を確かめ合う場所として、カップルにも人気です。

また子宝、縁結びの神様がいらっしゃるパワースポットとしても知られます。恋人がいる方も、今、恋人募集中の方も、訪れていただきたい島です。そうしたパワースポットには男子禁制のエリアもありますので、男性の方は案内をよく確認して下さい。

古宇利島大橋

4

古宇利島と沖縄本島を結ぶ橋で、全長2キロに渡って、海の上に架かっています。古宇利島へ向かってまっすぐに伸びる橋から見渡す景色が素晴らしく、沖縄屈指のドライビングスポットとなっています。橋のたもとには展望所がありますので、車を降りて、ゆっくりとエメラルドの海を眺めることもできます。

残波岬

5

残波岬は沖縄本島の西側、東シナ海に面した岬です。断崖絶壁が2キロに亘って続きます。その岬のシンボルともなっているのが、残波岬灯台です。30メートルという真っ白な灯台は青い空の元によく映えて、思わずシャッターを切ってしまう、そんな絵になる風景です。灯台には上ることができて、遥か遠くの島々を見渡せます。

岬に打ち寄せる白波は台風の前後は特に高くなり、灯台の辺りまで水しぶきが上がります。海が荒れている日には注意して下さい。また、灯台の周囲には一部舗装されていない場所もありますので、散策を楽しみたい方はヒールやビーチサンダルの着用を避けることをおすすめします。

沖縄本島の史跡・資料館

沖縄本島には、歴史的に重要な意味を持つ場所が幾つかありますが、その中でも代表的な所をご紹介します。

勝連城跡

世界遺産に登録されているグスク(城)と関連遺産の一つで、15世紀に繁栄した城跡です。小高い丘の上に残る石造りの城壁はなだらかな曲線を描き、優美で美しい遺産です。その頂上から見渡す景色も素晴らしく、訪れる人々を魅了します。

斎場御嶽(せーふぁうたき)

3

沖縄に数ある聖域の中でも最高位と言われる、神聖な場所です。琉球王国時代は国家の安泰を祈願する重要な場所で、庶民は立ち入ることができませんでした。自然の中に設けられた祈りの場や二つの巨石が生み出したトンネルには不思議な気に満ちていて、厳かな気持ちになる場所です。

訪れる際は、単なる観光地ではなく、現在も「聖地」であることを心に留めて、心静かに神秘的なパワーを感じてみて下さい。

首里城

6

琉球王国の王の居城として、450年に亘って栄華を誇りました。鮮やかな朱色が沖縄の青い空の元に映える美しい城です。沖縄戦で焼失しましたが、その後復元され、一部は2000年に世界遺産に登録されました。

城の一体は公園になっていて、公園内は無料で入ることができます。華麗な守礼門もその中にあります。しかし折角ですので、ぜひ入場料を払って、絢爛豪華な城内部を見学してみて下さい。

首里城は中国の紫禁城をモデルにしたと言われ、日本の他の城とは異なった造りですが、随所に日本建築の要素も取り入れられていて、歴史的地理的に、中国と日本の両方とのバランスを保ちながら国を築く必要のあった、琉球王国の姿を垣間見ることができます。

ひめゆりの塔

ひめゆりの塔は沖縄戦で看護要員として動員され、命を落とした教師や生徒の鎮魂のために建立されました。「ひめゆり部隊」と言われる彼女たちの最後の活動場所となり、多くの負傷兵や学徒が亡くなった壕の上に建てられています。

隣には「ひめゆり平和記念資料館」があって、生存者の証言や残された資料に基づいて、当時の状況をわかりやすく知ることができる場所となっています。

沖縄本島の水族館・テーマパーク

沖縄本島にある水族館、テーマ-パークの中でも、特に人気のある4つの施設を見ていきます。

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は開館以来、高い人気を誇るスポットです。超巨大水槽を泳ぐジンベエザメは圧巻で、それを見るだけでも訪れる価値はありますが、それだけではありません。

太陽の光の元で輝くサンゴ礁や深海の世界を体験することもできます。浅瀬に住む生き物に直接触れられるコーナーや水族館のバックヤード公開も行われていて、単なる展示を見学する水族館とは一味違います。

また、美ら海水族館のある海洋博公園には、入場無料でイルカショーを楽しめる「オキちゃん劇場」やプラネタリウム、亜熱帯の植物が楽しめる「熱帯ドリームセンター」といった施設があって、一日満喫できるエリアとなっています。

マナティ館

マナティ館は海洋博公園の中にある施設の一つです。マナティは海や川に住む哺乳類で、体長が4メートルに達するものもある大型の生物です。マナティは3種類に分けられますが、その内のアメリカマナティにマナティ館で出会えます。人魚伝説のモデルになったと言われている種類です。

マナティはのんびり穏やかな性格で、特にエサを食べる姿がかわいらしいと評判です。入場無料ですので、ぜひ、美ら海水族館を訪れる際にはマナティ館へも足を運んでみて下さい。

アメリカンビレッジ

2

アメリカンビレッジは那覇空港から車で40分、沖縄本島中部に位置します。東京ドーム約5個分という広大な敷地に、数々の施設が立ち並びます。グルメやショッピングを楽しめるだけでなく、カラオケや映画館、ゲームセンターなど、アミューズメント施設も揃っています。

アメリカンブランドのショップも多く、まさにアメリカンな雰囲気を楽しめる場所として人気があります。ぶらぶら見て回るのにおすすめの場所です。

ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパークは沖縄ならではのパイナップル畑を観察できるテーマパークです。パイナップルワインやジュースの試飲もできて、パイナップルを利用した製品も豊富に販売されています。パーク内を見学するため乗り込むカートが子どもたちに人気となっています。

沖縄本島のホテル

沖縄本島には魅力的なホテルが幾つもありますが、今回は中でもおすすめの4つのホテルをご紹介します。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

設備が充実した大型のホテルです。中でも特徴的なのが、ペット用の宿泊施設が併設されていることです。愛犬と共に沖縄旅行を楽しみたい方には嬉しいホテルとなっています。また、ホテルには二つのプールと大浴場がありますので、家族で滞在される方にもおすすめです。

かねひで恩納マリンビューパレス

恩納村の便利なロケーションに建っています。簡易なキッチンが備え付けられたコンドミニアムタイプのホテルです。ベッドの他に、和室がスペースがあるので、特に小さなお子様連れの方にぴったりです。また、朝食バイキングも種類が豊富で美味しいと評判です。

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ

沖縄美ら海水族館のすぐそばに建つホテルです。海洋博公園を満喫したい方には大変便利なロケーションです。シンプルで清潔感のある内装で、どの部屋からもオーシャンビューを楽しむことができます。

ホテルゆがふいんおきなわ

リーズナブルな価格設定が魅力のホテルです。沖縄北部にも中部、南部にもアクセスが良い名護市に建っていて、あちこち観光に行く際の拠点としても便利です。日本ハムファイターズのキャンプ時の宿泊先としても知られています。

沖縄本島のお土産・グルメ・ショッピング

沖縄のお土産として喜ばれる商品と、お土産を買うにもぴったりな2か所をご紹介します。

オリオンビール

今では全国的に知られるようになったオリオンビールですが、現在も沖縄の名護市の工場のみで全てのビールが製造されています。すっきり爽快な飲みやすい味わいとクリーミーな泡が特徴的なドラフトビールは誕生以来、改良が重ねられてきました。

名護市の工場は見学もできて、無料で試飲ができます。ぜひ、本場の工場でお土産に購入されてみてはいかがでしょうか。

紅芋タルト

紅芋タルトは紫のイモのペーストがタルト生地の上に載ったスイーツで、紫色という見た目のインパクトもあって、沖縄のお土産の定番となっています。

元祖と言われているのは御菓子御殿の商品です。芋の優しい甘さがさっくりとしたタルト生地によく合います。保存料や着色料などの添加物が一切入っていないので安心です。保存料は未使用ですが、賞味期限は1か月ほどあって、個包装されているので、お土産としても渡しやすい商品です。

国際通り

国際通りは那覇市のメインストリートです。約1.6キロの通り沿いには沖縄最先端のグルメショップや土産物店が並びます。中でも2015年にオープンしたHAPiNAHAは離島のアンテナショップやお菓子づくり体験コーナー、自分だけのオリジナル泡盛が作れるお店など、楽しみながらお土産も手に入れられる注目スポットになっています。

ゆいレールを使えば那覇空港へも簡単にアクセスできますので、旅の最後の思い出作りとお土産購入に訪れてみてはいかがでしょうか。

沖縄アウトレットモールあしびなー

あしびなーには100余りの人気ブランドが入っていて、30%~80%オフでファッションアイテムだけでなく、生活用品も販売されています。沖縄の南部に位置し、那覇空港からは車で約15分とアクセスが良い点も人気です。

沖縄土産物店もありますので、掘り出し物探しだけでなく、お得にお土産を購入するために、立ち寄ってみるのもおすすめです。

いかがでしたか。沖縄本島は魅力的なもの、ことにあふれています。その楽しみ方は一つではありません。自然を満喫するのも、テーマパークで別世界にどっぷりと浸かるのも、歴史に思いを馳せるのも、沖縄ならではと言えます。ご紹介した情報を参考に、ぜひ、あなただけの沖縄旅行を計画して下さい。

スポンサーリンク

Check Also

eyecatch

海辺に泊まろう!沖縄・読谷村のおすすめホテル集

あなたは沖縄の読谷村に行ったこ …